なぜわざと意地悪するモラハラが止められないのか

 自分ばかりが可愛いのかもしれませんが、だからといって他人に意地悪することは違います。他人が悲しんでいるのを見て嬉しい感覚は分かりません。

 癖なのでしょうか。嘘、誤魔化し、逃げ、威張る、無視などを繰り返すと人は離れていきます。この人は言い返してこないから、利害関係があるから、離れられないからなど、格下に思い見下していても、相手も成長します。そのうち、言い返してもくるときもあるでしょうし、この人とは理解し合えないと感じて、何も言わないまま去ってしまうかもしれません。利害関係から離脱する覚悟を持ち自立するか、魂レベルが格上の別の人の元へ行ってしまうようなこともあります。そうなったとき、いつまでも子どもじみて成長しないままの自分が知らされます。

 各々が真摯な態度で一人でいても自分が生き甲斐を感じられたなら、別の誰かと一緒にいたら、何倍も楽しくなれます。自分の足りないところや欠点を補ってもらおう、劣等感を見ないように意地悪する相手を探し続ける生き方は不毛です。誰かが去って、次の獲物も全く捕まえられなくなったとき、本当に一人になったとき、それは臨終かもしれませんが、酷いことをし続けていたときがつくのかもしれません。そういう意地悪な人の犠牲者になる必要はありません。嫌なことは嫌、出来ない事は出来ない、止めて欲しいことは止めてと勇気を出していうか、いっそのこと離れてしまうか自分に合う生き方を探しましょう。中途半端なのが一番苦しいですから。

感謝していること
こうなれるまでは大変で時間もかかるけれど、決意ができると気持ちが楽になるのだと知らされます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック