アクセスカウンタ

<<  2016年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


役に立っている実感?

2016/06/27 23:29
 どうもちょうどいい具合に出来ないといつも母から言われました。
 小さい頃から凝り性で、何でも手を抜かないで熱中してしまう私を心配してくれていたのだと思います。私は完璧主義ではないのですが、母には成果・結論が出るまであきらめず追究する姿勢がどうも理解できなかったようです。

 普通とかいい加減という言葉が嫌いで苦手でした。やるならとことん、やらないなら何もしないという両極端な態度で過ごしていました。おそらく保育園などに入れられたら、精神に異常をきたしていたと思います。他人のペースで勉強・仕事や生活することは私には向かないことを自分も周りもよく理解してくれていました。

 高校時代を何となく過ごしてしまった私は、予備校の時、某真宗の会に入り、熱中したあまり、もう1年浪人して京都の今の大学に入りました。
 同窓会で再会した友達も2年浪人して、都の公務員になり私大の夜学を出たそうです。同じ浪人時代を過ごしたのち、彼はちゃんと働いで自分で大学を出たのだからすごいです。
私のことを名前が全国で知られている大学に入れて凄いと言ってくれますが、高3の時しっかり勉強していれば現役で入れたはずなので、2年も余計にかかってしまい、何とも恥ずかしいです。

 熱中が高じて、資格マニアのように思われている私ですが、何か役に立っているのだろうかと考えました。文系の学問は今取り組んでいる福祉も含めてほとんど網羅しましたので、大学や院で講義ノートを取ることは可能かもしれないと最近分かりました。
 ほかには・・・・・・。

 見かけは好みがあるでしょうが、私はよく声を褒められます。電話に出ると「お母さんに代ってください」と言われます。
「お母さんて?」
「あの〜学生さんですよね」
「はい、大学院生ですが・・・・・・(笑)」
 
 最近も友だちに言われました。
「癒し系の声をしてるよね。声にもレイキを入れてるの?」
「そんなはずないでしょ(笑)ただ普通にしゃべってるだけ」

 昔、野沢那智と白石冬美の深夜放送を聞いていましたが、その声の素晴らしいこと、今でも耳に残っています。当時、受験生の私はとても癒されました。
 いつか私はラジオのパーソナリティがしたいです。
 こんな声でいいなら、誰かの役に立てることが出来たらと思います。
 年齢を言わなかったら、勝手に若くて美しいイメージを想像してくれますよね。
 声だけを聴いているリスナーはどんな風な人だと思うんだろう。
 昔、シルクの店を経営していた時、遠くのお客さまとずっと電話で取引していて、その方が初めてご来店された時に言われました。
 「絶世の美女だと思っていました」
 思っていたっていうのは、違ったってこと?怖くて聞けなかったけど(笑)
感謝していること
 お世辞でも何か役に立つと褒めていただけると嬉しいです。できたら生来のものじゃなくて、努力していることを褒めて欲しいと思うのは贅沢でしょうか。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


素直さ(楽しさ)と正直さ(正しさ)の相違

2016/06/27 17:04
 素直な人と一緒にいたい。

優しい笑顔の人と。

 正直な人はちょっと苦手かな。

彼らは知らず知らずのうちに正義を振りかざす傾向にあるから。

これは結構辛いものがある。

かく言う私も時々、正直さを相手に要求してしまうときがある。

 そんな時は自己嫌悪と気持ちの悪さで心身ともに疲れてくる。




 素直さが一番。これをきづかせてくれたのは、留学生の友達。

 「そういう人間」として人をありのままにみて、素晴らしいところを見習い吸収しようとする謙虚な姿勢を目の当たりにして、私は自分を恥じ、大いに反省させられた。

 彼やほかの日本語を一緒に学ぶ人たちに、私は一体何をしてあげられているのだろう。

 日本語の言語の発音や使用側面だけでは価値がないけど、素直で柔軟な生き方を示していこうとして、反対に教えてもらっていることが多い。

私の経験や知識は提供しながら、彼らが自国に帰って、日本に留学してよかったと思ってもらえるように共に学び、向上していこう。

感謝していること

素晴らしき人たちとのご縁に感謝!


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


極度にシャイな私が茶化すのはよくないところかも

2016/06/27 07:29
昨日の晩に同窓会で再会した友達から電話をもらいました。
 出られなかったので、何だろうって思って私から電話しました。
私が持っているプレゼンテーション実務士の資格のことについてのお尋ねでした。

でも、たぶん違うんじゃないかと感じました。
誰かに聞いてもらわなくちゃ、もう、生きていけない辛いことがあるんだ。
かつてクラスメートだったけど、それほど会話を交わしたことがなかった私だけど、宗教家でレイキの癒しが出来て、明るくお気楽な外観の私に苦境を話して楽になろうとしていることが読み取れました。
耳が聞こえにくくて、目が見えにくいと言われたのでレイキを離して当てたら、感じるものがあったらしいです。彼の友達の糖尿病や膝が痛い人たちも元気になって二次会に出たと話してくれました。タブレットにその時の動画を撮ったらしいのですが、3人とも癒しを受け取る顔をしてたと驚いていました。

実際、彼は、息子さんのことで大きな悩みを抱えていました。離れたところにいる私になら言えたのでしょう。髪の毛が薄くなった銀行で偉くなった友だちも息子さんのことで悩んでいました。ストレスが髪に来たのでしょう。
私もシルクを扱う店の経営を任されていた頃、売上、営業、接客などのストレスで大量の抜け毛を経験しました。禿げる手前で、他人に分かるほどではなかったのですが、息抜きにイギリスなどに海外旅行に行っちゃわないとやってられないほどでした。

振り返ると、私の人生ほとんどが辛くて苦しくて死にたいけど死ねない状況が続いています。阿弥陀仏の本願を信受させていただいた後も同じです。人間としての煩悩はなくなっていませんので、生きるのを放棄したいように追いつめられるとも何度かありました。
それでも、御仏から受けた御恩を感じると、この境地にいま、ここで救われることがあることを一人でも多くの人に話さないとならないと死ぬに死ねないと生き延びてきました。

楽しいこと、明るいことをしようと周りに提言する私ですが、普通の人とあまりにも違う感覚を持って、ほかの人と比べることすら考えられず、分かり合えない人たちの間で言葉に表せない孤独感や疎外感を感じ続けてきました。
それが阿弥陀仏との二人旅になってから、人生は煩悩には変わらず悩まされていますが、私の存在そのものは、おまかせになったのです。自分は煩悩の苦しみすら、もう遊びである人生になったのですが、周りの人の愁嘆の声を聞くと心が痛みます。阿弥陀仏の願いをご縁のある人に伝えたいとより強くい感じています。決して上から目線ではありません。同じ三次元の人間という入れ物を持ったものとして、痛みも感じてきたからこそそう思います。
 でも、自分を慈悲深い立派な人間だとは私自身、全然思えず、褒められるとかお礼を言われるのも嫌です。だから、わざとオチャラケて、茶化して冗談にしてしまっています。あまりに高い場所にいると近寄りがたいし、大した人間ではないことは分かっています。だから、子どもの時からほとんど進歩していないし「みえこちゃん」と呼んでくれとみんなに言っています。

そんなウルトラ級のシャイな気質は、よく私のことを知らない人を混乱させることもあるのだと最近分かるようになりました。威張っているように感じられてもだめだけど、冗談や茶化すのは止めて、しっかりと頼りになるところもきっちり示さないと安心できないのが人間なのでしょう。難しいです。
感謝していること
友だちや周りの人たちは私の使命を思い起こさせてくれます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


天然な・丁寧な先輩の話(笑)

2016/06/21 00:27
 今日はちょっと残念なことがありました。

結構、私は物事に動じないのですが、体調も思わしくなくどっと疲れ、堪えました。

 教員は、学生の向学心を萎えさせるような、裏切るようなことをしたらいけないでしょ。

 何だか泣きたい気分で帰ろうとしたとき、メールがありました。

 

メールの主である中国人の博士課程の同級生の友達と現代フランス思想や日本語の勉強などの話をした後、どうしようもなく落ち込んでいた私に彼は「天然で丁寧」で、なおかつ優秀で優しい愛すべき先輩ネタで笑わせてくれました。




博士課程に転入してこんなに大学で笑ったのは初めてでした。

ネタにしては申し訳ないほどお世話になっていて対応が丁寧で尊く本人は至って真面目なのに、周りからすると天然で笑えるその先輩のエピソードで笑い転げていました。




人に親切にしても、そんなことは覚えていないくらい研究に没頭しているかもとか

参考文献を机に積み上げるのは、研究相談者に本人は全力で対応してるのかもとか

酒が弱く、家まで送ってあげないと、冬とか途中のどこか道で寝込んで、死んじゃったらホント悲しいとか

非常に真面目で親切でいつも優しく明るい先輩のことをネタに笑い続けました。

あることないこと、たぶんこんなんじゃないかなどと推測するのですが、なぜか温かい気持ちになり、友だちとまた明日会おうと行って大学を後にしました。




先輩はくしゃみが止まらなかったかもしれません。大丈夫、風邪じゃないですよ。

研究科のみんなから愛されていて、佳くないことを誰からも一つも聞かない素晴らしい先輩を見習わせていただきたく存じます。

感謝していること

先輩と中国人の同級生がどうしてこんなに優しいのだろうかととても感謝しています。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一対一よりこの頃、人数が多い方が楽しい!

2016/06/19 16:27
 いつも笑える冗談のネタを考えている私です。
 それは、大学の法学部の時からの癖みたいなものです。
 一・二年の語学と体育のクラスが男子50人に対して女子5人でした。
 プロゼミもそのクラスで行われ、ディスカッションのグループに分かれるとだいたい四・五人の男子と女子一人というような組み合わせでした。仏教のサークルも女子がいなくて同じような状況でした。
 どうせなら楽しんだほうがいいと考えて、ネタを探し続けて披露していました。

 仏教の話も一対一ではシリアスになり逃げ場がなくなります。もう縁が熟しそうな人ならいいのですが、それ以外なら、数人の中での方が楽しいです。楽しむものでもないのかもしれませんが、縁が切れないように興味を持ってもらうことに主眼を置く話をしないといけないとき、仕方ないときもあります。

 何にでものめり込む「おたくの女王」のような私は、数人の中で客観的に話す方が向いているのではないかと最近考えます。大学時代やサークルの時など数人いると私や誰かが話していて、私もほかの人も聴いていることもあり、とても楽しいのです。
 特にワークショップのワールドカフェなどはいろいろな話が聞けて嬉しいです。

 毛のない話も初めはU君と二人で話していたのですが、いつの間にか数人が集まってきて、盛り上がっていきました。一言も言わなくてもそこにいて話を聞いているだけで楽しそうな人もいました。まるで大学時代とか遡って小学校低学年の時みたいと感じました。
 
そう、小学校の低学年の頃、やっぱりこんな風な男女比で遊んでいました。
 ちょっとのことで傷ついたとか言われるとシラケるので、適当に自虐も含めて笑い飛ばせるあっさりした関係が私には居心地がよかったです。
 
数にいれば、変なことを言う男子に冷たく言っても緩和されます。
 面と向かって一対一では憚れることでも、何人かいたら言えます。
「それってセクハラじゃん 」
「おやじギャグはウケナイヨ」
とかハッキリ・キッパリして物言いでも
「〜だって!」
「そういうのって、だめみたいよ」
「さらっと、キツイこと言ってるよね」
とか言って笑わせてくれます。

「何が正しいかじゃなくて、何が楽しいかだよね!」ってU一君と意気投合してしまいました。
感謝していること
 みんなでくだらないことで笑い合えるのは嬉しいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


毛のない話で盛り上がった同窓会(笑)

2016/06/19 14:56
 何十年かぶりの同窓会は予想どうりでした。男子は誰が誰かわかりませんでした。(笑)
 女子は化粧をし、髪を染め、ダイエットが出来、会費と交通費を捻出できる人しか参加していませんでした。(笑)
 
 ただ、年齢を重ねてもイケメン・美少女系の人たちというのは劣化せず。遠目で見ても麗しい。年齢というハンデを軽々と乗り越え、神業の領域の見かけの人が男女片手くらいいました。

 午前中の学校見学で小学校2年の時一緒のクラスで、3年以降と中学は別の学校で、高校も一緒のクラスにならなかったU君とほかの何人かの男子と学校と駅までの往復の間、話をしながら歩き楽しい時を過ごしました。
 U君はM銀行の支店長よりも上の役職についていて、いろいろ銀行のキャリアの話などを教えてくれました。
 「銀行で出世できる女性はどんなタイプ?体育会系女子?」と聞く私にU君は答えます。
 「一言でいうと、器の大きい人、物事に動じない泰然とした肝っ玉母さんみたいな人」、「でも入社した頃は、そんな人たちも可憐な花のようだったんだけどね(笑)。」
 「最初は、D銀行だったから、男なパワハラする人が出世してたんだけど、3つの銀行が合併したから、昇進するタイプもバランスよくなったみたい。」
 こんなことを言うU君にこのように返していました。
 「そっか、私の娘もU君みたいな上司の下で働かせたいよ」

 後のほとんどは、「毛のない人の話」で盛り上がっていました。
何種類もの育毛剤の比較の薀蓄話やかつらの人の見抜き方など抱腹絶倒で笑い転げどおしでした。たまたま毛のない人が集まって飲んでいるとき、一人だけ毛がふさふさの人がいると禿げ自慢大会になるそうです。禿げていない方の人が肩身が狭くなるような自虐自慢が飛び交う中で耐えないといけないようです。それもちょっとね・・・・・・。

帰り際にU君から言われました。「Fさんと話が出来てお蔭で楽しいときが過ごせたよ。M(私の中の良かった学年一の美少女)さんに逢えると思ってきたけど来てなくて残念だったけど・・・・・・」
 結局それかい!まあいいか(笑)
 「U君の後頭部が復活するように私も毎日3回レイキを送るから、U君も引き続き毛生えの研究に励むように!」の言葉に「お願いします」と笑って言ってました。
感謝していること
 同窓会を企画してくれて、楽しませてくれた実行委員に感謝します。 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ジェンダー論でこれまで語られなかったこと

2016/06/11 06:55
 男女の未知の部分に対する憧れとか尊敬・尊重・信頼みたいなものでしょうか。セクシャリティという外来語で表現するとまた誤解を生むかもしれませんが・・・・・・。

 男と女しかいないのだから、反発し合わないで仲よくしていったらいいのではないかと私は常々感じてきました。




 特に女子だけだと我欲を剥き出しにする傾向にあるので、そういう状況に陥らないように私は気を付けてきました。

 我欲が前面に出て来るのを防止する対策はその集まりの平均化・均等化です。しかしながら、これだととってもつまんない。平均的能力の女子にとってはそういう微温湯のような状況でも心地よいと感じるでしょうが、出来る系女子・綺麗系女子にとってはそれは苦痛以外の何物でもありません。何でほかの人と同じようにしないとならないのだろう。目立つことをちょっとでもするとたたかれるのだろうと不自由さを感じます。

 だから、さっさとそういう集団から離脱します。やーめたって。




 離脱した出来る系・綺麗系女子は自由を謳歌します。同じような女子たちは群れたがりませんが、お互いを尊重して協力関係を築きます。そういう人同士が集まりますが、比較的拘束をしないようにお互いの成長を助けるいわば納豆の糸のような関係を構築していきます。ボスもいないし子分もいない対等な関係です。お互いが得意分野を伸ばす関係です。

 

 そういう女子を引き上げてくれるのが年配のメンターたちです。男性メンターはけなげで有能で心優しく見かけも綺麗な女子を損得なく援助し、男女の関係を度外視してサポートします。女性メンターは自身も若い頃、苦労してきているので彼女らに対する援助を惜しみません。彼らが期待し獲ようとし投資する対象は、心身ともに優れた無限の可能性を持つ若い人たちの未来の活躍です。これはお金には代えられないものです。 

 メンターたちは頭一つ抜けているので、出来る系・綺麗系女子に対する嫉妬も競争もありません。彼らはそのおかれている立場で男女の差異を認め、見かけはもちろん心の美しさといった見えないものを賛美し若い有能な彼女らを応援します。損得抜きに出合いを楽しみ、未来を託せる人たちをサポートすることに慶びを感じます。




 よって、出来る系・綺麗系女子は女子同士の嫉妬渦巻く集団を離れ、自分を適切に評価し、引き上げてくれるメンターと出合うことが重要になります。

これは同じく出来る系・イケメン系男子にも同じことが言えます。

若い人は感性を研ぎ澄まし、出合いを有意義なものにし、ときには甘えることによって、成長します。ただ損得抜きに純粋に応援してくれるメンターのような人を見抜き、一緒に何かすることが大切です。そして、その人たちが、将来またメンターとなるこの循環がjレンダー問題の解決の一助になると私は感じます。

感謝していること

今は亡きかつてのメンターたちや生きていろいろ教えてくださるメンターに感謝します。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日は永遠のパラレル?かもしれない先生の講義で

2016/06/10 23:33
セクハラ対策を厳しくしている職場が、ギスギスしてつまんないんじゃないかという就活女子への答えはいかに?




 下ネタや触ってくる奴は大げさに「止めてください」と拒否したらいいし、今ならできます。でも若い女子には難しいんじゃないかな。

 だからね、お姉さん女子が助けてあげたらいいの。

 「それって、セクハラだから止めな!」って冷たく言い放つの。

 

 「答えはセクハラされるより、セクハラしないように注意して仕事をしている職場の方がいいでしょ」ってこと。

 

でも、私が今まで出合った大学の男の子たちや男性社員は大抵とても親切で優しかった。私は芸能人みたいに特別綺麗でスタイルがいいわけじゃないけど。学生同士とか取引先は利害関係がないからかな。




 一緒の空間で勉強や仕事で来て嬉しいなって感謝しながら、節度を以て笑顔で仕事をしたらいいんじゃないかなというのが私の回答です。お互いが人間として尊敬出来て魂の交流が出来てたら、自然とそういうようになるんじゃないかな。学校でも職場でも。




 ただ、男女がお互い好き合ってると、それって、本人たちは気づかないけど、周りに丸わかりのことがあるから、気を付けた方がいい。素敵な人同士だと、周りの人が羨ましいって嫉妬することもあるし。




 だからね、そこにいる人みんなに大好きな人と同じくらいの笑顔と思いやりを持って接するの。そうしたら職場は本当に易しく素敵な空間になるよ。試してみてね。

感謝していること

 これから歩み寄れるか、それともパラレルのままなのか楽しんで講義に出てみます。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


執着を手放すこと

2016/06/10 14:51
真理を三次元の頭脳で分析してわかろうとすることはとっくに止められたのに、人間に対する執着はなかなか手放せませんでした。
 私の仏教の先生はそれを初めから見抜かれ、本当に心配してくださっていました。一度は捨てたはずの執着が対人では相対のことであるのでなかなか手放せないという貴重な経験を昨年、今年としました。

 何で御仏や真理に対しては、長くかかったにせよ、スパッと手放せ、お任せの気持ちになってから、疑いが二度と出てこないのに、人間に対してはそれが同様にできなかったのかとても不思議です。

 ただ、それがある出来事がきっかけでスッカリ執着がなくなり手放せたことは驚きです。
 自分の万能感は真実の前では間に合わないことが、対人関係ではまだ何とかなるという我執があったのでしょうね。

 マリオネットのようにやってきたご縁をそのまま受け入れて、自由に三昧の中で生きられるようになれたらきっと、娑婆遊びということが実感できるのかもしれません。修士論文でも嫌というほど、執着を手放すことを身を以て研究してきたのに、我ながらそれが頭だけで分かっただけで、しっかり心に落とし込めていなかったことが知らされました。
 
感謝していること
 執着を手放せるようになったきっかけは、ある品物をちらっと見たその瞬間でした。それまでに友達とチャットしていて、きづきかけていたこともその要因でしたが。本を読んで頭で考えているだけでは、わからなかったことが、ふとした何かを見聞きしたり、人と話してきづくことに驚かされました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


目で見ることや言葉よりも大切なこと

2016/06/10 08:00
 心の目を開き魂で感じられるようになったら、人生が楽になります。
 この人は私のためになることだけを考えて、自分自身の欲得のために一緒にいるわけじゃないんだと思える人が周りに一人でもいたら安心・満足して生きられます。一人じゃなくて何人かいたらもっといいです。
 それを友達と呼びます。
 
 私は日本人じゃない友だちがいますが、言葉は不十分だし、一度しか会ったことがないとか、チャットしたことしかない人たちもいます。でも魂の友達だと感じられる人もたくさんいます。どちらが上でも下でもない、ただ、同じ時代にどこかで生きてくれているだけで嬉しい人たちです。

 日本人でも外国の人でも、どうしているかなってときどき思い出します。笑って楽しくしてくれていたらいいなって。ただそれだけを願っています。
 そういう人がいてくれるってことはとっても素敵なことだと感じます。
 感謝していること
  周りにいる人たちの思いやりや優しさに支えられてい生きていられるのだと有難く感謝しています。
 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


研究に対してのストイックさは生きる姿勢と同じ

2016/06/09 09:31
 研究者としてはひよこの私ですが、譲れないことがあります。

 確かに私は自分の研究が一番だと自負していますが、同様に他の研究者もそう考えていることも知っています。

 だから、私は他人の研究をリスペクトしています。

 

ただ、まだ駆け出しなので、自身の研究に対して誰かに意見を求めてアドバイスをいただくこともあります。メールや面談の対話などでえられたことに対して、その後の経過報告を欠かしません。それが研究者としての最低限の礼儀であり、相手を研究者として尊敬尊重する態度だと考えるからです。




自分ではわかりませんでしたが、私は研究「おたく」だと家族や周りの人たちに思われているようです。確かに、研究に対して、ストイックすぎるくらいなところがあります。でも、それは研究だけではなく、人生や他人との関わりすべてに言える気がします。




自分のものは当然のこととして、ほかの人の研究資料の紙一枚、疎かにすることが嫌いです。一度は、しっかり目を通して、必ずクリアファイルに保存したり、鞄にしまいます。




私は、近い将来、教員として子どもたちや大人の学生たちと関わりたいので、研究者以外の人も含め、周りの人たちの研究やそのほかのことに対していい加減な態度を取ること絶対に避けたいです。

人として常に真摯な態度でいることを私は心がけています。

感謝していること

ベルギーの議長から要旨の訂正の許可のメールが届きました。本当によく読み込んでくれていて有難かったです。その中で致命的な表現のミスを指摘してもらい、改めて彼を宗教学者として尊敬しました。宿泊についてもお心遣いを賜っています。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大学の語学交換留学生の生態

2016/06/08 22:28
 台湾人留学生と英語と日本語の勉強をしています。

 とにかく可愛い!キュート!

 親に初めて反抗したのが、この日本への交換留学だとか。

 大学受験の時は予備校に行かず、睡眠時間は10時から2時までで、2時から5時まではお母さんも起きて一緒に勉強し、5時から7時までまた仮眠して学校に出かけたそうです。私も2時に起きて論文を書こう!




 今日は留学生の実態を聞きました。スェーデン人の男子はイケメンらしいです。可愛い日本人女子を片っ端からナンパして、日本語上達に励んでいるとか。ランチを食べながらグループワークをしているときにも、しきりに隣のいけてる女子を熱い目で見て、ついに話しかけたらしい。グループのメンバーは終わってからにしたらと、しらっとした様子だったようです。しかし、彼は目を付けた綺麗なお姉さんと二度と逢えないといけないので必死だったようです。かわい子ちゃんはイケメンのアプローチをよろこんでいたので、まあいいのかな。ちなみに7月に帰国予定らしいです。

 

イギリスジェントルマンのC君はいつでもどこでも、授業はもちろん、スーパーにもスーツを着て出かけるようです。半袖のスーツまで持っているほどスーツ好き!

 グ モーニン、アフタユー などと爽やかで育ちの良いスマイル付のあいさつを欠かさないとか。授業で、みんなが1つ、多くて2つ質問するところを10個聞いて、みんなから変わった人だと思われているとか。

彼が何を食べているのかは不明したが、今日の朝、なんとスーツ姿の彼がコンビニの横でヤンキー座りでおにぎりを食べているところに遭遇したらしいです。えっーーーーーー。

 

 私ならイケメンとジェントルマンとどちらと英会話したいかといえば・・・・・・

 

 やっぱり、イギリスジェントルマンかな。

 あちこちの女子に目が行くのはどうも。

 ビジュアル系ロックグループのデヴィッド・シルビアンが好きだった私ですが、最近は見かけより魂が真摯で清らかで、礼儀正しい人が好みです。一緒にいて違和感がなくて落ち着いていられて、その人と居ると嬉しい人がいいです。そういう人に日本語を教え、私も英語が上手くなりたい。

感謝していること

 本当にしなくてはならないことが多すぎて、この6月は大変ですが、頑張ります。たまに息抜きをさせてくれてありがとう。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


私はワークショップで仏教を土台にキャリアを学生に伝える

2016/06/06 09:28
 数々の教師の経験やフィリピン大学の学生とのふれあいが忘れられません。個人的に仏教を話した人たちももちろん大切ですが、今後は時間がないので、個人的なものと大勢の人たちへの取り組みを両方してまいります。

 ただ、博士論文程度は問題なく3年で書けるようになってそれから世界でワークショップ形式で仏教を土台とした男女共生やキャリアを伝えます。異文化コミュニケーションも含めたビジネスで役に立つ日本語も教えていきます

感謝していること

 博士論文の資料を提供していただけるようです。ただその前に私自身が研究者として調べた上で、何を見せて欲しいのか聞いてくださいとのことでした。その通りだと感じます。

http://makotodiary.hatenablog.com/entry/2014/09/29/001826


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2016年6月のブログ記事  >> 

トップへ

今、この瞬間を精一杯生きていますか? 2016年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる