一番大切なひとに、激怒したり無視したりして拗ねて甘えるのは淋しさから

 本当は大切なひとに優しくしたいのに、裏腹なことをしている人たち見ているととても胸が痛みます。怒りや無視や拗ねる心の底にあるのは淋しくて甘えたい気持ちです。それを上手く表現できなくて、本人も気が付かずに、ネガティブな表現をしてしまいます。

 仏さまや親なら、それも含めて包み込んでくださいますが、それ以外の人たちに拗ねて甘えると遠ざかって行きます。よくよく気を付けねばなりません。

 大切なひとを悲しませたり、苦しめたりするために生まれてきたわけじゃありません。優しくしてもらえたのなら、それ以上のものを差し上げたら、さらにもっと素晴らしいことが返ってきます。それを知らない人ばかりで、みんなが拗ねて甘える子どもばかりがいるのが人間の世界のような気がします。

感謝していること

 研究のために資料を読み、誰かの話を聞いているとよく分かっていたと思っていたけれど、さらに深い理解が得られます。有難く感謝しております。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック