平和 安心 自由 これらを大きな声で言える未来を子どもたちに引き継ぐために

 なぜ中学生や高校生を含む若者が平和のために声を上げるかは自分たちの未来を自分たちで掴むため
 その若い人たちの志を支えようと、彼らが安心して自由に生きられるために大人である素敵女子・男子たちも黙っていられなくなりました。

 流れは変わりつつあります。
抑圧や一握りの人たちの名利の為の策略は長続きしません。

どんなことでも、小さなことでもいいので、各自が自分の場所で自分の出来ることを周りの人に話したり、インターネットで訴えていったらそのささやかな渦が大きなうねりになって行きます。
どんどん状況が変わっていっています。
今、この時を逃したら、お互い争いたくないアジアの人たちを巻き込んで殺し合いになります。
武器を持てば使いたくなります。戦闘訓練をすれば実際に戦って殺したくなります。
そんな物にお金をかけるなら、福島の仮設住宅の修理や漏れている放射性物質を止める技術に使ったらいい!

何度でも、誰も聞いてくれないかもしれないけれど、言い続けないとダメです。
嫌なことは嫌、したくないことはしない、おかしいとおもうことはおかしい
自分たちの意見を言わなかったら、何でもしていい、言うことを聞く、抵抗しないんだから自分たちの好き勝手にしてもいいんだと蟻や蜂の巣をおそうように一般の人たちを空爆などで殺していくんです。
他人を殺す法律を作りたい人たちは、家畜を罪の意識なく殺すように他国の人や自衛隊の人たちは自分たちのために死んでもいいのです。

 想像力を持つことは大切です。戦争で攻撃された人たちのその土地で生活しているところを思い浮かべてください。または広島・長崎の原爆のその地点に身を置いて凄まじい光と爆音を想像し、その後70年後遺症に苦しんでいる人たちの身になり替わってみてください。それを助けるたくさんの映像や映画やエッセイや詩や小説があります。

 人間の創作は人々を平和に安心して自由に暮らせるためにあるのです。
 自己満足でしかならないものなら要りません。そんなもの何の役にも立ちませんから。
感謝していること
 真理や人々を明るくすることを言葉を使ってインターネットなどの様々な媒体でいくらでも伝えられるならそれをしていくことが人間としても使命でありよろこびです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック