あげばをわすれたり

親鸞聖人の御和讃が余りにも素晴らしくて何も言葉が出て来なくなってしまったと蓮如上人はおっしゃいましたとご一代記聞書にあります。

 中興の祖として日本全土に浄土真宗を広められた蓮如上人の宗教家としてのご布教の能力が優れていたばかりではなく、阿弥陀仏や祖師聖人を尊く感じていらっしゃったことが垣間見れるエピソードです。

 このように先日の公開講座で教えていただきました。

 先生は続けておっしゃいました。

「私を含めてこの中には僧侶の資格を持つ方もあるでしょう。蓮如上人のこのような気持ちも忘れずにいてください」

 実際、本物の室町時代の御文章を拝見できたのも嬉しかったですが、先生のこのお言葉が有難く勿体なかったです。


 蓮如上人の御文章の聖人一流の章がの仏の方より」のところで言葉に詰まってしまった現代の行信校の学生のことを思い出しました。

感謝していること

 尊い方たちとのお出合いに感謝します。本当に心が洗われる気がします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック