テーマ:心の声

どうぞ、お好きなように! お気に召すままに!

 自分で気が付かないと人は変れません。  どんなに苦しんでいても、苦しんでいることが、その人にとっては、楽しみなのです。  他人から見れば、自虐的と取れたり、人の迷惑を考えられない自分勝手な、身勝手な人だと思われても、絶対改めません。  その状態が心地よいのですから、それがその人の善であり、正義なのですから止めません。  相…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

淋しい子どもたち

 昨日子どもを、公文の教室に迎えに行った時、前に記事(2010年7月20日)にした、女の子に何ヶ月かぶりに会いました。  先生のいすの上で、カーペットで立てひざで、プリントをやっていました。  その子が床に脱ぎ散らかしたコートが、通路を塞いでいました。  遅くなったので、帰ろうとしたら、助手の先生が、そのコートをどかして、そこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生存本能は時に理性に勝ります

 人間は、肉体を持つ生き物なので、その身体を色々な意味で、維持していかなくてはなりません。  そして、子孫を残したいと願う本能があります。    本能のレベルでは、基本的に、動物と変りはありません。  特出して、頭脳が発達したので、理性的に生きるようになり、、それに伴って、道徳、規範、法律が出来、社会の仕組みが複雑化しただけです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そのたった一人に自分がなって

 昨日の記事で、誰か分かってくれる、ありのままで居られる人がいたらと書きました。  もしも誰もいなかったら、自分自身がなってあげましょう。    「ほめ手帳」の記事でも言いましたが、自分で自分を認めて、肯定する事は利己主義ではありません。  自分を労わって、分かって上げられるのは、一番近くにいる自分ではないでしょうか。  自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒトを褒めるより自分を褒める

 ヒトを褒めるのも、いいですが、自分を褒めることにしました。  自分で自分を褒めるなら、ヒトに頼む事もないし、気軽に、手軽に直ぐ出来ます。  それに、自分を褒めていたら、自分を大切に出来るし、もっともっとヒトも褒められるようになると思いました。    大袈裟なことでなくていいし、気が付いた時に、良くやっているねと自分を励ましたら…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

選択肢があるという希望

 どんな絶望の中でも、希望はあります。  ナチスに捕らえられていようと、専制国家の意向に合わず投獄されていようと、心は自由です。  心まで、縛る事は誰にも出来ません。  ここ日本で、私は現在、拘留、拘禁されてもいません。  私は自由の身です。  選択肢はいくらでもあるのです。  なのに窮屈に感じるのは、自分で自分を籠の鳥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語なのに外国語に聞こえる

 日本語を話し聞いているのに、話が噛み合わない、こちらの言っていることが通じないし向こうの言っていることが理解できない事ってあるんですよね。悲しい事ですが。  両方同じレベルにいると、いつまで経っても平行線ですが、どちらかが、大人だったり、物が分かっている人なら、片方に合わせたりも出来ます。  子どもなら、仕方ないと待つ事も出来ます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心の中の模様替え

 ヒトの自分と違うやり方に遭遇した時、それを楽しめるか否かで、相手が受け入れられるか判断したらいいでしょう。    そういう考え方もあるんだ  気が付かなかった  そっちもいいかも  なるほど  意外だけど、楽しそう  よく分からないけど、ワクワクする  すごいな!  今まで、損してたかも  今度、私もやってみようか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めに志があった

 何かしようとしたとき、漠然としてきた事は、途中で方向が違ってきたり、挫折してしまったりします。  志が、あって始めた事は、迷った時、疲れたとき、初めに戻ることが出来ます。    志の有無で、欲に流されたり、ヒトに利用されたりするか否か違ってきます。  何のために始めたのか、どうしたかったのか考えたら、方向も間違えないし、しんど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実践で分かること

 その道の先生になりたかったら、ヒトを助ける立場に立ちたかったら、指導者について、ノウハウを学びます。  もしくは、学校があったら、そこで勉強するし、資格試験がある場合は、受かる為の予備校か、過去問や専門書で勉強します。    芸事は、そのまま、技術が通用しましすが、そのほかは、簡単な事や初期段階では大丈夫でも、学校で学んだ事や資…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判と宗教の共通点

 模擬裁判を見る機会が、最近ありました。  日本は法治国家なので、判決は、刑法に定められている条文の刑罰の範囲を裁判所で言い渡されます。  その刑が適用されるか、また刑罰の詳細は、裁判官の裁量です。  それから、殆どの判決は、判例を加味して出されます。    裁判は、刑法や刑事訴訟法の範囲内でなされます。  そうしないと、し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インチキ宗教

 人間は死んだら、全員が地獄に行きます。  だから、仏様に助けて頂けるように、お金をたくさん出しなさい。人を集めて来なさい。    こんな事を言っている宗教の教えは、嘘っぱちです。  ただ、教祖や一部幹部が潤う為の資金を集めたいだけです。    どうして、人が地獄に行くなんて言えるんですか?  そんなこと、お経のどこを読ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

物事の本質を見抜く

 ずっと気になっていて、欲しかった本を買いました。  斎藤一人さんの『眼力』です。  本は大体、今迄、私がぼんやり、そうかなと思っていたことを、文章で書いていてくれて、納得しました。  ついていたCDは短かったですが、ここ何ヶ月か、このブログで悩んで、書いてきた事の答えを、貰ったような気がしました。  下手な私の解説より、実際、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人は引かれ合う

 遇うべくして、遇った  起こるべくして、起こった  この世に生まれて、体験する事は、偶然ではなく、必然なのでしょう。  空間の居心地の感覚が、どんどん敏感になってきました。  実際の気温でなく、そこが居心地として暖かいか否か、一瞬でわかるような気がするのです    加えて、悪意のある言葉で、人を攻撃している人からは、離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第六感 直感

 根拠もないのですが、私は第六感や直感を最近は、とても信じるようになりました。    昔から、何となく嫌だ、止めておいた方がいいかもと、思うことがよくありましたが、気のせいと片付けていました。  そんな嫌な予感のするときは決まって、余りよくない結果になっていました。  だから、この頃は、理屈や能書きでなく、まず、感じた事に従うよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感覚を取り戻す

 喜怒哀楽を押さえ込んでいませんか?  よろこび、嬉しい楽しいは他人にも後ろめたくないけれど、怒り、悲しみをないがしろにしていませんか?  怒ることも、悲嘆に暮れることもそれに蓋をしないで、認めてしまったら、楽です。  「そんなに怒るような、悲しい事があったんだね、辛かったんだね」と自分で自分の心を労わるように抱きしめて上げて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内に秘める想い

 次から次へと心に思い浮かんできます。  それを、全部口に出す時間もありませんし、私などは、殆どが煩悩で、自分の欲です。    ああしたい、こうしたいが、自分の為だけでなく、世のため、人の為、何か言う事で、自分も自分以外の人も幸せになれる事なら、大いに言ったらいいと思います。  反対に、こんな戯言言っても、自分もマイナスで、人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好き嫌いは過去世の因縁もあり?

 人の好き嫌いは、過去世からの因縁のような気がします。  過去世を信じない人には理解できないかもしれませんが。  理解しよう、仲良くしようと頑張っても、どうしても好きになれない人。  周りからは、何であんな人がいいの?と思われるような人でも、訳もなく惹かれてしまう人色々です。    子どもの頃から、皆と仲良くしなさい、人を嫌っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勉強して理解する事と感じたり気付く事

 人生の中で、人から、書物やほかから学ぶ事は受身が多いです。  感じる、気付くことは実際自分がその場で、個人的な1回の体験です。    昨日、次のようなコメントを頂きました  「人間は、両方経験すれば、必ず善きものを選び取るとは、「白熱教室」でのサンデル教授の言でした。悪と善、憎しみと愛、両方を経験した人ならばきっと気持ちのよい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コートに入った球だけ打ち返す

 誰かがあなたに何か言ってきた時、全てを返さなくていいことを、まず知って下さい。  卓球やテニスでも、コートに入っていない球は打ち返す必要はありません。    自分はこの人と関わるべきか、否か判断するのはあなたです。  あなたにとって有意義で、プラスになる人には誠意を以って関わるべきですが、それ以外は無視しても構いません。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耐える力

 人は自分の心に思い描いた世界で生きています。  同じ事が起こっても、ある人にとっては苦痛でも、ほかの人にとってはさほどでもない。    事象は同じでも、受け取り方によって、楽しくも、辛くもなります。  家事や雑用をゲーム感覚で済ませられたら、それほど苦痛でもなく、かえって楽しめるかもしれません。  イヤだ、面倒だと思ってしぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「壊し屋」に注意!

 壊し屋はあなたの周りにいます。  自分が壊し屋などとは決して名乗りませんから、気をつけて下さい。  壊し屋は自分では何もつくる事をしません。  一生懸命つくった事がないか、つくっても上手くいかなかったかでしょう。    必死で何かつくった事があった人は、その過程もよく分かるし、努力も、苦労も、周りの協力も全て覚えています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

情に流された責任感なんて嘘

 今迄は、ほとんど、そういうことは感じなかったのですが、最近、心が曇って、人を贔屓目に見たり、情に流されたりしてしまって、酷い攻撃を受けて、大変辛い思いをしました。    そうなんです。「情に流された責任感なんて嘘っぱち」だったんです。  『グサリとくる一言をはね返す心の護身術』 バルバラ・ベルクハン著 草思社  この本の中にあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消極的な宗教会員の本音

 今夜あたりお誘いの電話がかかってくるのかな?  大きな行事のときは、何度も掛かってくるけど、気が重いな。  目標の頭数に自分も入っているだろうし。  誘うほうも、気合がはいっているだろうな。  お金ももらえないのに、自分で電話代まで出して、何でそれほど聞く気のない人間を誘うのだろう?  目標が達成出来ないと指摘されるのかな?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある宗教会員の話(もうあなたの居場所はどこにもない)

 A「彼は最近、活動にぜんぜん参加しないね。病気か、仕事が忙しいのかな?」  B「仕事が忙しいって、聞いているけど、本当は、家族が強行に反対しているらしい。家族が精神的に、かなりダメージがあるんだって、言ってた」  「気の毒にね、でも、もう何年も活動しているんだから、自分で何とかしないとね」  A「所詮、人事って感じ。冷たいんじゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

損失を取り戻す

 長年、お金や時間を費やしたものが、偽者であったり、ろくでもないものと分かった時はかなりショックでした。  ただ、不思議と、その団体や、代表者に搾取されたお金等を、取り戻す事を考えた事は、ありませんでした。  高い、高い授業料でしたが。    お金を取り戻す行為は    「ギャンブルの損をギャンブルで取り戻す」  こん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大局を読む

 どうしても、目の前の損得しか考えられず、それに囚れて、拘って、悔いを残す事が今まで多かったように思えます。  自分の周りに来るものは、礼を尽くして対応することに心掛けて来ましたが、自分を傷つける、害になる人や物に対しての対処を教えてくれる人は、なかなかいませんでした。    皆、教えてもらってもいないのに、うまい事逃げたり、かわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見当違いのことを言われたら?

 単なる誤解の場合と、明らかに悪意がある場合とがあります。  どちらにしても、身に覚えのないことなら、  「~と仰いましたが、それはどういう意味でしょうか?」  この様に、オウム返しに尋ねたらいいことを最近学びました。  ただ言われているだけで、終わってもスッキリしないし、誤解なら分かるように説明してもらったらいいでしょう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大本営発表

 今日は敗戦記念日ですが、戦争の話ではありません。     長年、宗教団体に属していて、戦中の大本営発表は宗教団体の信者への通達に似ているといつも思っていました。  自分たちに都合のいい事ばかりをやたら、大袈裟な脚色で発表します。  会員は知ってか、知らずか、その発表を拍手喝采して受け入れます。  この人たちは、本当に全面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スッキリする

 価値観、信条、満足度は人それぞれなので、その人個人が、自分がスッキリすることをしたらいいのではないのでしょうか?    このスッキリすることを基準に、付き合う友達を選んだり、それも含めた自分の居場所を決めてきました。  何となくもやもやが残るときは要注意です。  自分の直感に正直になりましょう。  自分がちょっとでも、違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more