今、この瞬間を精一杯生きていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇宙人宣言〜博論のめどがつくまで人間止めます〜

<<   作成日時 : 2016/12/10 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人間らしい生活を止めて、宇宙人のような生活に突入しようと決めました。

 最近、いろいろ嫌なことがあって、ストレスになっていて、いろいろな人と話をして解決策を見つけていました。その甲斐あって、今日人間らしい生活をストップして、論文に専念しようと決心しました。昨日相談した人には、査読論文3本通るまでつまんない生活が続きますよといわれました。つまんない生活?覚えがあります。本当に味も素っ気もない生活。
 
 去年の今頃、修論の追い込みでいつ食べたのか寝たのかわからない生活をしていました。少し何か見えてきて、紅葉の色は甦って来たけど、まだ結論が書けなくて、頭の中が同じようなところをぐるぐる回ってて、生きているのに死んでるような日々を送っていました。

 そして出身大学に戻った4月からはアントワープの発表の準備で忙しくしていました。梅雨の季節からは、咳が止まらなかったり、ひどく体調が悪くなり、場面緘黙とかにもなってて、保健センターのベッドで休んだりして何とか7月の講義終了まで乗り切りました。
 
 その頃から父の病気が深刻だと聞かされ、アントワープの発表の前に急きょ帰省して、様子を見に行きベルギーから帰国後すぐに、父の手術が決まり、看病に帰りました。退院したので後期の講義の1週目に京都に戻り、論文を書き上げ提出して、また戻ったら、父が昏睡状態になり再入院して帰らぬ人になってしまいました。
 葬式を出した日、夫と娘と京都に帰り、翌日から講義に戻りました。その後も、辛いことが重なり、また、場面緘黙になりかけ、これではいけないと思って何とか少しずつ話をしたら、やっと最近は半分くらいは話せるようになりました。

 そして昨日、やっと光が見え始めました。
 去年の今頃からと同様、論文提出直前のような状態になることを、私は故意に避けていたことに気が付きました。つまんないし、退屈で、嬉しくもなく、ただただ苦しくて、ひたすら本を読み、パソコンに向かう日々でした。そのつまんなさに我慢できるのか、戻れるのか、でもきっと戻らないと最短で修了できないんだろうということは漠然と考えていました。戻るのが怖かったので、いろいろ逃げ道を作って、その論文に集中する生活を考えないで遠ざけていたのだと思います。

 これからは、宇宙人のつもりなので、誰に何を言われても次のように想い、気にしないことにします。
「そうなんだ」「なるほど」「そうきましたか」「そういうことですね」「了解しました」「承りました」「OKです」「許可します」「十分確認しました」「もう好きにしてください」「どうぞ、ご勝手になさってください」
感謝していること
 今日、私がこのように気持ちを切り替えることが出来たのは、今日まで、ずっと何かあるといつも話を聞いて優しく励ましてくださっていたある方のお蔭だと有難く感謝しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宇宙人宣言〜博論のめどがつくまで人間止めます〜 今、この瞬間を精一杯生きていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる