絶対裏切らない心の拠り所があれば違った生き方が出来る

表面的なことばかりに気を取られて、本質を見失って十分に学べなかったり、不用意なことでお互いに人は傷つけ合ってしまったりします。
 本当は心穏やかに楽しい気分で過ごしたいのに、余計な意地やプライドが邪魔をして殺し合いになることもあります。

 学ぶこともできない、つまらないことで死んでしまうなんて情けない!
 それでも人間という煩悩で出来た三次元の身体を持っている限り、仕方のないことなのでしょうか。
 高尚な学問をしていても、政治経済で民衆の為になることを考えても、日常では妻がいるにもかかわらず、どこかに綺麗な人はいないかとキョロキョロしたり、少しでも儲かる話が不正を伴う物でも乗ってしまうなど人間の欲望は止まりません。 愛すべき可愛らしさで片付くことはいいですが、他人を苦しめ泣かせることでも自分の欲のためにしてしまう人もかなりいます。

 父は私たち子ども3人が生まれるまで、酒もたばこも飲みませんでしたが、小学校にあがるころからそれらを始めました。トイレでタバコを吸うので止めて欲しいと何度も言いましたが、結局、孫たちにタバコ臭いと言われ、嫌われないようになるまで禁煙をしませんでした。
 酒は再三、母に言われ、孫である私の娘にも「お酒を飲んで忘れなければならないことがあるのならとても悲しい」といわれても止められず、家の中で転倒して救急車で運ばれてから1年ほどは禁酒しましたが、またここ数年は晩酌だけはしているようです。

 タバコは他人にも迷惑がかかるから仕方なく止める人は多いです。しかし、酒は魔物です。酒を飲まなくても心穏やかに楽しくいられることをしたらいいと私は思います。酒で忘れなくても紛らわさなくても、もっと前向きで積極的な方法で人生を堪能できるのに。
 消費税が上がって家計が圧迫されるなら、まず、たばこや酒を止めたらいいです。嗜好品は自分が楽しむのみで、周りの人には何の得にもなりません。それから食べ物を3割減らしたらいいです。食べすぎは医療費がかさみますから。腹7分目がいいです。欲は恐ろしいものでなかなか減らすことも止めることもできないでしょうが。

 表面上の欲などに気を取られていないで、真理との邂逅ができたら、どんどん欲も少なくなり、感謝の気持ちから御恩報謝の生活になり、人生が180度変わります。
 けれど、なかなかそこまで思い至る人は少なく、人間の業の深さや欲望から離れられないことを知らされます。そんな中でも、絶対に裏切らない真理にこの世で出値える朋友が一人でも出て来られるようお念じ申し上げます。
 感謝していること
 琴や三味線や踊りはとても見事でした。日々の鍛錬の成果を見せていただけました。マイクなしでも声は通るのですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック