アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「つながり」のブログ記事

みんなの「つながり」ブログ


慢心が幸せになるのを邪魔している

2018/01/19 11:51
 同じような立場の人からはたとえ有意義なことを聞かされていても聞く耳を持てません。本来なら、たとえ幼児や赤ん坊の言葉でもそれが自身にとって大切な言葉なら真剣に耳を傾けた方がいいに決まっています。

 素直に聞くだけなので、簡単なことですが、中々実践できません。

 思うに、自分の方が格上だという気持ちは劣等感から来ています。

 同等や年下で経験の浅い人の言葉でも、自信があり、謙虚で聞く耳を持てる人なら聞けます。

 無駄に諂うことはありませんが、驕ることはありません。

 慢心は身を滅ぼします。大切な縁を切ります。


 慢心≒劣等感、慢心は劣等感の裏返しです。そして劣等感の根底にあるものは死に対する恐怖です。今死ぬことが全く気にならず、恐怖が克服できる人生を生きていたら、誰と比べることもなく、よって自惚れることもなく淡々と人生を謳歌できます。死に対する障りがないのが一番です。


 慢心がどこから来るのかそれを深く考えると死の不安の解決へと行くのですが、あまりにも、突飛なことにも感じられるし、少し深く考えないと分からないでしょう。

感謝していること
 死の不安が全く無くなり、諂うことも驕ることもなく生きられるのは嬉しいです。こんなことを書くと傲慢だと思われるかもしれませんが、まあいいです。不思議で有難い世界を早く体験してください。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


報恩講・御示談・御恩報謝・信心決定

2018/01/17 09:11
 先週末は某所の報恩講に参詣しました。報恩講のご縁に遇うのは10年ぶりです。 そして夜は若い僧侶の方の少人数御示談もご一緒できました。

元某真宗系団体の講師や福井支部会員であった親子ともお会いでき懐かしく何とも言えない気持ちでした。いつもfbでお話しさせていただいていたお若い僧侶の方々とも直接初めてお目にかかれました。これからが楽しみですね。元会員で一生懸命信心の話をしていた福井の元会員さんの今月亡くなられたのは訃報を聞きとも残念でした。私は残り少ない人生で、これから何が出来るのかと今考えております。


 話は変わりますが、浄土真宗の僧侶で「真仮の水際」を分かって対機説法が出来る人はどれくらいおられるのでしょうか?私は9年前の1月9日に疑情が晴れてからずっと信心の話をしてまいりました。毎日沙汰を電話で3時間ほど、半年くらい、インターネットでは文章を毎日書き続けたところ、次の年の夏ごろ同じように疑情が晴れた瞬間をお話ししていた人との電話で知りました。対面では自宅で沙汰をしていて、お話ししていた人の様子がふっと変わったのを確認できたのがその数週間後でした。それからは面談やスカイプや電話の声などでその瞬間を何例も立ち会ってきました。


 中には救われても、一週間、一ヶ月と自分では気が付かない人もいました。私にはハッキリわかったので不思議な感じでした。夜の御示談でご縁のあった方がそのようなタイプだったようです。お話しくださった方に「よくここまで求められました」と言われたらしいのですが、自分ではそれがずっと信じられなかったらしいのです。福井の元会員さんのお母さんも17年救われていることにきがつかなかったし、御示談でご一緒した僧侶の方も10年くらい、きがつかなかったと言われていました。欧州の友だちも私と英語でチャットして、自分の信心を追認したと言っていました。

 私は本当に鮮やかでハッキリした体験だったので疑いようもなかったので不思議です。真宗カウンセリングの西光義敞さんが本に少し書かれていたような感じでした。炊いたご飯やイモがもとに戻らないのと同じように疑いも全く消え、御恩報謝の気持ちは相続しております。

某真宗系団体でも実は救われているけれど、頑なにそうではないと思い込んでいる人がお話しくださった方の外にもたくさんいるかもしれないので、そういう人に話をして欲しいと言われました。ご縁があればそのようにさせていただけたらと存じます。

 真宗カウンセリングは身調べだと私は解釈していました。今でも本来はそうあるべきで、信心の沙汰といってもいいですが、疑情が晴れたか否かを調べるもの、晴らしていただくところまでの対話の手段と捉えています。自分自身が通って来た道なので、目の前の後生の一大事に驚きが立っている方が、どういう気持ちなのかは痛いほどわかりますし、話していて、何を次にいったらいいのかも30年の聞法と9年間の沙汰の研鑽ほぼ分かります。

阿弥陀仏とバトンタッチするタイミングも分かります。

 でも私の実践部分は論文には書きません。博論はあくまで単なる通過点です。その後の論文には好きなように書けたらと思います。論文もですが書籍で書きます。これからどのように私が御恩報謝して生きていくのかは、論文を書く過程や、いろいろ実践しながら決めていこうと存じます。みなさまからも、何かこんなことをしたらいいというものがあればご教示いただけたら幸いです。

 信心のハッキリ定まった若い僧侶の方々、元某真宗系団体の方々には対機説法、信心の沙汰をどんどんして欲しいと願っております。僧侶の中には信心調べ、身調べ、信心の沙汰が出来る人はいないのでしょうか。それもかねてから疑問に思っていることです。また機会があればどなたかそのことについて教えてください。

 いろいろ知らされたことがありましたが、元の代表者の奥様にまたお目にかかれたことが一番嬉しいです。本当に光に包まれお優しい素敵な方です。毎月の勉強会にも来られて、にこにこしながら聞いておいでです。母と同じくらいの年代で、お健やかな長寿をお念じ申し上げます。

感謝していること
 心が震えるようなことを時々体験させていただきます。これも人間界の楽しみ、醍醐味であると有難く感謝いたします。







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


他力のひとの温かさ

2018/01/15 13:04
 特に女性は何とも言えない温かく柔らかく優しい感覚が周りを包み込みます。年齢を重ねるごとにその輝きは増していきます。自身の母親の年代の80以上の方々を拝見すると、仏様の生まれ変わりではないかというくらいいろいろ雑なものがこそげ落ちて、シンプルで素晴らしいお姿です。
 ただフワフワしただけではなく、他力の確固とした強さをどこかに隠し持った包容力は何にも比べることは出来なくて、ついふらふらと引き寄せられてしまいます。
 特に用事が無くてもそばにおりたい、それほど居心地がいいのです。
 一度味をしめたら二度と離れたくない感じでしょうか。
 「朝起きたら芸能人の○○と一緒!」などといって、外見のみの美しさを羨ましがるのとは次元が違います。
 これを蓮如上人は「触光柔和」と表現されました。真実の光の中でたおやかで穏やかな生き方をされている方々を未熟者の私は見習わせていただきたく存じます。
感謝していること
 温かいひとには憧れます。自身が冷たい人間なので本当にお側にいさせていただくだけで嬉しくなってしまいます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ある種の冷たさが平和をもたらす意味〜誰かに愛を叫ぶと同時に、諍い続ける非合理性〜

2018/01/15 11:19
 いつも感じます。私は冷たい人間だと。誰かもしくは何かの集まりに対して、無理だと感じたら、迷いなく即座に関わらない、フェィドアウトもしくはソフトランディングします。

もちろん、自分が壊れやすく感じやすいたちだと知っていることもあります。その一方で、私自身はとても堅固なものに護られているので、本当は大丈夫という自信もあります。ただ、時と場合、あるいは個々の関わりに置いて、冷たく距離を置くことのほうが、無理やり愛を叫んで、歩み寄り、その結果争いを続けることよりも平和を保つには余程有用であると感じるので、無理やり自身のキャラではないまわりに熱く愛を語り、放出することは避けて、淡々とクールに装い生きています。  それで、何か気が付く人がいたらそれでいいし、聞いてくる人があればもちろん応えます。心に寄り添うようにいたします。でも本人がその気にならなければ、私には何もできないというスタンスです。

感謝していること
とりあえず、私の周りは平和に推移しております。有難いです。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


それは、ただ、「あなただから」・・・・・・

2018/01/14 08:33
 なぜ、私が好きなのでしょうか。私と付き合っているもしくは結婚したのでしょうか?
 この問いに対して、ただ他でもない「あなただから」とだけ私なら言われたいです。
 複数の友だちがパートナーに尋ねたところ、いろいろな答えが返って来たそうです。

 「容姿がドストライクだったから」

 「家事が得意だから」

 「趣味に嵌っていても、放って置いてくれるから」

 「いつもにこにこしていて、機嫌がいいから」

 「誰にでも優しく、裏表がないから」

 「情緒が安定していて、めったに怒らないから」

 「包容力があって、甘やかしてくれるから」

 「将来、あなたのいない人生など考えられないから」

  容姿とか口にされても何だかなぁって感じです。嫌を通り越して、私はアクセサリーなの?という疑問符が付きます。家事の負担を軽減させるために暮らすのも違うと思う。趣味に凝るのも程度があるし、いい大人なならいい加減にして欲しい。いつも「笑って機嫌よくいられるかどうかは、お互いの努力もあるし。裏表がないのはいいけど、誰にでも優しいのはそれほど好かれていない可能性がある。包容力は両者にないとどちらかがもたれかかられるとしんどい。相手がいてもいなくても一人でよろこべるような人生を送っている人の方がいい。

 ただ「あなただから」、ただ、「あなたが愛おしいから」それだけがいいです。
 これは佛さまが私を大切に憶われるのと同じ気がします。

感謝していること
 佛さまに護られているのは何にくらべても、安心できます。不思議で有難いです。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


まず自分自身にきちんと向き合い、優しく幸せでいられるのが大切

2018/01/09 22:48
 ずっとほかの誰かが幸せにしてくれるとか思ったことはありませんでした。
今も誰かに幸せにしてもらおうとは思っていません。
 仏さま以外の誰かに全てうちまかせることはこの先もないでしょう。

 それでも、仏さまじゃない周りの人たちが示してくださる、ちょっとした思い遣りが徐々にではありますが、以前よりも信じられないくらい嬉しく感じ、受け止められるようになりました。それで充分です。何かものをいただくようなことも嬉しいですが、御声掛けや仕草やほかのいろいろなところでのお心遣いの些細なことがよく分かるようになり、それを受け止めることのできる自分に対して感動の連続です。

私は私に生まれて、私でいられることで十分幸せです。

 私は御仏が心より慈しみ大切にして下さる私が大好きです。

 それだけでいいんじゃないかと感じます。

 もっともっと自分に優しくなり幸せでい続けます。

 感謝していること
米国から集中講義においでくださった先生が一生懸命お話ししてくださいます。有難く感謝しております。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本当に大事で大切ひとにはよろこんで思い遣れる

2018/01/07 10:51
大事で大切なひとには、ちょっとでも快適な気持ちになって欲しくて、一つ一つの言動にこれ以上できないくらい心を配っている自分がいます。世間でいう、「親しき仲にも礼儀あり」というような「べきとか義務」とは明らかに違います。知らず知らずのうちに、礼儀や思い遣りの自分の手元にある最高級品を提示しています。ただし、商いとは全く性質を異にして、それは無償で見返りなどいらないものです。無理して嫌々何かをするから、歪が生じて、疲れたり、愚痴が出たりします。

 人生は、本当に大事で大切なひとと共によろこんで、ただそこにある慈愛をよりよく感じられるような言動、もしくは、ただ一緒にいることを楽しむ時間だと私は捉えています。それが具現化できるようなら、どんな言動の工夫も楽しみに変わります。

感謝していること
 どんな時も、自分の意思で人生をより豊かに味わえるように出来るようになったのは、有難いと感謝しております。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


嘘をついても責めないでいてくれるひとのために正直に生きてみる

2018/01/05 20:07
 嘘をついたら信頼関係はその時点で壊れます。本来なら、二度と相手にしてもらえません。それでも責めないでいてくれるのは佛さまのような尊い方や教師や両親や祖父母などの肉親や人間の出来た妻や夫や恋人・友だちなどです。そういうひとが周りにいるのなら、一度や二度は嘘をついてしまって許してもらっても、徐々に甘えから脱却していきましょう。甘えが許されるのは義務教育までです。それ以降は大人としてみなされます。

 また、もし自分が嘘をつかれる立場になったら、どんな感じになるか想像してください。そして、過去に嘘をつかれた時の誰かの悲しそうな様子や心情を思い浮かべ、嘘をつくのは止めて正直に生きる決意をしましょう。

 真摯に嘘のない生き方をするのは、誰のためでもなく自分自身のためです。自分が自分を好きでいられるためです。嘘は自分で自分の首を絞めます。どんどん自分が嫌いになっていきます。自分を嫌っているひととは誰も一緒にいたくありませんので、孤独になっていきます。一人ぼっちなったときに初めて、自分が甘えて嘘をついたことやそれを許してもらっていたことにきがつきますが、みんな離れていってしまっています。

 唯一、離れて行かれない方を除いて。それでは寂しすぎるので、そうなる前に嘘のない誠実な言動をお互い心掛けてまいりましょう。欠点を改め合うというよりも、嘘を無くして、思い遣りのある本音の素直な生き方をしていきましょう。

感謝していること
 一つ嘘をつくと、その嘘を隠すためにずっと嘘をつき続けなければなりません。そうなる前に正直に素直に生きることをいろいろな方から身を以て教えていただけたことに有難く感謝します。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


言葉で表現できないけど嫌だった感覚の正体にきづいた過程

2018/01/04 22:07
 幸せな気分を味わうのに言葉は要らないです。

 ただ、ああ〜と感じるだけ。
 反対に不幸せな気分になるとき、自分以外の誰かの意地悪な言葉がそこにあります。

 その不快さを今まで言語化できなかったせいで、私は度々場面緘黙状態になりました。嫌な人とはなるべく一緒にいないようにしても、それが何らかの理由で避けられない時、自分自身が言葉を発することがなければ、何か嫌なことや酷いことを言われる回数がどんどん減ってきます。そして、目標は嫌な人と関りを断ち、相手にもされないことです。このように、言葉は人をそれほど幸せにはしませんが、不幸にすると私は実感を通して感じています。

 嫌な感覚の正体は自分を守り、イイ人、素晴らしい人、立派な人、私より賢く頭のいい人に見せかけようとする狭窄な心が感じられる立ち回りです。その演技性がどうしようもなく目や鼻について、心をナイフでぐりぐりえぐられるような感覚を覚えました。そこまで自分に自信がないの?私なんかに勝ってどうするの?仲良くできたらそれでいいんじゃない?

 ひととひとは共生して生きられたら、何の嫌さもないです。譲り合って、分かち合って、気持ちよく感じることが出来るような営みを続ける生き方を追求したらいいだけです。でもそれは難しいとされています。それは嘘だと私は知っています。自我を満足させるためのノウハウを子どもたちに押し付ける大人を止めたらいいだけです。優しさと思い遣りだけを実践して子どもたちに見せたらいいだけです。簡単なことです。

 生存学・障害学などという学問分野があります。そういうところで研究し、論文を書き学会発表をしている研究者に問いたいです。「他人にそして自分自身に優しく思い遣りのある内容の研究がベースにありますか」と。私は今の大学院でご一緒させていただいているある研究者をとても尊敬しています。文章力・語学力などの能力の点で優れているのは当然として、その上に、自分やほかのひとを幸福にする研究をずっと続けているからです。お話しされる一つ一つの言葉に重みがあり、謙虚で優しさに満ち溢れています。

 嫌だった何かに私が今、だんだんきづいてきたのは、その方自身、ご自分が体験した嫌だったことを例に陰に陽に私に分かり易く教えてくださったからだと感じます。嫌だったときどうするかお尋ねすると、「泣く、自分に対してキーとなる、許せない」という言葉が返ってきました。私は自分を抑える質なので、嫌なことを隠蔽し、誤魔化して生きてきたのだといつも新鮮な驚きを感じました。私のつまらない螺旋状の質問に付き合って丁寧に教えていただけたので、だんだんにどういう方向で自分の研究を進めてったらいいか可視化された気がします。有難いことです。

感謝していること
 素晴らしい方とは思いがけない場所で出会えるものだと感謝しております。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自我もしくは自己愛が満たされた状態を幸福と感じる人は他人を不幸にする

2018/01/04 20:00
 自分のことしか考えられないということは、言い方を変えると他人の持っている何かを剥奪することに終始するということです。他人を見る時は、自分に役立つ何かをその人から搾取できるものを捜しています。自分が相手の為に何かしたいとかあげたいとかいう発想はありません。常に自分が満たされたい、そうするにはどうしたらいいかと考えます。出来るならば、そういう相手とは、距離を置いた方が幸せな気分を邪魔されなくて済みます。


 仏教説話に地獄極楽の食事風景のたとえがあります。
 テーブルにはご馳走が並んでいて、向かい合わせに横並びで人々がいるのですが、食事で使えるのは長い箸のみです。地獄の住人はその箸で食物をつかんで自分の口に入れようとするのですが、箸が長すぎて口に入ることはありません。極楽の住人達は食物を箸でつかんでは、それが届く人の口に持って行き食べさせます。皆が楽しく食事が出来ます。

同じ条件ですが、自分が自分がと我利我利の心でいるのと自利利他の精神を駆使するのでは受ける結果に大きな違いがあります。

誰かの為に何かをしたいと本気でおもえて実践したときが、人は幸せになる方法の糸口をつかめたときなのかもしれません。これはそんなに難しいことでしょうか。そうでもない気がします。赤ん坊が周りの人たちに笑いかける、小さい子どもが重い荷物を持とうとする、役に立つ知識をつっかえながら説明してくれる。こんな場面に私は幾度となく遭遇しました。大人のひとたちに私はもっともっと助けてもらって幸福の中で生きています。程度の差はあれ、色々な言動で幸な気分を味わわせていただいています。その広大な御恩を少しでもお返しできたらと私のできることで誰かの為に何かをさせていただいております。ときには敢えて何もしないということもしていますが、それはまた別の機会に。

感謝していること
お蔭さまという言葉は時間の経過で熟成されるように感じます。私自身も誰かによろこんでいただけたら幸いです。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
人間そのものとしての在り方の障害〜幸せ基準で生きられない障害〜
 幸せな感覚を味わえない人がいることに昨年は驚きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/04 11:18
他人の生命・自由を銃やナイフやお金で奪う考えを捨てましょう
 人間と人間の間に上下関係は有りません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 23:57
どうにもならない苦しみを感覚としてわかり合えるひと
 常に一緒にいられたら楽だし、過ごしやすいんだろうと感じるのは苦しかった感覚を多分同じくらい味わっていて、「そうだよね、辛かったんだよね、嫌だったんだよね」とわかり合えるひとです。年齢や職業やほかのいろいろなことはどうでも構いません。ただ、心の苦しみやそれに伴う痛みを共有できて、感性が似ているひとです。相手の気持ちが分かるから、わざと何も言わなかったり、でも気になって何かしてあげようとしたり、そんなこともお互い分かりすぎるほどわかるひと。そんなひと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/01 23:53
自分の能力を超えて無理や我慢をして尽くすと相手を恨むことになる
元々私は他人に尽くすタイプの人間ではありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 17:32
ややこしくて面倒なひとだなぁ、でもやっぱり仕方ないなぁと放って置けず非情なれない甘さ
 素直じゃなくて頭を下げてお願いできない意地を張ったひとは面倒なので、切るという選択を取るひとがほとんどでしょう。それが楽だし手間もかからないし、自分と同等か尊敬に値するひとたちとだけ付き合えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 10:09
剥きにならないこと、相手にならないことと無関心で冷たいのとは違う
 関わって良い方向に行くならいくらでも時間を取って、熱い想いを持ってお相手しますが、どう考えてもそうならないことは、遠くからそっと見守ることにしています。放置といえば放置なのですが、無関心で冷たいと思われるのは嫌ですね。相手が何か助けて欲しいと維持やプライドを捨てて言ってくるようになれば、よろこんで自分の時間を割いてでも出来ることを協力する気持ちは持っています。でもまだ自分で何とかできる、助けて要らないという人には何もできません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 10:08
横並びの集まりの停滞感を打破するには
 決まりきったことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 09:44
さまざまなハラスメントについて
 重松清の『青い鳥』の中に登場する先生がいじめをこんなふうに言っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/20 08:44
言葉にならない、言葉が出て来ない、またはどもってしまう
  内向的な私は言葉を飲み込む癖があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/16 09:06
何度も繰り返してるのでわかること、嫌ならとりあえず身をスッと身を引くこと
 身を引いても、それでもなぜか離れられないならきっと、それは本当に運命なのでしょう。離れられないと諦めるところまで縁があるならそれはそれで大切にしないとなりませんが、離れてスッキリする場合もあります。試してみないと分かりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/02 21:44
自己を正当化するために他者を責める究極は戦争、どこかで止めないと
 「人を殺す実弾が入っている銃で訓練したことが嫌だったんだよね。それが嫌で徴兵、避けて来たんだよね。いつかは銃を打つ訓練が始まることは頭では分かっていたけど、実際、してみて嫌だったんだよね。今の本当に持って行きどころのない辛くて悲しい気持ちを数か月後に訓練が終わるまで、銃を扱う時は、いつも忘れないでいて。元の生活に戻ったら、きれいさっぱり忘れてもいいけど」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/30 17:20
一緒に悲しみ泣いてくれるのは味わい切って乗り越えたサバイバー
 まだ克服できていないとお互いの傷を舐めあうことになります。  死と向き合に等しい心情や局面に逃げないで極限まで対峙し、乗り越えた優しく強いひとでないと、本当の意味でほかの誰かを助けられません。  自分が癒されるために、他人や周りからよいものを吸い込むのではなく、苦しみや愁嘆の声を引き受け、自分は後回しにして、よろこびや楽しみに変えて吐き出す覚悟がなければ他人は救えません。   その意味では佛さまなのですが、感じることは出来ても、姿も見えず声も聞こえません。だから誰か人間の姿を通して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/30 11:57
どうしようもなく辛くて悲しいとき誰に気持ちを聞いてもらう?
 行き場のない遣り切れない気持ちを共に味わい、なおかつ壊れそうになっている脆いギリギリな部分を支えてくれる優しくて強いひとです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/30 11:01
愛していいよ、愛されていいよで始まり終わる日々
自分に自信がなくて、余裕がなくて、器が小さくて、いろいろなものを受取ったり受け止めたりすることが怖くて、逃げてばかりいましたが、それでは自損損他になることにきづきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/21 22:06
愛を請うひとたち
 児童自立支援施設を御存じでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/20 22:48
劣等感から自己防衛に走るせつなさ
 故意に他人に対して意地悪な言動をしてしまうのは自己防衛なのかも知れません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/20 22:46
ただ愛おしいと自分を慈しみ悲しみ合えるだれかがいること
 嬉しいとき淋しくなったとき、ふと思い出します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/18 23:11
慈愛の感じ方
  自分にある灰汁や心の奥底に溜まっている澱などをクリアにしたら、心地よい感覚が流れ込んできます。それが満ちてきて、溢れたらほかのひとにも知らず知らずの間に分けてあげています。   嬉しい感覚を楽しみ、味わい尽くし、周りから始めて全宇宙の隅々まで、膨らませていくことが出来ます。     何かが詰まっていると、幸せな気分を味わえないどころか、毒をまき散らすことになります。   ただこの世には光と慈愛が満ち溢れているだけなのに、粗い煩悩を持つ三次元の身体では受け取れずにいます。感情や要らぬ分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/18 22:16
赤ちゃんと一緒だと嬉しいように
 赤ちゃんが無邪気に笑っているとその場が和みます。  ただそこにいてくれるだけで嬉しいです。  太っていようと痩せていようと容姿が整っていようとそうでなかろうと、何かが出来ても出来なくても全く構いません。  赤ちゃんも周りの人を選り好みせずに無防備に笑ってくれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/17 23:59
信頼し合えている安心感
 たとえどんな言動を相手がしていようと、心の奥底で信頼し合えていたら、一挙手一投足が特に気にならなくなります。さらに、相手が自分が不幸や不利になることは絶対しないという確信があるなら、全てを佳いように解釈できます。  両親が常に我が子の身を案じ、何歳になろうと自分の子どもとして気に掛けてくれているようなこととほぼ同様に気心の知れたひとには感じることが出来ます。  そして両親から離れたところに居ても、外国に行っても、余り逢えなくても寂しくはありますが、自分の事をずっとおもっていてくれる人の存在... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 14:06
心の強さに加えて時間と根気と思いやりがあればモラハラから自由になれるかも
 しかるべき誰かに出合えて、自分がモラハラをしてきた事実を知り、受け止め、本当に直そうというきもちになれば、自性である意地悪を我慢でき、抑える別の生き方が出来るようになるかもしれません。それはモラハラをする人にとっては不本意であり、利益はないので、甘えが抜けず獲物に依存して甘い汁を吸う状態から変わることは難しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/13 23:57
マーマレードボーイとスパイスガール
 甘さの中に苦いところがあるマーマレードボーイ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/13 23:27
たぶん、やっぱりなにもいらない
 三度目のフランス、パリの2日間の一人旅。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/02 17:44
[正論、突っ込み、二元論、論破]佛さまの救いの前では全く役に立たないのに
 最後の最後には真宗は佛さまを疑いなく信じるところがゴールです。  男女共に、賢い人、頑固な人、正義を振り回したい人、白黒つけたい人、議論に勝ちたい人、自分が正しいと思いたい人は時間がかかりますね。気の毒ですが、適度に距離を置いて様子を見ているしかありません。  今は助けて欲しくないのですから、関われませんが、何らかのサインを見落とさないようにアンテナを立てて見護ることくらいしかできません。   「常に正しい判断が出来て、スマートで、イケてる」僕ちゃんのことを褒めてね。一杯褒めてくれると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/22 19:54
本当は優しさだけ与えたらいい
 佛教の目的は佛になることです。佛が説かれた仏の世界には罪も罰もありません。殴られ叱られることもないので嘘をつく必要もありません。仏語に虚妄なしと言われます。動物も嘘をつきません。嘘をつくのは人間だけです。    仏教の外の宗教は罪と罰を問題にすることが多いようです。人間は罪深く放っておくと何をするかわからないから、脅かしておくくらいで丁度いいと考えているのでしょう。そもそも、そこには絶対的信頼はありません。罪や罰はできることなら無縁な方がいいです。      日本人女性は世界中どこへ行... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/22 19:34
愛憎について
 愛憎から人は離れることは出来ません。無関心を装っても、どこかしら他人と自分はつながっているので完全に縁が切れることは無いのです。  振り返ってみると、私は人を憎んだり嫌ったりするのが苦手なので、距離を置いてなるべく会わないようにしたり、その人のことを考えないようにすることにしていました。又は忘れるようにして、心の中から存在を手放していました。  ある人を手放す前に、別の場所や別の人と上手く行くように念じながら。私とは合わないかもしれませんが、同じ波長の人たちとなら違和感なく、その人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/21 10:13
みんなを引っ張っていくこと・後方から支えること
 臨機応変にどちらもできるといいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/17 08:36
心が狭いのかもしれませんが・・・・・・
 私がイメージする真摯さとはこんな感じかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/15 20:47
世界で通用する人は日本でも必要とされるはずだけど・・・・・・
 世界のスタンダードはレベルが高いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/14 13:29
上に立つ境遇にある者の“自分語り”の矜持
 地位や名誉も持たない一般の人の中にたくさんの素晴らしい方がいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/09 08:47
本当に何も要らない
何か欲しいものがあるかと聞かれたらそう答えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/07 08:25
我が身の尊厳は常に死守する
悲しいことではありますが、生きていると暴言暴力を働かれそうになることがあります。 そんな時、いかに毅然としていられるか、これは重要な問題です。  自己肯定感というような生易しいものではなく、実存そのものをかけた戦いです。  「私はあなたからそのように粗末に扱われる存在ではない」こういう態度を貫き、言葉でも告げ、嫌なら身を引く覚悟が大切です。  暴力暴言、嘘、誤魔化しをいきなりするひととはそもそも近づきませんが、少し親しくなると、ちょっとこのひとは無理かもしれないという片鱗が見え隠れ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/28 12:36
感謝がない・謝れない・改められない・人を虐めるのはいつも被害者で自分が不幸なので
 お蔭さまで、佳くしていただいて嬉しいです。 そんなに辛くしんどく苦しいのなら止めます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/24 11:02
慈愛の光の中で宝物のように扱われた記憶
 ずっとずっと想像がつかないくらい昔のこと。眩い光の中で私は形の見えない何かに頭を撫でられるような感じで大切に愛おしんでもらった記憶がずっとありました。だからいろいろ辛いことがあっても、その人にきっとまた逢えるんじゃないかって、どうしても諦めきれなくて死なずに生きて来られました。ずっと長いことかかりましたが、その方と再会することが出来てからの私の人生は安心しきってしまいました。特に何も欲しくもないのです。何だかお腹一杯でもうこれ以上入らない感じです。同様に私が今生で値えたひとと同じひとに逢いたい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/23 23:47
「周りに火を燈して大切にする〜泥のついた本音(煩悩)を認めた上でその先〜」
 大切にしたものが残るということなのだと分かりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/23 06:29
不誠実な態度を取る人の行く末
 あまり気が進まない中、意を決して、あることを注意した時、そのことに反省するでもなく誤魔化して、その場で、反対に自分に対する不満を持ち出されて、改善して欲しいと言われたとき、もう無いな、挨拶さえ関わるのは二度と無理とさーっと冷たい空気が流れたことはありませんか。思春期の子どもならともかく、社会人になってもそんなことをするのはアウトですよね。それが子どもだとしても過去世から、ろくな人生を歩んでこなかったのだと呆れてしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/21 15:50
人間同士は真理を媒介してしか真の意味で分かり合えない
 三次元の身体を持つ以上、別の入れ物に入っている以上、いくら気持ちを慮ろうとしてもおのずと限界があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/19 13:40
お互いに完璧に信頼し合える人物とはなりえないならどうする?
 どんな夫婦・親子・師弟関係も絶対的な信頼関係たりえないと心底知らされたとき、本物の救いを求めます。人間の誰かが何かして助けてくれるとか、心の内を完全に分かり合えることはないのだと分かりきったとき、自分の力に頼ることは止めざるを得なくなります。誰かの為に何かをしたいと願ってもその人が望むそのものをしてあげることは叶わないし、誰かが私に私が本当にして欲しい何かをしてくれることもできないと心から知らされた時、真理との邂逅を願わざるを得ません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/19 06:28
大切に感じる人と付き合うには
 嘘をつかない人だと信頼できないと無理です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/15 22:53
モラハラ被害を避けるために
 以下のように感じることがあれば縁を断ちましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/15 22:48
たった一人の後継者を育成するために
 もしも子どもにその能力があれば小さい時から仕込みます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/13 21:03
苦しみも楽しみも苦しみである中、共に煩悩即菩提を生きること
 御同行と信頼関係が深まっていく理由はこれですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/13 19:47
お互いを憶い合うとき・・・・・・
 最近、友だちがこの夏に20日間、病気で入院していたと聞いて驚きました。ほぼ3週間もの長い間、どんな気持ちで毎日過ごしていたのかと思うと胸が張り裂けそうでした。今は退院し、病気も薬も要らないようにまで回復したそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 17:53
見えないもの、形のないものを信頼する能力
 本当に信頼できるものは目に見えず、形のないものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 15:49
人生折り返しからの仕事とは
 後進を育てることです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 09:12
何かが終わって始まることの繰り返しの中で
 昨日は800人の観衆の中で3分間、自分のパートの研究発表をしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/10 07:54
まるで地獄のような人間の世の中に絶句
 幼少の頃から人間がわざと自分の心と違うことをすること見聞きして違和感を覚えておりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/10 07:48
泥を落とした本音は自分の言葉でたどたどしく語られる
 伝えなくてはならないけど、ずっと言えずに、でも、出来るだけ相手に誤解がないように傷つけないように決心して話すとき、たどたどしい話し方になります。時々言葉に詰まったり、同じことを言ってしまったりもします。たぶんそれは、どこかの本やネットなどで仕入れてきた知識ではないからです。他人の考えたことや書いていたことなら、すらすら言えますが、自分の言葉となるとそれが真摯で誠実かどうかを自分が責任を取らないといけないから慎重になります。私は声も出なくなったりします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/10 07:43
妙好人が佳きひとで美しい訳
 それはほとんどの妙好人自身が、学識や文才に恵まれず、本人が語ったことではなく、それを研究する仏教学者などによって彼らが表現されたからではないでしょうか。脚色も混じり、知らせたくないことは触れられずにいることでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/09 08:52
信頼関係の築き方
 初めはいつ嫌われるのか、見捨てられるのかと疑い、計らい疑心暗鬼にもなります。だから、わざと相手が嫌がるようなことをして試したりもします。そんなことをしても、嫌わず、見捨てずに許してくれるひとを徐々に信頼できるようになります。人生の始まりの時期、母親や身近で世話をしてくれる誰かとの関係の中で、そこからひとはこれらを学びます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/08 22:50
誰かに何かして欲しいことも、自分がしたいこともありません
 今生での私自身の望みは叶い完結したので特に何も要りません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/08 09:30
メンターや先生や先祖・両親から受けた御恩
 陰に陽に懇切丁寧に、ご指導賜ったメンターや先生方。  何代もに渡って私に生き方の方向性を示してくれた両親・祖父母以前の方々の薫陶があればこそ、今の私があるのだと、私の仏教の先生についての論文の研究を通して深く強く感じられました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/07 12:42
これ以上進めないとき先生がいてくださる
師匠というのは親と同じくらい有難いです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/05 17:24
自分の未来にその人がいて欲しいかどうか
 ひととのいま・ここの関係はどんな類のものでもこれに尽きます。  誰かとこれからも何らかのかかわりを持ちたいなら、そうなれるように真摯に誠意を尽くした方がいいです。信頼関係は本当にわずかなことを積み上げていくうちに強固なものに徐々に変容していきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/04 09:10
気持ちを受け止める
 自分にとって不都合なことを言われた時、言い訳をしたらもう関係は終わります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/04 08:11
自立なんてできないのに・・・・・・
 人間は自立が出来ないからろくでもない配偶者などに依存・執着してDV・モラハラなどの被害に遭って命まで奪われるのに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/29 07:12
お誕生会
 日本人の私はお誕生会をしてもらったり、年に何度も企画したり参加したりしてきました。それが当たりまえで、普通のことだと思っていました。  ホールケーキにろうそくを立て、ハッピィバースディの歌を歌い、プレゼントを渡し、開けてもらい喜ぶ顔を見て、ご馳走を食べながらおしゃべりする。何でもない流れの温かい空気の中、笑いが絶えない会がお開きになります。  企画は一人でする時と何人かでするときがあります。誕生会は祝われる本人も楽しみですが、企画する者たちにとっても、どうしたら喜んでくれるか作戦を立てる楽... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/28 08:37
こういう先生でいる
 今の研究を終え博士号を取得したら実際教える先生として働きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/28 08:19
自分以外のひとを想う深さの度合い
 互いに求める気持ちの深さがお揃いでないと上手くいかないのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/28 08:13
お金持ちの反対は貧乏人ではなく「下品」
 私は「下品」が「苦手」です。「避けて」通ってきましたが、たまに予告もなく真正面からぶつかってくる人たちがいて、随分嫌な想いをしてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/20 10:11
何もいらない、欲しくない
 ある時、ふと感じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/18 00:29
『ささやかだけれど、役にたつこと』 レイモンド カーヴァー著 村上春樹訳
 修士の英書講読の講義で読みました。後に村上春樹の訳でもう一度味わいました。勲章も讃美も要らないけれど、日々の珠玉の出来事は大切な宝物だと知らされました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/16 17:34
信頼の上にあるもの
 口に出さないけど、居心地のいい安心な空間を共有することが出来てる実感。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/15 20:34
信頼し合えたひととはこの世の縁が終わるまでお揃いの気持ちでいます
 信頼し合えたとひととは、何度も対話をして、その人の言動を見聞きして、その上で大丈夫と感じたひとです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/11 10:28
内面と外面を一致するように生きる
 思っていることと、言動が違うと苦しくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/08 21:45
ある人との今後関係はその人が現在親とどう関わっているかで分かる
 虐待やネグレストなどいういわゆる毒親に育てられたとしても、現在、自分が生き甲斐が持てる人生が送れているのなら、何の不足もないのではないでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/08 21:40
慈悲(愛)を請(乞)う人を卒業すると
 何の疑いもなくただ信じることが出来たらもう何もいらなくなった ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/04 20:32
「もしもこの身体の拘束がなく自由なら・・・・・・」
 いつでも身体から脱け出して、大好きで大切なひとの所に飛んでいけたらどんなにかいいのに。思っていることが全部わかって、心と心が寄り添えて、優しい気持ちだけ伝えられたら嬉しいのに。意地や我慢をしなくてもいいのに。身体を持つがゆえに人はさまざまな制限があり、いつも一緒にもいられず、心底分かり合えません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/02 07:51
共感と同意の相違点――共生の試みと正当性に基づく論破という手段――
  研究を続けていてふと疑問に感じることがあります。   この研究はひとを幸せにするものだろうかと。   「そうだよね、わかるよ。こういう気持ちなんだよね。その気持ちを大切にできるように世間の人に分かってもらえるような論文を書くからね。」      私の研究の原点は自他の幸福にあります。それを抜かしたものは研究のための研究であり、ただの時間つぶしでしかないと私は認識しています。   加えて、私は社会学者が苦手です。それで、社会学の手法で論文を書くことを諦めました。彼ら全部とは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/28 09:48
視座を上げると見えてくるもの
 最終的には自身は生死を超え、全てがつながっていることが分かります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/16 10:26
幼稚園や小学校の先生の役割
 先生には褒めてもらいたいのが小さいひとたちです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/16 00:25
聴くということ ――博士学位審査公聴会にて――
 浄土真宗の説法を初めて聴いたときから、私は命がけの聞法を何十年も重ねました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/13 22:21
おそろいかそれ以上苦しんで、他人には同じ思いをさせないと決意した人となら・・・・・・
 何だか辛過ぎて思い出したくないことが私にはたくさんあります。おそらく蓋をして閉じ込めているんだと思います。そうしないと崩壊してしまいそうだから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/12 00:46
蛙化現象
 グリム童話の『蛙の王さま』をモチーフにした現象らしいです。エヴァンゲリオンの劇場版の「airまごころを君」にの最後の場面の「気持ち悪い」というセリフを思い出してしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/10 10:33
HSP 敏感すぎる人たち
 https://susumu-akashi.com/2016/10/hsp/#i  怖がりだったり、目に見えないものを感じたりするのは私がHSPだからかもしれません。  同じような感覚の人といるととても安心して信頼できることにきがつきました。  非HSPやアスペルガーのひとたちとは分かり合うことが困難ですが、おなじHSPのひとは外国の人でも何の垣根もなく分かり合えるのはこのせいだったのかもしれません。  また論文のテーマが増えてしまいました。  感謝していること  心配し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/09 18:37
今度はもう逃げたくない
 怖がりの私は何か少しでも不安を感じるとひとと距離を取ることで逃げていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/28 09:39
ひととしてリスペクトできるかどうか
 あるとき、あるひとと知り合い友だちになる、同性として異性として意識してただ愛おしい掛け替えのない人だ感じながらお付き合いし、心を通わせるいろいろな段階を踏んでひとはさまざまな関係を結び深めていきます。初めは本当に細いすぐにも切れそうな糸を紡いでいき、少しずつその糸が太く強くなっていきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/28 09:33
学問を飯のタネや名声を得るためにすることなかれ
 清貧に徹しろというのではありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/27 23:05
悟りと救いについて(死の解決&境界)
 悟りを獲ることすなわち自分自身が何者かを知ることのメインの目的は、もちろん「死の解決」です。言葉を換えていうと肉体の死によって自己が消滅することのない永遠の命を持つものであること、連続性を知ることです。生きている自分が死ぬことで存在そのものの滅亡や真っ暗な闇の中に放り出されることであると予感し、不安が一杯に広がる状態から解放される瞬間です。私は幼少の頃から死を怖れ、解決する方法を追い求めました。そして、仏教に巡り合い、聞法修行を重ねていき、自身の力でそれを解決することが出来ない、それは真理(阿... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/27 09:30
出合いに感謝!
  今日はずっとお話ししたかった方とお会いできました。本当に嬉しかったです。以下のようにお礼のメールを書きました。  今日は有り難うございました。  自分の進むべき道や心理学やスピリチュアルのことを聞いていただきとても嬉しく存じます。今、二条校舎のラウンジでメールを書いています。木曜の講義までに読んでくるようにといわれたレヴィストロースの本がもう少しで読み終わるので、とりあえずお礼を申し上げようと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/21 08:11
理論と実践の関係(浄土仏教の救い)
  まず考えることから始まります。  どうして自分は苦しいのか。  周りの人も苦しんでいる。  どうしたらそこから脱け出せるのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/16 06:39
大切なものはなかなか見えない
メーテルリンクの『青い鳥』を子どもの頃何度も繰り返し読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/15 08:38
自らが周りを照らす明かりになる――命懸けで生きること――
あのときから、私の新しい人生が始まりました。真理との邂逅を果たしたその時からです。それでも私はその魂の転換点がどれほど重要であるかが分からず、御恩報謝の真似事をしながら、自分がすると決めた方向に向かって生きてきました。そうしているうちに、余計なものはそぎ落とされ、真っ直ぐに自分の使命を果たすべく進んでいることに気が付きました。出合うべき人に出合うし、すべきことをしていました。だから今は肩の力を抜いて、流れに身をまかせている状態です。仏教の先生から言われました。「あなたは今までは80%自分の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/14 08:29
○○「だから」好きは我欲を満たすアクセサリー、○○「でも」好きなら何より愛おしいひと
 なぜパートナーや片思いの相手を好きなのか考えたことがありますか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/12 11:23
自分が克服したい何かを既にクリアしたひとを求める
  このひとなら自分自身も分からない何かを克服できるかもしれないと感じられるひとに誰しも惹きつけられます。このひとなら自分のモヤモヤした心の闇を照らしてくれるのではないかというひとを見つけたら、蝶が花に導かれるように近づいていきます。これをご縁と呼ぶのかもしれません。  もしもそういうひとと出合ったら、離れてはいけません、離してもいけません。納得いくまで教えてもらってください。どうしたらいいのかを。きっと教えてくれるでしょう。直感を信じてください。どうしても、遇いたいと思っていたら、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/12 07:22
障害者運動で当事者運動か本人運動かわかりませんが、本当に大切なことは何?
運動の主体の名称の違いが「当事者運動」か「本人運動」かで内容がどう違うのかは私には区別がつきませんが、そのひとたちが「どのように生きたいのか、周りとどのように共生したいのか」その内容そのものが明確なことが大事です。    最終的には、障害を持つ人たちが、その障害をもっていてもそうでなくても幸せだと感じられるところがゴールでしょうか。障害をもっていたからこそ、こんな経験が出来たと感謝出来たらなおいいでしょう。  ただ、これではスピリチュアル的なゴールと受け取られてしまうかもしれま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/11 20:50
自分の直感を疑いなく信じること
 いろいろなひとに遇い、いろいろなものを見るにつけ、私はその場3秒ほどで感じるものは大体当たっていました。でもそれを信じられずに多くの辛い経験をしてきたので、私は自分の直感を信じることにしました。こういう考え方に切り替えてからは、後でやっぱりあの時感じていたことが当たっていたと感じられたとき、「そうだったんだ」と妙に割り切れています。それであまり期待しないでいられて随分生きやすくなりました。   暗い・消極的・生気がない・ワクワク感がない  こんな時はきっとこの人やものとは縁がないだろ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/09 20:28
何よりも愛おしいひととは
存在そのものです。  そのひとが自分に何かしてくれるという利害関係はないのはもちろん、外見や資力でも知性でもありません。それらを目的とした関係は相手が病気で寝たきりになったり、外見が老化したり、破産したとしたらあっさり破綻します。  一緒に居て楽しいより、安心でき何も考えずにいられる感覚を共有できることです。  かりに裏切られたとしても仕方がないと感じられるほどの信頼関係です。  無償の慈愛と言い換えてもいいかもしれません。何かを受け取りたいのではなく、ただそのひとが生きて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/07 18:00
慈愛の等価性「おそろい」の憶い
 同じくらいの深さや広さの慈愛を持っている人同士が引き合う気がします。   「おそろい」じゃないと満足できないんだと。安心できるってそういうことなんだと。  その「おそろい」の親の所に生まれてるんだけど、それが分からなくてすれ違う。パートナーや友だちは選べるから、「おそろい」の人とじゃないと上手くいかないってことやっと最近分かりかけてきました。どちらともなく居心地が悪くて離れてそれっきり。反対に、おんなじひととばかりいたくなるのは無意識に「おそろい」を求めて安心したいんじゃないかって。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/05 07:57
自分にとって必要な人とは
潜在能力を認めてくれて、必要な時お願いしたら、それをサポートしてくれる人です。これがわからないから、これを手伝ってほしいからと言われた時にだけ助けてくれて、後は黙って見ていてくれる人です。ほかはたわいもない話をしながら一緒にいると楽しいというより落ち着いていられる人です。楽しくないより楽しい方がいいでしょうが、安心して何も考えないでいられる人の方がいいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/04 12:43
「やせたら着ようとしている服はずっと着れない」
今着れない服はもう着ることはないので思い切って手放しましょう。きついのに我慢して着ているのは、その無理が周りにも気づかれています見た目も痛いし、身体もしんどいし、ろくなことはありません。自分に合ったものを見に着けることが肝心です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/04 07:31
何もしないでただ笑ってそこに一緒にいられるひとがいい
 こんなこと言ったら変に思われるんじゃないか、嫌われるんじゃないかと怯えてびくびくしながら誰かと一緒にいるのは疲れます。好き嫌いはあるかもしれないし、仕方ないけど、せめて挨拶くらいはさわやかに、にこやかにしていて欲しい。何だか波動が下がるような態度をわざわざされても何だかなぁってさらにどっと疲れます。できたら、そういう同士で暗く低い波動の中でリラックスして欲しいです。私は自然光の明るさで中庸がいいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/01 17:20
浄土真宗の教えの肝要
「しかるに『経』に聞といふは、衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。」 (教行信証信巻 )  浄土真宗は聞法修行という方法で救いを求める宗教です。親鸞聖人は仏説無量寿経下巻阿弥陀仏の本願の成就文の中にある聞其名号信心歓喜乃至一念」の「聞」というところからこのことを言われました「その名号を聞きて、信心歓喜せんこと、乃至一念せん。至心に廻向せしめたまえり」と読み、これは無量寿仏(阿弥陀仏)の名を聞いて信じて喜び、わずか一回でも仏を念じてという意味です。仏願の生起本末と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/29 22:38
海外の友だちと海外でいるときに本当の私に戻れる
 物心ついた時から息を吸うのも苦しかった記憶が甦りました。  本当の自分じゃない私の仮面をつけて生きなければならない苦痛を感じていました。  そうしなければ他人が私を受け入れてくれないこと小さい私は感じ取っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 05:30
既存の考えを超える世界があるならそれを受け入れてみよう
 こんな風に感じ始めたら、これまでの辛さを脱する準備ができたのかもしれません。  いくら考えを深めても、それは自分の中の知識が増えたり、深まったりするだけです。自分の中の迷いをかき混ぜるだけで、自分を超えるものではありませんし、自分の握っているものを手放したことになっていません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/06 18:08
今日の今の一番最高な自分を提示する
明日は来ないかもしれません。  いろいろ積み上げてきて、自分の人生の中で今日が一番完成度が上がっています。それを活かさないと勿体ないです。いつかもっと今より何かできる自分になったら、それを見せてよろこんでもらおうと思ったとき、そのひとはもうこの世にいないかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/06 18:03
もしかしたらやっとスタート地点に立てたのかも
 自力を捨てて他力に入りたいと言われるひとに対して、まず、好かれようとすることなく、嫌われても別にかまわない、ただそのひとのありのままを受け止めようとライフヒストリーを聞きます。その人が話しやすいところから聞きます。長くなろうと相手が気が済むまでは吐き切らないと自力を手放すところまで至りません。    こちらがもう無理というような悲惨な話も数えきれないくらい何度も聞きました。でも顔色一つ変えずに延々と聞き続けます。語り尽くしてもらうことが目的なので、もう思い残すことがないというところまで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/03 20:44
誰の庇護も要らないかのように自分の足で立てるまでには
 無条件で慈しんでくれる親、特に母親を疑いなく信じて甘えられたなら、そこを基地として、徐々に遠くに離れていけるものなのかもしれない。幼児教育の教科書にはそう書いてある。ただ、そういう親がいたことは本当に幸運なことかどうかはわからない。そんな親がいないからこそ、人間ではない真理のようなものを探す機縁になることもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/27 05:55
やっぱりめんどうだけど・・・・・・
 今日はヨガの話を聞きました。  ヨガは最終的に、心の池のざわめきがない状態を目指しているようです。  これは三昧の世界に通じるように感じます。  心が波立たないので、ありのままの状態が見えます。   幼少の頃虐待を受けた人たちは大人になったとき、優しさやよろこびのちょっとした顔動きのシグナルが見抜きにくい上に、怒りの表情のサインは敏感に感じてしまうようです。これって、とっても生きにくいですよね。人生損しているみたいに私には感じられます。他人のウエルカムなちょっとした笑顔には... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/27 05:50
ロンドンでしたいこと
 ロンドンが好きです。イギリスが好きです。ヨーロッパも好きです。  古くて新しいものがとっても好き!  欧州は15回くらい行ってるけど、まだ行きたい!  映画もいい!街並みが好き!空がいい! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 21:26
私のターン
 やっぱり言わなくちゃいけないことは、キッパリ告げないと・・・・・・  止めて欲しいこと、改善して欲しいこと、心が凍るから絶対して欲しくないこと・・・・・・  どうせ言っても分からないとずっと不満を抱えたまま縁を切るのは卑怯だと感じました。  とっても不親切ですよね。もう、嫌われようとどうしようともう関係ないと思っていても、言うべきことはしっかり分かるように表現して去らないと・・・・・・  過ぎてしまって、辛かったこと、悲しかったことはともかく、今後、どこかで何かの縁がないとも限らないの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 21:18
直感を信じて!ダークサイドには足を踏み入れず、築かなくていい橋は架けない
 ちょっとでもやだって感じたら、そこは居場所じゃない。快く受け入れてくれる場所にいるのがいい。我慢することなんかないんだ。直感は信じていいんだ。  初め親切だった人が豹変したとき、何だか信じられなくて、いつかはまたあの優しいあの人に戻るんじゃないかって、本当はいい人なのに、私が何か言ったこと、したことが気にいんなかったから、私が原因であの人は意地悪な人に変わっちゃったのかもしれないなどとモラハラ・DVの被害者は感じます。いい人はずっといい人で、一貫性があります。親しくなったらもっといい人でい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 23:24
真理という太陽に照らされて光る月でいる
 私の存在そのものはただの器で、それも大したものじゃありません。  でも、自分を手放して真理に身をまかせてから、その光に照らされて、御恩報謝の道をちょっとずつ歩き始めました。歩いては止まり、しゃがみこみ、この身が無くなってしまえばいいのにと思うくらい悲しみ、それではいけないと考えてはまた歩きだし、時には幻だとわかっている楽しみに心を奪われ、自分のことをよく知らない人たちの評価に傷つき、明るいこと眩しいことが嫌いな人たちに身体中黒い膜で覆われそうにもなりました。それでも膜を掛けられても、膜の上... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 23:21
祝 キングが示唆したクイーンの私との今後の使命!
 もつれた糸の綛は全く絡まらず、とうとう一本の糸に姿を変えました。  謎が解け、私は大満足の境地にいます。    キングはクイーンの私を少し前に見つけ出してくれていたのですが、今日はこんなことを言われました。  「あなたは教えをもう説かなくても、書かなくても、何もしなくても構わない、ただ、生きているだけでいい、それだけであなたと関わった人は救われる」  「えっ?!何、何ですか?それ」  聞き返したのですが、キングは笑っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/09 14:10
疑いなく信じきれたら、大切な人を耐久力テストで悲しませない
 里親や養子に行った先で、多くの子どもたちがすることの一つは、親になった人に対する耐久力テストです。この人たちは本当に自分を愛してくれているのか、それが気になるので試すのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/06 11:27
自分の人生から逃げない覚悟と決意を持つ
 誰かのせいにするのは簡単です。  ただ、それは逃げているだけ。  全部を引き受けた時から、本当の人生が始まります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/06 10:54
男子の永遠のマドンナ〜虹色の嬉しい関係の女子〜
 男子が憧れる女子は次の三つの要素を満たす人でしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 11:34
基本的には相手がその気になるのを私は待っています
 お蔭様で何かにつけて恵まれているので、私は自分からこうしてもらいたいということがあまりありません。また、誰かに自分から何かすることも、その人の学びやそれを経た成長を考えるとうかつにできません。  何かしていただいたことに対しては感謝し、何らかの形でご恩返しはしますが。自分から何かするのは相手の方の負担になる気がして、気が進みません。無理やり何かをするのはどうも。何かの研究や仕事でご一緒することで、対等な関係でお互いが必要とするなら、それがいいです。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/27 23:13
大いなる真理に身をまかせること
 自分以外の他人に何かを求めて幸せにしてもらおうとしてもそれは叶いません。  そんな能力を持っている人間はいませんから。  みんな自分のことで一杯一杯でアップアップしています。  誰かに何かを求めると、その何かを奪うことになります。  どんなに頑張っても、人間どうしは持っているものの奪い合いにしかならない気がします。奪い合う関係には疲弊しかありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/03 15:24
人間として最も恥ずべきこと
 「他人に負い目を負わせること」だと身内から私は教えられました。  言葉で直接言われたことはなかったのですが、そういう生き方をしない周りの大人たちを見て私は育ちました。こういうことをしたらいけないんだと、胸に深く刻んで成長しました。    それでは、反対にもっとも尊いことは何か考えてみました。  今生で真理との邂逅が出来るように励まして、自分自身に対する慈愛の気持ちや勇気を持てるように側で見護ることです。人間のそれはちっぽけで末通らないもので、本物の慈悲に到達するまでの代用... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/02 08:59
他人に非道なことができる人は自分を大切にできない人
 ハッキリ言い切れます。ハイ。  自分と他人を区別して、他人の人格を否定するようなことができる人は、全部、自分が嫌いで仕方ない人です。たとえ自分にとって不都合な人であっても、何らかのきづきをくれる人だと私は理解しておりますので、その人の存在を消すことはもちろん、いい部分を見つけてそこだけフォーカスしていきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/29 00:30
相手を怒らせないよう忍耐の上に成り立っている関係は止めて、繰り返さない
 他人の顔色を窺がうことに慣れてしまっていると、どんな時も、目の前の人が気にいる自分でいないと愛されないと思い込むのかもしれません。期待される自分像を拵えて、その自分が理想としている自分を演じ続ける。   幼少の時のトラウマがそうさせているのかもしれません。親や祖父母や周りの人たちはありのまま・そのままの小さい人を赤ん坊の時は無条件に愛していますが、だんだん大きくなるにつれて、ああなって欲しい、こうなって欲しいと望みを持ち、それをうかつにも口に出すようになります。子どもたちは愛されたい存在で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/28 12:01
自分自身を大好きになって、信頼していく
 「愛される人はいいな」某テレビドラマの中で主人公の男性が言っていました。  自分に自信がない彼は、彼を愛してくれている彼女のことを信じられなくて、わざとそっけなくしたりして傷つけてしまいます。  もし、自分自身を愛し信じられたら、彼女に対しても同じように愛し信じられたのでしょう。ドラマの最後の方では、彼は自分としっかり向き合い、自分の殻を破り、彼女と愛のある関係を築けるようになっていきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/27 09:50
いつもずっと逢いたかった人を見つけたらハグしちゃうかな
 スピリチャルの部分でいつもつながっていると思ってても、やっぱりリアルで逢いたい。本当に愛おしい人。私の内面が創りだした存在かもしれないけど、本当に大切で大事でずっと一緒にいたいと思っていた人の姿を見つけたらぴったりくっついて離れないかも。外国の友だちに逢いに行ったとき、彼女をバス停で見かけた時お互いが磁石のように引き合い、ハグしていました。それから帰国まで、慣れない英語で会話するというより、一緒にいる空間を目いっぱい楽しみました。一緒にご飯を食べ、乗り物に乗って出かけもしましたが、ただ一緒にい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/26 12:37
男の子のヒーロー願望について
 小さい子たちの先生の私は男の子たちがヒーローごっこをしているのを目を細めてみています。「先生を護ってあげるね」とか男の子たちに言われて、実際うるさくてどうしようか考えていると、「先生困ってるやろ。静かにせなあかん」などとほかの子たちをたしなめる姿には胸キュンです。彼らは自分のお母さんや姉妹たちにもそうしているのかどうかはわかりませんが、小さいながらも立派なヒーローのように感じられます。 高いところのものを取ってくれたり、パソコンの操作を教えてくれたり、たくさんある単純作業やちょっとしたお願い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/25 12:07
返信をしないという相手の選択」を尊重する態度が出来る人とはなかなか会えない
自分ひとりで自分の幸せを完結してたら、自分以外の人に幸せにしてもらおうという期待しなくてもいいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/22 06:35
音沙汰がない人は放っておく
 音沙汰がないというのは、今は、縁がないのでしょう。  最近私は、今、ここを生きることにしています。  連絡がない人は、何かそれなりに関わりたくない理由があるのだと思います。  忙しいとか、病気とか、最悪の場合、死んだとか。  それでも、必要があれば、本人が連絡できなくても、その人の周りの人に頼んだりします。また、いろいろな縁で、何らかの知らせを受け取ることが出来ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/19 08:56
引き際、けじめ、後始末等々・・・・・・
 前を向いて歩くことは私に課せられた使命です。  一秒たりとも止まっていられません。    今の私の課題は博士論文を書くことです。これは使命を果たすためにクリアしていかなければならない課題であると痛感しているので逃げないで取り組んでいます。だんだん嵌ってきましたが、そのうち大好きになれたらと思います。目的を達成するために可処分時間を精査していこうと決意したところです。もちろん論文を主に考えていきますが、それはあくまで布教の手段の向上です。  残された時間のない私は、恥も外聞もなく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/19 08:51
大切な人の心にちょっとずつ触れる
 『星の王子さま』のなかで、キツネが王子さまに他者との関係は少しずつ縮めるものだと教えるところがあります。このことは、気弱で人見知りが激しい私には最近特に納得できます。日常の表面的な会話等では分からないような、相手の小さな息つかいや感性など細かなことはある程度長い間、両者が伝えてはそっと返す、ガラスのボールでの優しいキャッチボールのような心の交流が不可欠だと痛感しています。 潜在意識ではつながっている気がしても、言葉(書いたものも含む)や感性(直接逢えなくても遠くからでも)で確認できな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/15 10:57
信じられたときとは疑うことに疲れ果てて白旗を上げたとき
 もちろん仏さまや人を簡単に信じられる人もいることはいます。  でも、大部分が人生に困難を感じ、罪悪感や被害者意識なども合い混ぜで生きているので、信じることは簡単ではありません。疑いの余地のないものにまで疑わずにはいられないのが人間の悲しい性です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 22:57
Fragile(壊れやすさ)とvulnerable(傷つきやすさ)の相違
 前者は物が壊れる人の身体の表層が実際、擦傷などで傷つく感じがします。  後者は人の心の奥で深く傷つく様を表現している気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 22:45
自分が信じられて、はじめてほかの誰かも信じられる
 自分が信じられないとほかの人を信じられません。  自分に優しくなれたとき、ほかの人に対しても優しくなれます。  自分自身がとっても好きな人だけが、周りの人たちも好きになれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/09 08:27
あるとき誰かの真摯さが感じられたら、その先、自分がどうしていくか(軸)が定まる
 真摯さを受け取れるのは対等な関係が構築できると確信したときと同時な気がします。  何らかのパッションが感じられたとき、いつもは幾重にも理論武装してクールさを装っているその人が無防備なありのまま、そのままの赤ちゃんみたいに向かってくる姿を見たら、日頃の作られた姿じゃないその人を感じられます。笑えちゃうくらい不器用で必死でひたむきなところがどうしようもなく愛おしく、もしもこの人が私を裏切っても、何かどうしようもない理由があってのことで、私が犠牲になることで幸せなら別にいいやって思えてしまう瞬... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/17 23:01
正しさなんかより楽しい方がいい!
 お勉強とかはどうかしらないけど、ライフワークの研究は自分もたくさんの人たちも楽しめるものが本物だと感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/08 19:01
全部手放したら、ただそこにいるだけで嬉しい人になる
自分自身が満たされ、自立していて、自由でいられたら、他人を束縛すること、コントロールのない関係になれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/08 18:54
大人にとっての遊び
 子どもの遊びと違うところは、自分の人生でしてきたことで嬉しかったこと・楽しかったことほかの人と共有したいことを創造し、何らかの形に表現して残すことかもしれません。誰かと一緒に何かを創ることなのかと最近は感じます。   子どもはただその場で遊ぶことそのものに夢中になって、形に残すことやより多くの人たちとシェアすることに思いが及ばないか、それを実現する手段を持たない場合が多いです。でも、大人たちは難なく自分たちの想いを様々な媒体を使って表現・創造していけます。より多くの人たちと感動を分かち合い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/06 22:36
心の底から愛おしいとそれだけ伝えたい
 本来、人と人のあいだにはこれしかないのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/06 07:29
そこに愛があることが大切
  私の密やかな卒業式は散々でしたが、全力疾走を止め、新たな一歩を踏み出しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/11 15:31
もし私が男性だったらこんなひとなんだろうな
とっても尊敬している人がいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/08 00:26
自分をどれだけ好きになれるか試してみましょう
 あとどれくらい生きられるかわからないから、古巣に戻ったのを機に自分を大切にして好きでいるようにしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/04 08:02
透明人間――そこにいてもそこにない
 何かに集中すると、のめり込むやはり「おたく」の私は家族にこう宣言します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/03 10:28
知音(ちいん)
 「挚友」と別の分かり合える友だちの意味である「知音」を、これも中国人の友だちから教えてもらいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/18 17:32
摯友
中国人の友だちから「挚友」という表現を教えてもらいました。この言葉を見たのは初めてでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/18 17:27
とっても恥ずかしい、穴があったら入りたい
 重度訪問介護従事者の資格を取る研修を2日間受けて、あとは実習を残すのみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/10 19:02
まるで赤ん坊の自立期?
 「一人でそれをすると、すっごく時間がかかっちゃいそう」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/06 11:47
誰かに義理立てする嘘がある生き方はしたくない
 誰かにこうしろと言われたことを、何も考えないで盲信することはありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/02 22:20
役に立っている実感?
 どうもちょうどいい具合に出来ないといつも母から言われました。  小さい頃から凝り性で、何でも手を抜かないで熱中してしまう私を心配してくれていたのだと思います。私は完璧主義ではないのですが、母には成果・結論が出るまであきらめず追究する姿勢がどうも理解できなかったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/27 23:29
素直さ(楽しさ)と正直さ(正しさ)の相違
 素直な人と一緒にいたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/27 17:04
天然な・丁寧な先輩の話(笑)
 今日はちょっと残念なことがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/21 00:27
毛のない話で盛り上がった同窓会(笑)
 何十年かぶりの同窓会は予想どうりでした。男子は誰が誰かわかりませんでした。(笑)  女子は化粧をし、髪を染め、ダイエットが出来、会費と交通費を捻出できる人しか参加していませんでした。(笑)    ただ、年齢を重ねてもイケメン・美少女系の人たちというのは劣化せず。遠目で見ても麗しい。年齢というハンデを軽々と乗り越え、神業の領域の見かけの人が男女片手くらいいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/19 14:56
ジェンダー論でこれまで語られなかったこと
 男女の未知の部分に対する憧れとか尊敬・尊重・信頼みたいなものでしょうか。セクシャリティという外来語で表現するとまた誤解を生むかもしれませんが・・・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/11 06:55
今日は永遠のパラレル?かもしれない先生の講義で
セクハラ対策を厳しくしている職場が、ギスギスしてつまんないんじゃないかという就活女子への答えはいかに? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/10 23:33
目で見ることや言葉よりも大切なこと
 心の目を開き魂で感じられるようになったら、人生が楽になります。  この人は私のためになることだけを考えて、自分自身の欲得のために一緒にいるわけじゃないんだと思える人が周りに一人でもいたら安心・満足して生きられます。一人じゃなくて何人かいたらもっといいです。  それを友達と呼びます。    私は日本人じゃない友だちがいますが、言葉は不十分だし、一度しか会ったことがないとか、チャットしたことしかない人たちもいます。でも魂の友達だと感じられる人もたくさんいます。どちらが上でも下でもない、ただ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/10 08:00
大学の語学交換留学生の生態
 台湾人留学生と英語と日本語の勉強をしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/08 22:28
もしも、18歳の東京で、あの時あの場で疑いが晴れて自力が消えていたら?
 人生折り返しどころか、いつ終わっちゃうかわかんないとき宗教的廻心体験をした私は、なんであのとき、本当に助かる話をしてくれる人が現れて、話を聞けなかったんだろうと残念で悔しい気持ちに捉われていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/25 22:51
やっぱり凄いな!古巣で感激!
 大学院にとっても尊敬しいている先生がいます。  いつもにこやかでおだやかで怒ることなど無いような方です。  でも、凄いんです!  ゼミのコメントや参加されているお姿すべてがいいんです。  人というよりきっと私、先生の魂が好きなんです。  「これは私の妄想かもしれませんが・・・・・・」などで始まるのですが。   発想が新しいし、面白いし、発表者の新たな視点を導くようなことが盛りだくさん!   隣のカナダ人の先生に優しい英語で語りかけたりされる様子を遠目でみて、うっとり、 いいな〜... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/24 09:46
綺麗なものは近くで見ても綺麗ってわかる?
阿弥陀仏の本願には嘘はありません。全てが清浄なもので出来ています。私たち人間は煩悩から離れられませんが、仏さまは全く違います。絶対的な真理で貫かれています。  こういうとそんなものがあるはずはないとバカにして鼻で笑う多くの一般人や学者や智者がいます。恐らく彼らは嘘や欲や怒りや愚痴にまみれた人生の真っただ中にいるのでしょう。自分を基準で考えるから、世の中が欺瞞や虚偽で満ち溢れるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/21 05:56
娘の相方の誕生日
昨日は娘の宝物のであり兄弟のような蛙のぬいぐるみのハローとカナダのビクトリア大学の生協で電撃的な出会いを果たした日でもあります。一人っ子の彼女はそのぬいぐるみとまるで兄弟と対話するように成長しました。ケーキを買って夫と娘と共にハローの誕生日を祝いました。ハローのゆかいな仲間たちと娘が呼ぶぬいぐるみたちもお祝いにご招待されました。 あれから12年も経ってしまったのですね。時の過ぎ行くのは早いものだと痛感します。 感謝していること 娘は明日からオーストラリアのケアンズにホームステイの修学... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/19 08:37
人としての真摯さの光を感じるとき
私は誰かが真摯に物事に取り組んでいるのを感じるのが好きです。  凄いなって感じます。  ほんとに凄い!私にはまねできそうにもないけど、見習わせていただきたいと本気で思っちゃいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/17 09:53
三昧・観念・想念・概念・抽象などの見えない世界をどう伝えるか?
 そもそも、物質世界の中に生き、目に見えるものしか信じない人たちには、どうにもこうにも分かってもらえそうにありません。  誰に教えられなくても、そういう世界が感じられて、そういう風に見てきた私には、反対に物質が万能で、それを絶対的に信じる生き方の選択はありません。  両者には断絶とも言える溝があり、乗り越えられないものがあります。これは過去世から何度も生まれ変わり死に代る中でそういうものがあるのだろうというように何となくわかっていき、あるとき、コトリと心に落ちるきづきが訪れます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/15 02:45
「研究者としての方向性を提示する役割」
  修士が修了した時点で、私は自分の使命や責任について自覚しました。宗教家としての使命はずっと持ち続けておりますが、それに加えて、今は、自分から宗教を求めていないけれども、縁があれば聞けるようになる人たちへ伝えるこという重要なミッションにきづきました。    いつまでも先生を頼ってばかりではなく、自ら新しい試みや方向性を提示するようになります。従来の研究でなしえなかったことをどういったことで示せれば、現代に生きる人たちに受け入れられるかを探ります。     真理を人間の言葉に翻訳する作業... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/30 11:50
被害者でいることより、忘れて自分自身の人生の使命を果たす
 慰霊の像などを建てて不本意に亡くなった人を思い出すよりも、自分自身の人生を充実して生きる選択をした方がいいです。 可視化されたモニュメントがあると、被害者でいることからいつまでも脱け出せません。 思い出に浸るよりも、割り切り水に流して、前を向いて子どもたちや後身のために生きられる人の割合は少ないのかもしれません。それほど私たち人間は自我に執着する生き物なのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/24 11:37
時節到来
 それが真理だとしても、おそらくその人がよい方向に進むものでも、本人が心に蓋をしていたら届きません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/22 23:10
努力をすることや頑張ることよりも大切なこと
 それは、今を必死で生きることです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/31 04:54
世界を一つにしていくために
 「世界が一つになる」ではなく「世界を一つにしていく」と書いたことから説明します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/27 23:13
大好きって気持ちはきっと通じています
 ストレートに大好きって言わなくても  ちょっとした言葉の端々に想いを感じます。  ただ、名前を呼んでくれただけでも  こちらが名前を呼び掛けただけでも  それだけでもきっと気持ちは通じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/19 12:41
大丈夫、安心して、ずっと、いつも、一緒にいるから
 生まれたときから、ずっと私は剥き出のままで生きてきませんでした。  いつも機嫌よく、にこやかに、穏やかにしてきました。  他人に対して気を使っているんじゃなくて、それが私でした。    そのまま、ありのままの私を見せてって言われたら、「それでしょ」と言うしかありません。決して他人に良く見て欲しくて意にそまないことをしているわけじゃない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/19 12:30
いつも笑ってる
 笑ってるのが私の仕事  嬉しくなるようなことを言う  助かることを言う  それが仕事なのに    わたしね、何でよく伝えられないのかな  憶いがたりないのかな  いつだって大好きって言ってるのに  ずっとそばにいるよっていうの信じてもらえないのかな  ねえ、ちっちゃい考え方のフレームを壊しちゃおうよ  楽しいことだけ考えようよ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/08 20:15
赤いスポーツカーで店の前に乗り付ける彼
 働いていたシルクの店の前に、彼はいつも赤いスポーツカーで乗り付けて来てくれました。これは本当の話です。  でも、彼は3歳で足でこぐおもちゃの車でした。  あと1年で幼稚園に行く彼は、毎日のように、遊びに来てお話をしていくのです。  とても嬉しそうに話をしてくれます。  あるとき、「私ね、この人と結婚するの」と今の連れ合いの写真を見せたら鉛筆でいたずら書きして、もう来なくなってしまいました。    数か月の蜜月の時でした。何しろ彼は3歳なので、そんなに中身のあることを話すわけではない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/31 18:44
空も飛べる気がする
オーリーと見えない羽と友だちと今を自由に遊んでる ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/27 08:24
『君の瞳に恋してる』を訳してみました
 Can't Take My Eyes Off You ずっと見つめていたい ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/17 11:09
「修士論文には謝辞も要らない 私、涙目・・・・・・」
 修士論文は大学の図書館に製本され保管されます。だからこそ、謝辞は載せたかったのですが。それもいらないと言われてしまいました。    大学の先生の分はそれでもいいけどね、私はね、大学院に入った時から、こういうものを書くって投稿文でみなさんに報告しながら励まされながらここまでやってこれたの。  だから謝辞の中で先生たちの後の本当に最後になっちゃったけどね、感謝の気持ちを書いたんだ。インターネットで見て応援してくれてる人たちにね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/12 08:05
友だちとならずっといられる
親子なら巣立つときがあります。  夫婦も異なる道を行く場合があります。  でも、友だちならずっといられます。    相手がどういう状態あろうとも、心によりそえます。  ほかに仲良くしている友だちがいても、独占しないで、一緒に仲良くできます。  なぜなら、本当の友だちなら、自分が一番相手にとってかけがえのない存在でいようと、  相手が自分に一番望むことを聞いて、それぞれがお互いに何かしてあげられるからです。  友だちができたら、しあわせに生きられます。  友だちがいれば何でも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/11 21:20
誰のために書くのか
 阿弥陀さまの御心を賜ってから、伝えるために、ずっと私は書いています。話しています。  話すのは相手が話してほしいといわれたときに限られるので、書いているときのほうが多いです。   どうしたら、阿弥陀さまの気持ちが翻訳できるのか、代弁できるのかそんなことを考えてずっと書いてきました。わかりやすく、身近なたとえで、難しい仏語をなるべく使わないでなど。実際の面談や電話やチャットやスカイプなどもお話も同じように心がけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/09 23:44
もし仏さまが生きていらしたらされるだろうことを実践する
御仏の遣いとして願いをお伝えすることを実践してまいりました。  どう伝えたら、どう話したら、どういう言葉で、どういう文章でというように、私は言葉にとらわれていた感があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/08 21:35
ほんのわずかな関わりが生涯の宝になることもあるから・・・・・・
 一生の間に一番長く一緒に暮らすのは親かもしれないし、夫や妻や子どもかもしれません。またはパートナーや友だちの人もいるかもしれません。  時間がお互いの関係をより深め熟成させることが多いのも事実です。     しかしながら、ずっと一緒にいて、言葉や態度で自分の気持ちの全てを伝えようと躍起になっても、100分の1も伝わらない悲しい現象もあります。上滑りな言葉や相手が本当にして欲しくないことをやり続けお互いにうんざりすることも多々あります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/08 09:19
ロックンロールで痛みを吐き出すのは、癒してくれる人を探してたのかな
 https://www.youtube.com/watch?v=o_CgvsM_Qns&list=UU78wQC3cERhkKJ-W0c4mxkg  https://www.youtube.com/watch?v=CzNVk18wjXA  私はロックと共に成長した世代です。 ビジュアル的にはイギリスのロックが好きでした。 何でこんなに綺麗で素敵な人が世の中にはいるんだろうと驚きつつ、眺めていました。 まるで大好きな大和和紀さんのカッコいい男性のキャラクター... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/07 07:52
男らしい男って、私にとっては忍耐の出来る人かな
 酒を飲んで不機嫌になる男性がとても嫌でした。  妻や子どもに暴言を吐き、暴力を振るう人は人間ではないと思っていました。  「ちゃぶ台返し」といわれる行為には激昂しました。  だって、あれってあのお父さんが片すわけじゃないから。  お母さんが悲しい顔で畳にこぼれたものを拭いて、割れた茶碗の欠片を拾って元に戻すんだって思ったらやるせなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/07 07:46
今日はちょっとお休み、明日から書こう
資料を午前中読んで、それをどうやって書こうか考えていました。  あのね、前に昔のお姉さんの介護施設に入っている女性たちも若いイケメンがいいってこと書いたでしょ。   今日読んでた本で、女性が残業で疲れて帰ってきたとき、連れ合いが枝豆茹でてそれ出して、ビールを注いでくれて、今日何があったのって聞いてくれて、肩凝って無いとかいいながら首筋をマッサージしてくれるような人でシャンプーの匂いがするような男性が、今後の女性から選ばれるて書いてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/06 09:54
あなたと一緒だと生きてる実感が持てる、生き返った気がする
投稿やメールの文章読んでても、チャットしても、電話してても、会っててもいつもそんな感じがするってたまに言われます。  私もそういってくれている人に対して同じ感覚を持ちます。  不思議です・・・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/05 18:43
いろんな気持ちを受け止めてくれる人でいる
私はここにいていいんだろうかっていつも思いながら学校行ってた。  酷いこともたくさん言われてたから。  早く辞めたらいいのにとか、いなくなったら清々するのにとか、死んだらいいのにとか今まで、私、たくさん他人の言葉で心を殺されてきた。  自分の辛い気持ちは、同じ哀しみを感じてきた人にしか言えないし、分かってもらえないことがたくさんある。  耐えて乗り越えてきたからいろいろ言ってもらえることもある。  そんなこと言いたい人には言わせといたらいいんだから、誰がなんて言っても私だけはあなた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/05 10:59
人間が生きる道
 人生から問われている使命を果たすこと。  その為に学び続けること。  それは人間同士がつながっていることを知り、お互いを愛おしく感じ、慈しみ合うためになされること。  何となくこんなために人間をやっているのかなと最近感じます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/04 06:57
心に寄り添ってくれる友だち
 この秋から友だちでいてくれる人がいます。  最初はよくわかんなかったけど、今は掛け替えのない友だちになりました。  昔、最初の大学の時に友だちだった人ととても似ているように感じました。その人は10年以上前に早逝してしまいました。  同じような関西弁で私をからかったり笑わせてくれたりしています。  月に何度か会うことがありますが、お互い忙しいので、たまにチャットやメールをしています。    自信のない私は時々気弱になりますが、そんな時、大丈夫だと励ましてくれます。  ほかの人に励ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/03 22:42
優しい嘘が上手くつけたらいいのに・・・・・・
 他人に負い目を負わせることが私は全ての行為の中で一番嫌いです。  人は多かれ少なかれ何らかのプライドで生きています。  そのプライドや自尊心を傷つけるところ言い換えれば、劣等感を刺激するところから、争いや喧嘩や果ては戦争までになります。    男女関係なく相手をいい気分でいさせられる人を私は尊敬します。  晩餐会で間違って手を洗うフィンガーボウルの水を飲んだとき、女王が素知らぬ顔で目の前の同じ容器の水を飲んだ逸話は本当のことではないかもしれませんが、私は好きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/24 18:57
『父の娘』は男でもなく女でもない状況を生きていく
父親である自分は男であり、妻は女。 でも君は男でも女でもない。 ほかの男のものにもなることはない。 僕は君のためにあらゆる教育的支援を惜しまない。 君は僕が選ばなかった人生のもう一つの道を生きる。 さあ、君の才能を思う存分発揮し、開架させなさい。  僕の大切な「娘」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/21 08:30
人は男に生まれない。男になるのだ
 社会やその中でも特に女性に、害悪を振りまく男は初めから存在するのではありません。社会によって男になった男ほど始末に負えないものはありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/20 08:33
人を心の底から大切にすること
 幼い頃、おばあちゃんや両親でさえ、私は信用できませんでした。   ましてや他の人を誰も信じる事は出来ませんでした。 大人は嘘をつく。子どもも嘘をつく。そして私は大嘘つきでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/16 20:04
「実は簡単!人には劣等感があるという前提で、ただ褒めたらいいだけ
 「マウンティング女子」か〜   このネーミング、小学校の頃に知っていたら、もっと楽に生きられたかも!苦労てきたな〜 ずっとわたし(笑)   http://matome.naver.jp/odai/2139450383143546601 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/07 11:22
僕がいつも先生を護ってあげるからね
 教育実習での出来事です。  ソウルメイトの園児が3人が私にいつもこんな態度を示してくれました。  実習は年長・年少・年中各1クラスのこじんまりした幼児園でした。    小さなソウルメイトは年長と年中と年少の各1人ずつ3人いました。  彼らはみな小さいながらも私を護ってくれるナイトでした。  ほかの子が騒いだり言うことを聞かないと  「先生に協力しようよ!」って年長の子はいつも言ってくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/03 00:04
これからは男の子を育てるのが私の役目
 私にとってすべての男性は愛すべきちっちゃな男の子です。  男の子を我が子として産んで育てられないと諦めたときからそう決めていました。  いいえ、その前からかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/01 08:13
年齢を重ねるにつれて寛容になるのはなぜ
 たくさんの方から恩を受けたと分かるから  自分一人では何もできないと知らされるから。  自分も失敗するように人もし損ねてお互いさま  昨日できたことが今日できなくなっている  大抵のことは突き詰めない白黒はっきりさせない方が上手くいく経験がある。  ほとんど褒めた中に少し注意点をさらっといれ、また褒めて終わる話ができる  大勢の中で恥をかかせない配慮が出来る(自分がされて死ぬほど嫌だったから)  死ぬこと以外は大したことがないとわかる  周りの人が笑って嬉しいことこそが自分のよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/09 07:18
一度は限界まで力を出し切った人とそうでない人
どんなことでもいいので、もうこれ以上前に進めないという心身の限界点まで挑戦した人とそうでない2つのタイプの人には言葉がけが違ってきます。  ずっと真理を求めてどうしても到達したくて、そればかりを必死になって追い求め、来る日も来る日もそのことを考えなかったことがなかった日々を何十年も私は送ってきました。だから、スポーツでも学問でも同じように手を抜かず力を出し切った人にはとても共感でき、親近感が湧きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/06 21:53
ものごとがスムーズに流れるまでの心の持ち方
 感情のしこりがある時はこだわらず受け流して、ちょっと休むか、別の道を探るか考えるときなのでしょう。どんなことも成長の糧だと感じます。  どうでもいいこだわりだと感じることも、感情的になっている人には意地になっているとは気づかないで、本人にはとても大切なことなのかもしれません。  電車で混んでいるからみんなで少しずつ詰めあっているのに、どうしても頑張って立ちふさがる人を思い浮かべます。  こう書いている、私自身も出来るだけ自分を後回しにして、我を通し頑固にならないように常に気を付けています... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/02 10:29
大恋愛と大失恋と自尊心がずたずたになる体験と宗教的邂逅
 最近の親や教師は子どもを褒めて叱ることが少なく、子どもが調子に乗ってスポイルされることが多いようにも感じます。    学校でもそうでしょうが、社会に出るとお金という利害関係が絡んできて、なおさら大変です。そんな中ストレスがたまり、弱者に自分の意志を通すために、気に入らないというだけで大きな声で脅かしたり、暴力をふるって言うことを聞かせようとする困った人に遭遇することもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/01 21:48
直感に従って身を引くことは逃げるや恥ずかしいことではありません
 いじめやモラハラに遭う人は協調性のない頭の悪い仕事のできない人というイメージを持つ人もいるかもしれません。  それはハッキリ言って認識不足です。たとえば仕事をきちんとこなし管理職や指導的立場の女性やクラスで成績のいい子どももいつだってターゲットになり苦しんでいるのが現実です。    誰もが被害者になりうるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/30 08:23
私も日本人でよかった
 外国人に日本語を教えている恩師がヨーロッパ人よりアジア人の方が優しい気がするし、それでも私は日本人でよかったとちょっと前に言われていました。  たしかに特に親しいヨーロッパ人やアジア人の日本人よりも心が通じ合う親友が私には何人かいます。彼女らは初めて会ったり、文章を読んだり、話をした時からきっとソウルメイトだと感じる何かがありました。    しかしながら、全く面識のない初対面の、発展途上国と言われる外国の人たちに対しては、よく分からないので怖い気がします。欧米人の教養のある人たちに対して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/29 08:04
常に目的・原点を意識する意思疎通する話し合いの必要性
 一人ですることなら自分の思うように進めていくだけでいいですが、誰かと何かをするときには、感情的なことや利害関係が絡んできてややこしいです。  それでも、その中、どうしてこの仕事や課題をしているのだろうかというところに戻ったら、意外とすんなり事が運ぶことも多いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/28 12:37
賢く強くなりましょう!一人の勇気がドミノ倒しのようにモラハラ・DVや戦争を無くします
 他人を踏みつけにして自身の欲を満たそうとする心がモラハラ・DV・戦争を引き起こして人々を哀しみのどん底に落します。  また自分の欲を満たそうとする人は劣等感を持ちその根底には恐怖心を抱えている人たちでもあるのです。  何か余分に持っていないと、蓄えていないと不安で仕方ないので他人の自尊心や大切にしているものを踏みにじったり、取り上げたりして自分の心を慰めているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/27 09:39
ものごとの価値と心
 所詮物は物です。そう唯の物。何億円も払って買うようなものは、おそらく人間には要らないものです。  子どもの頃、弁護士になって、お金のない困った人には払えるだけで力になろうとしていました。でも、いざこざばかりに直面するのが嫌で勉強は中断したままです。教師やカウンセラーの資格も取りましたが、本当に困った人やモチベーションの高い人は現れません。そういう人は自分で何とかしているのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/27 08:55
ワークショップを仕事として引き受ける時
先日の大阪大学での演劇を用いたワークショップの一人者の先生が受講者からの質問に答えてくださいました。  引き受けたくない仕事は断るのも一つの決断だと。      出産まで給料をもらって仕事をしていたとき、社長に言われたことを思い出しました。  どうしても様々な要因で無理を言ってくるお客さまは残念ですが、お取引をお断りしても構いません。  大損をしてまで、顧客の機嫌を取って取引をする必要はありません。  だから、怒った時、喧嘩をしたときは、取引が終わる時だと心得て商いをしてくださ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/23 08:12
一緒に何かしてくれる人がいたら有難く感謝
 ずっと前から、ハッキリした記憶がない時から、自分の為に特に誰かに何かして欲しいことはありませんでしたが、何かしていただいたらときは有難く感謝していました。  何でも自分でしなくては気が済まないということでもありません。それぞれが自分の出来ること、人に任せることの分担をしてこの世の中は廻っているのだと何となく感じていましたので、自分のことの余分に私にまで心を掛けてくださることに対して勿体なくて、私も見習わせていただいていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/20 06:54
世代間コミュニケーション
 年齢を重ねるというのは色々な経験や読書や対話によって他人の立場を理解し、想像する「知恵」が増えていくことなのだろうと最近感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/18 07:43
無縁社会の悲劇
 何でわが子に手を掛けるのかな。  それも体育祭の鉢巻きで  今が苦しい母親自身が死んだなら、子どもは親戚や養護施設で生きられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/13 11:52
何かを仲間と一緒にする意味
 一番の目的は相手の中にある真摯さを見つけ、自身の心身の限界を打ち破ることです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/11 06:48
グルテンフリーの発芽玄米パンやおからクッキー
 小麦もバターも値上がりしたり品薄なようで、パンもいつまで今のように食べられるかわかりません。お米やおからなら余っています。  ミルキープリンセスをひいて粉にして作ったパンはおいしかったです。  うどんの代わりにフォーもいいし、生春巻きも美味しいです。  おからで作るクッキーも米粉やココナツなどを混ぜたらおいしいものになるでしょう。  研究工夫して日本やアジアの食材を生かして、みんなが潤い喜べるようなことを考えています。  感謝していること   周りの方々がいろいろなことを教えてくだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/09 07:56
漫画家を招待したワークショップ企画
 漫画に関係したミュージアムなどの施設でワークショップをする企画を建ています。  自分の人生の指針になるような、又は人生を変えてしまうような作品を描いた漫画家に来てもらって抽選で当たったファンにワークショップで参加型のワールドカフェなどをしていただくというものです。  講演会だと莫大なお金がかかるので、参加者が作家がいる前で彼らについて話し合うということでグッズなどの販売をしたりすることを考えています。    一生涯一度でもいいから会いたい漫画家とお目にかかれ、サインなど貰えて、ファンと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/07 19:31
大切なのは自利利他の気持ち
 自分だけよければいいという短絡的な考え方がまかり通ると争いは絶えません。  周りも幸せにならなければ最終的には自分も幸せになれないことを考えが足りない子どものような人たちにはいくら説明しても分かりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/05 07:42
義務を無理やり自発的発想に変えちゃうと楽になる
 この人生、嫌々物事に取り組んだことはありません。  いいことばかりじゃなくてそうでないことも山ほどありました。  逃げられること避けられることは止めてきました。  でもどうしてもしなくちゃならないことを、これは私にとっての学びになるのだと腹をくくる覚悟で臨んできました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/04 08:44
いつも光の中で微睡んでいた幼少の頃
 おそらくいろいろなことがあったのでしょうが、私の学齢期までの記憶はいつも光の中でした。  おばあちゃんと妹弟や従姉妹たちや近所の子どもと遊んでいたこともありますが、一人で春のあたたかさ、夏の涼しい朝、秋の高い空、冬の南の廊下から家に差し込む太陽を感じて静かにじっとしながら、本を読んだり考え事をしたり絵を描いていました。  その頃の私はとても自由で、いつも見えない力に護られているように感じていました。それが誰なのかどんなものなのか早く知りたいと願っていましたが、きっと周りの大人たちには分から... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/03 23:31
後出しじゃんけん・勝ち馬に乗る
 多様な人間がいる中、こういう生き方をする人がいることも知っています。  いわゆる世渡り上手とか要領がいいとか言われる人達なのかもしれません。  そういう生き方を否定はしませんが、私はしません。出来ません。  もし私がグループの代表者で私を信頼してくれる人がいたならなおさらです。  ただ、途中でメンバーに打診はするでしょう。このまま私についていたら主流から外れて、しばらく日の目を見ないことになるかもしれないと。  それでもついてきてくれる人がいたら無理に引き離すことはしません。   ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/31 08:40
百日紅
 江戸時代を描いたアニメ映画です。水曜日に見てきました。  近世文学の先生の授業で面白い話をお聞きしました。  江戸時代は今以上に女性の容姿が重く見られていたので、生まれるとすぐに顔を見て、荒削りで嫁の貰い手がないと判断したら、親は婚礼の年頃になるまでせっせとお金をためて、商家に持参金つきで嫁がせたそうです。商家の奥様は奥にいてそれほどすることもなく、主人もめかけを持ったり外で遊んでくるので、いてくれさえすればよかったようです。   家柄もよく教養もあれば見た目はそれほどきにしないけれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/29 23:03
研究者の前に未来永劫を憶う御仏の遣いの私(対機説法について)
このことはゆめゆめ忘れてはならないと常に自戒しております。  対症療法や小手先の考え、痛み止めなどの一時的な処置はかえって人を真理から遠ざけます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/29 09:01
セーフティネットはやっぱり赤ん坊から低学年までの教育
 経済格差・二極化が問題になり富める者はさらに富、貧しい者は家すら持てない世の中に疑問を感じます。  義務教育の中でなぜ、持っている人がない人に与えお互いに助け合うことを教えないのか、困ったことがあれば助けて欲しいと申し出ることのシュミレーションを経験させないのか大いに考えるところです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/28 07:05
生徒や弟子は向こうから来るけど、先生は自ら見つけるもの
 先週に続いて太宰とメリメの比較の話で「女性と猫」についてのお話をフランス文学の先生がして下さいました。   「黙っていれば名を呼ぶし、近寄って行けば逃げさる」と太宰がメリメの言ったことの内容を少し変えて繰り返し書いているということでした。   「女性でも名前も呼ばないし、逃げない人もいるのではないでしょうか。太宰が付き合う女性たちがそうであったということではないでしょうか。もう一歩踏み込んでいうと太宰自身がそんな男なので同じような女性が回りに寄ってきたということなのかもしれません。」このよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/27 22:04
メンター・尊敬できる年長者とのご縁は含みのある深い人生を送れます
能力主義・結果主義を重視した新しい資本主義体制は多くの人を不幸にします。  それに気がついている年長者はたくさんいます。なぜなら彼らは戦時中または戦後の混乱期を体験して、必死で日本の復興に勤めた功労者であるからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/27 11:00
多様な価値観の中で、自分にとって意味のあることを選択する
 正直者が馬鹿をみると感じている人もあるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/24 10:28
戦争やスポーツの試合で勝ち負けが決まるけど、人生はその後も続く・・・・・・
 選挙を戦争やスポーツの勝ち負けと同じように考える政治家は即刻辞めてください!  なぜなら選挙が終わったその後も市民の暮らしはずっと続くから。  選挙でそして勝った人は、負けた人が掲げた政策を支持した人もケアする必要があります。なるべく多くの人の意見を聞き入れ、皆が納得するように持っていくことが大切です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/24 07:47
まず言葉かけや言葉遣いから変えていきませんか?
 心はなかなか変わりませんが、言葉は気を付けたらすぐ変わります。  まず、他人を呼ぶ時、敬意を持った言い方をしましょう。    特に女性はデリケートです。いつも立ててあげてください。 呼びかける時、「おばさん・おばちゃん」は止めましょう。 例外として大阪近辺の女性の「おばちゃん」という言葉に対しての思い入れの気持ちは今一つ分かりませんので言及は避けたいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/23 21:22
一般市民からの政治家への意見
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159909 権力の中にあり、重要なポストについていると政治家について言えないことも多いかもしれません。  では、意見を言える一般市民がどんどん表明していけばいいのでしょうが、自分が何を言っても世の中は変わらないと諦めている人も多いのでしょう。  それでも、昔ならインターネットも無くて、意見も新聞の投書くらいしか言えませんでしたが、今はSNSなどさまざまな所で簡単に発言できます。誰かが見て... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/20 05:43
声を挙げたら志を同じくする人が集まる期待
 人生から問われている目的を果たすために生き、自分自身のものは達成できましたが、賜った真理の宝を生きている限りお伝えしています。   世の中には色々な人がいますが、きっと生活の中でなら、誰かの為に今まで培ってきた経験や知識を役に立てたい人はいると思われます。  どうか一緒にしていただける方がありましたら、よろしくお願いいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/18 11:10
私のワークショップデザイナー3ヶ条
大阪大学の昨日のワークショップの講座で再確認しました。  私の人生の信条と一致していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/18 08:59
人生傾聴士
 臨床心理士・産業カウンセラー・CDA・弁護士・行政書士・医師・看護師・僧侶・教師・保育士など人と関わる資格を持つ人たちが協力して、クライアントの人生を傾聴する勉強会を行い、資格を創ると社会貢献できるのではないかと考えております。  ただ人さまの人生を聞くということでジュニアとシニアとに分けて、シニア資格はパートナーとの間に小学校を卒業まで子育ての経験のある方に限定するような方向がいいように存じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/15 19:44
今、持てる力を出し切って、実践で完全燃焼するしか何も知らされない
 熱い人が好きです。  見かけは冷静を装っても、熱い人は隠しても隠し切れないオーラが溢れ出ています。  文章や口でいいことを言っても、やっていることは眉をひそめるどころか人を泣かせることだったりするのは悲しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/13 07:52
フィリピンからの社会貢献の一歩
 日本よりも先にフィリピンからからのオファーがありました。  どんな形になるか分かりませんが、御仏の願いと女性たちを元気にする話を2つ頼まれました。友だちが私の書いた論文やエッセーを翻訳してレジュメで配った上、同時通訳してくれることなどを昨日会って打ち合わせをしてきました。 8月の半ばから1週間フィリピンに行ってまいります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/11 09:31
目の前に来たことに向き合いこなすこと
 一生懸命生きていて、何かを続けていたら、それが好きになり、得意になります。そして、それを見ている人が必ずいます。  そのうちにこれをして欲しいと頼まれるようになります。  それが本来の仕事なのでしょう。    現代は自分がやりたい職種の企業や自治体に勤める人もたくさんいます。  昔は村の寄合などで物事が決められていましたが、今は人も多くなり、行政区域が広くなりました。それで、選挙によって選ばれて、より佳い社会のために働こうと、政治家を目指す人もいますが、当選しないとならないし、たくさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/07 22:20
意地悪な人には挨拶以外無理に関わらないと心が平和です
 自分の心の声を聴きましょう。  直感を信じましょう。  満たされない思いや、嫉妬から敢えて人を傷つける言葉を発する人たちは避けましょう。  その人が意地悪で周りの人から嫌われても、その人の問題だからです。  決して直してやろうとなどお節介をしないこと。    直りません!  本人が自分が意地悪だと自覚しないと  優しくて意地悪じゃない人の中にいて居心地が悪いとか、誘われなくなったとか、実害?がないときづかないし変われません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/07 06:53
プライド、プライド、プライド・・・・・・
 単なる人間  同じような体つきや器官や大きさを持つ生き物  宇宙から見たらそんなものつまらない  くしゃくしゃっと丸めて捨てちゃえばいい類のものなのに ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/02 09:45
東洋の稲と西洋の麦の穂先
 東洋人にある日本人の私たちはお米を主食として、郊外では田んぼを目にします。  一方、西洋人は麦でできたパンやパスタなどを主食として麦の穂に親しみを感じるかもしれません。麦の穂は空に向かって上に伸びています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/01 09:53
可愛いあんよやしっぽはかくれんぼ同様に隠し切れない
 電話での声の優しさ、ブログなどで選択する言葉の一つ一つなどでその人の本来の姿が見え隠れします。  誤魔化しきれない相手に対する肯定・否定の感情や積み重ねてきた痛みを他人にはしない思い遣りなどが瞬時に感じ取れます。  けんのあるまたは品のない言葉遣い遣りっ放しの文章は、おそらく他人が聞くとか読むとかいうことを十分考慮していないせいでしょう。  これがそのまま活字になり後世にまで残るとしたら、よくよく言葉を選びますよね。電話でも、スカイプのように画像が移るなら気を抜かず話しますよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/30 09:12
身体の異変や集団にいる不都合な人は大切なことを教えてくれるためのもの
 がんも身体の一部です。それが身体に現れたということは、何かを示唆してくれているのです。生き方を変えた方がいいよと。  属している団体に心身が通常発達の人と異なる人がいたら、それは人生をより深めるチャンスです。その人の生きにくさが自分の中にあるものと共通することを知り優しくなることが出来ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/29 07:26
ワークショップも演劇も英語も技術向上より伝えたい中身が肝心
 時間通りきっちりそつないワークショップが出来るのは当然のこととして、さらに参加者に出てみてよかったし、感じたことを実践してみようと行動にまで持って行ける域まで行くことが当面の目標です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/26 22:23
3次元の世界では徐々に物事が進行し一足飛びには変われないのかも
 ワークショップデザイナーの講座を受講し、講義を聞いていて感じたことがあります。  参加者を励まし、思い切って何か行動に移せる勇気をシュミレーションなどで持ったとしても、それを本人は納得の上でしたとしても、周りが何の説明も受けていない場合、効果がなかったり、かえって状況が悪化することもありえます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/24 21:28
肩の力を抜いて・・・・・
年齢を重ね、様々な人と接していくと、相手との距離や持っている能力が瞬時に分かることが多くなります。  それ相応の対応が出来るようになります。相手もこちらと同様に様々な場面での集積があると上手くいくものですが、そうでないととんでもなく不快な思いをすることになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/19 07:16
不倫をしない男性の見分け方
 若いころモテていた人や倫理観の高い人たち、趣味に没頭している人を選ぶのがポイントらしいです。  確かに、たくさんの相手から言い寄られて、食傷気味でもう結構だから、結婚する縁でやっと他の異性からモテることから解放された人はその後、配偶者だけで十分満足でしょう。薬指の指輪は水戸黄門の印籠よりも威力を発揮し有り難いものとなっているでしょう。    一方、モテないキモい痛い男たちというのは我身知らずなので、プライドや理想が高くて扱いにくい上に、一度、自分がモテたと勘違いすると、次から次へと調子に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/15 10:34
毎日が一期一会
 又、すぐに逢えると思っていた人が遠くに行っちゃったり、この世から去ってしまったりすることもあります。  いつも逢えると思っているからついついぞんざいな口をきいたり、酷い言葉を投げつけてしまうこともあるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/13 20:36
本を読んだり誰かに教えてもらったこと
 何か克服しなければならないこと、それを何とかしないと先に進めないことがないと人は深く学べません。  本の中の事、誰かの受け売りは知った覚えたの世界でしかありません。  よく考えて頭がねじれるほど悩み抜いて、実践して開けた世界とは違います。    人は必要性がないと、困らないと形振り構わず物事に取り組めません。  背水の陣とか火の粉が降りかかってくるような余裕のないところをもがきながら得たものしか私には本物には感じられません。  感謝していること  物事はなるようになっているようで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/13 20:30
不思議!過去の記憶は変えられる
 仲がいいとは思えなかったおばあちゃんのことを母は人生の師と他界した今は語ります。  嫁姑の諍いには口を閉ざし母の兄に電話しては関わりを避けていた父が、この家はおばあちゃんあってのものだったと言い、来年は17回忌をするそうです。    その人が家からいなくなるといい思い出ばかりが残るのでしょうか。  生前からおばあちゃんのいいところを私はもちろん、その他のたくさんの人からも母も父も何度も何度も聞かされたようです。  そんなことが重なって、自分の持っていたイメージを後からのものが駆逐して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/12 20:28
再確認しました。素直になって頭を下げて初めて教えていただけることを
何か教えて欲しい時に初めから偉そうな態度を取ったら、表面上はにこやかに親切にしてくれても、その後、親身になって何かしてくれることはないでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/11 21:12
人間は傷つけ合うので、敢えて楽しくなる知恵を実践し、さらに進むと何も気兼ねのない状態でいられるかも
 迷いの「無明の闇」の中で生きている人間は、剥きだしのままだと暗闇の中で相手構わず手足を振り回して傷つけ合います。これを自我という表現で現す人もいます。それが痛くて嫌な人は自分を後回しにして他人に譲ったり、優しいことを言ったり心が豊かになる芸術的表現で楽しませたりします。そういう人は周りの人や影響を受けたたくさんの人から感謝され、より楽しく幸せに生きられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/07 23:41
何も言わなくてもどこにいてもいつでも憶い合えるよろこび
 しばらくご無沙汰しておりました。  月末に京都を出発して、関東から山梨を回り、一服して小浜に2泊、一度帰って芦屋に。実家とお友だちのところを回ってきました。たくさん話をして笑いました。   昨日は親子トールペインティング教室のあと、我が家で連れ合いが焼いてくれたお好み焼きを食べ、粘土で薔薇とカラーとマカロンの粘土細工をしました。    いろいろ感じたことがありますが、全て周りで支えてくださっている方々への感謝に集約されます。  小浜を発つ朝、おばあちゃんの夢を初めて見ました。生前の最... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/06 08:27
とても辛い所で前向きに頑張る人を特に応援したい!
多くの人はこれくらいでいいやとか言って妥協してほどほどの道を行きます。  このほどほどが一番学びがしやすいと感じますし、そうできるならそれがいいでしょう。  ただ環境に甘えてしまい、今生での真理との邂逅も急がず、まあいいやと来世以降に先延ばししてしまうかもしれません。これはせっかくのチャンスをふいにしてしまい勿体ない話です。  それも仕方ありませんし、恵まれた立場や環境に感謝しつつ、急に高みを目指したいという気持ちが湧き起こってくるかもしれません。    一方、生前での人生計画にお... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/24 13:20
誇りを持ち真摯に生きている人はいつも注目される
 たくさんの人と学び仕事をすると、ある程度人を見る目が出来て来るものです。  一緒に何かすると、その人の物事に対する取り組みが瞬時に判断できます。  段取りとか要領というのが一番先に目につきますが、しばらくすると一生懸命に丁寧に漏れや穴が無いように確認しつつ整った綺麗な言動が感じられます。  それから、周りの緊張をほぐすために面白いことを言ったり、いじられてよろこんだりする振りをする人とかを見ると素晴らしい特技だと感動します。私にはなかなか出来ないものだと尊敬のまなざしで見てしまいます。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/23 23:05
本当はほどほどの人生の方が学べることが多い
 偉くなっちゃって「先生」と呼ばれるようになったら気を付けないと学ぶ機会を逃します。何か至らないところがあっても誰も進言してくれないのは怖いです。   本当は人としてダメでしょということをしていても、相手が組織のトップであったり、学会の頂点にいる人なら、普通は遠慮して何も言わないか、無かったことにします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/23 21:24
真理や佳いことは弘まっていく
 御恩報謝の気持ちさえあれば、無理やりこうしようとか、ノルマを決めて何かするとかでなくても、必要な人や物は集まって来てくれて、その波に乗って物事は順調に運ぶことが日々知らされます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/16 21:03
柔軟で素直な若い人たちの伸び代は未知数
 今、卒業後、大学生や小学校低学年の子どもたちと親たちにどうしたら深く強い信頼関係が結べ、共に居場所を確保でき、快適な人生が送れるかワークショップの講義をしていこうとスキルを学んでいます。    大学院や他の集まりで、同世代の人たちより若い人たちとも話す機会がありますが、既成概念にとらわれない大きく強いエネルギーを感じます。    一昔前の詩を口ずさみ愛好しているようなお爺さんの老人たちが、「懐古主義」だとしたら、若い男女は自分や子どもや周りの仲間と共に生き方を模索する「創造主義」でしょ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/15 09:28
生家を旅立ってから
 いじめや様々な困難で生きているのが辛い人たちの助けになろうと弁護士を目指して、何十年も前に関東の実家を離れて、関西の大学に進学しました。  そのとき父から言われたことがあります。   日本だけではない世界中には尊敬できる優れた人、自分と同程度の人、又は援助が必要な人などいろいろな人がいる。これから、生きる範囲を拡がっても、そこで出合うどんな人に対しても同じ人間として対等な誇りを持って驕らず遜らず、常に真摯に対応していくように。きっとたくさんの人の光になれることを私は知っている。日々精... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/13 16:52
男・公務員・研究者・クリエイティブワーク・儲かっている資本家・経営者でもいろいろです 
 投稿文に書きましたように私には何人かのメンターがいました。  一番初めのメンターは小学校の女の先生でしたが、それ以降は男性ばかりです。  なので、男性や学者や公務員や資本家などを嫌っていることはあり得ません。  議員や学者であり教師や経営者など社会的地位の高い人に可愛がっていただいたお蔭で今の私があります。    このように、男女や年齢性別にかからわず、尊い人は尊いと、その人格を尊敬・尊重しております。  御仏のお話をさせていただいた人の中にも、本当に尊いとこちらが教えていただくこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/13 11:33
震災後のモラハラ・DV
 http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/summary/2015-01/15.html   津波で家を流されたり、放射線量が高くて避難されている人たちが、今までの環境が変わり、モラハラ・DVの被害にずっと遭っていたことに気が付いたようです。  女性たち一人一人が誇りを持って各自の使命を果たせるような人生を送れるよう、私も実力をつけて、大学や子どもたちや自治体や企業などにおいて、一日も速く社会に還元してお役にたつことをしていく所存です。    DVや暴力被害に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/12 12:27
威張らないけれど侮られないこと
 優しく温かいことは人間にとって大切ですし、一生このような態度を続けるものであると決めています。  同じような人が集まり、お互いを認め合い高め合えたらいうことはないのですが、そうはいかないときもあります。    比べたり、勝負を好んだり、勝って優越感に浸りたい人たちも存在します。  理由もなく無抵抗な人たちを脅かして傷つけて自尊心を奪い泣いているのを楽しむサイコパスのような人もいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/05 23:58
生きていさえすれば究極の出合いだって訪れるチャンスもある!
http://matome.naver.jp/odai/2134162439182977101  今が不遇でも、上手くいかなくても何とか生き延びてください。  頭が痛いとかデータに出ないような仮病を使ってもいいです。ただし精神病のふりをすると病院に入れられ酷い扱いを受けるのでやめた方がいいです。    人間は意識を変えたら飲食を減らしても生きられます。その分お金もかかりません。考え方の問題です。住むところと何枚かの着るものがあればサバイバルできます。    一番いけないのが孤独で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/04 11:29
今、アジアの人たちに御仏の願いを届ける
 昨日はフィリピンから日本に御仏の願いを伝える勉強をしている女性とそのお子さんとご一緒しました。  彼女は親戚に預けているもう一人のお子さんを来月迎えに行き、春から3人で日本で暮らすために一度帰ります。その時の土産として携帯用の六字の御名号と入れ物がある京都駅近くの店を案内しました。いつもお念珠の材料を求める時に行く店にもいきました。店の奥さんに簡単な念珠の作り方を特別に教えてもらい自作の念珠が出来上がりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/01 09:10
男性は自分の甲斐性、女性は自分自身と子どもを気にする
外出する時、男性は自分が連れている女性が綺麗なら鼻高々です。なぜなら、すれ違う男性たちから羨望の眼差しを受けられると信じているからです。これは大半のこのような価値観を持つ男性に当てはまります。  実際はそんな女優のような妻や恋人を連れて歩ける男は滅多にいないから余計、自分は甲斐性があると自慢でき、誇りに感じるのでしょう。そしてそういう羨ましい奴は滅多にいない金持ちか自分とは違った世界のちょっと危ない色男です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/28 20:45
受け入れられること、求められること
 苦しみがないという消極的なことではなく、周りからよろこんで受け入れられて、これをしてねと求められる積極的な生き方である方が学びとしては大きな成果が得られます。  本人も気がつかない長所を持つ人があります。  今まで長年してきたこととは違う分野で活躍できることもあるのです。  この人はこんな素晴らしい能力があるのだから、これを生かせるようにして差し上げたいと最近感じることが多いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/27 23:04
まず遠くより身近なこと、周りのことに目を向けてみる
 世界平和、安全な食糧の確保等、様々なことがインターネットを通じて知らされます。  もちろんそれらに関心を持つことは大切です。身の回りだけでなく地域、日本、世界という地球単位に考えを拡げていくことはとても重要です。    しかしながら、自分の親や子どもや妻や夫という家族、友人関係やご近所付き合いが疎かになっていないか考えてみることも大切です。  家族が何かしてくれたら当たり前とせず、有難うと言います。助かったともいいます。もちろん、子どもにも言います。  いざ何か災害でも起こったら、頼... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/26 10:01
一緒にいて楽しくて仕方がない人がどういう人かよく分かりました
 反対につまらない人とは、自分のことで精一杯な人とか自分をよく見せようとかする人です。  何か言ったことにその場で反応しないと、タイミングが悪いとしらけます。  真剣に聞いていたとしても返事もないし、分からなくても聞き返すでもなかったら自分といてもつまらないのだと思われてしまいます。    そんな人はきっと家庭でも同じように押し黙って、何か言われてもろくすっぽ返事もしないし、質問もしないのでしょうね。   相手に興味がないと会話が続きません。お商売でも取りあえず、返事と相槌ちは欠かしま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/15 22:32
人の話は合いの手・相槌を打ちながらにこやかに!絶対黙って聞かないこと
 対面でも、電話でも、チャットでも合いの手や相槌が上手い人は好かれます。  いくら真剣に聞いていても黙っていると怒っているとか反感を持っていると誤解されて損をします。  商いでも人に何か教えてもらうときでもとても大切です。  先生や友だちでも一緒に居て楽しいのは頷いてにこにこしていて、分からないことはそれって何と聞いてくれる人です。  感謝していること  楽しく会話できる人が周りにいることは素敵なことですね。 https://www.youtube.com/watch?v=TJann... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/15 13:37
覚えていて!考えられないような卑怯で上品じゃない振る舞いがあることを
 今までもこの先もおそらく道に唾や痰を吐くことはないでしょう。  見せしめの為に暴力を振るうこともないでしょう。  殴り合いでやっつけて人を従わせたり怖がらせたりすることも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/13 19:20
短い一生で出合えてよかったと心から感じられる人は希少価値
 本当に心が通じ合えるのは親や祖父母または子どものような身内ではないかもしれません。結婚した相手でもないかもしれません。  幼馴染も住んでいる場所が離れてしまうと音信不通になってしまいます。    大学時代の友だち位なら連絡も取り合えることもあります。それでも何十年たっても連絡し合える人は希です。  仕事の仲間もたくさんいてもその中で、ほんの少ししか分かり合えないかもしれません。  多くの先生に教えてもらっていても、本当に尊敬できる人はほんの数人、一握りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/11 19:20
心が動くのはきっと自分と同じ嬉しい感覚を見つけたときなんだ
 これだというものを見つけると一時期理想に燃えますが、線香花火のようにパッと燃え上がり、持続させる忍耐力がありません。  瞬間にパッと飛びつくことは簡単ですが、理想を理念にまで持って行ってそれを持続させる地道な努力を続けることは大変です。時には自分の殻を破って今までしてこなかった方法や思い切った自己改革なども必要になってきます。  そうなった時が分岐点です。それでも心惹かれるものと一緒に何かしたいと思うか、自分には無理だと諦めるか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/01 11:53
世界中の人が安心して生きられるような世の中にする子どもを育てましょう
どんな場合だって誰でも安心して生きたいと願っています  どこの国のどんな時代の誰であっても死にたい人なんていません。  なぜ無差別で人を殺す空爆を止めないのでしょうか。  20世紀の戦争で明け暮れた時代はお終いにしませんか。    どうして力を誇示したがるのですか。  みんなで食べ物を作って生命の歓喜の溢れた歌を歌いましょう。  どうして人よりたくさんお金や物を持って、自分以外の人たちから奴隷のように搾取する必要があるのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/01 01:21
悲しく残念ですが、心に蓋をしている相手には何も通じません
 仏さまはどんな人でも真理と一体化して心を暗闇から明るい状態へとなれるよう願いを建てられています。しかしながらどんなに智慧と慈悲の光明を放たれても、受ける側の人間が蓋をしてしまっていてはどうすることもできません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/30 11:46
前を向いて自分を誇れる生き方をしましょう
 ほかの誰が何と言っても自分が信じた方の道を行くといいです。  他人は他人であって、自分の人生の責任まで取ってくれません。  他人の言うことはその人の都合から出てきます。  もしそれが自分にとって為になることなら、その人とは利害関係のないことです。  何らかの利害関係が絡むことはよく注意しましょう。  利用されているだけですから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/29 01:35
自他の使命を果たすために心身を使う決意
 自分の心身は自分のものです。  誰が何を言おうと命がけで大切にしないとなりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/27 19:15
人の癖や病はなかなか直りません
 幼い頃(または過去世)からずっとご縁のある雰囲気や生活習慣で心身が形創られます。   だから、連鎖によるモラハラや精神病や強度のうつ病の方は生まれながらに持っているものや強烈な家庭環境でそれが当たり前と思い、別のモデルも持てない場合は私自身が壊れてしまう可能性が大きいのでできるだけ避けています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/26 18:42
結局対人関係は相手に興味・共感が持てるかどうか
 誰かと一緒に何かをしたりするときには、その人に対する肯定的な気持ちがないと辛いです。自分はそうでも相手がそうでなかったと気がついた時は、どのことをハッキリ告げた方がいいです。それで相手が自分のことばかりしか考えていないことを詫び、関係が変わることもあり、そのままの御縁になることもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/26 08:35
誰かが攻撃を仕掛けてきても決して挑発を受けてはなりません
 恐ろしくて劣等感が一杯で本当の智慧も慈悲も知らない人がこの世に溢れています。  その人たちは暗闇の中でやたら滅多ら手をブンブン振り回し手ごたえを感じようとします。足もあるので気配を感じると蹴飛ばします。殴られ、蹴られた相手も何が何だかわからなくて殴り返し、蹴り返します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/25 02:58
自分は何を剥きになっているのだろうと客観視出来たらもう大丈夫
 喜怒哀楽の内、怒りと哀しみは身を切るように苦しいです。  あとの喜びと楽しみは有頂天になって羽目を外さないようにしたらそれほど心配しなくて身をまかせておいたらいいでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/25 00:21
モラハラ夫(モラ夫)を生み出す恐怖の連鎖
 親爺や爺さんの意地悪力が強烈で半端じゃなくって、それでもその家で我慢して生活できる人は、余程我慢強いか、人間が出来ているか、何を言われても自分はそれ以上にダメなやつだと劣等感が強いかです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/23 20:52
子どもや生徒の幸せをほとんどの親や教師は願うものです
 人間同士は心の内が見えないので、自分の都合のいいように相手の気持ちをとらえます。  そして、中には自分の名利のために他人を利用するサイコパスのような人もいます。  それがわかったときはさっさと逃げないとなりません。    元いた真宗系の団体で会長を含め会が信じられなくなったきっかけは、会長の「剽窃」の事実をインターネットで目の当たりにしたことでした。一つや二つではなく、ほとんどの彼の書いたものは他人の物の丸写しか、ちょっとだけ言葉を変えたものかでした。  他人のものを自分の書... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/23 12:40
常識や世間のルールとかいう正当性
 「常識・世間のルール」は世間体とも言いますが、結局それを言う人は、その人もそれらの事柄のうちの何かの事例がいいと思っていることでしょ。  そういうものが存在しても、それをよしとは思わなかったら、それを引き合いに出してこないでしょ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/22 20:07
正しさを信条とすると上から目線でしか付き合えない
 是非も邪正も全くもって、私には分かりません。  ただ真理との邂逅の後は心が円満で調和する状態が続いて、いつも温かく満ち足りていて、将来に対する何の不安もありません。  酔っぱらった状態から徐々に醒めつつあり、いろいろなものがさらによく見えるようになりました。  見えすぎるくらい見えてしまっていますが、縁のある人としか関わっちゃいけないのだとも自戒しています。  縁のない人は所詮一時の何かのイベントのようなものを共にするくらいで、それが過ぎるとそれぞれの場所に戻るだけです。それでいいのだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/22 09:53
本当にしたいこと、聞きたいことなら諦めないけど
 命にかかわることで、ある人が助かる方法を知っていたとしたら、その人が多用だけれど時間を創る工夫をしたい言っているのなら、お願いするでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/20 20:01
人生を主体的に生きる
 自分で考え  自分で調べ  自分でアプローチ  また自分で考え調べアプローチする  人生はこの繰り返しです。   人まかせにしていてはいつまでも、人のせいにして不満だらけの人生です。  自分で主体的に動き、成功なり失敗をして、自分の身体で感じ取る。  こうなれた人は身体は子どもでも立派な大人としての人生を歩いています。  裏返せば、老人になるまで誰かに依存して生きている人もいるということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/20 07:53
いいね。そうね。って言えたら人生楽になる!
 「でも」「だって」「あなたはできても私はできない」  誰かと話をする時にこんなことばかり言っていると思ったことはありませんか。  「そうなんだ、わかる気がする」「それっていいよね」「素敵」「私もできるかもしれない」「いい話が聞けて良かった、有難う」  こんな風に言ってくれる人と一緒ならずっと笑って話ができそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/19 20:25
世界中のお父さんお母さんたちが黙ってないで声を挙れば、確実に変わります
 世の男たちが給料や雇用条件の為にストライキをして自分の権利を主張します。  それなのに、なぜ母親たちは権力者や子どもたちに言いくるめられて大人しくしているのでしょう。  命がけで出産したのですから、団結して声を挙げましょう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/18 19:56
人生の学びは真理との邂逅を果たし、たくさんの相手共によろこべるか
 「おんなじだね」娘は子どもの頃、よくそんなことを言ってニコニコして報告してくれました。 同じであることが嬉しいようでした。  「そうだね。おんなじだね」と応えるととてもよろこんでいました。    真理との邂逅を果たした境地を仏教では「一味の境地」といいます。  同じ心持になれるのです。  見かけや持っているもの徳や置かれた立場や知恵などはそれぞれが異なりますが、真理との邂逅を果たしたという点では全く一緒です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/17 22:56
マーガレット・ドラブル『碾臼』における女・母
マーガレット・ドラブルの小説『碾臼』には、妊娠を告げずに黙った出産した女ロザマンドが、しばらくして意を決して、父親である男ジョージに赤ん坊を見せたときの男の反応に対する気持ちが次のようにある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/17 09:37
言葉や文章でも身体にかけた行動でも伝わらない訳
  おそらく自分の狭い考えや浅い経験からしか汲み取ることが出来ないのだと分かりました。  これはこうこう、こういうことが、このことの元にあって、こういう風に言ったり、書いたりしているのだと、事細かに説明しなくても分かるだろうとついつい横着をして説明しないでいると、後になって相手がずっととんでもない解釈をしていたことが分かり困惑することがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/17 02:16
「一歩踏み込んで他人の話に向き合うこと」
 聞こえてくることチャットなら書いてあることにただ頷いて、相槌を打って話が流れていくのは時間の無駄だと思っています。  一体相手は何を言いたいのだろう。何がポイントなんだろう。私に何を伝えたいと思って話してくれているのだろう。そう考えながら講義を受け、日常の会話にも向き合っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/16 09:28
お互いが絶対誤解なし・怒らないでいられる自信がある場合以外はメールを避ける
 メールは苦手です。  パソコンも携帯のメールも絶対にどこかしら誤解があるという危機を感じています。ただ遠くて会えず、電話が出来ないときは仕方ないので出来たら、交互に1行くらいの短い会話が出来るチャットがいいです。チャットなら質問も訂正もできるので。  電話とメールで身内と絶交状態になった痛い経験がありますので、両方あまり信用していません。対面でお話しするのが一番です。  最近はスカイプり、外国の人でも対面と同じように話せるようになったので、出来たら表情を見ながらお話しするのがいいかもしれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/15 23:38
回避性依存症の男性たちとは
 「吸血男」 →独裁者・搾取者・ナルシスト・逃亡者   モラハラ・DVをするような奴は形は変えても、元は一緒です。   他人に取りついて、自分の利益になるものを奪い取り吸い尽くす人たちです。   心身ともにむしりとられるだけで、何もいいことはありません。   そもそも彼らは劣等感の塊であり、その根底として内面に見捨てられるのではないかという恐怖心があり、どんなに相手によくしてもらっても安心も満足することはありません。     そんなですから、自分から他人を安心満足させたいという気持ち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/15 22:49
対人・文体における学び〜受け答えや言葉の選択〜
何をどういう表現を使って話すか、書いているかはとても大切です。その上でその人が何をしているかで最終的にその人が信用できるか否かを判断しています。   何か困った様子をしているだけで、さっと手を差し伸べられる人は人間的に優れた人か、これまでの人生で散々苦労してそれが報われた人でしょう。     何を言っているか書いているかでも人間性は滲み出ます。同じことを書いていても冷たく感じることもあり、涙が出るほど自愛あふれるように思えることもあります。     授業のレポートやプレゼンテーショ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/15 21:56
イギリスの詩について考えたこと
 8回もイギリスに旅行している私は、乗り物でもレストランの入り口でもいつでもどこでも、イギリス男性たちから「アフター ユー」と爽やかな笑顔と共にお先に失礼させていただいていました。  白人ばかりではなく、アジア・アフリカ系もそして幼稚園ぐらいの男の子からリタイアした方々からも、この言葉がとっさに出て、彼らは後ろに下がるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/14 20:12
他人の話が聞けるようになると大人になれ、人生が開けます
 とりあえず、小さいころから人の話を注意深く聞いてきました。  それから本もたくさん読みました。  そしてよく考えました。  いろいろな人が色々なことを言っていて、その中でどれが本当のことか比べていました。    子どもは自分のことをしゃべるのが精一杯で人の話が聞けません。  人に何かしてあげようというときは、相手の話や隠れた要望がわからないとなりません。  自分を後回しにして誰かに何かしてあげようという人は身体は子どもでもすでに大人だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/13 19:21
自分以外の人の話を聞くということ
 ただ何となく聞いていてはダメです。  オーラとか雰囲気も感じる訓練をしましょう。  それが自分を護ってくれることになります。    話というのは何かしら伝えたいことがあるのです。  その伝えたいことによってにこやかなときもあり、何となく背筋が寒い時もあります。  また自分の為になるように感じることもありますし、反対に存在を脅し、果ては抹殺する意図を持っているのだときづくことすらあるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/13 08:15
昨年学んだこと
 付き合う人は慎重に選ぶこと  やる気の温度差がある人とは同じ教室で学べない(能力ではない)  他人を尊敬できない人とは挨拶くらいにしておく、場合によっては挨拶も止める  日常、困っている人がいたら、さっと手を差し伸べられる人は信用できる  例)落としものを拾う。ベビーカーを運ぶ。大変そうな誰かにさっと席を譲るetc. 先生は有難い  人は本当に困らないと変われない。  昔は見合いで結婚できたが、今は最低限のコミュニケーションが取れないとお付き合いすらできない人が多くいる。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/12 01:11
真理と方便の関係
  まず、真理が分からなければ何が真理なのか方便か全てが分かりません。   だからこの二つが分かるのは真理との邂逅が出来た人です。 また、方便のことを言われる「世間虚仮」とはとても誤解を生みやすい言葉です。   今、火のついた火事が出ている最中の家で暮らしているように安心できない、この世のすべてのことは全て空ごと戯ごとであり、真であることはない。ただ御仏の願いによって救われることこそが真理であると親鸞聖人は教えてくださいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/11 13:49
恩師のお心遣
 日本で一番有名で学力が高いとされる大学で学び、国立大学で教え、退官後に某市の共通大学講座でご縁があった先生はいつも私に何らかのヒントをくださいます。  新刊の本の切り抜きをくださり、イギリスの会議に行く前には学会やその内部や構成員の論争などをおもしろおかしく教えてくださいました。  今もメールなどでご縁が続いていますが、本や画像を勧めてくださいます。今振り返ると全て私の研究にそれを外しては先に進めないものばかりを提供してくださっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/11 11:54
確かに環境問題・陰謀説等々も大事ですが、いま、ここで救われていることが最も肝要
 このままの状況が続くと地球は温暖化が進み、何十年後には悲惨な状態になるという人がいます。  この何十年かごが50年後だとしたら私は生きていないかもしれません。100年後であれば余程医学が長足的に進歩しない限り、100%に近い確率でこの世には存在しないでしょう。    環境問題などで不安を掻き立てられるようなことを聞くと、7年前以前ならきっと死後の暗闇の恐怖が払拭出来ていなかったので、戦々恐々としていたことを思い出します。  しかし今は、全てを御仏にまかせてあるので死後の不安は何もありま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/11 03:03
損して徳獲れ
ちょっとおかしいと思われませんか。そうなんです。敢えて得を徳としてみました。そうなんです。対人関係は「負けるが勝ち」ともいいます。  議論に勝っても、友だちやお客様の気持ちを損ねて失っては元もこうもありません。  がん細胞を完全に消滅させても放射線や薬で体が弱って死んでいる人がたくさんいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/10 23:29
世間、日本もなかなか有難く素晴らしい!
 今日で信心を賜ってから6年が過ぎようとしております。  今年は正月の3日間はこたつで娘とみかんをたくさん食べながら、本を読んだり勉強したりネットに投稿する日々でした。連れ合いが福島に帰省しましたが、娘はまだ若いので万が一事故に遭ったり、食べ物のことも心配で京都に残りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/09 22:22
友だちの最後に残った義母・無常
年末に相次いで実の両親を亡くした友だちのことを書きました。  今日から新学期で新年のあいさつをすると、姑が肺炎で入院してかなり危険な状態だということでした。  また、大学の先生はお子さんがいませんが、可愛がっていた姪御さんが数日前にお亡くなりになったそうです。明日、お通夜に行かれるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/07 22:37
信心を賜るのは一つの通過点という事実
 真理との邂逅をした人、他力の信心を賜った人は知者であり人格者であるという幻想が私にはありました。世間のいろいろな酷いことを見聞きしてきたので、尚更に清らかな世界に憧れていたのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/05 10:38
グーミン・B層ぜーんぶ笑いのネタにしないとやってられない!
 グーミンとは内海聡さんの造語で『医者とおかんの「社会毒」研究』の初めに以下の定義から始まり、自覚して抜け出してくださいと言われます。 「グーミンとは自分で調べるということを徹底的にしません。人を理解しないのに、自分は理解されたいと熱望します。自分のやったことをすぐ人のせいにし、被害者面するのが得意です。そのくせ権威に対しては奴隷的なまでにつき従います。たとえば、この世にあふれる社会毒に対し、「そんなこと言ったって仕方がない」とあきらめることはまさしくグーミンそのものです。  多くの日本人は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/04 11:27
サウサンプトンの想い出の短歌
The Memory of Southampton  英国の eikoku no 夏の終わりの龍宮城 natu no owari no ryugujyo 窓の初雪 mado no hatuyuki これも夢なの kore mo yume nano ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/04 11:20
新年のご挨拶
みなさまへ  平成27年の新しい年に変わりました。  みなさまにおかれましては、麗しく穏やかなときをお過ごしのこととお慶び申し上げます。  今年はこれまでのことが実を結ぶことを願って、一瞬一瞬をまた一つ一つ 真摯に丁寧に生きてまいります。  みなさまの支えがあっての私であるという事を常に忘れず。  今年もよろしくお願い申し上げます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/01 01:07
本当に強い人は威張らない
 研究者とか僧職につかれている方と親しくさせていただいておりますが、研究を極めれば極めるほど、責任の重い役に付くほど謙虚なのです。一部例外もありますが。   そういった方々のお連れ合いがまた素晴らしく感心しております。 70以上の男性では家庭の運用ほとんどを奥様にまかれて、ご自身は研究や布教活動に専念されています。 そして、自分が好きなことが出来るのは連れ合いのお蔭と、奥様に感謝の気持ちを持たれています。実際、素晴らしい研究の業績を残したり、多くの方々の心の支えになる説法をさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/28 14:17
研究者の陥りやすい罠
 最近気がついたことがあります。  研究者は研究して「○○(人名)についての考察」などといった論文を書きますが、いつの間にかその研究している対象の人たちと自分の考えとが一緒くたになってしまうことです。  誰かとその内容について話しているとき、研究の対象者本人はこう言っていたというのですが、 「ではあなたはどうお考えであり、どう感じているのですか」と問い返されるととっさに出てこない。  本当に分かり切っていないと相手を納得させられません。  別の人はこう言っているということを言われる方も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/28 13:37
感謝もお礼も要らないから、ただ嬉しい笑顔だけ見せて!
悪く思われないように親切にすると、感謝され、お礼を言われることを求める気持ちが出て来るので、自分がその都度、したいことだけ昔からしていました。    いい人だと思われなくても全く構わないのです。相手が笑って嬉しそうにしているのを見ることが好きだから。  「意地悪力」は全然身についていなかったし、計算を全然しないので、そういう人間がいるのを信じられない人から誤解され、嫌がらせを受けました。自分が思うように考えていないのと、見返りを求めないのが信じられないので癪に触り目障りだったのでしょう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/24 23:16
これしないと悪く思われ、すると見返りがある打算じゃなくて、今、目の前にいる人がタダ嬉しいだけでいい!
 頭の回転が速くないし、面倒なことが苦手なので画策とか計算とか私はしないんです。  今、この瞬間そこにいる人の気持ちが明るく、共に学べたらそれでいい!    御仏をはじめみなさまのお蔭様で本当にいろいろなものに恵まれているし、何といって欲しいものもありません。一息切れて死んだ先も全て御仏に任せてあるので何の心配もありません。世間が決めた善悪も自分にとって必要かそうでないかと捉えられるようになってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/24 11:36
他人が嫌がることを平気でする人たちって?
•まずはモラハラ・DV加害者・ストーカー  相手が迷惑だって言ってるような嫌がることをしたり暴力が振えるのはどうして?幼少の頃、家で両親や同居している大人たちから学習したの?   •満員電車での痴漢  面識がない人の身体に触れて、楽しむなどもってのほか  特に未成年の女子学生に触る奴、自分の母親や娘が嫌らしい男に触られても構わないの?   •妊婦や小さい子どもやたばこを吸が嫌いな家族がいるのに分煙・禁煙しない奴  副流煙で他人の身体に害をもたら... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/17 23:02
縁は不思議としか言いようがありません
 佳い家族や環境の下に生まれたならば、伸び伸びと負い目を感じず、人を信頼して大きくなれます。これは当たり前のことではいことを地元の小学校に入り知らされました。 そして、自分が属していた学校や他での自己責任とか自助努力という言葉にずっと疑問を感じていました。あくまでの世間的な生活の面でのことですが。    生まれつき病気を持っていたり、身体が不自由で誰かの助けを借りなければ生きられない人はたくさんいます。それらの人たちに「自分で働いてお金を稼げず、税金も払えないお前らに配分する予算はない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/14 13:18
本来の目的がゆらいだ結果は・・・・・・
全てのことには目的があります。それに向かって物事は進みます。この目的が忘れられたりずれたりすると推進力が停滞し、横道に逸れたりします。  人間はそれぞれが生まれる前に計画した使命を持って生まれてくるという考え方があります。それが楽しいものか、壮絶極まりないものなのかは本人が決めたこと。  その人生での学びの度合いや使命を果たすのにふさわしい両親や環境などを決めて来るのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/13 10:44
大学院での学び
 今の大学院に行ってみようと本気で思ったのは、ある先生との入試の面接会場での出合いでした。とてもにこやかで楽しそうな方でした。  オリエンテーションの立食パーティで、先生はパスポートを更新しようかどうしようか迷っていると言われていました。もう少しお姉さんの公文の先生も毎年海外旅行に行かれるあと10年くらいなら持っていられてもいいのではと心の中で思っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/12 09:27
二人の伯母を悼む
7月に父の姉が、その少し後に母の義姉が逝きました。  なので今年は年賀状を書く気がどうしても起こりませんので失礼させていただきます。  二人とも80台半ばでした。おばあちゃんは92まで生きていたのでちょっとだけ早く感じて、残念でした。 父の姉は息子夫婦と孫暮らしていました。母のほうは伯父がずっと昔に亡くなり、目が不自由で整骨院を経営する従妹と2人でいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/11 21:12
西へ西へ向かうアメリカ人たち
 浄土仏教のお同行は「西へ向かう」と聞けば、阿弥陀仏のお浄土に向かうことを連想します。  ところが、アメリカ人は西部開拓やその後の日本を含めたアジアへの侵攻で自分たちが世界を支配してきたことを考えるのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/10 06:19
御恩報謝
今日は授業で短歌を詠みました ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/09 05:58
なぜか今まで本気で取り組んでこなかった歴史と文学
 小学生の頃から、毎月10冊は本を読む生活を続けてきました。かなりの数の本を読み、家にも数えきれないほどの本があります。文庫や新書は図書館で借りることにして、残しておきたい本を買うようにしているのですが、それでも本ばかりがたまってしまっています。いつか役に立つだろうと残しているのですが、服と同様にある程度始末していかないと家がスッキリしません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/06 00:16
本当に有難い先生方と大学と周りの方々
 今まで自分でコツコツと私の使命である実践宗教家としての御仏の願いをお伝えするそのための方法を毎日考えては改良してきました。特に言葉に関してはとてもとても眠れないほど考えます。  そして、同時に教師、カウンセラーとしての私は真理との邂逅どころではない人たちに、いま直面している問題であるジェンダーやフェミニズムでの困難さを緩和できるようなことも、これもずっと大学以来、民間研究家として取り組んでおります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/04 21:25
真理(見えない偉大な力)には感謝! 欲望の実現を願うのは筋違い!
  足りることをよろこんだらいいので、人を羨ましがらなくてよろしい   外観よりも、素晴らしい内面を目を閉じてよく観察すること、他人をじろじろ見るのは、はしたないこと ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/04 21:19
その気になれば出来ること
 今日は午後から友だちのチアリーディングの舞台のある高槻に行ってきました。  手作り市の会場の舞台で子どもたちの次に大人の部で踊っていたのを拝見しました。ミニスカートでのスリムなスタイルと満面の笑顔でステージを駆けまわる様子に元気をもらえました。彼女はマラソンにも挑戦しています。 一般の人の前に出るのが苦手な私は舞台で踊るとか、街頭に自分の顔のポスターを張るとか、ラジオで話してもテレビは出ないでしょうが、自分の出来ることを思いっきりしたくなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/30 18:46
見捨てられる不安を払拭するため故意に意地悪をして試す
私自身の感覚やポリシーには相容れないのですが、人間の世界にはよくあることです。  実際そのようなゲームに持ち込まれそうになる寸前で、きがついて別の方向に関係性を持っていったことおあります。  もしこのゲームに参加したら、心身の苦悩や気が変になるか病気になるかで逃げる状況になれるか、死ぬまでその関係を続けるかの2通りの選択しかありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/29 19:29
○○おたくとかアスペルガーの人は、まず、人の話を聞くことから始めて
 自分が熱中しているものを、みんなが好きではない場合がほとんどであること。  でも、ほとんどの人はそれをあからさまに言わないこと。  これがわからない人は、学生時代には、周りの人に迷惑をかけている可能性があります。  そして、就活から始まって、結婚生活や職場で上手くいかないときに、もしかして、自分は人の話を聞いていないのではないかとか、そもそも他人を尊敬、尊重していないのではないかと気が付けたら人生が変われるでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/28 21:36
他人を騙して出し抜いたり、脅かして怖がらせること
 そのときは上手いことやった、慌てふためいている様子がおかしいと有頂天になっているでしょうが、それは本当に楽しいことなのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/26 22:16
関わるだけでなく、思い浮かべてもいけない人もいます
 誰にでも親切に優しくしなさいと、幼児教育や小学校の低学年でよく考えずに教師は教えますが、それは間違っています。  自分の心身を攻撃し、やる気を殺ぎ、肉体を殺しにかかってくる人たちもこの世には存在するのです。  そういう人を逃げられない家族に持ったら、今生は悲劇です。  なるべき関わらないように、考えないようにして、成人して家を離れるしかありません。独立できるまでに殺されたらそれはそういう人生を自分で計画して、周りの人たちに何かを考えさせる人生だったのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/26 20:36
心に響く講演とは
 今通っている大学院は阪神淡路の震災で被災しました。  大学も壊れ、近所の方の避難場所にもなったようです。  住民の方々と共に復興の道を歩んできたと聞きます。    通学路では、新しい家が立ち並びます。  はじめどうしてこんなに新しい家ばかりがあるのかわかりませんでしたが、あるとき西宮北口を降りて付近を散歩した時にきづきました。この辺は震災で壊滅して、区画整理の元に新しい街が出来たのだと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/26 08:42
使命を果たす者は傍観者ではいられない!
 私は今生の残りの人生を高いところから見下ろすような傍観者ではいたくない!  今、嘆き悲しむ人がいるのに、それに手を差し伸べる試みもせずに、ただ気の毒だと観ているなんてできない!   何の役にも立てないかもしれないけれど、私ができることをできる範囲でさせていただいている。 それは周りの人に対するちょっとした言葉や文章や明るさやいつも機嫌よくしているような些細なことかもしれないけれど。  平凡に波風が立たないように保守を決め込んでただ食べて寝て年を取って、死んでいく人生なんて真っ平御... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/25 21:03
趣味や気晴らしでの文章を私は書かない!
ある人はツィッターや投稿記事などを、また別のある人は雑誌への投稿論文やシンポジウムの発表を本業の気晴らしだと私に言いました。  初め何の事だか意味が分かりませんでした。  なぜなら私は自分の生涯の中で、そんなことをしたこともないし、考えたこともないからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/24 18:29
相手のレベルまで下り、合わせる余裕
 後、どのくらい生きられるか分からないので、私は自分の今まで学んできたことをストレートに人生のいろいろな場面や媒体で表現していきます。    他人ばかりではなく、自身の子どもに対しても容赦なく育ててきたことが佳かったのかどうかは今は分かりませんが、それしかできなかったので仕方ありません。  婉曲的に遠回りな言葉を使い優しい子どもになるような親切でかつ残酷でもあるかもしれない対応は出来ませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/24 11:57
論理的思考が通じないアスペルガーは苦手です
 理屈っぽく、合理的な言動を好む私には、アスペルガーっぽいおたくのような人たちの気持ちが分かりません。何でそんなに無駄なことに拘り、テキパキと仕事がこなせないのだろうとしか感じません。その上、自分がしたいことはするけど、ほかは責任を放棄し、ため息をついたり迷惑千万です。  大人でかつ自分の子供を持ったなら、嫌なことでもしなくてはならないことは山ほどあります。どれだけ子どものことで下げたくない頭を下げたり、おむつを取り替えたり、勉強をしたくなるように仕向けたりしたか分かりません。したくはないけれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/23 21:49
ベン・ジョンソンの幼くして逝ってしまった子どもの詩
  お母さまが97歳で他界されたと英語の先生が入ってこられるなり、授業の初めに仰いました。いつもお洒落な先生の髪が跳ねていて、憔悴されている様子でしたので何となく変だと思っていましたら。    昨日の別の先生の英詩の授業が脳裏に浮かびました。  ベン・ジョンソンの詩でした。 “On My First Son” Farewell, thou child of my right hand, and joy; My sin was too much hope of thee, loved ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/19 22:07
スティーヴン・キング『キャンパスの悪夢』を講読していて
 『スタンドバイ・ミー』などを書いている著者で、ホラー映画の原作になるようなものもたくさんあります。短編は純文学のようなものも多く、大学院の英語の授業で今読んでいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/17 21:12
意地悪な人の気持ちなど分からなくてもいい!その人はただの意地悪なのだから
 他人から不快な目に遭わされると、自分が何かその人に対して酷いことをしたからなのだろうかと反射的にくよくよ悩む人がいますが、ほとんどの場合相手が意地悪なだけです。  自分にこれと言って落ち度がなくても、意地悪が趣味だったり楽しかったりして何もしていない他人を獲物にする人が世の中には存在するのです。    人の気持ちの分かる人になりなさい、人の立場に立って物事を考えなさいと繰り返し子どもの頃言われ続けましたが、もともと他人の思っていることなど思い測れるはずはありません。聞いても教えてくれない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/15 21:13
私が我慢して努力すれば、きっと相手は変わってくれるはず(カサンドラ症候群)
 誰かに対して、こいう考え方は危険だし、根底に自惚れがあります。  今、どうにかなれない人は、残念ですが、未来もどうにもなりません。  自分が何もしないのに、どうにかなるとすれば、本人が気が付いで、どこかで変わることだけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/13 22:22
自宅で育児や介護をする人たち
両方本当に大変な仕事です。  外に稼ぎにも行かず家で遊んでいるだけだと思っている人がいたら、それは大変な間違いです。特に赤ん坊や認知器官がが上手く機能しない人のお世話をする人たちは、四六時中、側についていないとなりません。買い物も散髪もほかの外出もしにくいです。誰かが変わってくれたり、交代で出来るならまだ楽ですが、誰にも頼れない場合、閉塞感をかなり超えたしんどさがあります。    収入につながらない、このような仕事に対して、当事者以外はとても冷淡です。 子どもについてはある程度自分たち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/13 00:20
『悪魔の手紙』
 英語の授業でこの本の講読をしています。  イギリス人のルイスの作品です。  新米悪魔が受け持つキリスト教に改宗した「患者」を再び悪魔の道に誘い込むノウハウを叔父の大先輩の悪魔が指南する内容です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/12 22:13
目前の現実をありのままに受け止める勇気
 人間は老いや病からは逃れる事は出来ません。  加齢か生活習慣か過去世も含めた本人の生き方か何が原因かは解明されていませんが 「認知症」と一般に言われている生活に支障が起きる症状があります。  ただこの言葉は文字通りに考えると認知できる症状ということで何となく変な言葉です。 「認知不能症」という言い方は差別につながると考えるのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/12 08:30
簡単にできていると感じるようなことも実は多くの複雑な御縁で成り立っている 
水一杯飲むのにも、洋服を着られるのにも、雨露しのげる家に住めるのもたくさんの人のお蔭で出来ていることを忘れてしまいがちです。  蛇口をひねればきれいな水が出て、糸をつむいで布にして縫製しなくても既製品が売っていて、大工さんが建てた家に住んでいる私たち現代人は何でも当たり前になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/07 23:29
百年も 真理知らずに 生きるより 真理知って 一日生きよ
 自分の力は何一つ間に合わず、何の苦労もなしに救われてしまったことを涙ながらによろこんでいますと言われる方があります。  本当にその通りなのです。私たち人間の力は一切間に合いません。  全て御仏がお膳立てしてくださり、御恩報謝のお念仏を称えたりする心まで賜ったら、どうして御恩返しせずいられましょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/07 00:30
真理に向かい今を生きたら威張ってなどいられない!
 どうしても他人に対して威張り、権力を楽しむ人の気持ちが分かりません。  こんな言い方をしたら失礼な奴と思われるかもしれませんが、たかが人間ごときと五十歩百歩の競争をしてどうなるのか、自分と大して変わらない対象に対して威張って何になる。過去の栄光を振りかざしても、それが今通じるかどうかは分かりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/01 11:46
大声を上げたり暴力を振るって脅かし従わせるのって楽しい?
 ずっと昔から戦争などの武力や力ずくの争いはありました。 それも 必ず何らかの正当性の根拠が掲げられて。  勝った側は領地や人民を奪い、年貢や特産物を納めさせ、自分の財産を増やす資産として取り入れました。    そんな戦争で、何もしていないのに脅かされ、その上、財産を没収され、強姦されるなどされた人たちの恨みは子孫まで残り、仕返しの繰り返しで闘争は続き、収まることはありませんし、平和も来ません。   戦争と家庭内の暴力は許されます。敵国の国民を殺せば殺すほど褒められます。妻子が稼... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/31 22:17
カルメンや美禰子のような魅惑の女なんてそこらにいません
 女性から熱い眼差しで見つめられたと感じたとき、男性はよーく胸に手を当てて考えてみてください。  見ず知らずの麗しい女性にそんな風に見つめられる超美形な自分なのかを。    ちなみに現実はとても綺麗で身持ちのいい教養溢れる女性たちは、男性に熱い視線を向けるような下品なことは決していたしません。  そしてまた逆も真なりで、そこらへんに滅多にいないような華のある粋で知的な男性も知らない女性に色目を使うことは皆無です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/29 20:59
「理論と実証について」
 理論がしっかりしていても中身が存在しているか確かめられないのでは何もなりません。体験はあってもそれが、全ての人に当てはまるかが理論的に証明されないと人が信用しません。そして理論が難しすぎて分からないとまた信じられません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/20 08:46
ご両親やお連れ合いのお世話をされている方々の息抜き
 寝たきりや痴呆の家族を自宅で介護されている方々のお話を聞かせていただくと、とても辛抱強く忍耐されていることに驚かされ敬意を感じずにいられません。  病人は我儘になり、特権意識を持ち、痴呆になると本性が丸出しになります。  これは仕方ないことなのでしょうが、そういう家族を持つ人たちは休暇も取れず、四六時中不機嫌な家族の相手を強いられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/18 22:28
全てが順調・予定通り
人間にとって避けられない、病、老化、死の問題に直面すると、なんで自分ばかりがと当惑して怒りを家族や周りの人にぶつける人もいます。全然悪いことなんてしていないのにこんな苦しい病にかかるのだろうかと病人は嘆きます。    老化は誰にでもやってきますし、生前に決めてきて予定通り病気になり、死が迫っているのに、それが遠いうちは何も考えません。すべて順調に淡々とことが起こっているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/16 20:59
余程のことがない限り尊敬の念を持って私は人に接します
妬んだり僻んだり羨ましいということがないせいでしょうか。  他人が羨やましい気持ちを持つ人は、反面相手を恐れる気持ちがあるので、攻撃したり失礼な態度をとるようだということもわかってきました。    オーラが茶色とか、めんどくさいという言葉を発することがない人には私はいつも尊敬の念を持って対応するように心がけています。  とにかく、初めににっこりそして穏やかに、その人がそのとき私に出合ってよかたっと思ってくれるように、佳い言葉、元気が出たり、人格を尊重し尊敬するような態度をとります。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/10 23:42
仕事や勉強でめんどくさいっていう人は相手にしてはいけません
お金をもらっている仕事、反対にお金を払って学校に行ってしている勉強に対して、めんどくさいという人たちの気持ちが全く分かりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/08 21:27
自分にないものを羨ましがるのは卑しいこと
常に今ある今の状態を感謝して生きていくことが大事です。  人を羨ましがることは卑しいことです。  このように幼少の頃、おばあちゃんがほかの誰かの言動に対して言いました。  そうか、人を羨ましがることは真摯な生き方ではないのだと「卑しい」という言葉で納得しました。 もともと、命の短くて、病気になり、老化する人間に対して羨ましいという感覚を持っていなかったのですが、「卑しい」のは潔くないので、そういう人は避けようと決意しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/07 20:57
人生を気楽に生きる8つの方法
 昨日は大阪の某所で、とある方の講演を聞いて来ました。  その中で、どうせなら人生気楽に得した気分で生きましょうと言われていました。   その8つの方法を教えてくれていたので、みなさまにもご紹介します。私も常日頃意識はしませんが、この8つのような生き方をしておりますが、言葉に出すとより分かりやすいと感じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/04 09:09
あなたもわたしもそのままでいい
あなたはあなたの好きなように生きたらいいし   そして、私は私の好きなように生きるから   もしあなたが本当に困って、助けて欲しいって言ってきたなら何か役に立てること言えるかもしれないし、それが役に立たないかもしれない。   でも、困っているように見えてもアクセスがなければ、あなたが大人なら放っておくでしょう。なぜならあなたは学んでいるのだから。その学びを私は邪魔できないし、したくないから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/03 23:54
どうか回復してください。御仏のご加護がありますように!
 ここ数日、信じられない辛いことが重なり、とてもつらい時間を過ごしました。  それと同時にたくさんの方々に励ましのお言葉を頂戴し、ありがたく感謝し、御礼申し上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/02 21:53
他人を変えて直す必要はありません。嫌なら離れたらいいだけです
人を変える必要はありません。直さなくてもいいです。  そこまでして付き合うことはありません。  気持ちのいい人と、気分良く過ごしたらいいだけです。  我慢は美徳ではありません。  しなくて位我慢もたくさんあります。  無理して付き合わなくていい人もたくさんいます。  感謝いていること  いろいろ楽しくないことも私にもありますが、それはそれで後で振り返ると学びとなっていることがほとんどです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/02 07:25
お互いさま もちつもたれつ give and take
日本語にも英語にも、人間は決して一人では生きられず、共に生きるものなのだという意味合いの言葉があります。  友だちは選べます。  相手が嫌になったら、連絡を取らないでそのままにもなれます。  失礼なことをわざとされたら、悲しいですが、そういうことなのかと察して二度と関わらなくてもいいです。  ソフトランディングでもいいですが、ハッキリ、あなたとは関わりたくないということもできます。友だち関係には、責任はありませんから。  ただ、借りたものなどは返した方がいいでしょう。信義に悖ります... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/01 05:35
拙稿で元気が出る方が一人でもあるなら励みになります
 少し前、いたずらメールかと思って、いさめる返事をお出しした方から、お詫びのお返事を頂戴いたしました。  投稿にも迷惑メールに対する憤りの内容を書いてしまいましたが、よほどのことだと心配してくださった方にはお詫び申し上げます。誤解も解けてもそのままにしておくのも心苦しいので削除させていただきました。    雨降って地固まるというのはこういうことかもしれません。その方が本心から投稿文の行間まで読み取ってくださり、かえって私の励みになりました。その方には申し訳なかったと反省しております。ますま... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/30 19:58
昨年の10月の福山の薔薇の小旅行
 ホテルやバスを予約して、三宮まで阪急で行きました。  連れ合いや娘には一言も言わず、ホテルのホームページのコピーだけ机の上に置いて。  バスから夕方連れ合いにメールをすると、リフレッシュできるまで楽しんでおいでと返事がきました。  中学受験なのに全然勉強しない娘に腹を立て、頭の線が切れそうだったので、息抜きに出かけました。薔薇を見、美味しいものを食べ、温泉に行き、6日間の予定を台風の関係で一日早く帰ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/30 19:47
自分の人生に責任を持つ
 一人一人が自分の使命を全うする自覚を持ち、今この瞬間を精一杯、他人のせいにせず物事を遂行していったら、争いも起こらずみんなが光の中で笑って生きていけるのでしょうが。  自分じゃない人のために生きてたり、誰かの言いなりさせられたり、過去や未来にこだわったりする人ばかりで、そして、そんな人たちはそのことにきがついていなくて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/29 19:40
術後、更なる活躍を期して養生中のmate(相棒・法友)にこの詩を贈ります
 今生で近くにいたのに、中々出合えなかった真友であり、法友であり、先生でもあるあなたに、この詩を贈ります。  今回は夫婦ではなく、メイトとしての立場で巡り合いましたが、同じ使命を心のどこかにひっかけて、阿弥陀さまとぼちぼち気楽に一緒に歩いていきましょう。 感謝していること  お互いが出合えたことは、苦しかった過去から解き放たれること、新しい形で使命を全うする機縁を、かの仏さまがプレゼントしてくれたのだと有難く感謝しております。  先生、やっと、人生の醍醐味を謳歌するスタートラインに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/27 12:01
ナターシャからの質問Bどうして私を賢い(スマート)と思うの?
 にこやかでおどけたりする子どものようなところもありましたが、ナターシャはしっかりとしたスマートでクレバーな子でした。  ちょっとしたことでも、すぐ気が付いて、手伝おうとしてくれました。  自転車を出すとき、何時も子どもの分や私のも出すのを手伝ってくれました。  日本語を覚える面白い歌を高い声で子どもように歌ってくれたり、英語や日本語が通じなくて、仕方のないことは大丈夫と言ったりしました。  スクラップブックのレイアウトなどもバランスやセンスが良かったです。  会話や質問も考えさせられ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/26 21:59
ナターシャからの質問Aなぜ日本のシングルマザーの多くは生活が大変なの?
 「オーストラリアではシングルマザーには手厚い保護があるから、そんなに暮らしに困っているという感じはしないけど、日本はなぜそうしないの?」  こう聞かれましたので、日本は大企業の保護や軍事費にお金をかけていて、福祉予算はどんどん削られていると話しましたが、納得してもらえませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/25 23:47
ナターシャからの質問@なぜ日本ではアナと雪の女王が人気があるの?
 昨日ナターシャを娘と学校に送りました。そして、最寄の駅から京都駅から次の観光地の広島へ行くのに途中の駅まで同行しました。  彼女のお母さんと話をしながら、今度は娘が世話になるのでいろいろお願いしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/25 19:21
人間力を養うホームステイ
 祖父母や親せきの家に一人で泊まるのもなかなか大変なのに、ましてや全く知らないそれも外国の家庭で1週間でも過ごすことは大変なことだと感じます。  小学生の3,4年の時、伯父夫婦の家に一人で2,3日泊った経験がありますが、何をするにも一々気を遣い、洗濯物は全部袋に入れて、家に持って帰った記憶があります。  伯母が気を回して、洗濯物を出すようにとか、必要な食べ物や飲み物を持ってくるような気配りをそんなにしない大雑把な人だったので戸惑いました。    東北の震災の後の春休みの1週間、当時小学校... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/22 06:38
サンデル教授の白熱教室
 時代は対話だ!  21世紀は今までのような講義形式の学びから、対話でお互いの理解を深めていく形に変わっていく気がします。  講義で一方的に話すのは教える側にとっては楽ですが、聞いている人たちはそれを十分に消化しきれないことがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/17 15:45
おばあちゃんの命日
 おばあちゃんは1999年の9月16日の未明に心不全でお浄土に還りました。 「私があの世に行ってもお母さんの事はお浄土から見護っているから。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/16 14:33
帰国のご報告
みなさま ごきげんよう お蔭様で、昨日、昼過ぎに英国より戻りました。帰って来ると、準備期間が長かったのに比べて、あっという間の出来事でした。  ヨーロッパの真宗会議は龍宮城に行ったような感じでありました。  「グループの良心」と以前より心より尊敬させていただいている先生ともう一人この先ずっとの法友となった先生と私の3人の「珍道中」のお話を少しずつご報告させていただきます。 感謝していること  しもべとどれいとひめという感じだとお二人からことあるごとにからかわれるような、初参加の私を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/08 09:22
阿弥陀如来のお導き(ご招待)で英国での魂の同窓会へ」
 みなさま、ごきげんよう。  いよいよ明日からイギリスです。  先生や家族を始めたくさんの方々の励ましや協力で渡英が叶いました。  目には見えませんが、全てが阿弥陀仏の思し召しと自覚して、現地でたくさんの方々と交流して学んで元気に帰ってきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/27 08:32
金婚式まで一緒に元気でいられる夫婦の条件とは
 公文の先生ご夫妻が今年の秋に金婚式で町内で表彰されると聞きました。  お連れ合いの御主人は町内のお世話役で会合には毎年行かれているようですが、今年は表彰も記念品の座布団(なぜか1枚)も要らないので、ご辞退の旨、先生から伝えて欲しいと言われているようです。人のことならいいのですが、いざ自分の番になるとどうも恥ずかしさが先に立つのか遠慮深いのかその心中が私にはよく分かりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/26 23:43
何で8回もイギリスに行くんだろう
明後日28日から9月7日までイギリスに行ってきます。2日間ロンドン観光で、後はサウサンプトンの会議です。 今回はともかく、これまでは知人友人がいるわけでもなく、仕事でもなく20代後半から4年に1度くらいイギリスに行っている感じです。  毎回、ナショナルギャラリーやテート美術館そして大英博物館などで足を棒にしています。バスはよく分からないから地下鉄の一日券を買い、深く長いエスカレーターで移動しています。  娘が1歳半の時、家族3人でイギリス一周、そして2歳の誕生祝にイギリス・フランス美術... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/26 22:39
愛・恋・色について〜杉浦日向子さんの解釈〜
 江戸研究家の杉浦日向子さんは『うつくしく、やさしく、おろかなり』の中で次のように書いています。  (愛・恋・色を)「ランク付けすれば、愛は、他人に横取りされるぐらいなら、壊してしまうタイプで、男女間に置き換えれば最低。恋は、発展途上。生殖が完了すると急速にさめてしまうので要注意。色は、人情の機微を知ってこそ楽しめる、卒業のない生涯学習といえる」(p38〜39) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/24 19:12
嫌いな人は自分とは別の世界の人と見なし無理に好きにならなくてもいい
 どうしてその人を好きになれないかというと、相手が私のことをどうでもいいと思っていると気が付きました。  好きの反対は嫌いではなく無関心なのです。これが一番始末に悪いです。  その人にとって私はどうでもいい人なので、嫌なことを平気で言ったり、気まぐれや些細なことでドタキャンしたり、貴重な私の時間を浪費させても後悔の念に駆られることもありません。悪いことをしたと改心して、以後二度とそのようなことはしないと誓うこともしません。その人が自分のしていることにきがつき、言動を変えようと決意しない限り、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/24 07:29
自由度が広がる生き方〜自分の出来ることは自分でする〜
 自分で自分の機嫌を取ることを書きましたが、ほかにも生活全般で心身を支えることは人を当てにしないで自分ですることが自由度を拡大します。    誰かや何かがしてくれることを待つ受け身の人生は他人や運まかせです。  そんなあてにならないものに対して口を開けて待っていても、牡丹餅はなかなかするっと入ってくれはしません。  牡丹餅が食べたかったら、作るなり買ってくるなりした方が早く楽しめます。人生短いので待っている間に死んでしまったら、食べない内に人生が終わります。  これは牡丹餅に限ったこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/23 22:10
ご機嫌よう〜他人に機嫌を取らせない〜
人と逢ったら、英語では“How are you”とい言いますが、同様の意味かしらと思っていましたが、そうでもないようです。  相手に対して、「ご機嫌がよろしくて嬉しいですとか、ご機嫌がよろしくないなら、今からよくなるようにいたしましょう」 そして、別れる時は「次回逢う時までご機嫌が麗しくいらっしゃることを願います」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/23 12:36
その願いは必ず叶うよと真剣に聞いて励ましてくれる人に表明すること
 口に出したこと、文章で発表したこと、誰かに言ったことは何らかの形で自分に帰ってきます。だから、出来るだけ表に出すと叶いやすいです。思いついた時、自分の手帳にもう叶った過去形で、感謝の言葉を添えて書いておくことにしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/20 21:41
つながり〜コミュニティピース創りから統合・融合へ〜
 最近「コミュニティ」が重要だときがついた記事を書いています。   そこで、みなさんにお願いがあります。  みなさんお一人お一人が、ご自身の身の回りの友だちや離れていてもフェイスブックなどの実名でやり取りがあり存在が確かなお友だちと「コミュニティのピース」を創りませんか。  代表者は要りません。誰もが必要がある時にこういうことが出来ますとか、助けがいりますというような互助組織をネット上でしていきませんか。    ご自身のお仕事やお商売を特別価格で請け負うというのでもいいし、拝聴や勉強や... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/20 10:16
解決策のない問題の指摘は恐怖を煽るだけだから・・・・・・
 デマやありもしない噂がこの世の中にはたくさんあります。  都市伝説とか陰謀説とか言われて、善良な市民の恐怖を煽ります。  子どもの頃に1999年までに地球が滅亡すると言われていましたが、とても住みにくくはなりましたが、いまだに世界も日本も存在します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/20 01:46
奥深く度量の広い人でいるために
 上品さを最近考えていますと、その反対が表面的な浅く狭い範囲でしか物事を捉えられないことなのかもと思い至りました。  物事には何らかの法則や因果応報があるのに、何か起こるたびに大声を上げて泣いたり叫んだりよろこんだり悲しんだりするのはいかがなもので、下品でさえあるような気がします。    真理との邂逅を果たしてからは益々、自分の身に降りかかることは因果応報かもしくは御仏の善巧方便と捉えて、やってくることに身をまかせてお浄土への道を御仏と歩ませていただいております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/19 18:23
江戸・明治の真宗の女性たちの研究
 現在、修士論文の為に、江戸から明治の真宗の一般の女性たちのことについて調べています。  なぜ真宗なのかというと、第一に私が阿弥陀仏のご本願を賜った仏弟子であるからですが、それ以上にこの真宗の阿弥陀仏の願いと女性たちの活躍が世界平和の鍵になると感じたからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/18 10:14
厳しく辛い出来事や環境を生かせる柔軟な心
人生は面白おかしく笑って過ごせる時間ばかりではありません。  それは人間には生老病死があるからです。  人は生まれたからには老いや病で死んでいきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/17 21:01
上品さが漂う文章・生き方
 今まで気が付きませんでしたが、何と言っても、文章では日本の古典の源氏物語や伊勢物語。 これらは和歌を中心に据えて、物語が展開します。和歌の解釈は読者まかせで、細かいところくどくど書きませんが、想像にまかせますというのが洗練されて上品だと感じられます。筆者の考え、感想などは出来たら書かず、淡々と事実や短歌などを書き進めていくことが、読者の想像力を高め、深めていくことなのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/17 13:30
「私にはできない、いろいろな人がいるという即答(付き合う人は選びましょう)」
こういう人ことを言う人たちは高慢かつ自信過剰、さらに相手を尊敬していないどころか見下している場合が多いです。    出来るかできないかはやってみないと分かりません。やらない内から即座に出来ないというのはやる気が全くないのだと気が付きました。  つまり、相手の言うことを初めから聞き入れず、はじき、あなたの言うことなど取るに足らないことだと言っているのです。  そして、いろいろな人がいるからというのは、あなたの言い分はその色々な人の一人である私には通用しませんよという断りの文句だったので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/16 23:51
有資格者は余るほどありますが給与等の待遇面で有能な人は保育士にはなりません
子どもが好きで保育士・幼稚園の教員資格を持つ女性はたくさんいます。  それでもほかの仕事に就いたり、妊娠出産を機に自分の子どもだけを育てたりしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/11 11:58
誰かと連れ添う日本文学などの形
  伊勢物語の筒井筒では幼馴染として成長した男女がやがて結婚しますが、男に別の女が出来ます。女はそれを責めるわけでも詰る訳でもなく男を送り出します。男は別の女のところに行くふりをして元の女の様子を伺うと、綺麗に化粧をして、別の女の元へ通う男が無事に戻ってくるのを願う歌を詠んでいます。  男はそれを見て改心し、新しい女の所にはいかなくなったということです。 新しい女は慣れてくると日常の所作も気を許したものとなり幻滅します。女が自分を待っているとの歌を詠んできても、もう通わずにいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/05 07:30
熱烈な愛情が消えた結婚3年後くらいから本当の家族が始まる
熱しやすく冷めやすいのが人間の性かもしれません。  特に男女の間柄はそんなものでしょう。  寝ても醒めても相手のことを想い続けられる時はそう長く続きません。    結婚して家庭を持つことは同居して相互扶助を行う契約だということをよく考えないで、熱に浮かされて、勢いで一緒になって失敗する人が昔より増えているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/31 19:36
英語だけができないと思っていたら、日本語表現にも問題ありの私
大学のレポートや卒業論文のときは、さほど気にしなかった文章力も、大学院のレポートではさすがに高いレベルを要求されます。  英語の訳も直訳ではなく、文法的にも正しく、訳もこなれていなくてはならないという高度な内容でついていくのがやっとで、短い睡眠時間で何とか終えることができました。この調子で、続けないとまた元に戻ってしまいそうで怖いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/30 23:22
先生が生活の糧だけで生徒を教えるのはもったいないと思います
先生は毎年のように新しい生徒を受け入れ、卒業させて、自分も定年になりやがて学校を去ります。  定年までの一瞬一瞬を生徒に自分の真摯さや誠意を見せないと後で後悔するでしょう。  いい加減に過ごすことは生徒だけでなく、自分にとっても佳くないことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/29 09:59
欧州の集まりについて
今回の英語のメールの添削のやり取りで、英語ばかりでなく、日本語も拙く自分の気持ちが表現できていないことも知らされました。  たくさん言うより、短い言葉で言わなくてはならないことがたくさんありました。  夢ではなく強い意志で参加することだったり、ダダそこに参加するのではなく、阿弥陀仏を通しての心の交流を持ちたいとか、お邪魔かもしれませんが会場準備のお手伝いしたいとか、所属はなくても仏教を学んでいて、日本では人にもお話ししているとか  先生の方が私の気持ちを汲んでくださり、誤解のないように... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/27 10:41
結婚と愛と恋と色
 子孫繁栄やまたは子はなくても、家庭という城を共同で生涯にわたって営む決意が出来た人のための物が結婚なのかもしれません。  一時の気まぐれの恋や愛と言う名の執着や性的欲求の色が目的なら、何か少しでも障害があると離婚するので、結婚には向かないでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/26 22:26
何でもハッキリさせることは奥ゆかしくないばかりか息苦しいのでは
  大学の法学部で55人の中で女子が5人という環境に身を置いてから、その状態がとても心地よく私には合っているように感じました。  争うことはしたくないし、譲れるのなら譲って自分は後回しでも構わないとずっと思ってきた私には、自己主張する女子たちが苦手でした。  学生時代、周りの男子は権力欲に取りつかれた一部の人を除いて、「どうぞ」と人に譲ってくれる人が多く、その中では私も同じように譲り合い、そんなに剥き出しのきつさを感じないでいられました。  おそらく女子校に行っていたら、居場所もなく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/26 07:35
佳い親子関係は両者が大人になった時に初めて成り立つ
 今日、母と娘の確執は根深いように言われています。  親といっても子育ての新米だし、おばあちゃんのように世間にもまれていなくて苦労知らずで、読書で人情や人生の機微を学んだわけでもなく、ましてや宗教心のない母なのだから、仕方のないことだと、いろいろ気が付くことがあっても何も言わず、黙っている子供時代を過ごした私でした。  身の回りのことをしてくれているだけで感謝し、それ以上は何も母には望みませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/23 21:28
ステイタスについて
 英語のコミュニケーションの授業で10項目の職業の中でステイタスの高いものと低いものを発表しましたところ、若い学生の女子の多くが主婦を最低のステイタスに上げていたことがとても悲しくなりました。最高は何と首相です! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/22 11:17
長と名のつく人以上の人材は集まりません
 人はお金の為に生きているのではありません。  自分の人生から問われたことを成し遂げるために生きています。  だから、自分の所属する団体の責任者が無能な人物と見なしたら、さっさと見切りを付けます。  有能な人ほど素早く行動します。    それが証拠に、日本を見限って海外に逃げる人が出始めています。  同様に、会社でも、大学でもそこで働く人がほかでも十分やっていけるなら、自分の人生から問われていることができやすいところにさっさと移動します。  人生から問いかけられている使命は、仲良し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/20 08:35
翻訳の授業終了
市民大学で受講しておりました講座が昨日終了しました。  先生は10歳ほどお姉さんで感じの良い方でした。  翻訳の大変さや楽しさの導入部分もたくさん教えていただきました。    最後にこうおっしゃいました。  「私も初めは誤訳ばかりしていました。皆さんもとにかく止めずに続けてください。続けていると『あは〜』ということが起こるようになります。これが頻繁に出てくるようになると楽しくなります。今でも私もありますし、おそらくこれからも出てくるでしょう。翻訳もほかのことも一生勉強... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/18 20:13
無理をして手に入れたものは何かしら問題を起こす
本当に相応しいものはすんなり自分の手元に転がり込んできます。  それが自分が人生から問いかけられたことをすることに必要なら、無理をしなくても向こうからやってきます。    戦争や暴力で他人から何かを無理やり奪うと、そのひずみを元に戻そうとする力が働きます。嫌がることを力で強いてはいけません。  人の生命・財産や思いは誰かから無理やり奪われる種類のものではありません。  嫌がっている人たちに、爆弾や暴力で脅かして自分の利益を測り、言うことを聞かせても恨みを買うだけで楽しくありません。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/16 07:04
キップリングの詩
昨日、大学院の集中講義でキップリングの詩を学びました。  調べてみると彼は幼少の頃から様々な経験をしてきたようです。  だからこそ、その作品に力強さがあるのでしょう。  何となく分かる気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/15 14:36
親しい人が病死しても自死しても自分を責めることはありません
 死んでしまった人がどんなに悔やんでも生き返らないという明白な理由が厳存するばかりではありません。  おそらく亡くなった人がよろこばないからです。  生前に親しくあなたを大切に思っていた人なら、一番にあなたが真摯に明るくたくましい人生を送って欲しいと願うでしょう。私がいま死に臨んでもそう思います。思い出してくれるのは嬉しいですが、それで自分を責め悲しい思いをさせるなら残念です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/12 10:40
柔軟な心の人は健康でいられます
 何か勧められたり、差し上げましょうと仕事以外で単に親切で言われた時どんな反応をしますか?  その提案を受け入れるかどうかは別として、おそらく、初めに出て来る言葉は「有難うございます」でしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/11 22:43
毎日蒸し暑いですが、心穏やかにいましょう
周りがどうでも自身の心の中が明るいとあまり関係ないことはありませんか?  もうすぐ子どもや孫が生まれるとか、ずっと行きたかったところに旅行する日が迫っているとか、逢いたかった人に出遇えるとかいろいろなことで心が浮き立ちます。    涼しげな色のインテリアを取り入れるとか、写真や絵を飾るとかいろいろ試して、涼しげにして過ごしましょう。  誰かを勇気付けるような言動をしたり、優しい顔で笑ったり、幸せを念じたりもしましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/08 21:58
不思議です。どうして周りの方々から御仏のような智慧と慈悲を賜れるのか
 我儘放題で好き勝手をして娑婆遊びを楽しんでいる私ですが、たまに軋轢もありますが、それ以上に周りの方々がそれをフォローしてくださいます。    おなかに貯めて置けない質なので、こんなことがあり困っているとか、悩んでいるとかそれで苦しいと口にすると、「まあ、まあ」とみなさん、慰めてくださいます。  不愉快なことがあっても、内心は仕方ないいう思いもあり、相手の立場も分かるので、私とてぐうの音も出ないほど、徹底的にその対象に何かするつもりのないこともみなさん分かってくださっていて、言葉少なに「そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/06 00:28
もののあはれや情けは無常観や罪悪観と関連するかも
 人や物は必ず儚くなり消滅します。 他の命を奪って食物を体内に入れなければ、殺生を繰り返す罪を犯さないと生きられないので、お互い感謝し合い情けを掛け合い生きています。 これは仏教の無常観と罪悪感を示しているのではないかと感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/04 22:58
The best lecture 今までに経験したことのないような大学院の講義
 最近「命がけの講義」を受講させていただきました。  テレビなどでご覧になった方も多いことでしょうが、現在、関西大学の博物館で角倉素庵と俵屋宗達の展示会が開催されています。同時開催でフギュアスケートの選手の衣装やメダルなどを展示していまので、興味のある方はお越しください。  その企画を現在の大学院の先生が任されていて、私たち大学院生の為に課外授業をしてくださいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/04 06:44
言った強者は忘れても、言われた弱者はずっと忘れないこと
 同等の立場なら、言い返せもしますが、力の弱い少数の勢力で見方も少なかったら、悲しそうに笑って黙っているしかないことを私は何度も見てきました。  そして、言って、相手を無意識にせよ虐めた方は何とも思わず忘れますが、言われた方はいじめられたとしてずっと忘れず、恨みも消えません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/29 22:10
“The place without wisdom does not have love”
 「人が人をにくむのはその相手を知らないからだ。人が人を知ればにくむことはできなくなる」  “The reason why a person hates people is that they do not know the partner. If a person knows a person they cannot hate others.  これは大和和紀さんの『菩提樹』という漫画の第1巻の中の主人公が慕う医師である早坂先生が言っていた言葉です。 These are the wo... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/22 10:15
ほたるとわたし
昨日は友人の住んでいる兵庫県の多可町に蛍を見に行きました。   日頃から、娘の入学祝などいろいろお心遣いを頂戴しています。   連れ合いと、娘と私、家族三人で車で出かけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/22 10:09
今こそ私らしいのスタイルが確立できる
 化繊の服やストッキングは静電気が起き、背中などに湿疹ができるので着るのを止めました。  化学調味料は舌がピリピリするので食べません。  食品の保存料も着色料も避けています。  ヒールの高い靴も足首を捻挫するなど様々な足への負担があるので履きません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/19 02:05
これでどうでしょう?(宇宙との一体化)
 宇宙全体が私の中に存在し、宇宙の中に私が存在する  光明が私の中に存在し、光明の中に私が存在する  宇宙全体が一つのエネルギーの塊であり、皆がつながっている  そこにはもちろん自我もなく、無であり、空であるけれど  同時に全てでもある ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/17 20:01
世間的な問題点だけを挙げるのは片手落ち
 人に恐怖を感じさせるだけでなく、救いまで書けないのなら、ただの脅しにしかならず多くの人たちに不快感を与えるだけになってしまいます。    死の恐怖が消えた人は、真理と共に生きるのでだんだん、基準が真理になりますし、煩悩の酔いからどんどん醒めますので、ほかの人間と争って戦争など馬鹿なことは考えなくなります。  そもそも人間の顔色をうかがう必要がなくなります。  まあいいかと譲る気持ちも出てきますし、人間に対する恐れがないので、言うべき時にはびしっと言えます。  真理に従って生きるという... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/14 10:19
所詮、死の恐怖の怯えや劣等感で威張ると見抜けば、誰も怖くなんてない!
 あのね、やれ戦争が怖い、何とか資本の金融支配を避けたい、放射能汚染がどうのこうのと薀蓄を言っている人がいるでしょ?  でもね、結局死にたくなくて、死が恐ろしくて、その恐怖を払拭出来ない劣等感から怯えているのを誤魔化すために威勢を張るだけ  それと権力やお金を持っていることへの羨望が自分にあることがわかっていないことが多いです。羨ましいから気になって言及する。  もう一つ、今、仕事も家庭も全てが上手く回っていたら、たまには社会問題も書くかもしれないけど、周りの人にお世話になっていること... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/13 23:24
男性たちは本当は女性たち褒めて欲しくてわざとやんちゃするお子ちゃまなのかも?
 父、弟、連れ合い、男友達、仕事関係、そして学校の男の先生たちもその多くは朗らかで、随分楽しい思いをさせてもらいました。  共通するところがありました。  「弱っちい」んです。それと弱いがゆえにいつも肯定され褒めて欲しいんです。  弱くて、忍耐とか、芯の強さがなく、壮絶な追い込みとか徹底的な攻撃とかは出来ないんです。ひとかどの男性たちはこの弱さを熟知していて、謙虚ですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/13 07:00
対面でも電話でもメールでも友だちと一緒は楽しい!
気の合う人とご一緒しているときは、何て心が和み嬉しいのだろうと感じます。  理由もなくよろこべるそんな小さな嬉しさを毎日積み重ねています。  お付き合いしてくださる方に有難く感謝しております。一人では楽しめませんので・・・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/12 21:19
他人を変えようとはせず、自分が人生から問われていることを粛々と遂行
 生きる境涯の違う人と今生で、生きている間中話したとしても、全て分かり合えることは難しいです。全てどころか0.1%くらいでも分かり合えたらましなほうかもしれません。それほど、住む世界の違う人と理解しあうことは困難なことなんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/11 18:19
ジャストタイムで人はお互いに引き寄せ合う
 昨日は携帯が電池切れで、合いたい人と合えないでいました。  ところが、ある授業が休校になり図書館に行くとその人とばったり逢えました。  その用事が済むと、お話したいことがあった先生と事務室の前で出合えました。    帰り際に帽子をどこかにおいてきたので探していると、通信の時のお友だちと、また図書館にその人がいました。  スピリッチュアの能力を持っている人で、この3か月以内にきっといい事があるよと教えてくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/10 07:02
義務教育・皆保険・生活保護でストリートチルドレンがいないのなら・・・・・・
子どもが幼稚園の時行ったバリ島で、日本なら小学生のはずの10歳くらいの男の子が夕日で有名な観光地タナロットでポストガードを売っていました。  娘は「あの子は学校に行かないの?」と私に尋ねました。  「この国では親が病気だったりすると、代わりに働かなくちゃいけなくて、学校に行けないのかもしれないね」と答えると  「じゃあ、大人になったら、貧しい人をタダで治すお医者さんになるね」と言っていました。    最近、サッカーのワールドカップが行われるブラジルで、おそらく警察によって、子どもた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/08 17:29
ある人の現在の姿は生きた結果であり、やがて生きてきたような臨終を迎える
過去の積み重ねが現在の姿、そうやって生きてきた通りの臨終を迎えます。  過食をして無駄に太り、怠惰で貧しくしているまま、周りを恨み憎み文句を言いながらの臨終もあり。  節制に努め、多くの時間を人のために汗を流し、周囲を光で満たし大事にされ、自身も感謝して次の生に旅立っていく未来もあり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/07 02:17
今を生きる。後で出来ることもたくさんあるから
  今までの人生を振り返ると、真理を求めること以外は、そんなに無理してがむしゃらになった記憶がありません。仕事や勉強も絶対手を抜かないだけで、体を壊してまではしてきませんでした。     頼まれたことで出来そう、役に立てそうなことは引き受けてきましたし、何でも経験と思ってご縁を求めました。  大抵私の為によかれと言う申し出だったり、お誘いだったりしたので後悔はありません。合わないときは自然と立ち消えていましたし。あまり覚えていません。  昔からずっとですが、プライドだけ高くて中身のない人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/04 22:37
女性たちへのエールの本を出版します
 「私はあなた方のバトンは絶対受け取らない!」とフェミニストたちに数年前にこう宣言しました。  どうしてか分からないけれど、「バトンを受け取ってください」と大学の図書館にあったビデオの中の言葉に反応して、周りを気にせず、そう大声で叫んでいました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/03 22:17
責任を持つ経験を若い時にする
長子で生まれる、班長や学級委員になる、クラブの部長、プレゼンテーションのまとめ役何でもいいですが、自分が責任を持って取り組む経験を幼少の頃からするのとしないのでは、その先の人生、特に仕事に対する取り組みで大変な違いを生むことに気が付きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/01 19:37
お金が介在する仕事関係の方がずっと楽!
 最近感じます。  大学時代が何であんなに楽しかったのだろうかと  そして、初めて出た学部の同窓会でも同じように感じてもいたのは  きっと、同じような志や入試の時の学力の人たちが集まっていたからかもしれないと ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/29 21:36
続けて気持ちを発信していく意味
今、私は研究者の卵として大学院生をしておりますが、資格試験に合格して自動的に入っている学会以外にはどこにも属しておりませんし、まだ大して社会的活動もしておりません。  もしも、どこかの企業なり団体に属していて管理職などに就いていたら、言いたいことが言えなくなるのかもしれません。誰かがこんなことを言っていたという引用に簡単なコメントだけを載せるのでなはく、メインの自分の意見を補強するためにデータや他の人の投稿を載せるような記事は難しいでしょう。時間がないのと立場とかの問題で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/27 20:06
本当は分かってるけど誰も言わないこと
 一目見たときから、その周りの空気が温かいか明るいか、赤ん坊は敏感に反応します。彼らの判断は、結構正しいです。私たちもその能力を磨かないとなりません。 国民の大半は原発は原子力村等の利権が絡んでいることを知っています。  為政者は戦争が好きなんじゃなくてお金が好なんです。お金の為には何でもします。 死の商人が武器を売りやすくするために、その武器を虫けらのような庶民に持たせて他国に攻めていって、同じような死んでも構わない取るに足らないと思う他国民を殺し、建物や様々なものを破壊し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/25 21:28
明日の英語の授業での発表原案
 これを明日英語で発表しようと思っています。これから英語に訳します。 「知のないところに愛はない」 「人が人をにくむのはその相手を知らないからだ。人が人を知ればにくむことはできなくなる」    これは大和和紀さんの『菩提樹』という漫画の第1巻の中の主人公が慕う医師である早坂先生が言っていた言葉です。  この漫画の中のこの言葉が気に入って、大学時代の友人で医学生だっだ今は亡き小児科医で臨床心理士だった高崎君にこの本をプレゼントしてから少し後、彼がふとこんなことを言っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/25 15:40
人と争うことは意味がありません。なぜならみんなつながっているのだから
 世の中何とかのランキングやら、スポーツの試合やら勝った負けたで一喜一憂します。  物心ついた時から、私は争いには全く興味がありません。  ただ、自分が人生から問われている何か使命のようなものを淡々とこなし、生きてきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/24 16:48
真実から、臨終を今に持ってこさせられるのです
 自分がどうしても救われたいという気持ちを起こすのではなく、起こさせられます。  何でか分からないのですが、そういう時が必ず来ます。  今救われる。  今でないと。  ぐずぐずしてはいられない、どうしても今! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/22 21:30
どういう人をもうすぐ真実に値えると感じているか
 真理を求めていると口にして私に尋ねてこられた方  信心を賜る過程やその後の記事が何となく分かり、共感されている方  真理の話をありのままに聞こうとされている方  反発する部分はあっても、何となく気になって続けて聞かずにはいられない方  権威のある誰かの言うことではなく、自分の直感が信じられる方  他人のよろこびや悲しみに共感できる方  誰かから無条件の愛情をかつて受けたことがある方  「廻心」(180度)という心が真理と一体になる体験を自分は今生でできると信じる方。  前世や死... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/20 20:51
異国文化・宗教等に対する先入観と情報リテラシー
 情報リテラシーとは 【英】information literacy  情報リテラシーとは、目的に応じて情報を活用する能力のことである。 「リテラシー」とは、もともとは識字能力、読み書きできる能力を指すが、情報リテラシーは印刷された文字だけでなく、見聞やインターネットの情報といった、各種の情報源を適切に利用し、散在する情報の中から必要な情報を収集し、整理し、そして発信するための能力を指す。  情報リテラシーのうち、コンピュータやインターネットを中心としたITを活用する能力は特にコンピュ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/19 22:32
実践的な布教活動と僧侶もしくは教師として知識を講義することの違い
 目の前のこの人に御仏の願いを今、賜って欲しいと念じながら話すこと、書くこと、タイピングすることと、信心がなく、単に知識を伝えることで生計を立てることで向き合うことでは、たとえ同じことを伝えていても、その意識に大きな違いがあることにやっと私は気が付きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/19 08:05
悲しくてやり切れませんが・・・・・・
 『仏敵』(伊藤康善著)の輪読をしながら、真宗談話会ということで、信心の沙汰をしている場所に参加しています。  そこの参加者がこともあろうに、私がそこにいたら救われないと見切りをつけて去った団体にわざわざ3月から入会したと知りました。  そこでのいろいろなおかしなことをさんざん言ってきたのに、結局話を聞いてもらえなかったのでした。    主催者の先生や他の方にもお世話になりましたが、その場所はもはや私の居場所ではなくなりました。とてもとても自身の力不足を悲しく感じます。  それでも御仏... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/17 16:34
世の中お互いさまですが、少しでも与えられる身であれば慶びましょう!
 もしも、事故や病気で身体が動けなくなったとしても、痴呆が進んでも、口が利けるなら周りの人に優しい言葉を掛けましょう。口も利けなくなったならこれ以上ないくらいの明るさで微笑みましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/14 09:11
自分を大切にするということ
そんなこと言われなくても分かっていると思っている人が多いかもしれません。  本当にそうでしょうか。  時々残念な様子を人さまの上に見ることがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/12 08:56
たとえ世の中がどういった状況にあろうと自分だけが出来ることがある
自分がしたいことではなく、自分が人生から問いかけられていることに答えること、自分しかできない役割を果たすことが生きている意味です。  やりたい放題の自堕落な非生産的な人生を送る人も、その人は学んでいる途中なのでしょうし、本人たちは必死なのでしょうし仕方がありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/11 18:59
臨終からの逆算で人生を考えてみる
 自分が何をしたいかではなく、人生から何を問いかけられているかを考えて生きていくことが大切だと感じます。  自分は何が得意で、それを使って、周りの人たちのために何が出来るかを知り、実践していくことだけでいいのではと。   問いかけられている何かを遂行するためにお金が必要なら、「お金大好き」と心の奥底に落とし込んだら、日頃の生活の中で忘れていてもお金は回ってきます。無駄に使わず、目的を果たすために大切に使うことがきっとお金が好きということでしょう。  また、お金を使う時は10倍の働きを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/11 17:24
外国に行って生活しさえすれば、話せるようにはなりますが・・・・・
 外国に行けば、確かに話せるようにはなりますが、きちんとした場面、例えば学術会議や商品のプレゼンテーションや著名な方のインタビューなどの時の話かたが身に付くかといえば疑問です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/11 13:02
モラハラ・DVにも悪政にももう隷従しないと今、決意する!
 被支配・差別を終わらせるために一番大切なことです。  従わないと強く決意したら、その時から心は自由です。  皆が強く決意で来たら、一部の権力者は力的にも数的にも敵いません。  それを呼び掛けるのが、宗教家や教師の役割だと感じております。    ある黒人が白人のバスの席に座って、そこをどかなかったことを突破口として黒人の地位向上運動が進みました。  今支配され、差別されている人たちが「ノー」という事を決意し、実際口に出し、行動したらきっと住みやすい世の中になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/11 12:33
丁寧な言葉は時に護身にもなります
 言葉遣いや話しかたで「お里が知れる」というのをおばあちゃんによく言われました。  親が生まれて早々に離婚して、1歳の誕生日その日に母乳の時期が終わるまで1年の約束でしたねと言って、まるで品物を渡すように実母であるひいおばあちゃんはおばあちゃんを夫の母親である姑ひいひいおばあちゃんに託しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/11 10:45
縁のある人は真理とジャストタイムで出合えるのだから・・・・・・
30年以上前、私は予備校時代は東京の、大学時代は関西の国立・私立の大学の合格発表や入学式などで真宗の宗教団体の大学のサークルの勧誘をしていました。  その勧誘を縁にして、たくさんの学生たちが、その宗教団体に入会してある者は講師や職員に、またある者は多額の献金をするようになりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/07 21:09
心のフレームをなくしていただく
 自分はこんな人間だ  人からこう思われている  こういう思いこみは実際は違っていることが多いです。  心のフレームとも言われます。  その範囲の中で、そう定義付けられた自分を演じるだけの人生なんてもったいないです。  どうか、自分の無限の可能性を信じで、少しずつフレームを拡げませんか?   ほかのことは、いきなり外すことは自分の力では難しいですが、魂の迷いだけは御仏が一瞬で取り去ってくださいます。 ただ、「そうなんだ」と信じるだけです。それだけです。  これが一番難... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/07 08:43
死も罪も悪も迷いであり幻想ときがつくとき
人間の魂のようなものは不滅で、それが仮の姿として人間に生まれ、寿命が来るとまた別の姿に生まれ、死で消滅するものでもなく不断に続き、人間に生まれたとき縁があれば迷いを抜け出ることが出来るものである。  身体を持っているがゆえに、生きるために他の命をいただかねばならず、その上、智慧がないために互いに争い、一方、他人の目を気にして孤独を避けて生きなければならない煩悩の固まりの悲しく愛すべき存在であるけれど、真理を疑いなく信じられたら、その無力さを心底受け入れ真の安寧のもとに満足して生きるとい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/06 19:31
「無常観と罪悪感」をあぶり出して、それが無くなれば「迷界」とさよならです
  仏教で、ご縁のある人は「無常観」「罪悪感」を感じる人だと言われています。  感じない人よりは、それが苦しみの元だと分かっているので、手放しやすいのかもしれませんが、感じていない人は刹那的に生きていられるので、感じている人の方が、中途半端に辛いような気もします。  それでも、刹那的に生きている人も、そうしている内に「無常観」「罪悪感」を感じるようにシフトする前段階と捉えるなら、まだ迷界を離れる段階に近いのかもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/06 11:24
普段は追いかけたりすがったりはしないけど、死なれた時には・・・・・・
 あっさり、さっぱり、すっきりを信条として生きている私ですが、おばあちゃんと大学時代の大切な友だちが他界した時にはさすがに落ち込みました。 もっと、もっと一緒の時間を共有して笑い合いたかった。心を通わせ合いたかった。もう一緒に居られない、その人たちと同じ空間で今生過ごすことのできない寂しさに直面して、3か月くらい立ち直れませんでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/06 01:56
エネルギーのチャージについて
 そう言えば、生まれてから一度も、誰かに自分に注目して欲しくて、心身共にくっ付いて離れなかったり、まとわりついた覚えがありません。 大好きだったおばあちゃんにも、父母にも、連れ合いにも誰にも・・・・・・。 肉親にも仲の良い友だちとも、非常にアッサリした関係だった気がします。  おばあちゃんとは、他界する前に逢ったときに軽くハグしたのが最後でした。そのときは二度と逢えなくなるなんて思いもしませんでしたが・・・・・・。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/04 23:53
表現活動は自分なりの解釈を伝える翻訳なのかもしれません
 市民大学で翻訳の授業に参加しています。  大学院の授業が終わった後なのでかなり疲れていますが、楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいます。  日本語と英語のタブレットの広告の見比べ、英語で書かれた説明で折り紙を折ったり、ドラム式の洗濯機の取説を訳したり、色々な課題に取り組んでいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/02 20:44
自分の直感を信じてみる!
その人が温かい感じのする人なら、心温まる言葉やいろいろなものをくださるでしょう。  慈愛に満ちた人なら、その人と一緒に居るだけで幸せな空気を感じられます。  直感は大切です。にこやかで温かい方あれば、ご一緒させていただく機会を増やし、人生を楽しく明るくしてまいりましょう。    反対に、相いれない冷たく閉ざされた心をある人から感じたら、自分にはまだ関わることはできないけれど、何かを学ばせてくれているその人の存在に感謝して、幸せを願いつつ、距離を置くしかないこともずっと学んで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/26 09:00
「他人の意外な一面(光)を垣間見たとき」
胸がキュンとして、思わず笑みがこぼれ、心が温かくそれが半日とか1日とか続くことが最近よく起こります。  朝から晩まで、老若男女様々な方々の行動から、結構頻繁に嬉しい発見が続いています。   特に大学では、強面の先生が実は教え方がとても親切で我慢強く優しかったり、大音量のクラッシックをかけながら研究室で書き物をしていたりだったのは意外でした。  初めてお目にかかった時からニコニコされている先生は変わらずに、フレンドリーな授業で気分が明るくなります。北陸のとある県で冬、雪に閉ざ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/25 21:28
知者は優しく温かい
人間にとって一番大切なことは自らの生命を燃やし、自分も温かく周りにもその影響を与えることだと感じます。  知恵のある人は常にいろいろなことに想いが及んで優しい言葉を選び、温かいです。    赤ん坊にも知恵が備わっています。彼らは無力ではありません。大人以上の賢さや同情心などを持って生きている赤ん坊もいます。話もできず文章にも書けないので大人はそれを知らないだけです。  小さいから若いからといって人を馬鹿にしたり軽く見たりしてはならないのはこういうことからも言えます。    知者に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/24 06:44
智慧があれば怒りも正義も要らないのに・・・・・・
 智慧の反対は瞋恚でしょう。  智慧がないから人はお互いが理解できず、争い憎しみ戦います。  争うためには大義名分が必要ですから、「正義」を拵えます。  智慧に基づいたものではなく、戦うためにこじつけた無慈悲は我利我利亡者の「正義」をいくら積み重ねても、過去の歴史において人は幸せにはなれませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/23 22:04
英語も漢文も古文も避けてきたのに・・・・・・
御仏の救いを賜るだけなら日本語が出来さえすればいいでしょうし、足ります。  しかしながら、救われた後の残りの人生の拠り所を求めたとき、善知識方の書かれたものを漢文や古文でそのまま味わうことは必要だと今さらながらに知らされます。   誰かが訳したものは、自分の感覚と微妙なズレがあることを、大学院で英語を基礎からやり直しながら感じるところがあります。先生のこなれた日本語は耳触りがよく確かに素晴らしいのですが、生意気なようですが、自分のチョイスした言葉や表現でないとしっくりこないこともあり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/21 22:47
積極的な人生を生きる(意地悪な人や卑屈な消極的な人とは関わらない!)
 他人の持つ本質的な部分はおそらく今生では変わりません。  仏さまでもおそらく変える事は出来ないでしょう。  それを人間が何とかできると思うのは自惚れであり、我が身を滅ぼします。    人間の中にもいろいろな階層やグループがあり、どこかに属して生きています。  成人するまでに、ほとんどの人たちは、自分と似たような心地よい場所を選びますが、試練を求めて違う環境に生まれてきて、その中のメンバーの心ある人たちに何かの示唆を残すために、違和感を感じつつ、更にその場の人びとから虐められ、挙句の果... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/16 07:54
目を閉じたら見えるもの・・・・・・
目で見たものしか信じない、証拠を出せという人がありますが、私はそうは思えません。  相対的で加工されて見えたものに対して、それを迷った頭で考えても余計混乱します。  そのものの本質は見ることより、目をつぶって声や音を聞くこと、またオーラや気配を感じることでより一層分かる気がします。  先入観や偏見を持たず、ただ雰囲気やオーラの温度や明るさや澄んだことなどを感じ取る訓練をしていくと、周りに素敵な人が集まってきます。引き寄せの法則と通じるところがあるのかもしれません。  反対に、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/15 20:37
いつも笑っていて周りを温かくすることは人間の出来る最大の施し
考えてみると50年、100年などあっという間に終わってしまいます。  その間、何が出来るかといえば、結論として「笑っていて、温かいこと」くらいかもしれません。それなら、赤ん坊のときが一番施しを行っているでしょう。それもそうかと思います。赤ん坊自体もまたたくさんの施しを受けています。  施すのと施される量は正比例の関係かもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/12 09:22
本当に素晴らしい人は自分の持つ力を知って、コントロールできる人
長年、仕事や他でたくさんの人と接している人は、瞬時にこの人は尊敬できる素晴らしい人か、関わってはいけない人か瞬時に判断することが出来るようになります。  何かの集まりで、リーダーとして自分より適した人がいれば、その人を立てていきますが、そうでない場合は適当でない人が上に立つと色々してくれて、後々困ることになるので自らがリーダーとして手を上げる覚悟・決意が必要になってきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/08 07:54
友だちにするなら・・・・・・
 いつも機嫌がよく、常に優しい声や笑顔でいるよう心掛け、誰にでも同じ態度で、同じことを言うのでも気分を高揚させるような言い方を考えてから口にするような人がいたら気分がいいでしょう。それから嘘をつかない人がいいです。すぐばれる嘘を平気でつく人は信用できません。    また、自分がいない集まりなどで、別の誰かが誤解して悪口を言っていても、「そんなことはない」とさらっと言ってくれる思いやりのある人はなかなかいません。積極的にさらに悪口を広げるわけではなくても、その場の雰囲気に流されたり、自分も悪く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/04 07:42
真・善・美が本来の姿です
 最近になって唖然としたことがあります。  幼少の頃より、真理に生き、自由・平等・慈愛などの佳きことを願い、見目麗しく清らかな芸術の表現を模索してまいりました。  これが全ての人の生きる道、そこを目指しているものだと信じて私は生きてまいりましたが、そうでない人がかなりいるのですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/01 20:03
後のことを考えつつ今を生きる大切さ(未来・子どもたち)
 ゴミ箱の袋がきちんとかけられていないと次の人がゴミを入れたときに、袋が底に入り込んでしまいます。ごみを入れた人が手を汚してごみの入った袋を元に戻さないとなりません。せっかく気を利かして袋を設置しても、次の人の手を一手間も二手間もかけて、煩わせることになります。  仕事は的確に、手を抜かず、後の人が利用しやすいような形状を考えするのが当たり前だという環境で育ち、そのように生きてきましたが、最近ではそれは当然のことではないのだと感じるようになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/29 09:49
宗教と政治に関する私見
お尋ねがあったので、私の考えをお話ししてまいりましょう。  まず宗教は真理を伝えるものであるので、国家を治めるための政治思想などよりも崇高で格段に上位の概念だと私は感じております。  政治体制は時代によって変遷していきますが、宗教的真理は変わりませんし、洋の東西や発展途上国など全てにおいても、どこへ行っても普遍なので真理と言われます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/26 07:32
真摯な人以外関わらない決意
長いこと人間をしていると、色々なことがあります。  直観を信じて、真摯な人とだけ交流を深め、温かい信頼関係を構築していく覚悟を私はしています。  一度裏切った人は、よほど深い懺悔の気持ちをその人が表明していない限り、エンドレスで裏切り続けます。 本人は酷いことをしたという自覚がないので、謝罪も懺悔の言葉もなく、ほとぼりが済んだ頃、 「やあ、やあ、おひさしぶり」という態度でやってきます。     ここが肝心です。「申し訳ないことをした。とても済まない。反省してい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/25 12:03
「現代の出合い〜対面が先か、ネットが先か〜」
 昨日は予告通り、期日前投票を済ませて尾崎望府知事候補と応援の宇都宮健児さんの演説のはしごをしました。  京都市役所前の演説の後には、宇都宮さんと二言三言話して握手させていただきました。最終の北区の衣笠小学校の演説会終了後には尾崎さんご本人や座間宮ガレイさんとお話しし、握手出来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/24 18:23
友だちは宝
空気や水や食べ物など何一つ自分では作れない、他に依存してそのお蔭で命を長らえる人間です。  では、衣食住が満たされたらそれでいいかといえば、そういう訳にもいきません。  生まれたときからそこにいてくれる家族の元から、学齢期以降は外に向かって出て行きます。そこでたくさんのかけがえのない友だちとの出合いがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/19 12:31
どちらかというと情緒的でなく理屈が先行しているかもしれません
 感情的に思い込むと、その先に進めないので冷静に物事を進めてまいりました。それもいいときとそうでないときがあるのかもしれません。 人を好き嫌いで判断しないようにしてはおりますが、相手さまが聞く耳を持たない場合は距離を置いて離れた場所で、またご縁があることを願って身を引いています。    他人さまからどう思われようとも、真実は曲げられないし、伝え切らないとなりませんが、縁が熟さない人に話すと反って、御仏を謗る縁を与えてしまうことになり難しいです。よろこんだり楽しい状態は表に表しますが、マ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/13 12:13
恩師方は常に積極的・肯定的な言葉を掛けてくださる
 今日は私の筆跡診断と子どもの書道の先生の所に伺いました。  コンピュータやブログやFBでお困りのようだったので、私の分かる範囲を説明させていただきました。  ブログでエッセイとツキを呼ぶ文字の書き方を載せていらしゃったのに、最近はエッセイだけになってしまっていたので、どうかされたのかと心配しておりましたら、ピクチャーのホルダーの整理が分からなくて、満員になっていたようでした。とりあえず解消できたので、また美しい文字のおけいこにお目にかかれる日が待ち遠しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/11 22:30
心から応援してくださる人があれば道は開ける
 それが親や兄弟姉妹という身内でなくても、誰でもいいので、可能性を信じて、応援してくれる人がいれば頑張って進んで行けます。  心が挫けそうになった時、必ず誰かがそこにいてくれました。  何か励ましてくれたこともありますし、ただ、黙ってニコニコしていてくれただけのこともあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/10 19:37
年齢を重ねるほど明るく正義を振り回さないで謙虚になる努力が必要
 旅行の添乗員で一番嫌われる団体はいわゆる「先生」と呼ばれる人達だそうです。  その中でも開業医や弁護士や政治家などお客さまや有権者に時々頭を下げる訓練をしている人たちはまだましみたいです。  一番たちが悪いのは「教師」らしいです。  同じ教師でも「私学」の先生たちは、自分たちの給料を払う親御さんの「大切なお子さまをお預かりしています」というスタンスなので、それほど「イラッ」とくることはないようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/07 23:40
真摯に生きていたら同じような人にきっと出遇える
 磁石は鉄を引き付けます。磁力の及ぶ範囲の鉄でできたものがいつの間にかくっ付いています。  御仏の智慧と慈悲にも磁石のような働きがあるとお聖教にあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/07 12:43
転勤・異動・出向はチャンスかもしれません
 年度末で慣れ親しんだところから、別のところに行くようにとの辞令がおりた方もある事でしょう。  明らかに左遷と思われるような異動でも、今よりゆっくり丁寧な仕事が出来たり、人間関係が素晴らしく佳いところだったりするかもしれません。行ってみないと分かりません。  それに、嫌々行くのと、自分が行くことで何か役に立てることがあればという謙虚な気持ちで行くのではまたこれも違ってきます。  人間はちょうどいいところで、ちょうどいい人たちと一緒に暮し、働くように出来ているようです。    もっと上級... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/06 23:51
そっとしていてもらえるコツ
 こういうことを心掛けていると無為な争いから無縁でいられるかもしれません。  どこかで誰かが言っていてメモしたものなのですが、時々思い出しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/06 18:14
人間はどこまで行っても煩悩具足で当てにならない
 仏にはなれない人間に、この国の行く末を任せられますか。  私はそんなの嫌です。  仮にある一定の期間、素晴らしい政策をしていたとしても、いつ本性を表すかまた名利に目が眩むか分かりません。心がコロコロ変わるのが人間です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/05 23:30
もうちょっと生きてたら、一緒に御恩報謝できる人と遇えるのでしょうか
元々人間というものはどんなに親しくても信用ならない者だと思って接してきました。おばあちゃんや両親にさえ全面的な信頼を持ったことはありません。  限りある自分の命を持つ身であり、救われていないから煩悩に翻弄されて生きているのは仕方がないことだと、恨みもしませんしそういう物だと達観しております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/05 01:24
この世は多様に膨張しながら佳い方向に改善されつつある
何かを発信すると、それに対するコメントが世界中から押し寄せてくる時代です。  政府の方針で情報が遮断している国以外は、国民は自由に世界から情報を取り寄せられます。物品よりもこの情報の方が人生を豊かにしたり、為政者の偽りの政策を見抜く知恵が獲られたりもします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/25 17:25
衣食住の向上と同時に大切なこと
 被災されて家を失った人たちが仮設住宅で暮らせるようになったのに、自殺するケースがありました。  また、ホームレスだった人が生活保護を受けられるようになってアパートに引っ越したのに、また元の公園に戻って野宿生活に戻ることも多く見られるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/22 21:44
他人に花を持たせる
ソチオリンピックのスケート女子でロシア選手が金メダルを取った判定に韓国人たちが不満の声を上げているらしいです。  当のキムヨナ選手は周りが騒いでいるだけと静観しているようです。 自身は一度金メダルを取っているし、精一杯の演技をした結果、開催国の選手が金メダルを取ったのですから、たとえロシアの選手がひいき目のジャッジかもと感じても、そこは「花を持たせ」黙って共によろこんであげる気持ちなのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/22 11:16
言いたくても言わない 言いたくなくても言う
 言いたくて仕方のないことでも相手が不快なことは、飲み込むし、言いたくない事でも自分以外の人と別の場面で同じことをするとその人が今後困るだろうということは嫌われるのを覚悟で言うこともあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/21 19:23
勝負から降りるという選択肢
 勝ち負けの二つしかないと考える人たちは、物事を常にそういう風に捉えて損な気がします。  おばあちゃんに長子の私はよく言われました。  「損して得取れ」  小さい妹や弟たちと剥きになって争うのはあなたには損にしかならないから、わざと負けて相手をよろこばせたら、それが結局、どちらにとっても得になるといろいろな場面で諭されました。   だいたい、どちらがより物を知っているかなど実力があるかは、上の人がさっと判断できるのだから、自分が上だと察知したら、争わずさっと降りてしまい、そこから離れ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/21 19:19
だんだん老いていくことの淋しさと希望
 お蔭様で両親が健在で、一緒に過ごした家族はおばあちゃんが他界しただけです。  そのおばあちゃんの50代から92で亡くなるまでを一緒に過ごした私には、歳をとることの淋しさが何となく分かります。  心が触れ合わない連れ合いが50代の初めに急死して、それ以降人生のほとんど半分は子どもや孫たちや周りの人たちと過ごした一生でした。  夫亡き後でも、おばあちゃんは色々な人から頼りにされ、方々に呼ばれてお手伝いしていましたが、80近くになるとさすがに家にいることが多くなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/18 18:23
18歳未満と75歳以上の人たちをその間のみんなで支えませんか?
道路や橋や箱物を建てる予算を高校生までの学生や高齢者の医療費に回している自治体が東京都にあることを初めて知りました。きっと日本のどこかのほかの自治体でも同じような予算を立てているところがあるのかもしれません。  医療費が何とかできるなら、高校までの教科書を含めた教育費や給食費も出るのではないかと考えました。  そして、大学で学びたい低所得世帯には、貸与でなく給付の奨学金を出すことも可能なのではないでしょうか。  子どもを産むことが贅沢だという感覚を若い人が持つ国は子どもが増えるはずはありま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/15 00:57
今、ここで救われることをお話ししていくことしかできません
 過去を悔いても戻る事は出来ません。  未来を憂いても、自分で何とかできることとそうではないことがあります。   同じ日本人でも情報をどれだけ取り入れられる能力があるかで、考え方も変わります。  貧しい家やその上DVの環境なら、その連鎖は綿々と続きます。抜けることはとても難しいです。    生まれ持った気質というのも厄介で、僻みっぽいとかいじけてるとか警戒心や劣等感が強いとか、怖がりとかいうのは死ぬまでそのままだと思います。  真摯に誠実に素直に生きたら楽だといくら言っても、酷い目に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/12 17:22
聞かないとわからない人は、聞いても行動しないと分からないし、聞きもしない人は論外
 学校で習うことなどほとんど役に立ちませんでした。  生きていく上で大切なことは、学校に入る前の小さい頃に、おばあちゃんや両親が、そして親戚や周りの大人が教えてくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/11 18:28
何でも表面的なことをいじっていても栓がない
 今度の都知事選挙のことをみんながいろいろ言っています。  投票日の朝にすでに出口調査が出ていたとか開票を一手に引き受けたM社の機械がもう開票結果を出しているとかといった怪情報も言われます。    みなさん、次回の選挙からは、出口調査や手作業の開票の全ての過程を市民監視できるよう請求しませんか。  全く疑いの余地のない選挙開票を取り戻さないと一般市民の生活はますます困窮します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/11 13:03
今、救われることになぜそんなに躊躇するのか分かりません
迷いが深いのか、心がいじけているのか、自惚れが強いのか何だかは分かりません。  救われたいという人に、何人も話してきました。そして救われるところまで話し切りましたが、自分からほかの人たちにも積極的に話そうという人にはいまだ遇えてません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/08 16:26
今、死に直面しても気持ちが微動だにもしない信心を賜る
 核爆発による放射性物質による汚染、内部被爆による白血病、被災地の女の子たちが将来結婚や出産が出来ないなどと言われるととても暗い気持ちになります。  それは確かに何とか出来たらいいですが、その前に、しなくてはならないことがありませんか。    1%の多国籍企業のトップにより支配が進んで、隷属化され、戦争に駆り出されると忠告してくれる人がいます。それはほとんどが本当なのでしょうが、残りの99%の人たちの力の方が大きいのです。    いざとなれば、完全栄養食の玄米と蛋白源の大豆や野菜、果物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/30 17:56
何も考えていないと流されてしまう
 ただ指示に諾々と従っている人たちには信念がありません。  底が浅いのです。  どうしたら、人生から問いかけられた志を遂げられるか、迷いから抜けられるか、生まれたときからずっと、考えて、考えて、頭がどうにかなりそうになるくらい考えてきた人と、その日の楽しみで生きてきた人では同じ50年、80年とても違ってきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/28 08:22
悲哀の涙が優しさに変わるような生き方
要らない苦労はしない方がいいというのが私の持論です。  その要らないというのはどういうことかというと自分や他人が迷いから抜け出るために役に立たないものということです。    不遇を恨んだり、文句を言って、ぐれてしまって、余計自堕落で怠惰になり努力を忘れ、一生懸命している人の足を引っ張るような生き方をした結果の苦労は自損損他です。  悲しく辛い中でも何かの光を見つけて、耐えていって、そこから抜け出せるように願う生き方をしていったら、次のステージに上がれたとき、自分にも他人にも優しくなれる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/27 17:57
基地は移転じゃなくて廃止ってアメリカ人も応援してくれてる!
  何が何でも移転しなくても止めたらお金もかからないし、いいんじゃない?   何で「嫌だ、止めて」って言えないのかな?   これって、モラハラとかDVの被害者の人たちの我慢と似てる。   ホントは嫌なのに、相手がゴリ押しすること黙って受け入れて、陰で泣いて。      政治家も、学者も、ミュージシャンとか芸術家たちもなぜ本音が言えないの?   そんなにあの国の暴力が怖いの?   ミサイルとか核兵器とかで黙っちゃえるの?      声を上げてみない?   「基地なんていらない、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/21 19:56
市議補選に立候補した友を私は誇りに感じます
 ピンクのスーツを身にまとい、単独でもしくは同じ志の市長候補と共に選挙戦を戦う政治塾の友だちがいます。  彼女は過去に一回出馬して落選の憂き目を見ています。  昨年の3月に塾の最後の講義の後の懇親会で彼女は私にこう言いました。  「今は覚悟があるの。前は自信がなかったというよりも、覚悟がなかったから駄目だったと思う。塾で1年間みんなと頑張れて、今度はその覚悟を持って選挙に臨める」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/21 12:22
小細工とか策略とか機嫌取りとか止めませんか?
 相手も選ばずに何でも本当のことを言うと酷い目に遭います。  人生経験の中で幾度も頭を打っては、私はとても痛い目に遭っています。  それでも、やっぱり、面倒な回りくどいこと、卑怯なこと小賢しいことは嫌いなので、たとえ損をしようと空気が読めないと言われようとそれも承知で、直球を投げ続けます。  そうすると変な人たちはどこかに消えて、不思議なことに、同じように真っ直ぐの球を投げている人たちと出遇えます。  それは何とも言えないよろこびと安心をもたらします。    御仏に救われるのに嘘も誤... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/18 20:13
本当に強い優しい人が好き!
 聖徳太子と法然聖人が日本人の歴史上の人物で尊敬する人たちですが、共通するのは頭がよくて優しくて忍耐強いところです。  こんな人が今の日本に出てきたらいいのに。  どこかに隠れているなら出てきてください!    何で都知事選の候補者が60代以上のなのかな。  JボーイズやJガールズの若い人たちの中から、次回は力をつけて立候補してね!  頼みますよ!  今から力をつけてこの国の未来を任せられる実力を蓄えてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/16 23:36
身体は元気でも働く時期でなかったり、気乗りしない人もあるから・・・・・・
 「働かざるもの食うべからず」という考え方の役人が多いためか、生活保護がもらえず餓死する人が後を絶ちません。  お役所勤めの人たちは刑罰に触れるなど、変なことをしなければ定年までクビになりません。ところが一般市民はリストラや病気や親族の介護などで職を失うと坂を転げ落ちるように貧困への道に行ってしまうこともあります。  生活保護を断られお金がなくて一家心中や親殺し、子殺しなどという悲惨なニュースを知るたびに心が痛みます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/15 21:33
親御さんの真の願い(お話し27)
「かずちゃんは昔からいつも機嫌がよくて、根に持たないウエルカムな人だったけど、そんな風に考えて生きてたんだね」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/14 12:35
親御さんの真の願い(お話し26)
「お姉ちゃんとかずちゃんはちょっと違うみたいよ。おばあちゃんは男の子3人と一番下の叔母さんと4人、子どもがいたけど、長男は戦死して、叔母さんも30代で家族でカナダの西海岸のビクトリアに移住してほとんど会えなくなっちゃったから、寂しかったみたいなんだ。 でもお姉ちゃんは、赤ちゃんの頃から、手のかからないあっさりしっかりした性格で、甘えてくるタイプじゃなかったみたい。 だから、かずちゃんのお母さんと初めの頃いろいろあったのを、お姉ちゃんに聞いてもらえたんだと思う。 お姉ちゃんは分か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/13 18:41
親御さんの真の願い(お話し25)
「かずちゃん、さっきもいったけど、ちょうど、その頃、僕は会社にもやっとやっと行ってるか、休んでる時で全部お姉ちゃん任せだったから、具体的にはよくわかんないんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/12 09:01
親御さんの真の願い(お話し 24)
 「お父さんはね、自分ががんで余命が僅かって知ってから、色々な心の葛藤を通って、人間の価値はどれだけ長く生きたかじゃないんだってわかったって言ってたよ。 たとえ自分より若い人でも、子どもでも自分の生まれてきた使命や意味を知って、それを果たせた人は尊敬に値するんだって、あちこちお話を聞いてまわって感じたみたい。 ハッキリ救われていて、みんなにじゃなくて、自分一人にじっくり話をしてくれる人から話を聞かないと意味がないし、救われたならいつまで生きてても、死んでもいいんだって分かったって。 お父さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/09 14:12
親御さんの真の願い(お話22)
「僕はね。人間てね。それぞれが生まれてくる前に自分でこの人生をどう生きようかってだいたい計画してくるんじゃないかってこの頃感じてる。きっちり全てではないだろうけど、大雑把にね。  どんな国のどんな時代のどんな親のところに生まれようかってきめてね。それからどんな人に助けられて、どんな人が敵役になってこれを乗り越えて成長を促してくれるとか。人でなくても事故にあったり、病気をしたりも予め織り込まれているような気がする。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/08 08:59
親御さんの真の願い(お話し 21)
「あれっ メールみたい、みっちゃん、ちょっと見てもいい。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/07 19:17
親御さんの真の願い(お話しR・S)
親御さんの真の願い(お話しR) 「かずちゃん、そこじゃないでしょ? うん、初めは便乗するみたいで何となく悪くて、辞退したんだけど、取っときなって言われて、有難く受け取らせていただいた。僕たち家族は上海水郷巡り7日間ていうのに行ってきた。バスで移動しては同じような川沿いを歩いて、丸いテーブルで中華料理を食べ続けた。毎日、毎日暑い中歩いて、バスで涼んで、また歩いてご飯食べて、土産物屋で説明聞いてた。妻は家事をしなくて楽だったみたいだけど、僕は疲れたかな。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/06 19:10
親御さんの真の願い(お話しQ)
「後でわかったことなんだけど、つまりね、旅行という別の課題を与えることで、問題をうやむやにして、仲直りさせようっていう親心だったみたい。  実際、夏休みに行くために帰ってからすぐお姉ちゃんは旅行会社に電話したり、ネットで3家族が滞在できるレンタルルーム見つけたりしてたんだけど、いざ締切でお金を払いこもうとしたとき、お父さんとお母さんが自分たちは行けそうもないから、ハワイじゃなくてもいいからそのお金で自分たちだけでどこでもいったらいいって言い出したんだ。  僕たちも、そういうことに慣れてる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/05 17:25
親御さんの真の願い(お話P)
「元旦に来たって」   「それ以前の話として、出かける前に実家には一週間旅行して、大みそかに消帰省することを電話で事前に伝えてたみたいなんだけど、両親は先に子供と二人で行ってて、あとで夫が合流するとばかり思ってて、まさご「家出」だとは思ってなかったみたい。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/04 22:26
親御さんの真の願い(お話しO後半)
 「みっちゃん、僕思い出したよ。その映画『今度は愛妻家』って、薬師丸と豊悦が夫婦役で出てたちょっと前の映画じゃない?何かで宣伝見た気がする。たしかこれを見た女性は「共感」して男性は「反省」するというようなこと何かで読んでた。観に行こうかなって思ってたら終わっちゃってて・・・・・・」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/04 12:43
親御さんの真の願いH
「たしかにおねえちゃん、小さいころから勉強も運動もピアノとか何でもできて、それに自分の姉さんだけど綺麗だなって思ってた。何の悩みもなさそうに見えてんだ。劣等感なんて少しもない強い人だと信じてた。ところがね、パリの留学から帰ってきて卒業後、結局は大学の図書館の司書になったんだけど、付き合う男が僕みたいな頼りないのばかりで、つい気の毒になっちゃうのかな?頼りないのに加えて、その男が劣等感の塊みたいな奴で、自分の事も駄目だっていうのと同時に、お姉ちゃんのことも何かしら小さな欠点を見つけて、ネチネチ言わ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/25 21:35
政治家はほんのちょっとの心配りができる
 未来政治塾の1期が昨日終了しました。  講師にもたくさんの政治家が来て、話をされました。  みんなものすごく強いオーラを持っていました。  それでも、その中でも生き残るのは、ちょっとしたことができるかどうかだと感じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/24 13:11
争いは無知から起こる
 近隣の国の人たちを十羽一からげにして、ネットで批判する人たちがいることを知り、驚きました。  日本人が幸せになれないのはみんなそんな人たちのせいだといいます。  外国の人たちをスケープゴートにしても何の解決にもならないし、私はとても不愉快な感じがします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/05 08:54
物語や対話の重要性
 さとりの世界を表現するのに、本当は形の匂いも何もないのでとても難しく抽象的なものになってしまいます。  実際、さとった人がたとえば、哲学者などの学者ならば、その表現は難しいものになってしまいがちです。  一般の人であっても、表現の手段を持たなかったり、影響力が少なかったり、発表の場所もなかったりします。  また、主観的な観点から、かえって、さとりから人を遠ざけるような、誤解するような表現をしてしまうこともあり得ます。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/31 12:56
卒業します 大学・未来政治塾そして・・・・・・
 あともう少しで、いろいろなところから卒業します。  いろいろな思い出を持って、別の道を歩いていきます。  今年になって、たくさんの新しい出遇いやより親しくなれた人たちがいます。    それでも、何かしら自分から勇気を出して発信しなかったら、それらの人たちとも出遇えなかったでしょう。  インターネットを通したバーチャルの世界はハッキリ言って私は苦手です。  誰だかわかる責任を持った関係が好ましいです。  一方通行の関係は空しいので、お仕舞いにしようと考えています。  ただ何か気が... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/23 08:11
空気を変える
 空気は変えられます。  科学的な成分が変わるのではなく、その場の雰囲気が変わります。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/22 08:58
言葉や世話をして貰いたがる人たち
 「どうしたの?」  「大丈夫?」  「元気?」  「いいね!」   「頑張ってるね!」 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/17 23:11
若い尊い志を応援する
 昨日は今月の市会議員に立候補予定の方の応援に行って来ました。  4時過ぎから2時間ほど街頭での演説を聞かせていただきなが、「ありがとうございます」といいながら、ちらしを配っていました。  こんなことしかできませんでしたが、終了後、ご自宅でお茶とお菓子をご馳走になり、お母様に車で阪急の駅まで送っていただきました。  携帯で初めて、お話させていただいたときの、元気で誠実なお声が今でも耳に残っています。  そのときどうして、彼を応援してあげたいという人がこんなにもいるのかがわかりました。 ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/14 09:47
今を幸せでいることをずっと続けること
 幸せを求めることを止めたときが本当の幸せが手に入ったときです。  未来に幸せを求めている人は、未来永劫幸せにはなれません。    求めることを止めたというのは求める必要がなくなったことを意味します。  それは安心満足をえたか、もしくは自分の力では求められないことに気がついたのかもしれません。  損得や好き嫌いや勝ち負けやその他のことで自分が選り好みをするという尊大な自惚れを廃して、やってきたことは縁のあること、意味があることだと受け止めていったら、もう少し人生の幅が広がったり、ほかの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/01 01:21
本当に頼りになる人はあたたかい
 人間の中には素晴らしい人もいるんです。つづく  世の中には本当に頼りになり、あたたかい人もいるのです。  そういう人に遇うためには逆説のようですが、まずは、自分がそういう人でないと、他人のあたたかさは感じられません。    信じていた人に裏切られるほどつらいことはありません。  元々一人で生まれてきて、一人で死んでいくと頭では割り切っていても、それなら何で人間は群れてでないと生きられないのかという思いが出てきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/28 08:58
真摯さからくる澄んだ光に包まれる感覚
 達成感よりも勝利の歓びよりも素敵な瞬間があります。  誰かに微笑を投げかけて、それをこぼれんばかりの笑顔で返してくれたときです。  こんなとき私は人間として生きていてよかったと感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/27 08:44
威嚇や大声では人は動かない
 まだまだ未熟者の私は、子どもを叱りますが、なかなか言うことを聞きません。  幼少の頃、祖母や母は一度も声を荒げたり、身体に触れる体罰を私たち孫や子どもにしたことがありません。  祖母は50代(結局92まで長生きしました)で、もはや薬をたくさん服用していましたし、母は仕事で忙しくて子どもたちは自分で自分のことをするのが当たり前でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/13 08:30
精一杯生きることと完璧主義は違う
 このブログの通り私は毎日、毎時、この瞬間を精一杯生きています。  でも、完璧主義ではありません。  ここぞということは完璧に仕上げますが、家事などは中位で済ませます。  生活が回っていたらそれで構いません。  料理は10分以上時間をかけませんし、掃除機も使わず、箒でちょくちょく散らかったら掃き掃除をします。  気がついたら埃を払います。  服は洗えるような木綿を着ています。    ただし、短期決戦のものは結構熱くなっているかもしれません。  テストはどんなに簡単なものでも、時... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/11 18:27
「努力」ではどうにもならないこと(生老病死)
 教育は努力しなさいと盛んに勧めます。  一点でも多く取れるように勉強しなさいと教師や塾の先生たちは生徒に発破をかけます。  それで、有名大学に進学して一部上場の名の知れた会社に入ったり公務員になって、定年になって肩書きのないだだのおじいさんやおばあさんと呼ばれる老人になります。  それだけで済んだらいいのですが、必ず死が訪れます。  なら、1点、2点を争って勉強したり、仲間を蹴散らして昇進した仕事人生は何?ということになりませんか。    老人にならなくても、病にかかる人はたくさん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/08 20:55
[真摯」「ひたむき」「誠実」「正直」
 清らかに、爽やかに、淡々と人生を駆け抜けると決めています。  いろいろなことがありますが、やっぱり私は私でしかないし、私以上でも以下でもない  等身大で、そのときそのとき嘘がない生き方をしていくことが、御仏はじめご恩を受けた人への報謝なのだと秘めた決意を持って何とか課題を一つ一つクリアしながら生きながらえています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/07 02:01
人の中の「真摯さ」に私も号泣しました
 本で読んで、大学の講義で聞いてそんなものかなと思っていたことが、私にもスカッとわかりました。  幼少の頃から、さっさと人間に見切りをつけ、ひたすら御仏に向っていた私ですが、信心を賜ってからは少し周りが見えるようになって来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/06 12:58
先生や先輩に恵まれる有難さ
 以前小学校の恩師のことを書きましたが、反面教師も含めて、私は先生に恵まれ続けてきました。  先輩方にも本当に可愛がっていただきました。  何度も教えていただいたり、大目に見ていただいたり、優しい言葉をシャワーのようにかけていただきました。  お昼をご一緒させていただいたり、微笑みかけてくださった方々に私は何一つご恩返しもしないまま、生き別れ、死に別れを繰り返しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/01 21:21

トップへ | みんなの「つながり」ブログ

今、この瞬間を精一杯生きていますか? つながりのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる