悪口は冗談だと赦し空気を読まなくてもいいし、殴る素振りは既に殴っている事実

 他人に対して云った悪口は、後で冗談だと言い訳されても、それは本心です。
 殴る素振りも同様、既に殴っています。

 後付けの、言い訳は絶対信じてはなりません。

 悪口をいう人、人に暴力を加える人は自分が悪口を言われるか、別のストレスで、それを解消する獲物に当たっているだけです。言い訳をされても、そういう事実があったことを重く受け止めるべきです。
なぜかというと、満たされている人は悪口を言いませんし、暴力とは無縁です。

誤魔化されてはなりません。

悪口や、暴力の全くない世界は存在します。それは悟りの世界です。みんなが自分を後回し持して、まだ悟っていないひとを応援する世界です。そこまで行けていなくても、悪口や暴力を拒絶し、そんなこととは無縁の人生を送っていくべく精進してまいりましょう。

誤魔化されてはいけません。その人から出た悪口、暴力は後で言い訳して打ち消しても、許されることはありません。そういう人なのだと注意して、距離を取り、そうでない人たちと一緒にいることをお勧めします。まだ、刺激がほしいとかいうのなら敢えて止めませんが、いづれはそういう刺激もお腹一杯になって、もう結構という時が来ます。そう感じられる時まで、刺激ごっこを堪能してください。自虐や虐待に満ちた心身の痛みを通り抜けないとそれは痛いし、抜けようとは思えないのかもしれません。まあ楽しんでくださいとしか言えません。

感謝していること
悪口、暴言、暴力に無縁な世界を信知することができたことに有難く感謝します。

"悪口は冗談だと赦し空気を読まなくてもいいし、殴る素振りは既に殴っている事実" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。