テーマ:大学

親御さんの真の願い(お話し29)

「午前中は頭がスッキリしてるから、会議とか話し合いとか済ましてしまうといいんじゃないかなって思ってる。 仕事終わって、わざわざ酒の席で高い金出してするより、早く出てきて、会社の近くの喫茶店でモーニング取りながらの方がいいんじゃないかって思うけど。」 「でも僕みたいに、口下手だったり、気が小さくてお酒の勢いを借りないと話せない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親御さんの真の願い(お話し28)

「みっちゃん、大学院のこと聞いてたのに、つい学士3っつって言ったけど、大学も初めの抜かして、2つは三年編入の通信で学士を取ったんだ」 「そうなんだ、でもすごいね。よく頑張るね。」 「分野もね、人間学、心理学、教育学とかいろいろな人文系を片っ端から受講してた。最近の大学はね、コンピュータで講義が聞けるんだよ。某国営放送の高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大の授業開始前に介護や保育の実習で単位を

 東大の秋入学が始まるらしいです。  合格してから入学までの春から秋の間に海外を見て回るのもいいでしょう。  国内に関しては、国や自治体の政治家や国家・地方公務員になったりや「士」・「師」資格を取る人が多いでしょうから、介護や保育などの福祉分野の実習をしてもらったらいいのではないでしょうか。  大学では研究や資格試験や就職試験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宗教家(僧侶)の本来の役割

 宗教家というとやっていることが漠然として何だかよくわからない気がします。  色々な考えがあるでしょうが、私は宗教を生活の糧にしたり、お金をもうけようとは思いません。  なぜなら、ただで賜った信心なのに、人に伝えるのにお金を頂く気には全くなれないからです。  このようにフリーの文章で書いていたり、対面や電話やチャットやメールでお話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必要な人には必ず出遇える

 今日は大学のスクーリングの今年の最終日でした。  来年一つ残っていますが、とりあえず頑張って勉強しました。  そして、先生と一緒にみんなで、打ち上げの飲み会をして今帰ってきました。  特別用事がある人以外、ほとんどみんなで最後に集まれて、話が出来て本当に嬉しかったです。    何となく漠然と起業したい、それもお金を自分に集め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自主学習・発展学習・先取り学習

 学校で与えられた内容以上のことを自らするのが自主学習や発展学習で、先の学年で学ぶことを先に学んでいくのが先取り学習なのかと私は捉えています。  勉強に対する意欲は無いよりあった方がいいし、出来る人はどんどん先に進んでいったらいいのではないかと思います。    大学時代はパソコンもまだ普及していなくて、友達と勉強して、わからない内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いったい何のための宗教・哲学・学問なの?

 いまだに分からないことがあります。  学者と呼ばれる大学の先生たちの学問への取り組みです。  全員とは言いませんが、学問のための学問をしている人にたくさん会いました。  なぜ学ぶのか?  一般の人にとっての答えは明確です。  それは「幸せ」になるためです。  究極の目的はこれしかありません。  どうやら、学者の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寺子屋式教育への回帰

 江戸時代に日本の識字率が高かったのは、寺子屋の存在が大きな役割を果たしているらしいです。  寺の周辺で遊んでいる子どもたちを集めて、「読み書きそろばん」を教えたのですが、そこはあるレベルになるまで教えて、年齢に関係なく、どんどん巣立たせるところでした。  なぜ、今の日本には、このような仕組みが残っていないのでしょうか。  外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚愕!プレゼンテーションのお手本

 人はこんなにも画像で温かさを届けられるのか?  お人柄がにじみ出てるのかな?  どうしたら、こんな風な存在感のある、プレゼンテーションができるのだろう?  いかに未熟者のくせに、謙虚さの足りない私でも、完全にノックアウトされ、伸びてしまった映像がそこにありました。 ご自身のプレゼンテーション概論ではなく、別の講義でのお手本に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「働くこと(キャリア)を考える」の授業

 ←今←○年後(私のイメージ)    「働くことを考える」という授業をスクーリングで受けました。  3日目の仕上げに、キャリアマップの絵を描きました。  四角い二つの枠のシールのも配られて、それをマップのどこかに貼るようにとのことでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終焉→中立圏→はじまり

 ブリッジスのトラジション・モデルを知りました。この理論は、私の心境をよく表していました。    「終わり」があっても、なかなか、それを「終わり」と認められず、きちんと終われませんでした。  長年していたことが、なかなか過去のものになったと割り切れず、過去の亡霊がふっと姿を現しました。  喪失感を感じ、何もしないで、この「宙ぶら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほらね、ちゃんと一歩、踏み出せてますから!

 今回の大学の授業では名刺を皆さんにお配りしました。  そして、たくさんの方からメールをいただきました。  クラスの中で、はじめは慣れないようでしたが、終わりごろに顔がぱっと明るくなった方がいます。  特にその方と、若い方、皆さんに向けて、私の感想を記します。  もし、○○さんのアドレスをご存知の方があれば、ステラがこのようなこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がんちゃんさん 本当にその通りですね!

 昨年の1月に、がんちゃんさんから、このようなコメントを頂戴しました。  そのときは、いいことをいってくれてありがとうございますという感じでした。  「2011/1/21 00:08 幸せとは、自分が考えていること、言っていること、そしてやっていることが調和しているときのことを言う。 ガンジーの名言ですが、ふと思い出しましたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周りの風景は自分の心が創る

 今期最後のスクーリングの授業は「キャリア」の基礎の内容のさわりです。  広義のキャリアの定義は「社会の中で役に立とうとしている行動」だそうです。  このブログも「キャリア」の中に含まれるかもしれません。    実際、お役にてているかどうかは、読者の皆様一人一人のご判断でしょう。  それは、それぞれの感じ方にもよるかもしれませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めて聞いたお言葉

 本当にびっくりしました。  今日のスクーリングはパソコンの情報活用でした。  コンピューターのことで先生が言われたお言葉に驚いてしまいました。    始めの説明の時のことでした。  「もし、何かパソコンや教室のことで不都合が生じてしまったら、私が大学に一筆書きますから、一緒に謝りましょう。私の監督不行き届きですから」と仰いま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大学に対する考え方の変化

 大学は少子高齢化で皆が入れるようになりました。  一部の入るのが難しいところ以外なら、簡単に入れる時代です。  大学が乱立して、つぶれるところもあります。  高校生の頃、少し上の学年から共通一次が実施されました。  そのせいか、旧国立1期校や東京の私立の東大を除く五大学、関西の関関同立以外の大学に行くなど、当時は考えられま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一度大学

 自分の心を見つめなおす為に、7月から電話で、カウンセリングのサービスを受けています。  たくさんのカウンセラーの皆さんのお蔭で、命を存えているという状態です。  皆さん本当に有難うございました。感謝しています。    そして、私も何かお返しが出来ないかと考えいる中、コメントの中でキャサリンさんがスクールカウンセラーという方向を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more