今の自分は二度とないから、本当に心から望むことをしましょう

 こんなことをいうと、妬まれたり、僻まれたり、誤解されたりするかもしれませんが、生まれてこのかた、人に悪く思われないためのことや、気が進まないことをしたことが不思議とありません。
 本当に義に適わないこと、嫌なことは断固お断りしてまいりました。だからといって殺されることもなかったので、今現在生きています。

 学校でも仕事でも出来ない事はやり過ごしたり、放っておいたり、関わらないでいました。それでも何とか成績もさほど悪くつかず卒業でき、売り上げも順調に上げてきました。
 思うに、脅かされて遣い走りや見張り番や荷物持ちなどをさせられる人たちは、自分はこれは絶対しないという線引きや気概というか信念より恐怖心が強いのでしょう。
 救われた今となっては、無謀で怖いですが、頑固者の私は、逃げない、屈しない、迎合しないことを貫くためには死んでも構わないと思ってずっと生きていました。
 
 みんながするからということも、必然性・美意識・潔さ・真摯さに欠けたなら、取り入れませんし、加わりませんでした。
 あまりに酷い時は、黙って身を引きました。それでも一向に困ったことは起きませんでした。
 不安や心配で悩んだこともあまり記憶にありません。過去や未来を憂いても栓がないし、今をしっかり、きっちり手を抜かず生きていたら、結果はおのずとついてきたものでした。

 この頃は、あとどれくらい生きられるか分からないから、本当にやりたいことや人さまのために立つことをして、命を燃やそうと決意しています。失敗だらけの遠回りで紆余曲折の統一性のない雑多なことを訳も分からずいろいろしてきましたが、その一つ一つが、これから生きてくるような予感がします。

 バカンスも、別荘も、食べきれない御馳走も、きらびやかな衣服も贅沢品も特に何も欲しくないので、お金が第一でやりたくないことをすることはしないつもりです。
 ただ苦しく辛いけれど、自分しか出来ないことで本当に困っている人に助けを求められたら、気が進まなくてもするかもしれませんが、今はどうしても無理なら自分を偽ることはしないと思います。

感謝していること
 XPのデスクトップのパソコンを修理に出したらハードディスクが壊れていましたので、リサイクルで引き取ってもらいました。ブログや勉強や買い物など長いこと苦楽を共にしてくれて有難う!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック