今、この瞬間を精一杯生きていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間のできることの限界を知って教えを説けるか否か

<<   作成日時 : 2018/06/20 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 大学院で論文を手厚く指導して頂いていますが、相互の遣り取りを通して指導して頂けるのは、投稿する本人がもうこれで完成と手放すまでです。指導する方は方向性を示してはくれますが、文章を書くのも手放す時期を決めるのも本人です。よき指導者はできるだけ無駄なことはせず、終着点を目指して方向を教えてくれます。
  
宗教家の役目といっても真理との邂逅ギリギリまで寄り添い励ますしかありません。
教えを説き、話を聴き心に寄り添い、話し合い、最終的に相手が自分の力を手放す気持ちになったときには、もう本人と真理とのつながりを見守るしかありません。自分が引くところを弁えて、そこに行くまで陰に陽に心は片時も離れず共にあります。
愚痴も泣き言もすっかり出し終えたら、真理との邂逅を求める気持ちが出てきたら、すかさず引きます。その引き際が見極められるのが本当の宗教家です。自分が救われた誕生の時は無我夢中で分かりませんが、ひとが救われるところに何度も立ち会うことでその引き際がわかるようになります。このことは経験したひとにはよく分かることですが、そうでないと分からないでしょう。

感謝していること
 講義で使っていた本から論文の論点を根拠付ける内容が下りてきました。有難いです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間のできることの限界を知って教えを説けるか否か 今、この瞬間を精一杯生きていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる