今、この瞬間を精一杯生きていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 嘘や故意に傷つけられたら、誰かとの関係は終わる

<<   作成日時 : 2018/06/20 20:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 たとえ小さな嘘でも、誤魔化しでも終わります。
 目の前の人を大切にするひとは故意に誰かを自分の感情のままに傷つけることはしません。もし、過失でそうなってしまっても、許してもらえるまで謝ります。
 一度でも何かあると、また同じことをされるのではないかと信用できず、信頼関係がそこで途絶えます。無理して信じようとしても、また嘘をつかれるのでは、傷つけられるのではないかという疑念が頭をもたげてきて、やっぱり駄目だと辛い気持ちが出てきます。損な気持ちを抱えたまま、以前と同じような気持ちで一緒にはいられないのだと知らされたことが何度かあります。

 特に、仏教を説く立場の人の場合、仏さまの信用まで無くすことにもなりかねません。それで仏縁が切れることもあります。仏教から離れないにしても、もうその人からは何も聞くことができなくなります。救われる道から遠ざけることはとても悲しく残念なことです。立場を弁え、自身の使命を果たすことが肝要です。

 潔癖すぎると言われるかもしれませんが、ひとは同じような感覚や価値観の人たちと一緒にいられたら、それでいいのだと感じます。そうでなかったら、すれ違いが生じ、生き別れになります。妥協して人とは付き合わない、深い関係になるまでに相手を見極めて、それでも途中で「もう無い、もう無理」と感じたら、潔く離れる決意をした方が気持ちが清々しいです。嘘や打算や妥協や我慢をする付き合いはどこかで破綻が来ます。それが早いや遅いかの違いです。どうせなら、3度目くらいで見切りをつけた方がいいでしょう。あまりにもショックな場合は1度でもう関係を断つ覚悟を持った方がいいです。

 ひとはそれほど急に変われません。誰かを失うことが死ぬほど辛いとかいうような余程の状況でなければ、同じことを繰り返され、悲しみ失望する日々が続きます。どこかで見切り、縁切りをしない限り、仕合わせな気分からは遠いままです。反対に、自分が気分良く真っ当に生きていれば、同じ感覚の人と出合えます。そういうものです。

感謝していること
 付く縁、離れる縁いろいろですが、選べる縁は選んでいこうと決めてから気分が楽になりました。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
嘘や故意に傷つけられたら、誰かとの関係は終わる 今、この瞬間を精一杯生きていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる