今、ここで救われることをお話ししていくことしかできません

 過去を悔いても戻る事は出来ません。
 未来を憂いても、自分で何とかできることとそうではないことがあります。 
 同じ日本人でも情報をどれだけ取り入れられる能力があるかで、考え方も変わります。
 貧しい家やその上DVの環境なら、その連鎖は綿々と続きます。抜けることはとても難しいです。
 
 生まれ持った気質というのも厄介で、僻みっぽいとかいじけてるとか警戒心や劣等感が強いとか、怖がりとかいうのは死ぬまでそのままだと思います。
 真摯に誠実に素直に生きたら楽だといくら言っても、酷い目に遭ったり、脅かされたり、暴力を振るわれたりするような環境に今生やその前などにいたら、ほとんど変われないと思います。

 どうにもならないことは山ほどありますが、御仏から信心を賜るような真理を体得することで徐々に煩悩の酔いが醒めて変われることがあるのではないかと感じます。本当に徐々にでしょうが、ちっとも変われないよりはましな気がします。

 救いを賜ったり、求めていない人の中にも真摯に生きている人たちはたくさんいますが、その方々も信心を獲たらもっと譲り合ったり、明るさをそのまま伝えられるような世の中になるのではないかと感じます。
 人さまの為に何もできなかった私もほんの少しずつですが、御仏の憶いをお伝えしていこうと前進しております。

感謝していること
 今日は6時半から龍大大宮校舎の北101で真宗談話会があります。ご縁を求めてご参加ください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック