完全にまかせきれたら独占も執着も要らないのに・・・・・・

 阿弥陀佛のことが何の疑いもなく信じられたら他力に救われ、自力の臭みが消えます。
 
この世のことでも、大好きな誰かのことが心の底から信頼出来たら、不安は消えます。
 自分に対して自信がないから、疑ってしまうのです。人と人は相手の容姿など外見でもなく、能力の有無や名利などの持ち物で一緒にいたいわけではありません。同じ価値観や未来への展望を持ち、一緒にいて楽しく嬉しい関係でいられたら、特別努力しなくても独占や執着で縛らなくても、心に寄り添って離れてはいきません。

 思い遣り、優しさ、慈しみを相手に常に掛けつづけていけば、余程の根性曲がりな相手でなければ、ある程度は、同じような反応はもらえます。ただ、どうしても多くの時間を自分と共に過ごすことを欲するなら、そのときは、覚悟が要ります。
 他の佛に心をかけ、自分の力をあて頼りにしている内は救われません。阿弥陀佛一佛を信じる気持ちを賜った時が信心を獲たときです。
 人に対してもこの人だけと心が定まらない内は自分に自信が持てず、相手の気持ちも疑ってしまい苦しいときが続きます。
感謝していること
 疑いが完全に晴れてから、人生観ががらりと変わり、安寧と満足のうちに人生を楽しんでおります。有難く感謝しております。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック