今、この瞬間を精一杯生きていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分のできることが使命

<<   作成日時 : 2018/08/23 21:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 私はいい人でも人格者でもありません。でも、極端な劣等感も罪悪感も持っていません。ありのままで好きなように生きています。中道を生きています。
誰かが困ることや嫌がることはしないことにしています。誰かが泣いて悲しむのを見ているのは嫌だからです。それでも、本当に困っている人が助けて欲しいと言われない限り、自分から何かするわけでもありません。それでいいのだと思っています。
今じゃなくても、まだ遇っていない人で真理との邂逅をしたい人のために文章を書いています。それも楽しみで書いています。誰に強制されるわけでもなく。

 私はいつも機嫌がいいので、滅多に怒りません。八つ当たりなどしたことがありません。そんなことするのは性に合いませんから。更に嬉しくなるように媚を売ることや嫌々歩み寄ることもしません。誰かに魂を売り渡すことになりかねませんから。せっかくカルトからも逃れ、モラハラも研究し尽くしてその臆病さを嗤えるようになったのに、奴隷のように扱われ、不機嫌な時に激怒されるなんてまっぴら御免です。

心理学や哲学は結局、知識を披露することが一義的目的になっています。誰も幸せにしていないです。学問をしている研究者自体がいつも、自然と笑えるようになっていないで、権力を追求し、モラハラしているからです。本当に狭く器の小さい世界です。それでも、彼らの主張を理解してからでないと、いくら真理だと言っても笑われるだけなので、我慢してどうでもいいようなことも読んだり聞いたりしています。

 福祉も障害学も社会学も苦手です。勝手にしていてくださいとしか言えません。私は興味がありません。
生存学として、真理との邂逅なら興味はあります。それでも徹底的に求めた末、「なんとなくスッキリしない」 「もう一つ安心出来ない」という人だけ話します。でも、そうじゃない段階の人には友人として、もしくは知り合いとしてとかは世間の付き合いもし、話します。でも、真理の話は、かなり厳密で厳くなるのでしません。歎異鈔第二章が震えあがる程、とても厳しい話であると分かる人にしか話はしたくないです。優しく共感的で尊敬の念を持つだけの話だと思っている人たちとは感覚が違います。
感謝していること
久しぶりに疑いの話をしました。分かり合えている感覚が有難いと感謝しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分のできることが使命 今、この瞬間を精一杯生きていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる