今、この瞬間を精一杯生きていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS どんなに小さくても独立して一国一城の主・お山の大将で人に使われたくない

<<   作成日時 : 2014/02/28 19:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 弁護士や医師などなら個人事務所や診療所で開業する人も多く、別に大して問題も起きませんが、宗教団体や企業から同じようなことで独立しようとすると、大変な抵抗に遭うようです。

 信者を取られたとか、特許を持っていかれたとかいって揉めます。
 芸能人でもちょっと売れるとプロダクションから独立すると言いだし、売れるまでの教育や宣伝費用を返せということでこれもなかなか大変です。

 宗教団体で講師の独立騒動を目の当たりにしたことがあります。
 セクハラを会長や幹部に女性から訴えられた、上級講師が居場所がなくなり会員を引き連れて出ようとしました。
「組織の歯車でいたくない」「賽は投げられた」などと体のいい事を言って、セクハラは誤魔化して会長やほかの人たちの悪口を言いながら、独立の話をしましたが、3,4人の会員がついていっただけでほとんどの人は残りました。
 その団体に属して1年半くらいだった私には、とてもショックな出来事でした。
宗教団体とはいえ、人間のすることには限界があると打ちのめされました。より一層、御仏の願いを賜りたいと感じました。

 それ以来、ずっと、私は名利の為に仏教の話をすることはしないでおこうと心に誓い今に至っています。
 だから団体も作らないし、お金ももらいません。
 反対に、近い将来はできたら、新興宗教を離れ、近くの既存の団体の寺院に属してもらえるように橋渡ししたいと真剣に思っています。これも私のライフワークの一つです。

 近年、フランチャイズの商法が幅を利かせ、どこも同じ料金で同じサービスが受けられるようになってきています。これはいい事でもあり、もっとさらにきめ細かいサービスが出来ることが望まれます。
 ただ、ここでも独立問題はあります。元の名前を一切名乗らずしたらいいのでしょうが、中途半端だと禍根が残ります。

 自分がトップに立ちたいだけなのか、既存のところとは違うことがしたいのかよく考え、またそれが社会にどんな恩恵を与えるのかなども加味して、元の所属のトップや役員などときっちり話し合い、金銭的なこと含めて納得出来たらいいのでしょう。
 信義に悖り、品質が落ちたりして、元のところの恩を仇で返すようなことはしたらいけなでしょうが、人間の私利私欲は、ある程度歳を取って枯れてもなかなか廃らないものなのでしょうか。様々な所で問題が起こっているのを見聞きします。独立したところからもまたキノコのようにどんどん小さな組織が出来ていきます。欲は底無なのでしょうか。
感謝していること
 いろいろな方と、どんなことでつながれてお役に立てるかということを考えると楽しいです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
どんなに小さくても独立して一国一城の主・お山の大将で人に使われたくない 今、この瞬間を精一杯生きていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる