今、この瞬間を精一杯生きていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 英語も漢文も古文も避けてきたのに・・・・・・

<<   作成日時 : 2014/04/21 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

御仏の救いを賜るだけなら日本語が出来さえすればいいでしょうし、足ります。
 しかしながら、救われた後の残りの人生の拠り所を求めたとき、善知識方の書かれたものを漢文や古文でそのまま味わうことは必要だと今さらながらに知らされます。
 
誰かが訳したものは、自分の感覚と微妙なズレがあることを、大学院で英語を基礎からやり直しながら感じるところがあります。先生のこなれた日本語は耳触りがよく確かに素晴らしいのですが、生意気なようですが、自分のチョイスした言葉や表現でないとしっくりこないこともあります。

 お聖教の意味を解釈して講義したり出版するわけではなく、自身の生き方の指針や糧にするのですが、やはり文法は知っていた方がいいし、単語の用法も当時の意味を分かった方がいいと勉強を深めていくうちに欲が出てきました。
 決して勉強が好きな訳ではありません。暇さえあれば寝ていたい方です。

 ただ選んだテーマが法律でも心理でも社会科学でもなく、歴史の分野なので、今まで避けていた語学や古文や漢文・歴史を大学院で論文を書くためにやり直すことになっただけです。
 大学院の比較文化の学科なので、外国語や古文・漢文で原文もしくは古文書に当たることは必須だと、ぼんやりしていた私は合格したときに気が付きましたが、いい機会なので一人で読めるようになれるよう先生方にご指導を賜りながら精進致します。

 今日も大学の帰りに、O大学に寄って、アメリカ人の先生のゼミに出席して帰ってきましたが、日本人の私よりもはるかに古文や漢文を自在に解釈され、根拠も機械のように正確に教えてくださいます。母国語ではない日本語を流ちょうに話されるうえに、昔の言葉も詳しくていらっしゃる先生のお姿を見習わせていただきたく存じます。

 今日の内容は瞋恚について話し合いでした。
 世間を相手にこれは正論だと怒かり生きるのは智慧がないからであり、お浄土の荘厳さを知り、そこに書かれてあることを根拠として生きていかれるといいと言われました。私もその通りだと感じております。
 英会話の授業を途中まで出た上に、先生が御用があり早く終わったので、正味30分ほどしかお話が聞けず、次回まで半月ほどありますが、心を養うことが出来て嬉しゅうございました。
感謝していること
 御仏のお計らいか何かなのかは分かりませんが、いろいろ勉強のご縁がありよろこんでおります。明日は久しぶりに何もしないでゆっくり休むつもりです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
英語も漢文も古文も避けてきたのに・・・・・・ 今、この瞬間を精一杯生きていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる