テーマ:コミュ障

一番大切なひとに、激怒したり無視したりして拗ねて甘えるのは淋しさから

 本当は大切なひとに優しくしたいのに、裏腹なことをしている人たち見ているととても胸が痛みます。怒りや無視や拗ねる心の底にあるのは淋しくて甘えたい気持ちです。それを上手く表現できなくて、本人も気が付かずに、ネガティブな表現をしてしまいます。  仏さまや親なら、それも含めて包み込んでくださいますが、それ以外の人たちに拗ねて甘えると遠ざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ多くの人達は完全な安心満足の状態を求めることを諦めるのか

 そんなものがないと初めから求めない人もいます。その中の多くは安寧の気持ちをペットなどに求めたりもします。一般の人と呼ばれる人たちです。自分がいい人だと思っているのがたちが悪いです。  途中で世間的に上手く生きているような偽善者に魂を売り渡す人もいます。これがモラハラになります。  ずっと諦めないで、苦労して努力して、人間で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひととしての真摯さや矜持を持つことを頑なに拒否するモラハラ加害者の生き方

 自分自身をメタ認知できる能力があり、どうするか選べる知恵を持つ人達には、罪悪感を感じるのを拒否する生き方を選べます。 そして楽に楽しく生きる方法として、他人に虐待し、責任を押し付け続ける生き方を選択します。こんなことをすると自分自身の魂を何者かに売渡し、真理からどんどん遠ざかる気がします。それでも、そうせざるを得ない状況に追い込まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒にいて消耗する人とは距離を置く癖をつける

 特別、なことをしてくれる人なんて要りません。  相手が、気分の悪くなるイレギュラーなことをしてくれなければそれでいいです。   何か聞いて、もし知っていたら、それに対して真摯に応えてくれる。  知らなかったら、知りませんとだけ答える。もしほかに知っていそうな人がいたらそれを紹介する。とても簡単なことです。  誰かの何かの役に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の機嫌を自分で取れないなら赤ん坊からやり直せ!

 喜怒哀楽の調節ができず、突然泣き出して、誰かが慰めに回る。  我慢していて、耐えられなくなり、誰かに看病させる。  心身共に酷くなる前に予測できることは、早めに自分で何とかすべし。  それができないから、人間同士、摩擦が生じる。  赤ん坊の時からネグレストや虐待を受ける環境にいたなら、そこからやり直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪口は冗談だと赦し空気を読まなくてもいいし、殴る素振りは既に殴っている事実

 他人に対して云った悪口は、後で冗談だと言い訳されても、それは本心です。  殴る素振りも同様、既に殴っています。  後付けの、言い訳は絶対信じてはなりません。  悪口をいう人、人に暴力を加える人は自分が悪口を言われるか、別のストレスで、それを解消する獲物に当たっているだけです。言い訳をされても、そういう事実があったことを重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

承認欲求

 これ、苦手。  まず、ほかの人間に褒めてもらおうと思ったことが一度もない。  容姿も、才能も、どこかへ行ったことも、珍しいものを食べたことも、ただ事実がそこにあるだけで、それでいい。  承認もだけど、共感も、容認も、一致も要らない。  みんな違って、それでいい。  べたべたした関係は苦手。  水のような、さらりとして、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モラハラ家族の様相

 父―モラ夫   父の父―モラ夫またはモラハラ被害者    父の母―同上(モラハラ被害者の可能性大)   祖父母(先祖)-父の両親と同じ境遇  母―モラハラ被害者   母の父―モラ夫またはモラハラ被害者   母の母―同上(モラハラ被害者の可能性大)   祖父母(先祖)母の両親と同じ境遇  子どもたち   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたはモラハラをしていると指摘されたら感謝すべし

 なぜなら、直る可能性があるからです。  生まれてこのかた、対等に他人を愛することもできず、いつも、相手の顔色を伺って生きることを止めることができるからです。   ただ今の瞬間をそのまま、ありのままの自分として味わえるからです。  あなたはモラハラだと誰かに指摘されたら、ほぼ間違いなく、あなたはその指摘して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大恋愛や大失恋をした経験のある人も信じられます

私は長い間御仏を恋焦がれて、それでも信じ切れず、疑い続けていました。やっと心が通じ合ってからは、何で今まで信じられなかったのだろう意地を張ってあれこれ計らっていたのだろうかと本当に不思議でした。 「シラノ・ド・ベルジュラック」の劇は17世紀の話です。詩人、学者、剣士という素晴らしい才能に恵まれ、その上、強く優しい主人公が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男性は欲や怒りで、女性は愚痴に悩まされる人が多いのでは?

 あれが欲しいこれが欲しい、手に入らなかったらカッとなりキレル男性。自分中心に世界が回り、自分自身や自分の身内は大事にするし気が回るけれど、身内以外には冷淡な女性。こういうパターンを私は今まで多く見てきました。    ハッキリ言って、どっちも「ウザイくてメンドウ」です。結局自分の欲のためには、人を押しのけてでも、その欲が妨げられると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他人をコントロールしてしまう、コントロールされてしまう癖

 上下関係で生きている人たちは、このどちらかの役割を演じて生きています。  これ以外の関係は居心地が悪いのです。どちらかの立場にある関係で物事が進んでいきます。親子、子弟、上司・部下、その他様々な関係でどちらかが上で、どちらかが下という固定的な役割を演じます。もちろん、お世話になりご恩のある人たちには敬意と尊敬の念を持って接するこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とりあえず怒らない!モラハラ加害者は親しい人と上下関係に囚われず生きる訓練を!

 モラハラ加害者にとってもアンガ-コントロールはとても大切です。  怒り、キレるのを我慢することです。 怒りたくなっても、威張りたくなっても、止める選択も出来ます。  棘を刺したら相手は痛いだろうから、自分から離れてしまうだろうから、止めようと棘を引っ込めることも可能です。  いつ気が付くかが大事です。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優秀で都合のいい者でなくなった(利用価値のない)被害者(サバイバー)の価値

 モラハラ等のハラスメントを生きる基軸としている輩の、パートナー選びは、容姿でも職業、収入、家事能力でもありません。  ただ、ひたすら、ハラッサ―の自己愛性人格障害に対して耐性を持ち、服従し、称賛の言葉や態度を与え続けられるか否かです。サバイバーは利用価値がないので用済みになります。    ハラッサ―が今までの人生を反省し、サバイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある人たちが傾聴を強調する本当の理由

大学院で医療人類学を教えてくださる医師でもある先生と講義終了後に話をしていたふときづいたことがあります。    私「今まで疑問に思っていたのですが、なぜ、「傾聴」もしくは、「共感」、「受容」、「自己一致」などをことさら重要性を強調する人たちがいるのでしょうか?」 先生「自分たちができていないからでしょう。はじめからできてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同じような人間が互いに引き寄せられる

 https://www.mag2.com/p/money/408287  フィリピン女性と結婚した50代の男性が求めていたのは、若くて美しい女性との結婚でいわばアクセサリー。その代わりに女は男の金を求めた。本国に妻子は帰国してしまったが、せっせと仕送りを続けた。男が定年退職になり、フィリピンで一緒に暮らしはじめた数か月後に、妻が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜわざと意地悪するモラハラが止められないのか

 自分ばかりが可愛いのかもしれませんが、だからといって他人に意地悪することは違います。他人が悲しんでいるのを見て嬉しい感覚は分かりません。  癖なのでしょうか。嘘、誤魔化し、逃げ、威張る、無視などを繰り返すと人は離れていきます。この人は言い返してこないから、利害関係があるから、離れられないからなど、格下に思い見下していても、相手も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何か嫌なことをされたら、とりあえず言い返せるのが対等な関係

http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-191.html  「こんなことをされるのは嫌なんだけど」  「それはきがつかないでごめんなさい」  とてもシンプルで簡単なことです。  でも難しいです。  「こんなことをされるのは嫌なんだけど」  「それはわざとじゃなくて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気にならないことと嫌で止めて欲しいこと

 ものの善悪は幼少の頃からどうでもよかったのです。  正しいかそうでないかはどうでもいいのです。 偉そうに誰かを評価することは苦手です。  私の自分以外の誰かに対する判断基準は、気にならないことと、嫌で止めてほしいことこの二つしかありません。  誰かに自分の価値観を押しつけようとは思いません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとしたことでもそれがその人全体を表すこと

 ご飯を一口御茶碗に残す。  靴を脱ぎっぱなしで、揃えず、靴箱に戻さない。  扉を開けてたまま閉めない。  机の上が常にぐちゃぐちゃで作業の空間が開いていないし、机の下に本や書類が散らばっている。  タンスに衣類が挟まったまま少し空いて、閉まっていなくても平気。  字が汚い、汚い字を人に見せても平気。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短気は損気

 小さい頃におばあちゃんからよく言われました。短気でいいことは何もないから、もしカッとなって怒っちゃっても、すぐに謝ったらいいんって。すぐカッとなる怒りん坊の人はまたキレられると嫌だから、周りの人が近寄らなくなるし、頼ってもらえなくなるし、表面だけの付き合いで信用してもらえなくなるから、死ぬわけではないしと気を長く持つといいということで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己愛性人格障害(モラハラ)と自己中の違い

 自己愛性人格障害は病気です。自己中は子どもだったり、世間慣れしていなくて自分中心に世界が回っている人を指しているようです。両者はオーバーラップしているかもしれませんが、慎重に症状で見極めることが肝要です。  前者は明らかに障害であり病気なのです。病気は専門の医師やカウンセラーなどの治療機関に相談するしかありません。無料で引き受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ私が自己愛性人格障害者(モラハラ加害者)を認識できるようになったのか

 まず、私自身が人生を他人と比べて生きていず、理想的な自分や劣等感のある自分がありません。常に素の状態で誰とでも接しているので、人によって態度を変える人が嫌だ、変だという違和感があります。  次に、劣等感を晴らすための捕食をするターゲットを見つけて心身ともに痛めつける必要がないので、そういう場面を見ると異常としか感じられません。特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひととしての真摯さ

 ひととして真摯に生きているひとは、自分が生まれてきてよかったと自分と親を肯定しています。そこから始まります。 これができるまでは、思い遣りや優しさを持つひとではありません。ただの自己愛の塊です。自己愛性人格障害、もしくはモラハラと呼ばれている人たちです。他人は自分の欲望、すなわち讃美するものであり、生活の足しになる手足であり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外観や容姿の功罪

 ふと思い立って友人に尋ねたことがあります。  「あなたは身長が高い上に、足が長いけれど、それで得したことがある?」  間髪入れずに彼は答えました。  「特にないね、そういえば今、思い出したけど、妻に容姿のことで得したことがあるかどうか聞いことがあった。思春期頃から、何とも思わない人に好かれて辛いばかりだったけれど、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佳きこと 気分が高揚することに目を向ける

 誰かと関わっているとき、その人が、自分の日頃、気を付けて頑張っているところを口にしてくれた時、本当に嬉しくなります。  何で、この人は分かるんだろうって。今更ながら、遅まきながら、やっときがつきました。その人もお揃いの感覚を持っていて、同じような生き方をしていたからだと。わざわざハッキリ口にしてくれるのは、励ましてくれているのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感謝できるといい

 どうしても無理な人、ないなと感じる人に欠けているのは感謝の気持ちかもしれません。  お蔭さまでとか、有難いというのは、誰かが何かをしてくださったことに対しての気持ちが感謝なので、自分が何かしたというのとは方向が反対です。自分の手柄よりも、誰かの助けがあったからこそ、今があるし、快適に過ごしていられると考えられるかどうかです。あま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変われることとそうでないことがあるのかも

 ロジャーズがいう「内的準拠枠」というのは広げることも可能かもしれないが、よほど尊敬できるような器の広い人と出会うか、恋人や配偶者との感覚の距離を縮めたいと決意するとか、何か強い動機がないと変る必然性がないかもしれません。  初めはいい人だと感じていたのが、肝心なところでは責任逃れや言い訳をするのを知って、他人がスウーっと引いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何がなくても素直なのが一番

 人生は一瞬で終わってしまうので、天の邪鬼な生き方はつまらないし、損です。誰かと関わるなら、いろいろ胸の内を考えなくちゃいけない人とは時間がないので面倒なので後回しですね。時間に余裕があるとか、暇な時にお相手します。ずっと暇なときは来ない可能性が高いです。  「構ってちゃん」とか「察してちゃん」は私にとってウザい以外の何者でもあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more