テーマ:御恩報謝

理不尽、不条理なのが娑婆世界ですが・・・・・・

 「人生は苦なり」と佛教では教えられます。  年齢を重ねるにつれて首肯できることであります。  正当な努力が報われない、自分では何も悪いことをしていないはずなのに攻撃される、好きな人と別れなければならず、逢いたくない人と毎日顔を合わせる等々、 苦しく辛い毎日が当たり前のように過ぎていきます。  これが人間の世界であり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿弥陀さまに常に護られていると聞かされる人生

  私は昨年の春頃から、京都の堀川通りの聞法会館で時間を見つけては聴聞させていただいております。日本全国の布教師の方が、その土地の方言も交えてお話ししてくださいます。ほんのたまにですが、お話が終わった後に、御説法のお話や、質問をさせていただいたりします。   布教師の多くの方々がお寺に生まれられていて、祖父母と共に幼少期を過ごして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間同士大差はないのになぜ比べるのか?

 生きる目的を知らないから、もしくは自分の矮小さが分からない井の中の蛙だからでしょう。  生きる目的は生死を超えること、今臨終がやってきても、泰然と死んでいけるいきかたができることです。生死出づる道も知らずにいる中途半端な輩が、若くて元気の有り余る時、いくら威張ってみても臨終には後悔の涙を流すのがオチです。  ひとは長く生き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親子でも実はそこまでしてくれなくてもいいという線引きをして他人と同様に生きている現実

 人間はその人の能力を超えることはできません。無理をすると身心が壊れます。肉体の病気に罹り、精神が狂います。だから、お互いに遠慮しつつ、様子を伺って生きています。乳飲み子でも放って置かれるのに慣れると、泣かなくなります。   歳を経るにしたがって、このような不条理さを身を以て体験する祖父母たちは孫たちに対して寛容であり、自身のでき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の間は老病死から絶対逃れられないことにきづかせ、そのままで救われるの方向を示すが宗教の役割

 生死出づる道に出た、生死を超えたといっても、この肉体が老いて病になり死なない身になる訳ではありません。人間として生まれたからには、老いも病も経験しない中折れはあっても、死は回避できません。  加えて、また、煩悩の貪欲・瞋恚・愚痴によって、常に心休まることない一生が展開していきます。そんな中、生死を超える目的を目指して生きるなら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心身の快楽を悦び、他の迷った人間より優れていることを楽しむ慢心が夢幻だとなぜきづかないのだろう?

肉体の快楽は一瞬のものです。スポーツを例に考えるとよく分かるでしょう。気分がいいのはほんの一時のことです。苦しい練習は嫌だけれど、それを経ないと上手くなれないジレンマなどいろいろな葛藤があります。趣味でしていても、いつも楽しい訳でもなく、怪我をしたり、疲労が襲ったりもします。男女の楽しみもしかり。簡単に手に入る異性はすぐ飽きるし、時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生死を超える目覚めとは、無常・罪悪の中で生きる周りの悲しみ・苦しみ・悩み・痛みを感じる身になること

 昨年の夏以降、私は友人を失う悲しみの中に身を沈め、どんなことにもよろこべず、体調が優れないことも手伝って、生きる意欲も失いかけていました。いまだに心身ともに傷ついて、万全の状態ではありません。それでも、何の不思議か、私には御恩報謝をさせていただきたいという気持ちが湧き出てきて止まることがありません。  2016年に父を看取りまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォーカシングセッションでのきづき

 話しの中でこんなことを言われました。「人を羨ましがること、嫉妬することが原因で、何もしていない他人を攻撃することがある」。どうしてそんな無意味で不毛なことをしてしまうのか私には未だによく分かりません。人生の可処分時間は短いのに、つまらないことに時間を無駄遣いするなんて。でも、羨むことで意地悪することを本人たちは快感でしょうし、止められ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世の中がよくならないのは政治家と研究者などが世間を知らないため

 大学院の博士課程に身を置いて3年が過ぎようとしています。やっと学会誌に論文が一つ通り、もうすぐ世の中に出ます。ここで、ひとまず1年ほど休学して残り2つの論文を書き上げ、修了の運びとする計画を立てました。  どうして、大学院に進んだかと面接で聞かれた時、大学で教師がしたいからだと答えました。先生方がどのように講義をするかを実際に受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体験を追求しない宗教学って何?

そもそも宗教学は宗教によって人間が救われる過程を解き明かす学問だと考えていた。キリスト教圏の宗教学はともかく、日本の宗教学において宗教過程論や宗教教育学の研究はまだ黎明期であることを知り、底の浅いことに愕然とした。これでは日本において救われたいと願い、実際救われる人も少ないのは自明の理である。当面は宗教過程論入門くらいでも書こうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうにもならないこころの底からの叫び

 心に刺さる説法を聞きました。「響く」というような甘ちょろい感じじゃなくて、「刺さる」でした。  その方の話を私は「本物」だと感じました。その方も同様に感じてくださっていたようでした。本物の感覚を言葉で教えて欲しいという私の願いを大切なことと受け止め、「『機の痛み』を脇に置いていない」という表現で私に教えてくださいました。この世間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凡夫そのままのお助けと疑いなく聞く

「自分の計らいではなく、凡夫そのままのお助けと疑いなく聞かせていただいております」 と電話口から張りのあるお声でよろこびを聞かせていただきました。 この世のどんなことよりも嬉しくて仕方がありません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の記事

最近書いたものをまとめてみました 先日、信心の沙汰をした人と電話で話をしました。疑いが晴れたので、疑っているままで救われるのが尊い本願だと誤魔化すために称えていた念仏と違う念仏が出てくるようになったといわれていました。このまま、しばらく様子を見てくださいとお伝えしました。 「お手次ぎ」と「受け念仏」という概念を知りました。法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日のこと

「最後の最後、何とかすれば何とかなれるという、自力我慢の心が抜けないその方に、私は何を話したらいいのだろうか」とこんなことを道中考えながら自転車をこぎました。衣笠の大学から、途中、朱雀の自宅で御説法のCDをカバンに入れて深草の大学の正門に向かいました。  「まだ、楽がしたい。現世利益を求める気持ちが抜けません」と仰るその方に言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人世の軸となる第三の真理軸

独楽に軸がないと回らないように人生にも軸が必要だと仏教の先生から自身の師もおっしゃっていたと教えていただきました。 他人でも自分でもない第三の真実の軸を賜って明日で10年になります。 御恩報謝が何もできず、無駄な時を過ごてしまい御仏には申し訳なく感じております。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真理軸で生きる

他人軸でも、自分軸でもなく真理という新しい基準を得て菩薩道を行くスタートラインが信心決定。 それを支えるのが他力です。 梯さんの「他力の心」を昨日信心のお話をした方と一緒に聴聞して改めて知らされました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機抜けの信心

この言葉を初めて聞きました。 二種深信の法の深信の部分だけが感じられ有難がります。 しかし、機の深信、疑う罪が分かりません。 二つの深信が同時にたたず、化城に陥っている者を指すようです。 化城のほとんどがこれです。 的確な表現でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信心の沙汰を引き受ける条件

いま、ここで信心を賜りたい。 命は、一日に譬えると23時59分59秒。(もう後がない)。 お金、地位、名誉、肉親、友人など何もあてにできなかった。 一度限りの縁で、信心を賜る覚悟がある。 これらが一つでも欠けたら お断りします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私はもう死んでもいい!

「信心決定」、「信心獲得」、「信心一つで救われる」、「自信教人信」 これらの言葉をリアルタイムで自分の耳で聞くなんて夢のようでした。 確実に根を下ろして教えが受け継がれていると感じた瞬間でした。 もう私は死んでもいいと思いました。月が綺麗だったわけじゃありません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平生業成(二度の臨終)

平成二十六年の梯實圓和上のご葬儀に、天岸浄圓先生が御法話の際、「この度のご往生おめでとうございます」とおっしゃたそうです。続いて、法要読経のあと、梯和上の奥様が天岸先生のお言葉を受けて挨拶されました。 「みなさん私が亡くなったときは、必ず『往生おめでとうございます』と言って下さい!。その時までは今しばらくお念仏を称えながら日暮らし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世の救い

この世の医者でも、命が助かるように全力を尽くします。彼らは、日々医療技術や理論等を研鑚します。それなのに、臨終や後生が苦になる人たちに対して、自力をすてて、他力に入る話を説き切ることを学ばず、安穏とした日々を過ごしている人たちに対して私は憤りを感じます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あげばをわすれたり

親鸞聖人の御和讃が余りにも素晴らしくて何も言葉が出て来なくなってしまったと蓮如上人はおっしゃいましたとご一代記聞書にあります。  中興の祖として日本全土に浄土真宗を広められた蓮如上人の宗教家としてのご布教の能力が優れていたばかりではなく、阿弥陀仏や祖師聖人を尊く感じていらっしゃったことが垣間見れるエピソードです。  この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外の日系人社会の宗教的要請ついて

この10月にブラジルとアメリカ西部の日系移民の地区のお話を聞く機会がありました。  日系人の外の現地人が、日本の仏教を知りたいと思っていらっしゃることに驚きました。文化的側面ももちろんなのでしょうが、教えそのものも聞きたいと思っていらっしゃる方もあるのかもしれないと感じました。  シアトル在住の研究者の方と奥さまとお話しして、来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尊いご縁

気持が打ちひしがれて、どうしようもなく辛いとき、仏縁の深い方とのお出合いのセッティングが設けていただける気がします。今日私がお目にかかったご夫妻が一日も早く信心を賜れますようお念じ申し上げます。 When my feelings are overcome and it is hard for me to feel hard, I …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世で帰る場所、死んで還る場所

 この世で帰る場所は生家でしょう。両親が他界するなど何らかの事情で帰る家がない人は本当にお気の毒です。私が死んで還る場所はお浄土です。お浄土がどういうところかはお経で書かれている以外には分かりません。行ってみたら、本当はそういうところではないかもしれません。でも全部仏さままかせなので何の心配もしていません。本当は仏さまといろいろお話しし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この世のことは自分軸を持ちメタ認知が出来たら何とかなるけど、あの世のことは仏さままかせ

 人間の煩悩からくる心理的な悩みは自分の内側に軸をしっかり持ち、耐えられない時は高みから自分を見下ろすような客観的な考え方ができれば、不治の病に罹るとか、不慮の事故に遭うとか、殺されない限り取り返しのつかないものである死は免れます。  死の解決だけは自分の考えをスッカリ抜いて、止めて、疑いなく仏を信じるしかありません。メタ認知も思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聴聞

「往生を全部おまかせしたお方との二人旅を命が終るまで精一杯させていただきましょう」。このような尊い御説法を聴聞させていただきました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自力の話をいくら極めても他力にはならず、別の方向に行く意味

 自力を積み重ねた先が他力ではないからです。自力の最高峰が他力でもないです。  全く性質も次元も異なるものです。  法然聖人も親鸞聖人も蓮如上人も信心を得る過程の具体的体験はほとんど語っていらっしゃいません。私も聞かれれば話しますが、自分からは言いません。また、具体的な話をするとそれにこだわってしまい、救われるのが遠回りになり遅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傾聴的カウンセリングと信心の沙汰の関係性

 生まれてから今に至るまで、ずっとですが、私は人間の煩悩の喜怒哀楽にさほど関心がありません。醒めた目で世の中を眺めてきましたし、ずっと変わりません。どうせ今生、後は死ぬだけなので、私にとっては、何もかもが、どうでもいいのです。ただ、例外として、親しくしていた身近な人が死ぬという最悪の事態だけは耐えられません。どうしても執着してしまいます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more