今、この瞬間を精一杯生きていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 全てのことからへの御恩について

<<   作成日時 : 2014/02/03 00:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  人生のほとんどの時間を息をつく暇もないほど、全力で駆け抜けてまいりました。
  そのことに対しては全く後悔はありません。
  御仏に救われるまでは、かの仏さまの無限に明るい智慧と慈悲の中にいるにもかかわらず、自分自身が目をつぶっていて、それが実感できずに、信じられずにおりました。
  それでも、絶望して死なずに済んだのは、自分には見えないけれど、本当は絶対的な真理に護られているのではないかと感じられていたからなのです。
 何も見えず確かに暗いのですが、外からは明るさが何となく感じられ、いつかその光り輝く世界を見ることが出来るのではないかという希望を失わずに来られました。

 御仏の前では平等だという意識の下、他の人間との競争も好まず、迷いから救われることに軸足を置いた生き方は、他の人たちとは相いれないものがあり、人間関係や様々なことで言うに言われない苦しみを感じてまいりました。ただ、今となっては、それらも他人の痛みを感じることが出来るような学びの機会であったと感謝しております。

 救われてからは、主に人間の「真摯さ」を中心に深く知らされるようになりました。
 釈尊をはじめ浄土仏教を広めてこられた高僧方、特に実家の宗旨の開祖である法然聖人の御恩が尊く偲ばれます。私は残りの人生を法然聖人のように生きて行こうと何かあるたびに思い出します。
 
 自分の居場所やいろいろなことを一緒にしてくれる仲間を探していろいろな所に出かけておりますが、全てシンクロニシティなので、私が一番光り輝けるところとご縁があるように感じます。
 そして、ご縁があって私に御仏の話をして欲しいと言われる方々は、仏さまが私が御恩返しをなかなかできないと苦しんでいるのを見かねて、ご縁をくださった方々だと受け止め、尊く感じております。大切にお話しさせていただく所存です。

 ただ、ご自分からこういうところが分からないから教えてくれといわれないと、別の人生を別の業で生きてきたので分かりません。
 今は、次のステップへの移行期間なので、少し時間的に余裕があります。個人的にでも、コメントでも、遠慮なさらず何でもお尋ねください。分かる範囲でお答えします。
 
 悲しいことにどうしても救われたいという覚悟がない人には、やっぱり、お話しできないのです。体が一つだし、いつまで生きていられるか分からないので、どうしても優先順位が出来てしまいます。
 
 申し訳ないのですが、「真摯さ」が感じられない人とは、この先、関わるつもりはありません。そこのところご了承ください。中途半端にいい加減なことで、布教もカウンセリングもほかもできません。
 先回の投稿は何のことか、事情が分からない方もいらしたでしょうが、そういうことです。

 救われても、怠ける人、さぼる人、布教をお金儲けにしようとしている人といろいろだとこの5年間で知らされました。
 救われた人同士で協力して布教活動出来たらどんなにかいいだろうと感じますが、そうではないのが悲しい現実です。

 私に残された時間はそんなに長くないでしょう。あと100年は絶対生きられません。その半分でも生きて、何かしようと、自分の人生から問われている使命を果たせるよう、また走り続けようと志を新たにしております。

 だから、自分のすることは精査して、なるべく無駄のないように、たくさんの方々のお役にたてるようなことを選んで、完全燃焼していきたいのです。
 協力してくださる方がありましたら、一緒に歩いていきましょう。まだ救われていないけれど、何となく共感しているという方も大歓迎です。覚悟が出来たら個人的に救われるまでお話ししたく存じます。
 それが私の一番の仕事なのですから、

感謝していること
 今日は早朝から出かけ、用事を済まして、今年に入ってからずっと、いろいろなことで、余りにも疲れていたので、帰ってきてすぐ床に就きました。その後パソコンを開くと、大学の先生である恩師と、最近ご縁のあった、今、救われる話が聞きたいと言われている方からメールが届いていました。御恩返しをさせていただきたく存じます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
全てのことからへの御恩について 今、この瞬間を精一杯生きていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる