子どもたちと共に未来を紡ぐ(今の目標)

 昨日は一日かけて、本年度の大学での履修登録の計画を立てました。
 昨年は心理学中心に履修して、駆け足で心理学の概要を学びました。
 いろいろな事が知らされ、同時に宗教家としての私が、心理学とどう関わっていったらいいのか、何度も何度も考えました。
 たくさんの大学の先生方やほかの機関の皆様とご縁があり、それぞれの方から、とても素晴らしい考え方や学びのヒントを頂戴しました。
 本当に、どうしてここまで親切にご教示くださるのかと、皆様方の熱意と誠意を肌で学ばせていただき、感謝の言葉も見つからないくらい有難く感じております。
 
 今年の計画は、昨年末からいろいろ練ってきましたが、何とか方向性が見えてきたので今日はご報告いたします。
 まず、大学の履修科目は、卒業に必要な必須科目とCDAの受験資格やプレゼンテーション実務士に必要な単位を揃えます。
 スクーリングはNPO・NGOや事業計画、起業論など実践に向けて、新しいことを学ぶことにしました。
 そして卒業研究は『21世紀的自己実現の為の心理学的考察』と題して、子どもの心を退化させない逆説的発達心理論をマズローやロシャーズを参考にしながら書く予定です。

 M大学の大学院の通信課程の科目等履修が許可されたので、人生・宗教に関する2科目8単位で合計10通のレポートを書きます。
 M塾(S県の知事がされるものですが、私は政治家にはなりません)の受講もOKとのことなので、月一回勉強会に顔を出してきて、子どもたちのためになることをで行政でダイレクトに使ってもらえそうなことを、レポート等で提案してみます。
 このように、今年は今まで学んだことを、文章にしたり、発言していく予定です。
 
 言動の基盤にあるのは、子どもたちの幸せです。
 子どもたちと一緒にキラキラした輝く未来を紡いでいきます。
 
 よかったこと
 やっと私の今生での使命の輪郭がハッキリしてきました。
 謹んでご報告できることを慶んでおります。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック