テーマ:覚悟

全てにおいて最後は信じることなんだ

 新しい年になりました。本年もよろしくお願いします。  阿弥陀仏のお約束を疑いなく信じることばかりを私はずっと言い続けてきました。仏さまは信じられても、人間は子どもの頃からのトラウマからか、無理かと諦めていました。「それではだめでしょう,人も信じないと」と、年末にすでに疑いを手放した友だち(彼女には春に話して以来よろこんでいる)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あるとき誰かの真摯さが感じられたら、その先、自分がどうしていくか(軸)が定まる

 真摯さを受け取れるのは対等な関係が構築できると確信したときと同時な気がします。  何らかのパッションが感じられたとき、いつもは幾重にも理論武装してクールさを装っているその人が無防備なありのまま、そのままの赤ちゃんみたいに向かってくる姿を見たら、日頃の作られた姿じゃないその人を感じられます。笑えちゃうくらい不器用で必死でひたむきな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙人宣言~博論のめどがつくまで人間止めます~

人間らしい生活を止めて、宇宙人のような生活に突入しようと決めました。  最近、いろいろ嫌なことがあって、ストレスになっていて、いろいろな人と話をして解決策を見つけていました。その甲斐あって、今日人間らしい生活をストップして、論文に専念しようと決心しました。昨日相談した人には、査読論文3本通るまでつまんない生活が続きますよとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去の記録(仏典・論文等の書物)と現在の実態(日々の出来事)

 釈迦の説法を再編した仏典を多くの人が解釈し、読み解きそれを布教してきました。そして阿弥陀仏の本願も話され、多くの人が信心を賜ってきました。ネパール・インドはもとよりアジアや世界中の国々に仏教は翻訳され広まってきました。翻訳は「膨張」していきました。その過程で、釈迦が説いたものと別の形になっていったものもあったでしょう。しかしながら、悟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長と名のつく人以上の人材は集まりません

 人はお金の為に生きているのではありません。  自分の人生から問われたことを成し遂げるために生きています。  だから、自分の所属する団体の責任者が無能な人物と見なしたら、さっさと見切りを付けます。  有能な人ほど素早く行動します。    それが証拠に、日本を見限って海外に逃げる人が出始めています。  同様に、会社でも、大学で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の取組の姿が、そのまま明日を創り、迷いを抜けられるか否かを決定する

人にはそれぞれその人がしなくてはならない役割があります。  各人が人生から問いかけられているものです。  しかしながら、それはそんな大げさなものではありません。  日々の小さなことの積み重ねです。    家庭内でも自分に課せられた仕事があります。  子どもには子どもの大人には大人の役割があります。  不幸にして幼少に親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The best lecture 今までに経験したことのないような大学院の講義

 最近「命がけの講義」を受講させていただきました。  テレビなどでご覧になった方も多いことでしょうが、現在、関西大学の博物館で角倉素庵と俵屋宗達の展示会が開催されています。同時開催でフギュアスケートの選手の衣装やメダルなどを展示していまので、興味のある方はお越しください。  その企画を現在の大学院の先生が任されていて、私たち大学院生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

存在するのは真理で正義じゃない

正義や正しいということをいう人が苦手です。  そんなものはないと知っているから。  正とか義を振り回すと争いが起こり、戦争につながります。    御仏の智慧や慈悲の前では、みんなが平等なので争いは起こりえません。  21世紀は20世紀で学んだ無為な戦争の反省を踏まえて、地球というものを全体として国境や境界線をなくして、互い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「セクハラおやじ」の「セクハラやじ」には大声で怒らないと「おやじ」には分からない!

「嫌だ!」  「止めて!」  こう言えないでモラハラ・セクハラや痴漢の餌食になっている人たちをたくさん見てきました。  被害に遭う女性の共通することはたいていがおとなしく上品な人たちです。  嫌だと声を上げたり、嫌なことをされたときにそれで自分が傷ついていることを分からせるために沈黙して反省を促す訓練は女性たちは今まで受けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当は分かってるけど誰も言わないこと

 一目見たときから、その周りの空気が温かいか明るいか、赤ん坊は敏感に反応します。彼らの判断は、結構正しいです。私たちもその能力を磨かないとなりません。 国民の大半は原発は原子力村等の利権が絡んでいることを知っています。  為政者は戦争が好きなんじゃなくてお金が好なんです。お金の為には何でもします。 死の商人が武器を売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体験と理論(教学)の両方を説くのは難しい!

 宗教家と呼ばれる人で歴史に名を遺した人たちは、真理との邂逅の体験がおそらくあり、それを理論立てて説法していきました。  本当は体験だけで構わないのですが、小賢しい人たちを納得させるためには、理論や理屈が必要だったからでしょう。  後に教えに基づいて体験を獲た人たちは数多くありましたが、教えをその時々に応じた言葉で、時には外国語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校での集団授業と問題集などでは学べないこと

何を学ぶかの前には、真似ることから始めるのでしょう。  運動なら基礎体力のような読み書きソロバンといった最低限のことが出来なくてはなりませんし、問題を見つけること、その解決の筋道を試行錯誤して考えることを就学前に十分経験することが大切です。 その上で何を学ぶのか、それから自分で決めて、それに沿った文献や資料を集めて、行きづ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達には人によっては敵と苦しみが必要

 恵まれている環境をよろこべて精進できる人と、逆境で頑張れる人と人それぞれです。  どちらかというと逆境の方が人はいろいろ考え、克服できることに熱心になれます。 お尻に火がついていたら、頑張らざるを得ないのでしょう。  人生いろいろなことがやってきますが、それは全て真理を賜るための方便です。  幸せとかそうでないとかしかそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謙虚に、おごりなし。常に前向き

これはスケートの羽生選手のスローガンらしいです。  東北の震災で避難生活を余儀なくされ、横浜の恩師を頼り、日本中をチャリティで回って、それを練習代わりにした彼はいつも「恩」という言葉を口にします。  過酷な状況で人は鍛錬され強くなれるのでしょう。  それから、今回も震災の被災者の為に金メダルと持って帰るという、私利利欲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手の切れる仕事という感覚がだんだんわかってきました

 今まで絵もクラフトも字も色々してきました。  全く疑いのない信心も賜りました。    最近、私は完璧主義ではないのですが、子どもも含めて他人が、その時々に余力を残していい加減にさぼる生き方がまどろっこしくて苦手なことに気が付きました。  ずっと緊張しているわけではないので、過労になるようなことはありません。  緩急のバランス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄則 裏切り者は即座にサヨナラ!彼らは改心しない!以後絶対関わるな!

 人間というのは失敗を繰り返して賢くなります。  それは人間関係についても言えます。  長く生きていると、感覚の合う人ばかり、いい事ばかりがある訳でもないし、可笑しな人とも出合い、それらの人たちがする不可解なことがすることにショックを受け死ぬほど悩みます。    自分は真摯に正直に生きているのに、何でこの人には通じないのだろう、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一度や二度失敗したからって何なんですか?私は30年近くやってきましたよ

 こんな風に弁護士の宇都宮さんはおっしゃいました。サラ金のグレーソーン撤廃の法案が通り、本当に国民は助かりました。  いつ法律が通ったかも当事者ではなかったので知りませんでしたが、宇都宮さん始めたくさんの弁護士や政治家の方々のお蔭で救われた方はたくさんあったでしょう。  今度の都知事選で、原発を止める最後のチャンスだと一本化を訴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敵前逃亡ほど卑怯で残念なことはありません

 ただし戦って無駄に命を落とすことではありません。  いつまで生きているつもりなんですか?  がんを宣言された人、80歳以上の人などではなくても、いつ死ぬか分からないんですよ。  それなのに「今」救われる真理との邂逅をなぜ急がないんですか?  なぜ諦めちゃうんですか?  なぜ、向かっていかないんですか?  いくらでも手伝うっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若い時の苦労は借りてでもせよ

 苦しみと楽しみでは楽しみの方がいいとほとんどの人が思います。  本当に楽しいだけの人生でもいいのかというと疑問です。    裕福な家に生まれ、容姿も麗しく、知恵があり、元気でも暗い生活をしている人はたくさんいます。  恵まれているにもかかわらず、何故いつも暗い顔をしているのかと周りは不思議がります。  それはおそらく心が満た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周りの方々に感謝と尊敬の念もって御仏の願いをお伝えしています

 サイコパスでない限り、人は何かしら長所があります。それは短所でもあることが多いので、なかなか周りの人に分かってもらえず、尊敬もされません。    相手の長所を見つけ出し、それを一緒に感謝し高めていくのが教師の役目だと感じます。  なぜなら、利害関係なしに褒めてくださるのは先生だけだからです。  友だちはライバル意識が働くので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカハラ・パワハラは古来より~法然さまも御苦労されました~

 法然聖人は日本の歴史上の人物で最も尊敬している方の一人です。   戒律も守り、頭脳明晰でいらしたのに、残された文書などから、どなたにも分け隔てなくお話しされる偉ぶったところのないお方だったようです。  その法然さまも一番最後についた師匠が短気で、法論で負けそうになると、色々なもので殴ったという話が残っています。  それでも法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他人に大切にされない状態が当たり前だと思えたら苦しみはほとんどなくなる

人間は苦しみと楽しみが半々くらいで、禍福があざなえる縄のようなのでそれで、今の状態が迷いであると何となく自覚で来て、真理を求められるのです。  苦しみが激し過ぎて地獄界・餓鬼界・修羅界でも真理を聞くことはできません。 楽しみばかりある天上界でも無理です。  唯一人間界にいる時にしか真理を求めて、迷いから抜け出る六道出離はできません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後生の一大事

  この言葉にはとてもナーバスで今まで封印してきましたが、やっぱり書かないといけないと覚悟しました。  「機責め」とか「脅し」と取られかねない言葉なので、使うのを躊躇していたのですが、ある方が談話会で質問されました。  「無常」を知らせるにはこれは避けて通れない言葉なのです。  生まれてからずっと私は何となく御仏に護られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生からの問いかけに一分一秒惜しんで応える

 人生は一度きりです。  人生から問われていることが各自あります。  その人しかできないことなのです。  それをするために生まれてきました。  それ以前の問題として、「死の解決」、つまり、今死んでも安心満足できる「廻心」の境地に生まれ変わることを今生、今することが肝要です。  それと同時にその身に救われるまでも、その後もそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分にとって都合の悪い時でもよろこべる身に今救われてください

 人間は自分にとって都合がいいものをよろこび、そうでないものを忌み嫌い遠ざけます。その都合というのは主観です。本人の快・不快に基づいています。  人生には苦しみと楽しみがありますが、苦を厭い楽だけを求めようとします。  楽だけやってきたらいいのですが、そうもいきません。    保育園・幼稚園までは何をやっても点数や評価がないのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい企業理念や個人の新年の抱負を書いてみましょう!

 理念や理想がないところには豊かさや繁栄はありません。  それらがない首長や社長の下にいる人は気の毒な気がします。  流れに抗うことなく、ただ流される住民や社員は大変です。  自治体や会社はトップが方向を示し、市民や社員は、それに向かって協力して、和やかに、よりよき時間を共有する大きな船の乗客と同じです。  まだ7日です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠くを感じつつ、目の前に全力を尽くす

 仕方のない事なのでしょうが、自分や子ども・家族に都合がよければ、その他の人のことなんてどうなっても構わないという考えの人が多いです。  それが国になると「愛国心」などという言葉を持ち出してきます。    身内さえ・自分の国さえよければ、ほかに嘆き悲しむ人がいても見殺しにするのが御仏の智慧や慈悲を持たない人間の限界なのかもしれませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せでいる覚悟・決意する

 悲しみは「認め(味わい)・理解し(受け入れ)・手放す(忘れる)」こと。  「使命感と情熱と優しさに溢れる」人に近づいて学ぶ。  光は真実の象徴だから明るい人や方向に向かって行く  人生やチャンスから「逃げない・ぶれない・焦らない」  覚悟・決意さえあれば、幸せでいられる気がします。  素直なありのままを見られる心さえあれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これは絶対する・しないって決めてること

 小さいころからおばあちゃんや両親やご縁の有った人たちに尊重され、可愛がられて、その上、御仏の御加護を賜り、生まれたときからずっと寵愛を受けて護られてきたと5年前にきがつきました。   もちろん大変な時期もありました。  セクハラ教師や意地悪や理不尽なことを空気を吸うようにする周りの子どもたちの中で耐えた学生時代もありました。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「同性・異性関係なくカッケーって思われる人でいる」

 「カッケー」って「カッコいい」ってことらしいです。  「カッコいい」より何となく言葉もなくポカンと口を開けて、呆然と見とれている感じが私にはします。  形を取り繕うのを通り越して、天晴、お見事、敵わないなって言った方がいいでしょうか。  若い人はまたこれを「カミ」って呼びます。「ホトケ」とは言わないようです。  もしかしたらこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more