今、この瞬間を精一杯生きていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間の嫉妬とはいかに

<<   作成日時 : 2018/06/05 08:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 未だに他人を羨む気持ちがよく分かりません。

 迷った人間の中で比べても栓のないことです。

 誰に褒められても嬉しくなく、貶されても大して何も感じません。

 もっと別な広大無辺なものと一体化し、共によろこべるだけでいいと生きてきましたし、これからも変わりません。

  多くの人は、人相手の生き方をしています。人目を気にし、自分の本意でないことをします。そのことに対して後ろめたさを持ちますが、それでいいのだと自分を誤魔化して一生を送ります。私はそれは嫌だと思ってなるべく自身の気持ちに添った生き方を目指してまいりました。


 優柔不断な気質や人のよくないところを口にするのを憚る気弱な性格のため、何も口にできないまま、縁を遠ざけ距離を置くことを繰り返してきました。その結果、人に負い目を感じさせないような、互いにおもい遣れる人が周りに集まって来てくれて、快適に過ごしています。


 競争社会の中、自己顕示欲の強い人、人を出し抜いて陥れても自分が得をしたいような人たちの悲しみ、苦しみの部分まではどうにもこうにも分かりません。私が大いなる存在と共に人生を歩みよろこんでいることを書くと、僻み妬みそんなことがあるものかと疑い敵対心まで募らせる人もあるでしょう。共によろこぼうとしない無慈悲で冷たい心、また、自分が仕合わせを受け取ることを拒否している姿だとは思えないのでしょうね。

 いくら考えても、そういうのは分かりません。どうして一緒によろこべないのかとしか単細胞な私には感じられません。

嫉妬を起こし、努力して自己を改善する糧にするのではなく、悪しざまにいい、策を巡らして陥れるような料簡の狭い生き方も一つの学びでしょうが、私にはそういう遊びに興じている時間が残されていないので、佳きこと、救われることを念じ、言動で示してまいります。分からないものは分からないと放って置くことにします。

感謝していること
 今日も爽やかな一日が始まります。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間の嫉妬とはいかに 今、この瞬間を精一杯生きていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる