ふと目が合って微笑み合う贅沢な瞬間

 ゼミや研究会の集まりの中で、興味深い意外な内容が語られた時、誰かと何気なく目が合って「そうなんですね」と無言で微笑み合うことが結構あります。同じような理解を共にしていたのだと後から感じられました。真摯な態度でその場に臨み、発言をされる方を鑑に研究を続けられることは有難いです。

 誰かと逢っているとき、そのひとが素敵な笑顔と共に優しさをくれることもあります。「じゃあまた」と言った別れ際、飾らない微笑みを差し向けるひともいます。お互いを愛おしむような純粋で雑味のない素顔は清涼剤のようにスッと爽やかな気分になります。人生は辛く哀しいことも数多くありますが、ふと誰かが見せる微笑みに何だかもう少し頑張れるのではないかと勇気つけられることがあります。

感謝していること
 あまり何も考えず、何かいいな、面白い、またねという誰かの表情に癒されながら、また一日が終わろうとしています。今日はトールペインティングのお稽古でした。長いこと続けられるのもご一緒する仲間のお蔭です。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック