平生業成(二度の臨終)

平成二十六年の梯實圓和上のご葬儀に、天岸浄圓先生が御法話の際、「この度のご往生おめでとうございます」とおっしゃたそうです。続いて、法要読経のあと、梯和上の奥様が天岸先生のお言葉を受けて挨拶されました。

「みなさん私が亡くなったときは、必ず『往生おめでとうございます』と言って下さい!。その時までは今しばらくお念仏を称えながら日暮らしさせていただきます。」

梯先生のご往生を私はインターネットで知りましたので、ご葬儀の御縁はありませんでした。昨日の天岸先生との対話で「『お赤飯を炊きましょう』とまでは言いませんでしたが、『ご往生おめでとうございます』とは言いました」と直接お聞きしました。

この先、私が死んでも悲しむことなく、
「往生おめでとう!」と見送ってください。そして近い将来、またお浄土でお逢いしましょう!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック