今、この瞬間を精一杯生きていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 違う世界に棲む人たち

<<   作成日時 : 2012/02/24 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 何か人との不調和を感じると、反省したり、自分を責めたりしたこともありました。
 最近は、私があの時、ああ言えばよかったとか、ああ振舞えばよかったとか、後で反省するような問題ではないのだと思えてきました。
 仮に別の言動をしても、相手は何かしら、ホンの些細な不手際を探し出し、私を非難し、自尊心を粉々に打ち砕く人だから。
 反対に、徳の高い人、苦労したてきた人、自尊心のある人は、ホンの小さなことで相手を褒めたり、自信が持てたり、よろこぶようなことをします。
 棲む世界、思考回路が違う人をこちらの良心や、思いやりに満ちた再考に基づいた言動を何度しても、相手は伝わらず、いつも意地悪を繰り返し、私は再び嫌な思いを重ねるのです。
 意識の高い、優れた人といると、気分もいいし、自分も見習わせてもらい、ほかの人にも同じように親切にできます。

 棲む世界が違うと私が思う人はこんな人です。
 上下関係や支配・被支配の物差しで相手と付き合う
 自分の欲が満たされさえすればいい
 こいつは目下という相手には、自分に従って当然と見なす
 目下と見なした、部下や生徒や家族は自分の意のままに動くことこそが正しい
 それらの人に、半人前のくせに、自分に意見することは何事かと説教する
 気がついていないけれど、大きな劣等感(自信のなさ)を持っている(その裏返しで威張らないといられない)
 当然の絶対的な特権意識があると信じて疑わない人(職場、学校、家庭一箇所、または複数箇所)
 
 このような上に立ちたい人の価値観に合わせる必要はありません。
 人の上に立たないと気が済まない、そうせずにはいられない人は、そうしたい人は、そのやり方(パターン)に馴染んで、自分を変えません。
 だから、こちらは絶対折れたり、言いなりになりません。
 支配されそうになったら、スイッチが入りかけたら、
 「私は自分を大切にしているし、誰からも蔑まれるような人間ではないから」
 「たかが、それくらいことで、何で人間性を否定されるようなことを言われないとならないの?」
 「それって、命に関わることなの?」
 このように冷静に言ってみます。

 上下関係や、支配や被支配で人と接する人とは離れたほうが、きっと元気で長生きするのではないでしょうか。
 人を軽蔑する人は自分自身をも軽蔑しています。
 「ちっ」とうい舌打ちや、してやったりの表情、負けた相手の目の前のガッツポーズ。
 どれも自分に返ってきます。
 上手くいっても、人との勝負なら、嬉しくても表面に表さず、淡々としていることです。
 
 人とは競争でなく、共走をしましょう。
 成績や各種試験も自分の力を出し切れたらそれで、私は満足です。
 特に論文試験など、人の評価の介在するものは、相手との縁が大きなファクターとなりますし、自分を曲げてまで、よい評価を獲ても何の得にもなりません。
 
 試験でいつも好成績を取って、人に勝ってきた人でも、人を指導する人たちでも、知らない間に、自分の価値観を人に押し付けていないか、相手を一人の人間として接し、尊敬の念を持っているか、言うことをきかせようとしていないかなどを、いつも考えていたら、問題は起こりません。
 このような考えが欠落していると、「モラハラ」とういう暴挙に出るのかもしれません。
 本人は「モラハラ」をしているという自覚が全くないところが、ホラー映画より怖いところです。

 よかったこと
  重曹とクエン酸の粉を同時に振りかけ、霧吹きで湿らせると激しく泡立ちます。
  しばらく置いて、ふき取ると汚れがすっかりなくなりました。
 



こころの暴力 夫婦という密室で?支配されないための11章
紀伊國屋書店
イザベル ナザル=アガ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by こころの暴力 夫婦という密室で?支配されないための11章 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

DV・虐待加害者の実体を知る
明石書店
ランディ バンクロフト
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by DV・虐待加害者の実体を知る の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
違う世界に棲む人たち 今、この瞬間を精一杯生きていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる