有資格者は余るほどありますが給与等の待遇面で有能な人は保育士にはなりません

子どもが好きで保育士・幼稚園の教員資格を持つ女性はたくさんいます。
 それでもほかの仕事に就いたり、妊娠出産を機に自分の子どもだけを育てたりしています。

 キツイ割に給料も低く、誰でもできるだろうと思われる尊敬もされない仕事を誰もしようとは思いません。介護の仕事も同じことが言われますが。
どうも育児や介護は無償の家事の延長だと見なされているようです。
 自身の家庭のことは仕方なく皆、無給でしますが、同じことを他人の給与に換算したら2、30万円以上の価値に当たると言われます。
 それなのに保育士も介護士も手取りが15万円くらいで仕事をしろと言われたら、余程ボランティア精神のある人しか志願しないでしょう。
 
 能力のある人はほかの仕事をするか、公立の公務員として保育士や幼稚園の教諭で働きます。残った人たちが子どもたちを見る構図になっているので、保育や幼稚園教育はなかなか質も上がらない困ったことになっているのですが、預かってもらい自分が働くことにしか考えの及ばない人たちにはそんなことはどうでもいいのでしょう。

 自分の子どもが幼児期にどのような環境で過ごすかは、一生を左右することなのにほとんどの親な無頓着なのは残念です。
 保育士や幼稚園の教諭にこそ高い賃金を払ってでも素晴らしい人材を投入して未来を紡ぎだす子どもたちの薫陶を願いたいものです。
 こんなことをいうと余程暇で金銭的にも裕福なのだろうと言われますが、そうではありません。子どもの教育への意識の問題です。

 保育士・幼稚園の教諭に大学を定年になった人たちがある一定数、顧問として入るなどで、哲学的なこと、人生観を教えるなども含め、教員の質を高めるなどしていくことが望まれます。そういう天下りなら文句は言われないし大歓迎ではないでしょうか。
 尊敬されて社会的地位の高い給与もたくさんもらえる仕事に幼児教育に従事する人たちがなっていくことを念じて止みません。そのためには地方自治体や国からの補助も必要です。
 その為のプログラムを企画していますし、実現していく所存です。
感謝していること
 今日は晴れました。滋賀の手芸サークルの初めての日なのでとてもワクワクしています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック