本当に認てあげられるのは自分

 多くのヒトは、勘違いしています。
 ヒトに認めてもらおうとばかりします。
 ヒトの評価、ヒト目を見て、ヒトに気に入られるような言動をします。

 大事なのは、自分が好きな自分でいられるかどうかでしょう。
 自分が納得がいく言動をして、スッキリした生き方をしていたら、誰に何を言われても、怖くなくなります。
 私は、私の役目を、やるべき仕事を、毎日淡々とこなしているという小さな自信を、積み重ねていく事が大事だと経験で知りました。

 たとえヒトから的外れな、とんでもない、非難中傷を受けても、
 「それがあなたに迷惑をかけていますか?
 私は、私が幸せになるように生きているのですから、余計な事は言わないで下さい。」
 こう思って、放って置いたらいいでしょう。
 あなたが、いちいち否定して歩かなくても、事実はそのうち明らかになります。
 しばらく様子を見ていたらいいだけです。
 悔しいという気分は、自分を貧しくしますので、忘れてしまいましょう。
 すっかり忘れて、自分の人生を楽しんだらいいだけです。
 別の世界に住んでいる人たちのことを気にする時間が勿体無いです。

 面と向かって、人格を否定されたり、侮蔑的な言葉を浴びせたらたら、毅然とした態度で、
 「そんなことをあなたから、言われる筋合いはありません。謝罪して下さい。」
 このように、直ぐ、謝罪を求める事です。

 相手がDVをしようとしても、自分が強くなったら、決して馬鹿にされません。
 DV、依存、共依存が成立する組み合わせにならなければいいのです。
 自分が、ちょっとかわしたら、いいだけです。
 相手はまた、しゅんとなるだろうと期待して、楽しみにして、かかってきますが、期待を裏切るような、相手に負けない言動を取ったらいいでしょう。
 
 それには、自分を肯定して、信頼して、自信を持つ事です。
 心に隙があっったり、自分をどこか卑下して、信頼していないから付け込まれる事が分かりました。
 友達や、カウンセラーにお願いして、私は、たくさん自分を褒めてもらってきました。
 そして今も優しい言葉を一杯、掛けて頂いています。
 ヒトにお願いする事も、助けてもらう事も、自分を肯定して、大切にする助けになれます。
 
 「私は、生きている価値のある人間で、私の人生、この一瞬を精一杯生きているのだから、慈悲のないヒトからの無責任な言動に屈することはありません。
 あなたに何を言われようと、わたしには、自信という透明な盾があるから、あなたの言葉は受け取らないから、凹まないし、悪意のある言葉を吐いたあなたに、跳ね返るだけです。」
 堂々とこう言ってやりましょう。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

myu
2010年10月19日 15:45
はじめまして。myuです。今日からblogはじめました。
「本当に認てあげられるのは自分」って本当だよね。
私も体の自由が利かなくなってから、そう思うまで時間がかかった。他人にどう思われるかではなく、自分なんだよね。
私のHPは
http://48383878.at.webry.info/
初心者だから、ガイド見ながら今格闘中(ーー;)
ステラ
2010年10月19日 17:27
myuさんこんにちは たくさんブログがある中で、見て下さったのも、ご縁があったのでしょう。とっても、嬉しいです。myuさんのブログ拝見しました。茶色と白の熊を子どもが好きで一緒に寝ています。癒されますよね。リラとコリラ!ほちぼち無理ないように続けてね!
 心身の病も、本人の気持ちの持ちようで、軽くなったり、病気を感謝できたりすることもあります。
 私も、今までの人生、余り辛い事ばかりで、精神的に追いつめられて、境界付近かなと思ったことも数え切れないほどありました。その度に、どこからともなく、誰かが、何かが、ふっとやってきて助けてくれました。
 myuさんもたくさんの方々に支えられて、毎日私と同じ太陽や星や月を見ているのでしょうね。ヒトは、生前に自分自身で、シナリオを書いて、生まれてきたと思っています。病気も、苦しみも、そして誰かとの出会いも偶然でなくて、必然だと。何かしら意味があると。
 身体が自由にならなくても、心は宇宙を飛び回れるし、ブログでヒトに幸せも分けてあげられます。なんて、元気な私に言われたくないかもしれませんが。
 myuさんの笑顔を想像しながら、私も皆が幸せに、元気になれる記事を書いてきます。これからも、宜しくお願いします。コメント有難うございました。
 

この記事へのトラックバック