今、この瞬間を精一杯生きていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 私がどうしても理解できない不可解なこと

<<   作成日時 : 2016/08/11 15:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

学生運動の頃から、私たちの世代のちょっと前まで続いた男女関係はとっても変だと感じる。

 私は2年浪人して、2学年下の人たちと一緒に大学生活を送りましたが、彼らから下の学年の人たちにはあまり感じたことがない。クラスメートのほとんどが付属の男子校出身で、高校の延長のような雰囲気。

そういえば、高校の時も誰も威張っている男子はいなかったかな。

 35年ぶりの同窓会のときもなんだかとっても自然な感じで友だちでいられた。

 

 高校以来、同級生や下の学年の人たちに違和感を感じないのに、団塊・学生運動の時代の人たちには何だか違う気がする。

 学生運動の時も、女性はおにぎりを作らされたり、お茶を入れたりさせられてたっていうのも何だかな。今なら一緒に作ってそう。立て看板の裏で性行為をして妊娠が発覚したら担当教官に仲人になってもらって結婚したりとかってU先生が不倫のネタの本に書いていた。しっかり避妊したらいいのに。そんなところでシャワーもないのにするなよと突っ込みたくなる。

避妊しないなんて博打・ギャンブルに等しい行為を愛する人に強いるのはとっても変。

 好きでもない人とノリでするのも変。蕁麻疹とかでないのかな。<私だけか(笑)>

 考えれば考えるほどとっても変。

 今頃の草食系男子の方がずっとましかも。




 学生運動の当時に青年期を過ごした映画監督に尋ねたことがある。

「何で避妊しようと考えなかったんですか?」

「当時、そんなことは考えている人がいなかったね」

 39歳で子どもを持った私が、もしも20代で望まない妊娠をして結婚していたら?

 おそらく、違った人生を送っていたかも。

 私はそういう人生は生きられなかったし、選ばなかった。

 果たしたい目的や使命があったから。

 今も使命があるから誰かが泣いたり、困ったりするようなことはしたくないし、困らされたくないし、困らせることを強いられたくない。


 感謝していること

 その場を上手く誤魔化すこともできたけど、あえてしませんでした。父が理不尽なことで拳を上げた時に「私は全然悪いことしていないし、殴れるものなら殴ったら」といったら、拳を下すしかなかったことを思い出しました。私は少しだけ空気を読まない人になれました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
私がどうしても理解できない不可解なこと 今、この瞬間を精一杯生きていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる