今、この瞬間を精一杯生きていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 真・善・美が本来の姿です

<<   作成日時 : 2014/04/01 20:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 最近になって唖然としたことがあります。
 幼少の頃より、真理に生き、自由・平等・慈愛などの佳きことを願い、見目麗しく清らかな芸術の表現を模索してまいりました。
 これが全ての人の生きる道、そこを目指しているものだと信じて私は生きてまいりましたが、そうでない人がかなりいるのですね。

 好き好んで病気になったり、精神を病んでみたり、貧乏になったり、勝ち負けにこだわり、故意に他人に意地悪をして苦しめるのが生きがいの人がいたりします。
 本人たちはとても楽しんでよろこんでいるので、そういう生き方は他人を苦しめるばかりでなく、自分が苦しいから止めた方がいいといくら言っても、耳を貸さないどころかこちらにも攻撃してきます。

 そんな人たちとはキッパリ縁を切って、やっと距離を置くことが出来るようになったのですが、やはり風のうわさや報道などでその人たちの惨状を見聞きしても悲しく残念です。私にはその人たちを変える能力もありませんし、変わりたくない人を変えようとも思っても栓のないことです。寝ている子どもなら起こせますが、起きている子どもは起こせません。
 縁のないことだと放置し、今苦しみの中にいても、それを何とかしようという人のお力になっております。

 みんながみんな御仏の救いに値えたらいいのですが、それを望まない人がほとんどだということにも驚きを隠せません。
 「私は救われるまでにもっと修行がいりますから、今、お話を聞いても無駄です」こんなことを言って自分の心に蓋をしている人には何もできないのが現実です。
 今はご縁がないのだと、本人が何か言ってくるまで放っておきますが、せっかく縁があるのに残念です。
 救われて悪いことなど一つないのに、なぜそんなに抵抗するのか私にはわかりませんが、煩悩が邪魔になったり、穢れているとは思えないのかもしれません。煩悩に翻弄されて苦しいのに、臭くて仕方がないのにそれに麻痺して、却って心地よく感じているのかもしれません。

 だから、煩悩を楽しむ人は真理からは逃げます。避けます。そして要らない苦労を背負いこみ、不満たらたらで周りをも苦しめ、意地悪し通しで死んでいく人たちをたくさん見ながら、自身の力のなさをまた、悲しく感じます。どうせなら信心を獲て、真の意味で心から煩悩を楽しむ身になれたらいいのにと思いますが、そんな世界があることなど知らないでしょう。

 とにかく文章や音楽や絵画などあらゆる方法で発信したり、自身が真摯に生きることで御仏の願いをお伝えしてまいる所存です。

感謝していること
 今日も晴れて気持ちのいい朝を迎えられました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
真・善・美が本来の姿です 今、この瞬間を精一杯生きていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる