人と比べるのは苦手ですが・・・・・・

 人と比べるのは出来ればしたくないのですが、時には必要なことがあります。
 自分では精一杯しているつもりでしていたことが、まだまだ余裕があったことを、人が必死でしているところを拝見させていただいて知る機会があります。
 自分は全力を出し切っていると思い込んでいたけれど、ほかの人は自分と同じような条件や、知的・身体的能力でもっと努力しているところを目の当たりに見たとき知らされることがあります。
 同時に、自分は井の中の蛙であったと落ち込むこともありますし。

 人のしていることを見せてもらうこと、試合することは、勝ち負けとか、自慢するとかでなく、もっと自分が向上できたり、先に進むために必要なことです。
 競争するためでなくて、自分がこの世での使命を果たすための能力を高めるライバルやペースメーカーを見つけて、見習わせていただくことをしていくことは大切です。

 春休みになり、子どもは短期の体操と水泳の教室に通うことにしました。
 体操は出来ないことがたくさんあるので、新学期に入ってからもしばらく通うかもしれません。
 今日は初めて空中逆上がりが出来ました。
 最近の子どもは、みんなが体操や水泳に小さい頃から通っていて、一通り出来るので、出来ない子どもの方が珍しいです。
 私たちが子どもの頃は、技術的にさほど熟達していなくても、その場で全力で格闘していたら、それを評価してもらえましたが、子どもの通う市は悪しき相対評価が厳然と存在しているらしく、考え込んでしまいます。
 現実問題として、子どもに納得のいく教育を身に着けたかったら、中学校は基本的な考えが似ている私立か外国に学びの場を求めるしかないのかもしれません。
 
 よかったこと
  筆跡診断の上級コースの課題が解けました。
  少し先のレベルの内容はどんなものか楽しみです。

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック