アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「生き方、考え方」のブログ記事

みんなの「生き方、考え方」ブログ


人間の慈悲が小慈悲である三つの理由

2017/09/18 07:37
 仏の慈悲が大慈悲であるのに対して、人間の慈悲が小慈悲であるその訳は以下の3つのことがらに因ります。
 @相続しない

  続きません。コンスタントに恒常的に続く慈悲ではありません。
子どもを亡くした時、自分も一緒の棺桶に入って死にたいくらい悲しくて仕方がありません。でも、時が過ぎ、その子を結婚させる頃になると、「あの子がいたら今頃このくらいお金がかかっていたところだなぁ」と、つい身勝手なことを考えてしまいます。

A我がついている

 自分の子どもは可愛いけれど、他人の子どもは我が子に比べると大したことがないのです。我が子は自分の分身ですから、貶されると自分が酷く言われているように心が痛みますが、よその子にはそんな気持ちは起こりません。自分と双子のように感じている子どもが言うことを聞いて従順である時はよろこべますが、一度反旗を翻すと、気が狂わんばかりに動揺し、何とかしようとします。それは子どもが自分のものであるという我がついてるからにほかなりません。

B盲目である

 これが一番厄介です。仏さまは智者です。智慧があるので正しく導けます。しかし、人間の知恵は仏さまとくらべたら、本当に浅はかです。これを自惚れ強い人間は認めたがりません。反対に、仏教や仏さまを目に見えないなどと言って馬鹿にするていたらくです。どこまでいっても、人間とは救いがたく愚かな生き物です。助けようとしてもその手立てが分からず盲目なので、かえって子どもをスポイルする結果になります。

 本当に助ける知恵も手だても持たないにもかかわらず、「自分が何とかすれば子どもは改心する、本来私に似て素直ないい子どもなのに、周りの環境のせいで今はああなっているだけなのだ」と問題の所在を直視せず、他のせいにしたり、自分が何とかしたら何とかなるものだと自惚れが無くなりません。まるで王舎城の悲劇のイダイケ夫人そっくりで笑えません。

また、自分がだめでも、他の迷った人間である、医者やカウンセラーもしくは宗教家などをあてにします。所詮、彼らも迷った人間であり、仕事で生活のためにしています。クライアントや信者の子どもである我が子はたくさんのうちの一人にすぎません。一般論や今までの上手くいった事例を示すにすぎません。そういうひとたちに大金を払い騙され頼り切るとえらいことになります。

 同じく職業としている人でも、自身も救われていて、満たされた人は今目の前の困っている人に対して、多額のお金を要求することはありません。既にお腹一杯だからです。そこら辺が本当に助けてくれる人かそうでないかを判断する基準でもあります。

小慈悲しか持てないという自覚が出たら、問題は我が子ではなく、己自身であることに考えがいたります。自分自身が救われることが大切なのだと知らされます。子どものことを放ってでも、自分が救われるために奔走します。私が本当に当て力に出来るような心境になる大慈悲に遇いたいと求め出します。命にも限りがあるので、少しでも早く安心満足の身になりたいと希うようになります。


結局、人間の小慈悲などに縋るな、ほかの誰の問題でもなく、我が身が助かることこそが、今生に生まれて来た目的であったのだと、子ども自身が身を以て教えてくれているのです。たいしたものです。子どもだけではなく、夫や妻や恋人と置き換えて考えてもいいでしょう。いろいろ考えさせられます。


感謝していること

大悲大智の仏さまと一緒のお浄土への旅はいろいろありますが、気楽なものです。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


苦しいのは真理を知らず、迷った自分ばかりに目が向いているから

2017/09/16 07:05
 人生は苦なり。

 このことを理解していない人がほとんどです。

 この世に生を受けた以上、人生は全てが苦しみなのです。

 なぜなら、迷いの世界で生きているから。

 迷っている中でしていることは全て色や形は変わっていても苦しみだという簡単なことにきが付いていません。

 

 それでも、人は誰かや何かに縋ります。

 一番身近で利害関係なしに接してくれるのは親です。

 そして、その次は高潔な先生です。


 産んで育ててくれているだけでも大恩がありますが、それを当たり前に流している子どもばかりです。こんな子どもたちは不満ばかりで、親に孝行しようとは思いません。何かにつけ親の欠点を見つけては文句を言い、学業や仕事に精進することを願う親を罵倒したりします。嘆かわしいことです。自身が親になり、歳を重ね、親も苦しみにあえぐ一人の人間だということが分かったとき、後悔するのですが、その時は親は生きていないことが多いです。亡くなった親のも墓石に布団をかけて食べ物を供え、供養しても時すでに遅しということになります。


 先生は、保育園・幼稚園の頃から大学院に至るまで、素晴らしい人格方とご縁があれば、これ以上人生を変える機会はありません。ただ、それほどまでに公平で倫理的にも欠目のない人は滅多にいません。そういう先生に出合えたなら、尊敬し、質問を繰り返すことです。そうしたら、何でも応えてくれます。


 ただし、親も先生も限られた命を持ちますし、自分自身の人生の目的を果たさねばなりません。みんな迷いを抜け出すためにあくせくしています。また、親や先生自身が迷いを既に脱け出せたとしても、子どもや学生が抜け出す道をも教えられる人は稀です。自分のことで精一杯だからです。


 このように自分自身はなんと頼りないものであり、親や先生にも結局は人間の苦しみを救うことはできません。ただし、真理に目覚めた親や先生もしくは友だちに接している人は、どのように目覚めたのかを尋ねることが出来ますので、本当にラッキーです。それでも、導き方が上手い人にあたるとは限らないので、自分自身に目を向けるばかりではなく、自身で真理と対峙していく必要があります。自分の力では迷いを抜けられないと力尽きた時、真理が丸抱えしてくれていたということにきづきます。これが自力を捨てて他力に入ったということです。


 迷いの五欲の蜂蜜がまだ美味しい、それが実は毒であり依存状態になっていることにきづかないひとに何を言っても始まりません。自身が迷いの中におり、そこから抜けて真理と一体になることを目指す人にのみ、人生は全てが苦しみであり、そこを生きている今、苦しみのままよろこびとなる世界への解脱が待っています。


 中途半端なよろこびを、親や教師やパートナーに求めても、同じ迷ったもの同士、傷を舐めあうか、余計傷を広げるばかりです。真理との邂逅を目指す人にのみ真の楽しみやよろこびが訪れます。迷ったもののなかでいろいろしても、輪廻の中で形を変えて苦しみ続けるだけです。それをしっかり認識しないとなりません。

 感謝していること
 この世の死んで置いていくものや迷った人たちへの執着や依存は時間の無駄だと知らされてから、スッキリして淡々と生きられるようになりました。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


モラハラ被害を避けるために

2017/09/15 22:48
 以下のように感じることがあれば縁を断ちましょう。

 その際、いきなりバッサリ切ってストーカーになられると嫌なので、ソフトランディングとかフェードアウトがいいです。

 話が真っ直ぐに伝わらないと感じる。

嘘や言い訳や誤魔化しや言い逃れを繰り返す。

 謝罪や思いやりのある言葉を掛けることが嫌で、他人がいつも悪いという感じに追い込む。

 自分の手札を出さないのが自分の勝ちだと勘違いしている。

 相手の出方を観察し自分が不利にならない言動を用心深くする。

 後出し、じゃんけんのようなやり口を常用とする。


腐りかけた食べ物と同様に、毒になる人間関係も早めにポイ捨てする見切りが肝要です。

 なぜなら、人間関係も生ものだからです。リアルタイムで関わると有害になると判断したら、いつまでもそんなものに執着・依存していると時間の無駄です。

 戦うか逃げるかしないと心が静かに落ち着きませんが、モラハラをするような奴は戦うには余りにも低俗で器が小さい相手なので、仕返しをするとか謝罪をさせるとかで関わるのは無意味なので逃げましょう。ズルズルと関係を持つことは自尊感情を限りなく小さくして、生きているのさえ嫌になりますから。関わらず、逃げるのが一番です。

感謝していること
モラハラは、自分ばかりではなく、相手にとっても、関わりを断つことが最大の親切であることがコトリと心に落ちました。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


メンターや先生や先祖・両親から受けた御恩

2017/09/07 12:42
 陰に陽に懇切丁寧に、ご指導賜ったメンターや先生方。
 何代もに渡って私に生き方の方向性を示してくれた両親・祖父母以前の方々の薫陶があればこそ、今の私があるのだと、私の仏教の先生についての論文の研究を通して深く強く感じられました。

 若いころからメンターには恵まれて、色々なことを丁寧に優しく教えていただきました。何も見返り求めず、子どもや孫のように人生で必要なことを示して見せてもらいました。怖がりの私にはそっと、優しく微笑みながら、ご自身の持っているものを伝えてくれるメンターの方々の思い遣りが嬉しくて、私もいつかはこの方々たちのように生きようと決めていました。

 大学以降に指導を受けた先生方も出し惜しみすることなく様々なことをご教示くださいました。また、まだ解明されていない、いろいろ難しいことや、問題点なども、時には対等に話をさせていただいてきました。分からないことは分からないと誤魔化したり言い訳をしない真摯な態度に心を打たれたことが何度もあります。
 
 研究では、先生のお父さま、お祖父さま、曾祖父さま、高祖父さまのことが調べている内にいろいろ分かってきました。お父さまのことは、書籍などで少し存じ上げておりました。その文章の中でお祖父さまのことも書かれてありました。お二人のお連れ合いの素晴らしいことも存じ上げておりました。さらに文献をひもとくうちに曾祖父さま、高祖父さまも全てが篤信の方で親孝行であったことが判明しました。おそらくそれぞれのお連れ合いも立派で仏縁の深い方々だったと存じます。

 私は明治生まれのおばあちゃんに可愛がられ育ちました。おばあちゃんは栃木の生まれで、両親が離婚したため、父方のおばあちゃんに引き取られ育てられました。この方は私にとったら高祖母であり、彼女は武士の娘で教養があり、仏教やほかのいろいろな話をおばちゃんにしてくれたそうです。それをおばあちゃんは私にも話してくれました。
 先生の家のように篤信の家系ではありませんが、おばあちゃんと一緒にいる何気ない対話の中で、私の人生の方向性、すなはち、仏教に本当の生まれて来た目的があることが知らされました。

感謝していること
 仏教の教えも、釈尊や七高僧や親鸞聖人・蓮如上人そして、今の先生まで教えが受け継がれてきたからこそ、真理との邂逅に有難く不思議とよろこんでいられるのだと感謝せずにいられません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


気持ちを受け止める

2017/09/04 08:11
 自分にとって不都合なことを言われた時、言い訳をしたらもう関係は終わります。

 相手よりも自分の立場を優先し、保身に走っていることを露呈してしまったからです。

 もう二度と相手は心を開かなくなり、これを境にどんどん疎遠になっていきます。


その捉え方はあなたの勘違いで自分にはこういう言い分があると反論して反対に相手を責めようとか、どちらが正しいとかという観点での対応は学問や議論の世界です。

 個人的な関係では、謝罪や勝ち負けを要求などはしないものです。ただ、相手との快適な温かい関係を保ちたいだけです。

 目の前の大切な誰かに自分の気持ちをきづいて欲しいから、敢えて言いたくないことを言っているのです。また同じことをして欲しくないし、そんなことが積み重なったらもう姿を見るのも嫌になりそうだから。本来、誰だって嫌われたくないし、表面上穏やかに差しさわりのない関係を維持している方が楽ですが、今言わないといけないと何かに背中を押されて言う時が一生の間何度かあります。


その反応として、言い訳よりさらにもうひとつたちが悪く関係性の破たんを招く言葉があります。

「自分とは関係ない」

「あなたには関係ない」

これは相手との関係を敢えて断とうとしているときに使う言葉です。一度口にしたら修復不可能で、決して言ってはいけない言葉です。人間性さえ疑われる冷たく非情な言い方です。これからまだ、そのひとと何らかの関係を保ちたいなら死語です。感覚としては「黙れ」とほぼ同等のレベルです。


 それならどんな風に言えばいいかというと、シンプルにこれで構いません。

 そうだったんだ、きづきませんでした。

 言いたいことは分かりました。そういうつもりはなかったけどもうしません。


 言い訳の伴う正しさなど誰も求めてはいません。

 目の前の人といかに真摯に向き合うことができるか、一瞬、一瞬の、今ここの、心の触れ合いを積み重ねていくことが肝要です。

 人間関係は同じようなひと同士の中で高め合い、共感、共鳴し合えるのでしょうね。

 感謝しいていること

  仏教の研究をしているといろいろなことが知らされます。日常の様々なところに学びがあります。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自立なんてできないのに・・・・・・

2017/08/29 07:12
 人間は自立が出来ないからろくでもない配偶者などに依存・執着してDV・モラハラなどの被害に遭って命まで奪われるのに。

 それでも自立しろと勧めるひとたちがいます。

 それは無理な話です。

 依存・執着を手放すには自分を信じるというより、真理に身をまかせる邂逅の体験を経ることです。自分の力は間に合わなかった、あてになどできなかったと知らされたところに本当の救いがあります。


 誤った考えを信じて、一生を棒に振る前に、他人や自分といった不完全な人間ではなく、真理を求める方向にシフトしてください。

 ひとも自分も縁があれば何をするかわかりません。迷いの凡夫ですから。

 人間の頼りないところに目を付けるよりも、真理とつながり、本当の意味での安心満足を体験してください。そうしたら、自立というより、真理と一体化した境地を楽しめますから。全てはつながっているのです。そこまで求め切ってください。

感謝していること

 何が正しいかそうでないかは迷った二元論です。救われた安寧の世界をよろこんでいることが大切です。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自分の気持ちに素直に生きる

2017/08/28 09:28
 嫌々何かをするのは止めました。
 
 嫌なら黙って身を引く。
 苦手な人を無理に変えない。
 怖れや怒りを隠し持つ人には自分から関わらず、ひたすら待つ。
 誰かの都合のいい人にはならないで、仏教の教えや、自分の倫理観に基づいて生きる。
 
 本気で生きていきます。 
 私に残された時間はもうすぐ終わるので。
 生き切ったという日々を重ねていきます。
 自分を愛おしみ、ひとも同様に。

 いま、ここを生きていきます。
 泥やあくをさらに落として、このまま、ありのままで生きても気持ちがいいすっきりした状態に持っていきます。

 感謝していること
 周りの人たちが私に余分な泥やあくの落とし方を懇切丁寧に教えてくださいます。
 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お誕生会

2017/08/28 08:37
 日本人の私はお誕生会をしてもらったり、年に何度も企画したり参加したりしてきました。それが当たりまえで、普通のことだと思っていました。
 ホールケーキにろうそくを立て、ハッピィバースディの歌を歌い、プレゼントを渡し、開けてもらい喜ぶ顔を見て、ご馳走を食べながらおしゃべりする。何でもない流れの温かい空気の中、笑いが絶えない会がお開きになります。
 企画は一人でする時と何人かでするときがあります。誕生会は祝われる本人も楽しみですが、企画する者たちにとっても、どうしたら喜んでくれるか作戦を立てる楽しさがあるのです。
 
大好きなあの人のお誕生日を一緒に祝ってあげたい。また一年幸せでいて欲しい。日頃の感謝を伝えたい。そういう気持ちで一緒に時を過ごします。外国人にはまたそれぞれの地域でお祝いの仕方が異なるのでしょうが、お誕生日を迎える本人をただ愛おしく大切に想う気持ちは万国共通でしょう。
「会いたかったの♡〜」「私も」
「理由なんてないよね。友だちだから一緒に居たいんだよね」「うん」
友だちは私にとって宝物です。

感謝していること
お誕生日を祝い、祝われるのは甘美で嬉しい時間です。真理との邂逅が済んで、心から両親や祖父母に私が生まれるご縁になってくれてありがとうと感謝できることをよろこんでいます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


こういう先生でいる

2017/08/28 08:19
 今の研究を終え博士号を取得したら実際教える先生として働きます。

 大学生相手ばかりではなく、幼児や小学生の先生かもしれません。

 教員資格としては幼稚園と小学校のもので、理論は専ら幼児教育を叩き込まれました。公立の幼稚園に実習に行き、自らの子どもも公立の幼稚園に入れ、評価しない幼児教育が肌身に染みいています。

 日本だけではなく、依頼された国々で通訳をしてもらい、世界中の大学や幼児教育の機関で教えているかもしれません。どこかの国で学校を経営しているかもしれません。

 このまま、ありのままで自分を誤魔化さず、ひとにも嘘をつかなくていいのは教員であるという気がしますので。

  私は学生や小さい子どもたちの一生懸命な瞳からくる眼差しに惹かれます。

 吸い込まれてしまうのではないかという瞳は逸らすことが出来ません。

 子どもたちや学生たちからこういう眼差しを向けられたら放っておけません。

 幼児や小学校低学年の子どもたちは、自分の知っていることを顔中口にして教えてくれます。そのうち仲良くなると、自分の家族のことなどを話してくれるようになります。

 「先生、そういうの知らなかったの。教えてもらえてうれしいわ、有難う」

 「そうなんだ、素敵な親御さんね」

 「そうか、怒られちゃったの。せっかく喜んでもらおうとしてたのにね、気持ちが伝わらなかったんだね。辛いし、怖かったね。先生が頭撫でてあげる、よしよし、もうこれで大丈夫」

大学生・院生の成績はほとんどAで、無回答や出席が足りない人にはほかの評価をにします。彼らの答案の行間まで読み取ることは不可能だからです。同じ大人同士として彼らを評価することは私には出来ません。

 講義中や終わった後や、レポートやメール等でもいろいろ知らないことを教えてくれるのが楽しみです。中には私を信頼してなのか、自己開示をしてくれる学生もいるかもしれません。宗教家やカウンセラーとして出来る限りの話をする所存ですが、成績をつけた後に答えるつもりです。

 もし学生が、私の講義を聞いてやる気が出たり、前向きになったりしたらそれだけで感動ものです。自己開示をしてくれたなら、何とか心に寄り添ってあげたいです。よっぽど潜在意識で、苦しいか辛いのでつい口にするのでしょうが、本人は心に蓋をしているので顕在意識ではきづいていないかもしれません。

 ただ、他人に自分の心の内を話すだけでも、抱え込んでいる状態よりはずっと進歩していますから。蓋が緩んだか、入れ物が割れてそこから本音が少しずつ漏れ出ているのでしょう。自分の気持ちにきづく兆候のようなものが見て取れます。その時の縁を逃すとまた蓋も閉まり、穴も塞がってしまうかもしれません。そういう残念な状態にならないように、何か役に立てたらと存じます。

 ほとんどの学生は幼児や小学生と同様に洗練された本心など表現できません。泥だらけの本音を平気で持ってきて、綺麗にしてくださいと差し向けます。教師が試されているのです。落としてやるのではなく、落とし方を教えるのが教師の役目です。時には一緒に考えます。

 もしかしたら教師よりもずっと素晴らしい落とし方を学生が見つけるかもしれません。それがベストです。そうでなくても、自分で分かったという方向に持って行くのを助けるのが教師の仕事です。就職や様々な相談にも自分の人生経験や知識を総動員して、対話を通して考えます。

 こんな先生になるために、今学んでいます。

感謝していること
 今までお世話になった恩師を思い浮かべながらこの文章を書いています。何人もの先生たちから真摯な生き方を学ばせていただきました。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自分以外のひとを想う深さの度合い

2017/08/28 08:13
 互いに求める気持ちの深さがお揃いでないと上手くいかないのかもしれません。

 あるひとが結婚してすぐに妻にこう言ったらしいです。

「もし、あなたが不埒なことをしたとしても、私は絶対離婚しませんから」

 こういう深遠な信頼関係もあるのだと知らされショックを受けました。

 好きだとか愛しているという次元を超えている気がします。

 このひと以上の相手は世界中どこを探してもいないと確信した言葉にも受け取れます。

 言われた方もそれほど信頼されているなら私も真摯に連れ添っていこうと覚悟を決めたことでしょう。

 

 夫婦ばかりではなく、師弟関係でも絶対的な信頼関係が築けたらどんなにいいか分かりません。出合いは不思議です。いつどんなときに大切な誰かに出合えるか分かりません。

 そういう機会を大切にし、初めだけではなく、お互いに、その時感じ合えたお揃いが保てるように精進して行けたらと存じます。

感謝していること
 佛さまは私の心の奥底まで見抜いていらっしゃいますが、絶対見捨てはしないとお約束されていますので、安心していられます。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
救いやさとりをどう表現するか
 ものがらは同じでも、表現方法は千差万別です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/27 09:35
稲垣瑞劔師の原稿作成の心得
「(1)智者のために書くか、(2)信徒の為に書くか、(3)自分の領解 を述べるか、(4)他の人をして浄土へ誘引するか、右、何れか、目標を決めて、(5)さらさらと書き流すべし。目標が外れておってはいかん。四つの、どれが「わるい」、「よい」というのではない。目標を決めて書く。ということが大切である。 他の人を浄土へ誘うとなれば、これは親切が欠けてはいかん、同じことを繰り返し、巻き返し、というものがなくてはいかん。そうして、ただ(5)さらさらと書き流すべし。 悪いのは(6)名利のために書くのは下... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/24 08:53
菩薩の念仏
 菩薩行の念仏そして菩薩のイメージを私の先生は次のように表現されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/23 23:11
心が振るえ、なおかつ温かいこと
 いろいろな雑多な感情を手放して、自分自身そのものの感覚で生きるようになったら、時々心が振るえるような感動があり、それはとても心地よい温かさを伴います。  死の恐怖の解決に裏付けられた絶対的な安寧と人生全般に対して何の不安もなく、やってきたことをこなし、今いるところで精一杯生きるだけですが、これは何とも言えず自由です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/23 09:26
研究と金
 大学にも個人研究者に対しても、国家から多額のお金が支給されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/22 12:18
お金持ちの反対は貧乏人ではなく「下品」
 私は「下品」が「苦手」です。「避けて」通ってきましたが、たまに予告もなく真正面からぶつかってくる人たちがいて、随分嫌な想いをしてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/20 10:11
死を考えず生きることにしか注目しないのは、トイレがないノンストップの乗り物で移動するようなもの
 死の恐怖(トイレを確保すること)が解決されていないと、人生をおもいっきり謳歌することはできません。食べたいものも飲みたいものもセーブして生きなければなりませんが、必ず死(トイレに行きたくなります)は訪れます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/19 09:14
本当に嬉しいことはほんの些細な日常の中に隠れてる
 女王(自分の王国の)気質の私は他人に負い目を感じさせたくありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/18 09:24
何となく思い出したこと
 往相回向・還相回向の連続性の中にいるなら、無理なことをしなくても、流れに任せたら全てが上手くいくのではないかということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/18 00:34
何もいらない、欲しくない
 ある時、ふと感じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/18 00:29
『ささやかだけれど、役にたつこと』 レイモンド カーヴァー著 村上春樹訳
 修士の英書講読の講義で読みました。後に村上春樹の訳でもう一度味わいました。勲章も讃美も要らないけれど、日々の珠玉の出来事は大切な宝物だと知らされました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/16 17:34
信頼の上にあるもの
 口に出さないけど、居心地のいい安心な空間を共有することが出来てる実感。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/15 20:34
信頼し合えたひととはこの世の縁が終わるまでお揃いの気持ちでいます
 信頼し合えたとひととは、何度も対話をして、その人の言動を見聞きして、その上で大丈夫と感じたひとです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/11 10:28
死をまさに今自分に迫り来るものとして向き合う機縁
 高校二年の春にある原因で、自分の死を覚悟しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/11 10:24
他者の死の恐怖を自らのものと感じるリテラシー
 底知れぬほどの恐怖や不安、泣くこともできないくらいの絶望感。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/09 08:28
内面と外面を一致するように生きる
 思っていることと、言動が違うと苦しくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/08 21:45
ある人との今後関係はその人が現在親とどう関わっているかで分かる
 虐待やネグレストなどいういわゆる毒親に育てられたとしても、現在、自分が生き甲斐が持てる人生が送れているのなら、何の不足もないのではないでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/08 21:40
幸せでいる覚悟
 一番大切なものは目に見えないものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/08 09:15
自我を剥き出しにする他人の本音には向き合わず避けてください
 自分以外の誰かに対して攻撃的なもの・反撃したい感情は時として表出することもあるでしょう。それを前面に押し出すのが、男性たちの結束する世界各国の暴力を手段とする団体なのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/05 15:06
モラハラ・DVする人物は心の闇が深いので対処法や覚悟がないなら逃げた方がいい
 あのひとは本当は素直で心がホットで根はいいひとなのだから、私が頑張ったらきっと時々見せる優しい状態がずっと続いてくれるようになるという考え方はキッパリ捨ててください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/05 10:06
「もしもこの身体の拘束がなく自由なら・・・・・・」
 いつでも身体から脱け出して、大好きで大切なひとの所に飛んでいけたらどんなにかいいのに。思っていることが全部わかって、心と心が寄り添えて、優しい気持ちだけ伝えられたら嬉しいのに。意地や我慢をしなくてもいいのに。身体を持つがゆえに人はさまざまな制限があり、いつも一緒にもいられず、心底分かり合えません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/02 07:51
人生は「五欲街道」の「五欲道路」を死に向かってひた走る
 もしも迷いから覚めることが人生で出来ないとしたら、人生はただの苦しみでしかありません。街道沿いにはたくさんの魅惑的なものが立ち並び、そこで刹那的快楽を満たします。 この街道の旅は、どの道路を選択しようと先が見えない暗闇を行く者ばかりがいるので、誰と一緒に居ようとも安心も満足もできません。道にいるほかの人とは、暗くてお互いが見えず、気持ちを共有することも分かち合うこともできず、近づくとお互いの針が刺さり血が出るし痛いので、距離を取るのですが、離れても寂しくて、どうにもこうにも不安定で傷つけ合う... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/29 09:24
共感と同意の相違点――共生の試みと正当性に基づく論破という手段――
  研究を続けていてふと疑問に感じることがあります。   この研究はひとを幸せにするものだろうかと。   「そうだよね、わかるよ。こういう気持ちなんだよね。その気持ちを大切にできるように世間の人に分かってもらえるような論文を書くからね。」      私の研究の原点は自他の幸福にあります。それを抜かしたものは研究のための研究であり、ただの時間つぶしでしかないと私は認識しています。   加えて、私は社会学者が苦手です。それで、社会学の手法で論文を書くことを諦めました。彼ら全部とは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/28 09:48
仕事に定義は不要、根底に慈愛があり、使命もしくは人生そのものとして上書きするもの、生きること
 自ら看護師の資格を持ち、大学の教員として看護の分野で教える先輩の発表を聞きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/24 23:38
熱意と感動で使命を伝えるには素直さと話し合える仲間が必要不可欠
 まだ燃え尽きていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/23 23:39
今、爽やかに、軽やかに、笑って生きる
 娘を産んで産院から自宅に帰ってきて、具合がよくなく、一月ほど寝たきりの生活が続きました。一時はトイレにも這っていくような状況でした。1メートル進むのに何分もかかりました。身体中の感覚が戻らず、このまま死んでしまうのではないかと本気で感じました。普通に歩ける、体のどこも痛くないで、他人の世話にならないで自由に何でもできることが当たり前ではなかったのだとその時、分かりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/22 10:28
人生は軽く始まり重くなりまた軽くなる
 二度目に軽くなったときが卒業の時なら、もう人間も卒業できるのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/16 18:20
視座を上げると見えてくるもの
 最終的には自身は生死を超え、全てがつながっていることが分かります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/16 10:26
いま ここを生きる
 http://ameblo.jp/twinflame1111/entry-12286059796.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/16 00:55
三昧を生きる
 好きなことを好きといえて、自由自在に生きる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/16 00:30
幼稚園や小学校の先生の役割
 先生には褒めてもらいたいのが小さいひとたちです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/16 00:25
どうせ死ぬなら使命を果たしつつ、後進を育てつつ優しく生きる
 生きる目的は生死の迷いから覚めて、その状況に至る過程をほかの人に伝えて共有することでした。まだまだ道半ばです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/14 07:56
聴くということ ――博士学位審査公聴会にて――
 浄土真宗の説法を初めて聴いたときから、私は命がけの聞法を何十年も重ねました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/13 22:21
おそろいかそれ以上苦しんで、他人には同じ思いをさせないと決意した人となら・・・・・・
 何だか辛過ぎて思い出したくないことが私にはたくさんあります。おそらく蓋をして閉じ込めているんだと思います。そうしないと崩壊してしまいそうだから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/12 00:46
蛙化現象
 グリム童話の『蛙の王さま』をモチーフにした現象らしいです。エヴァンゲリオンの劇場版の「airまごころを君」にの最後の場面の「気持ち悪い」というセリフを思い出してしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/10 10:33
人間に生まれて来た意味
 迷いを抜けるためです。  人間の時にしか迷いを抜けることはできません。  苦しみが重くのしかかるようなところ、楽しすぎるところでは迷いを迷いと感じられず、どうしたら抜けられるかなどとは考えられません。    浄土真宗の聴聞で初めて聞いた説法は「人身受け難し」でした。  迷いの六道で迷い続ける私たちは人間に生を受けた今、阿弥陀仏のご本願の生起本末を聞き疑いなく信じた時、この迷いのサークルから抜け出ることが出来ます。  そもそも六道の中では、地獄・餓鬼・畜生界に生まれるも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/09 18:42
HSP 敏感すぎる人たち
 https://susumu-akashi.com/2016/10/hsp/#i  怖がりだったり、目に見えないものを感じたりするのは私がHSPだからかもしれません。  同じような感覚の人といるととても安心して信頼できることにきがつきました。  非HSPやアスペルガーのひとたちとは分かり合うことが困難ですが、おなじHSPのひとは外国の人でも何の垣根もなく分かり合えるのはこのせいだったのかもしれません。  また論文のテーマが増えてしまいました。  感謝していること  心配し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/09 18:37
今度はもう逃げたくない
 怖がりの私は何か少しでも不安を感じるとひとと距離を取ることで逃げていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/28 09:39
ひととしてリスペクトできるかどうか
 あるとき、あるひとと知り合い友だちになる、同性として異性として意識してただ愛おしい掛け替えのない人だ感じながらお付き合いし、心を通わせるいろいろな段階を踏んでひとはさまざまな関係を結び深めていきます。初めは本当に細いすぐにも切れそうな糸を紡いでいき、少しずつその糸が太く強くなっていきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/28 09:33
学問を飯のタネや名声を得るためにすることなかれ
 清貧に徹しろというのではありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/27 23:05
出合いに感謝!
  今日はずっとお話ししたかった方とお会いできました。本当に嬉しかったです。以下のようにお礼のメールを書きました。  今日は有り難うございました。  自分の進むべき道や心理学やスピリチュアルのことを聞いていただきとても嬉しく存じます。今、二条校舎のラウンジでメールを書いています。木曜の講義までに読んでくるようにといわれたレヴィストロースの本がもう少しで読み終わるので、とりあえずお礼を申し上げようと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/21 08:11
ひと(女性)は物じゃない!
 戦闘状態においてひとは人間性を失い野獣化してしまうのだろうか?  私の単純な疑問です。平和時においても男女とも頭でも心でも魂をも超えた、霊的レベルで徹底してわかり合おうと出来るような、無償の愛を与え合える相手でないと性的関係には絶対ならないというストイックなひとはいないのだろうか?   今日は慰安婦についての講義を拝聴しました。  自身の亡き父は昭和10年生まれでした。父より5歳くらい上の人たちは軍人として戦地に行っていました。それらのひとたちは90歳近いですが、異国に送り込... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/16 23:51
この世でおそろいの真剣さでお互いに向き合うことはできない
 <どちらかが先に行き、追いついたと思ったらまたおいて行かれ、いつまでたってもぴったり「おそろい」の憶いでいられるひとはたぶんいない>  これが私の今のところの結論です。  いつか人間じゃなくなったとき、そこで一緒のひとたちが「おそろい」のひとでしょう。  私は欲張りで、妥協したくないのでひとに憶いを求めることは止めました。いろいろ走り回ってもがかないとこう考えるところに至ることはなかったのでしょう。  感謝していること    新しい見地から、物事を感じ再構築していくことはと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/14 22:43
自らが周りを照らす明かりになる――命懸けで生きること――
あのときから、私の新しい人生が始まりました。真理との邂逅を果たしたその時からです。それでも私はその魂の転換点がどれほど重要であるかが分からず、御恩報謝の真似事をしながら、自分がすると決めた方向に向かって生きてきました。そうしているうちに、余計なものはそぎ落とされ、真っ直ぐに自分の使命を果たすべく進んでいることに気が付きました。出合うべき人に出合うし、すべきことをしていました。だから今は肩の力を抜いて、流れに身をまかせている状態です。仏教の先生から言われました。「あなたは今までは80%自分の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/14 08:29
○○「だから」好きは我欲を満たすアクセサリー、○○「でも」好きなら何より愛おしいひと
 なぜパートナーや片思いの相手を好きなのか考えたことがありますか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/12 11:23
自分が克服したい何かを既にクリアしたひとを求める
  このひとなら自分自身も分からない何かを克服できるかもしれないと感じられるひとに誰しも惹きつけられます。このひとなら自分のモヤモヤした心の闇を照らしてくれるのではないかというひとを見つけたら、蝶が花に導かれるように近づいていきます。これをご縁と呼ぶのかもしれません。  もしもそういうひとと出合ったら、離れてはいけません、離してもいけません。納得いくまで教えてもらってください。どうしたらいいのかを。きっと教えてくれるでしょう。直感を信じてください。どうしても、遇いたいと思っていたら、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/12 07:22
なぜ人を殺めてはならないか、それと同様なことをしてはならないのか
 これをしたら人間の皮を被った獣になると私が感じていることが二つあります。これらは死んでもしないと決めていたし、これからもしないことでもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/11 22:47
障害者運動で当事者運動か本人運動かわかりませんが、本当に大切なことは何?
運動の主体の名称の違いが「当事者運動」か「本人運動」かで内容がどう違うのかは私には区別がつきませんが、そのひとたちが「どのように生きたいのか、周りとどのように共生したいのか」その内容そのものが明確なことが大事です。    最終的には、障害を持つ人たちが、その障害をもっていてもそうでなくても幸せだと感じられるところがゴールでしょうか。障害をもっていたからこそ、こんな経験が出来たと感謝出来たらなおいいでしょう。  ただ、これではスピリチュアル的なゴールと受け取られてしまうかもしれま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/11 20:50
自分の直感を疑いなく信じること
 いろいろなひとに遇い、いろいろなものを見るにつけ、私はその場3秒ほどで感じるものは大体当たっていました。でもそれを信じられずに多くの辛い経験をしてきたので、私は自分の直感を信じることにしました。こういう考え方に切り替えてからは、後でやっぱりあの時感じていたことが当たっていたと感じられたとき、「そうだったんだ」と妙に割り切れています。それであまり期待しないでいられて随分生きやすくなりました。   暗い・消極的・生気がない・ワクワク感がない  こんな時はきっとこの人やものとは縁がないだろ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/09 20:28
何よりも愛おしいひととは
存在そのものです。  そのひとが自分に何かしてくれるという利害関係はないのはもちろん、外見や資力でも知性でもありません。それらを目的とした関係は相手が病気で寝たきりになったり、外見が老化したり、破産したとしたらあっさり破綻します。  一緒に居て楽しいより、安心でき何も考えずにいられる感覚を共有できることです。  かりに裏切られたとしても仕方がないと感じられるほどの信頼関係です。  無償の慈愛と言い換えてもいいかもしれません。何かを受け取りたいのではなく、ただそのひとが生きて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/07 18:00
慈愛の等価性「おそろい」の憶い
 同じくらいの深さや広さの慈愛を持っている人同士が引き合う気がします。   「おそろい」じゃないと満足できないんだと。安心できるってそういうことなんだと。  その「おそろい」の親の所に生まれてるんだけど、それが分からなくてすれ違う。パートナーや友だちは選べるから、「おそろい」の人とじゃないと上手くいかないってことやっと最近分かりかけてきました。どちらともなく居心地が悪くて離れてそれっきり。反対に、おんなじひととばかりいたくなるのは無意識に「おそろい」を求めて安心したいんじゃないかって。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/05 07:57
自分にとって必要な人とは
潜在能力を認めてくれて、必要な時お願いしたら、それをサポートしてくれる人です。これがわからないから、これを手伝ってほしいからと言われた時にだけ助けてくれて、後は黙って見ていてくれる人です。ほかはたわいもない話をしながら一緒にいると楽しいというより落ち着いていられる人です。楽しくないより楽しい方がいいでしょうが、安心して何も考えないでいられる人の方がいいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/04 12:43
「やせたら着ようとしている服はずっと着れない」
今着れない服はもう着ることはないので思い切って手放しましょう。きついのに我慢して着ているのは、その無理が周りにも気づかれています見た目も痛いし、身体もしんどいし、ろくなことはありません。自分に合ったものを見に着けることが肝心です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/04 07:31
何もしないでただ笑ってそこに一緒にいられるひとがいい
 こんなこと言ったら変に思われるんじゃないか、嫌われるんじゃないかと怯えてびくびくしながら誰かと一緒にいるのは疲れます。好き嫌いはあるかもしれないし、仕方ないけど、せめて挨拶くらいはさわやかに、にこやかにしていて欲しい。何だか波動が下がるような態度をわざわざされても何だかなぁってさらにどっと疲れます。できたら、そういう同士で暗く低い波動の中でリラックスして欲しいです。私は自然光の明るさで中庸がいいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/01 17:20
「完全に信じて疑いが晴れることが一番難しい」
煩悩で作る罪で迷いの六道を回り、その煩悩を人間である私はどうすることもできないから、阿弥陀仏の本願を信じるしか救われる道はないと聞かされました。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/30 00:34
なぜ目覚めの境地を伝えようとしないのか
自身が六道の長い長の迷いから覚めた、廻心の体験をして、こんな素晴らしいことはなかったと知らされたのになぜ周りの人に伝えようとしないのでしょうか。  目覚めを望まない人は反発して嫌うかもしれません。それでも伝えられなければその人は迷ったまま、また六道を経巡ることを十分に身を以て知らされたのに不思議でなりません。    私には十分な能力がありません。話も下手ですし、表現力も人より劣り論文が上手く書けずに苦心しています。何一つ取り柄などありませんが、それでも御恩報謝の気持ちが止まりま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/29 22:43
気分が明るくなる言葉を多用する
 長く生きられるようには私は感じられません。いつもこの人と逢うのはもしかしたらこれが最期かも知れないという気持ちで接しています。幼少の頃より恥ずかしがり屋で人見知りの私は思ったことが言葉に出来ず随分悩み苦しんできました。周りにハッキリ意思表示する人を見ると、言いたいことをそのままストレートに言えたらどんなにいいだろうかといつも考えていました。  英語を学ぶようになり、あまり空気を読まず、謙遜もせず、ただあなたが大切だとストレートに言ってもてらいのないのが気に入っていました。英語で話すとき私は自... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/27 00:02
ひととしての最大の役割とは
 子どもたちや若い人たちを育てることです。  彼らは未知の可能性を秘めています。  それにきづかせて、サポートすることです。    私はあとどれくらい生きられるかわからないので、あることを考えています。  今までしてきたことを文章に残すことやワークショップなどで伝えること。そのために国内や海外のいろいろなところに行きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/26 04:46
苦手な人に最低限していること
 基本的に私は嫌いな人がいません。  でも苦手な人、出来たら避けたい人は残念ですがいます。  きっとそういう人は私に足りないところ、直した方がいいところを教えてくれています。私にとっては有難い人なんでしょう。  一緒にいるのは余り気が進まないし、胃が痛くなるのですが、そういうひとと、どうしてもいないとならない時は肚をくくります。  たぶん私が感じているように、そのひとたちも同様に私が苦手か嫌いでしょうが、それはお互いさまで仕方ありませんし、好きになってほしいとは言いません。ただ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/25 21:57
目的にひた走る超合理主義的生き方の功罪
 なぜ急がないのだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/22 04:27
スピリチュアル(一部真宗)カウンセラーとしての痛み
 今、真宗カウンセリングの論文の草稿にかかろうとしています。昨年の秋に投稿しようとしたものでしたが、諸般の事情で延び延びになってしまっていました。今回はどうしても出したいと願っています。ただ、それは私の博士論文の提出の為の条件である3本の査読論文を早く揃える意図ではありません。  投稿で載せた文章を一人でも多くのカウンセリングに関わっているひとに読んでもらいたいのです。というより、私のカウンセラーそして、ひととしての力不足のために中途半端になってしまったクライアントの方々への私が「あのとき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/21 20:41
意地悪な人って余裕がないの?それとも頭が働かないだけ?
 全てはつながっているのですが、生理的に気持ちが悪いもの、どうしても受け付けないものがあります。  それは他人を見下す、もしくは羨ましがる顔です。元々の顔はどうでもいいというか気にならない質なのですが、ある人たちの表情に比較やジャッジが入った時の他人の顔が私には耐えられません。鏡を持っていって、本人に見せてやりたいところですが、そこまでして他人を更正させようという親切心もありません。親しい友だちならするかもしれませんが、そもそもそういう意地悪な類いの人とは友だちになる縁は避けてきているので、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/20 20:38
本当に今生で願っていることとは
 食べることによろこびを感じることも少なくなりました。  大好きな誰かと食べると嬉しいですが、美味しいものが少しあればいいし、なくてもいいです。  着るものも、高いものを買わなくなりました。バブルの頃のような服は着なくなりました。シックで上品な色じゃなくて、ピンクと白とかパステルカラーなど明るい服を着ていますが、それも特にこだわりがありません。  表と裏に庭があって、薔薇や果実の木がある家に住みたかったですが、しばらくは今の家でいいですし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 23:36
手放すと見えてくるもの
 一生懸命追いかけてその真意を見定めようとしているときは気づかなかったことが、手放して一歩引いて客観的に見るようになると「そうだったんだ」とわかることがあります。  気に入っていて自分が追いかけていたようだったけど、実はそう仕向けられていたことだったのかと感じたこともあります。何事にも受身な私は押しが強いひととか状況に引き寄せられ、ついふらふらっとついて行ってしまう傾向にあります。それではだめだと自重してきたのですが、習慣というかなかなか改まらないものだと呆れてもいます。優柔不断とかスパッと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 19:39
さとりと救いについての研究
『わかっちゃった人たち 悟りについて普通の7人が語ったこと』 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 12:56
人生は苦なりを通った後の、境界のないところ
 肉体を持つ三次元の人間は自分と他人を区別して、いろいろなものを分けることで知恵が発達してきました。それでいい気になっているところがありますが、結局、二元論は境界という壁を作って、人と人や人と物を隔ててしまい、かえって苦しむ結果となってきました。多くのひとは、そのことにきづかずにいます。そしてより進んだ科学的発展に頼り、分かるはずのない人間の心を分析し、様々な心理学理論や療法を考えては挫折します。  思うに、便利なものがあってもそれを使いこなす知恵を持っていないと持て余すのでしょう。核物質の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/13 09:02
海外の友だちと海外でいるときに本当の私に戻れる
 物心ついた時から息を吸うのも苦しかった記憶が甦りました。  本当の自分じゃない私の仮面をつけて生きなければならない苦痛を感じていました。  そうしなければ他人が私を受け入れてくれないこと小さい私は感じ取っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/10 05:30
今日の今の一番最高な自分を提示する
明日は来ないかもしれません。  いろいろ積み上げてきて、自分の人生の中で今日が一番完成度が上がっています。それを活かさないと勿体ないです。いつかもっと今より何かできる自分になったら、それを見せてよろこんでもらおうと思ったとき、そのひとはもうこの世にいないかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/06 18:03
光を受けて心満たされている同士の関係は見返りを求めず風通しがいい
 風薫る五月となりました。  光と風をこよなく愛する私にふとしたきづきがありました。    真理の中にいることに目覚めた者同士の関係です。  同じ光を十分享受していて、心が満たされているので、他から何か足す必要がありません。何の見返りもいらず、それぞれが一人で立っていて、何も欠けていない円満な状態なので、風通しのよい爽やかな関係でいられます。ありのままの自分でいられるのは、こういうときで、こういう感覚だったんだときづきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/05 10:59
誰の庇護も要らないかのように自分の足で立てるまでには
 無条件で慈しんでくれる親、特に母親を疑いなく信じて甘えられたなら、そこを基地として、徐々に遠くに離れていけるものなのかもしれない。幼児教育の教科書にはそう書いてある。ただ、そういう親がいたことは本当に幸運なことかどうかはわからない。そんな親がいないからこそ、人間ではない真理のようなものを探す機縁になることもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/27 05:55
やっぱりめんどうだけど・・・・・・
 今日はヨガの話を聞きました。  ヨガは最終的に、心の池のざわめきがない状態を目指しているようです。  これは三昧の世界に通じるように感じます。  心が波立たないので、ありのままの状態が見えます。   幼少の頃虐待を受けた人たちは大人になったとき、優しさやよろこびのちょっとした顔動きのシグナルが見抜きにくい上に、怒りの表情のサインは敏感に感じてしまうようです。これって、とっても生きにくいですよね。人生損しているみたいに私には感じられます。他人のウエルカムなちょっとした笑顔には... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/27 05:50
怖いものを見てしまいました。(意地悪オーラ)
 ある人から言われました。  「人は急に変われないから。意地悪な人が急に、それも心の底から優しく変わることなんて不可能だから!。」  それはそうだなぁくらいに軽く考えていましたが、ある一連の事象を経て、いくらお人好しの私でも自覚できました。   何だかなぁと思っていた人と、この人、自己中、絶対超意地悪だと感じてた男性たちが、タブル意地悪オーラを周囲にまき散らしながら、にこやかな雑談交えてを並んで歩いているところに数日前にたまたま出くわしてしまいました。恐がりの私は、すぐに身体が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 01:23
その人の中の真摯さだけ見てるんだけど、私はいつだって・・・・・・
 年齢や年収や社会的立場がどうだって、どんな仕事をしてても、そんなの関係ない。  どんなときにもね、私、その人の中の光ってるところ、真摯さ英語で言うとインテグリティだけ見てる。それ以外は別にどうでもいい。   私にとって損か得かとか考えたことはない。  ただ、見習いたい、尊敬できるところを見てる。   心の中が透けて見えたらいいのに。  それなら嘘ついたり思ってもいないこと言わなくていいのに。  傷つけ合わなくて済むのに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 01:15
ロンドンでしたいこと
 ロンドンが好きです。イギリスが好きです。ヨーロッパも好きです。  古くて新しいものがとっても好き!  欧州は15回くらい行ってるけど、まだ行きたい!  映画もいい!街並みが好き!空がいい! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 21:26
私のターン
 やっぱり言わなくちゃいけないことは、キッパリ告げないと・・・・・・  止めて欲しいこと、改善して欲しいこと、心が凍るから絶対して欲しくないこと・・・・・・  どうせ言っても分からないとずっと不満を抱えたまま縁を切るのは卑怯だと感じました。  とっても不親切ですよね。もう、嫌われようとどうしようともう関係ないと思っていても、言うべきことはしっかり分かるように表現して去らないと・・・・・・  過ぎてしまって、辛かったこと、悲しかったことはともかく、今後、どこかで何かの縁がないとも限らないの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 21:18
ナンパ・お持ち帰り?
 知らない人について行ってはいけません  小さい頃、周りの大人たちから言われました。  大人になったら、街で知らない人が声をかけています。    何だ?ゲーム?  ついて行く人いるのかな?    たいていの人は、ガン無視です。  でも、中にはついて行く人がいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/22 17:03
自分を一番大切にできるのは・・・・・・
 他でもない自分自身です。  それが本当にわかるのは、真理との邂逅を経て、自分が本当に大事にされていること、大慈愛の中にいることにきづいた時です。  絶対に信じられる大きな安心、満足の支えを持つ自分の足で立つひと同士でなければ、お互いもしくは片方がもたれかかって、共倒れになります。  それは怖いことであり、避けねばなりません。    本当に心から信頼できる心境になったら、意地を張る必要もなく、裏も表もいいところも恥ずかしいところも見せられます。何もかも認めて許されることを知っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/22 17:00
直感を信じて!ダークサイドには足を踏み入れず、築かなくていい橋は架けない
 ちょっとでもやだって感じたら、そこは居場所じゃない。快く受け入れてくれる場所にいるのがいい。我慢することなんかないんだ。直感は信じていいんだ。  初め親切だった人が豹変したとき、何だか信じられなくて、いつかはまたあの優しいあの人に戻るんじゃないかって、本当はいい人なのに、私が何か言ったこと、したことが気にいんなかったから、私が原因であの人は意地悪な人に変わっちゃったのかもしれないなどとモラハラ・DVの被害者は感じます。いい人はずっといい人で、一貫性があります。親しくなったらもっといい人でい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 23:24
真理という太陽に照らされて光る月でいる
 私の存在そのものはただの器で、それも大したものじゃありません。  でも、自分を手放して真理に身をまかせてから、その光に照らされて、御恩報謝の道をちょっとずつ歩き始めました。歩いては止まり、しゃがみこみ、この身が無くなってしまえばいいのにと思うくらい悲しみ、それではいけないと考えてはまた歩きだし、時には幻だとわかっている楽しみに心を奪われ、自分のことをよく知らない人たちの評価に傷つき、明るいこと眩しいことが嫌いな人たちに身体中黒い膜で覆われそうにもなりました。それでも膜を掛けられても、膜の上... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/10 23:21
疑いなく信じきれたら、大切な人を耐久力テストで悲しませない
 里親や養子に行った先で、多くの子どもたちがすることの一つは、親になった人に対する耐久力テストです。この人たちは本当に自分を愛してくれているのか、それが気になるので試すのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/06 11:27
自分の人生から逃げない覚悟と決意を持つ
 誰かのせいにするのは簡単です。  ただ、それは逃げているだけ。  全部を引き受けた時から、本当の人生が始まります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/06 10:54
男子の永遠のマドンナ〜虹色の嬉しい関係の女子〜
 男子が憧れる女子は次の三つの要素を満たす人でしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 11:34
基本的には相手がその気になるのを私は待っています
 お蔭様で何かにつけて恵まれているので、私は自分からこうしてもらいたいということがあまりありません。また、誰かに自分から何かすることも、その人の学びやそれを経た成長を考えるとうかつにできません。  何かしていただいたことに対しては感謝し、何らかの形でご恩返しはしますが。自分から何かするのは相手の方の負担になる気がして、気が進みません。無理やり何かをするのはどうも。何かの研究や仕事でご一緒することで、対等な関係でお互いが必要とするなら、それがいいです。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/27 23:13
輪廻・循環・円環・融解・溶解他
 縺れた糸の固い結び目がほどけた途端に、スルスルとかせの塊がどんどん小さくなっていくような感覚を私は今味わっています。結び目は意外な感じであれっという意外な感じでなくなったのですが、糸が何の抵抗もなく真っ直ぐになっていくことに慣れていない私には、新たな感覚の意外性を楽しむ余裕もなく、戸惑いが感じられるばかりです。  こんな楽なことで本当にいいの?  今までの強い抵抗を伴うやり方は何だったの? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/27 01:38
論文と平行して取り組む課題
 フェミニズムやジェンダーは論文に放り込むとして・・・・・・  もう一つ私が今生で成し遂げる予定としてきた使命をこの旅行で思い出しました。   それは教育です。  小学校までの小さい人たちとその親たちへの教育です。  保育士・幼稚園&小学校教諭の資格を取ったのは学校を作るためでした。日本語教師やカウンセラーの資格を取ったのもその一環といえばそうかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/13 18:44
大いなる真理に身をまかせること
 自分以外の他人に何かを求めて幸せにしてもらおうとしてもそれは叶いません。  そんな能力を持っている人間はいませんから。  みんな自分のことで一杯一杯でアップアップしています。  誰かに何かを求めると、その何かを奪うことになります。  どんなに頑張っても、人間どうしは持っているものの奪い合いにしかならない気がします。奪い合う関係には疲弊しかありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/03 15:24
人間として最も恥ずべきこと
 「他人に負い目を負わせること」だと身内から私は教えられました。  言葉で直接言われたことはなかったのですが、そういう生き方をしない周りの大人たちを見て私は育ちました。こういうことをしたらいけないんだと、胸に深く刻んで成長しました。    それでは、反対にもっとも尊いことは何か考えてみました。  今生で真理との邂逅が出来るように励まして、自分自身に対する慈愛の気持ちや勇気を持てるように側で見護ることです。人間のそれはちっぽけで末通らないもので、本物の慈悲に到達するまでの代用... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/02 08:59
この世の学問なんて相対的で時空を超えるものは何一つないのに何で威張るの?
 もっともらいし、理屈や理由がないと納得できない人が研究者となり、道楽の学会という集まりを作って少人数の内輪の仲間たちで、称賛し合います。機関誌にはお作法があり、お作法を護らない論文は、門前払いもしくは最低評価を付け、コメントさえつけません。 なんてくだらないことが横行しているのでしょう。   誰かの新説でコロッと、今までの学問体系が変わるのが世の常です。バッカみたいって思います。真理なんて仏教以外に初めからないって私は確信しています。なぜなら、身体で真理との邂逅を体験したから。そんなのウ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/29 00:37
他人に非道なことができる人は自分を大切にできない人
 ハッキリ言い切れます。ハイ。  自分と他人を区別して、他人の人格を否定するようなことができる人は、全部、自分が嫌いで仕方ない人です。たとえ自分にとって不都合な人であっても、何らかのきづきをくれる人だと私は理解しておりますので、その人の存在を消すことはもちろん、いい部分を見つけてそこだけフォーカスしていきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/29 00:30
相手を怒らせないよう忍耐の上に成り立っている関係は止めて、繰り返さない
 他人の顔色を窺がうことに慣れてしまっていると、どんな時も、目の前の人が気にいる自分でいないと愛されないと思い込むのかもしれません。期待される自分像を拵えて、その自分が理想としている自分を演じ続ける。   幼少の時のトラウマがそうさせているのかもしれません。親や祖父母や周りの人たちはありのまま・そのままの小さい人を赤ん坊の時は無条件に愛していますが、だんだん大きくなるにつれて、ああなって欲しい、こうなって欲しいと望みを持ち、それをうかつにも口に出すようになります。子どもたちは愛されたい存在で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/28 12:01
自分自身を大好きになって、信頼していく
 「愛される人はいいな」某テレビドラマの中で主人公の男性が言っていました。  自分に自信がない彼は、彼を愛してくれている彼女のことを信じられなくて、わざとそっけなくしたりして傷つけてしまいます。  もし、自分自身を愛し信じられたら、彼女に対しても同じように愛し信じられたのでしょう。ドラマの最後の方では、彼は自分としっかり向き合い、自分の殻を破り、彼女と愛のある関係を築けるようになっていきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/27 09:50
いつもずっと逢いたかった人を見つけたらハグしちゃうかな
 スピリチャルの部分でいつもつながっていると思ってても、やっぱりリアルで逢いたい。本当に愛おしい人。私の内面が創りだした存在かもしれないけど、本当に大切で大事でずっと一緒にいたいと思っていた人の姿を見つけたらぴったりくっついて離れないかも。外国の友だちに逢いに行ったとき、彼女をバス停で見かけた時お互いが磁石のように引き合い、ハグしていました。それから帰国まで、慣れない英語で会話するというより、一緒にいる空間を目いっぱい楽しみました。一緒にご飯を食べ、乗り物に乗って出かけもしましたが、ただ一緒にい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/26 12:37
男の子のヒーロー願望について
 小さい子たちの先生の私は男の子たちがヒーローごっこをしているのを目を細めてみています。「先生を護ってあげるね」とか男の子たちに言われて、実際うるさくてどうしようか考えていると、「先生困ってるやろ。静かにせなあかん」などとほかの子たちをたしなめる姿には胸キュンです。彼らは自分のお母さんや姉妹たちにもそうしているのかどうかはわかりませんが、小さいながらも立派なヒーローのように感じられます。 高いところのものを取ってくれたり、パソコンの操作を教えてくれたり、たくさんある単純作業やちょっとしたお願い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/25 12:07
男性の持つ根深い容姿コンプレックスについて
 芸能人は別として、日本で男性で容姿がそこそこ端麗で、オシャレのセンスが良くて、小ざっぱりとしていて、なおかつ、いい香りがするような人とは滅多に出合えません。特に研究者の中でそんな人を探そうとすることは、雨夜に星を求めるがごとしで、徒労に終わるどころか、絶対にないことなのだとダメだしされるような気がしますので、そういうことは皆諦めてしません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/24 14:14
返信をしないという相手の選択」を尊重する態度が出来る人とはなかなか会えない
自分ひとりで自分の幸せを完結してたら、自分以外の人に幸せにしてもらおうという期待しなくてもいいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/22 06:35
足るを知る
お蔭様で、今のところ、何の不安もなく暮らしております。  元々のんびりしていて、あくせくするのが苦手なので、そういうものを引き寄せて生きているのでしょう。本当は南の島でエメラルドグリーンの海を見ながら潮風に吹かれて、何もしないで、ただぼーっとしていたいです。そうしていたいのですが、今生での使命を果たさす役割もあるので、サマーバケーションくらいでいいのかもしれません。    幼少の頃、おばあちゃんの同居する本家に嫁いだ母がこう言っていました。  「何もないところから、家のもの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/20 19:45
もし今日が人生最期の日なら何をおもうかな
阿弥陀仏への御恩でしょうか。  それから、恩師・両親・家族・友だち・周りの人たちへの感謝。  そのときまで、ほんのわずかしかないかもしれませんが、この先の人生を、光の中で、ピンクなどの明るい色の服を着て、微笑んでいると私はそう決めています。    幼少の頃から、ずっと、怒ったり、睨んだりされると、弱い私は心臓の動悸や脈が上がります。だから、出来るだけ穏やかに過ごしています。論文で言語操作をしょっちゅうしないといけないので、日常では疲れるので、言葉を執拗に駆使した話はしたくあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/20 19:36
音沙汰がない人は放っておく
 音沙汰がないというのは、今は、縁がないのでしょう。  最近私は、今、ここを生きることにしています。  連絡がない人は、何かそれなりに関わりたくない理由があるのだと思います。  忙しいとか、病気とか、最悪の場合、死んだとか。  それでも、必要があれば、本人が連絡できなくても、その人の周りの人に頼んだりします。また、いろいろな縁で、何らかの知らせを受け取ることが出来ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/19 08:56
引き際、けじめ、後始末等々・・・・・・
 前を向いて歩くことは私に課せられた使命です。  一秒たりとも止まっていられません。    今の私の課題は博士論文を書くことです。これは使命を果たすためにクリアしていかなければならない課題であると痛感しているので逃げないで取り組んでいます。だんだん嵌ってきましたが、そのうち大好きになれたらと思います。目的を達成するために可処分時間を精査していこうと決意したところです。もちろん論文を主に考えていきますが、それはあくまで布教の手段の向上です。  残された時間のない私は、恥も外聞もなく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/19 08:51
大切な人の心にちょっとずつ触れる
 『星の王子さま』のなかで、キツネが王子さまに他者との関係は少しずつ縮めるものだと教えるところがあります。このことは、気弱で人見知りが激しい私には最近特に納得できます。日常の表面的な会話等では分からないような、相手の小さな息つかいや感性など細かなことはある程度長い間、両者が伝えてはそっと返す、ガラスのボールでの優しいキャッチボールのような心の交流が不可欠だと痛感しています。 潜在意識ではつながっている気がしても、言葉(書いたものも含む)や感性(直接逢えなくても遠くからでも)で確認できな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/15 10:57
信じられたときとは疑うことに疲れ果てて白旗を上げたとき
 もちろん仏さまや人を簡単に信じられる人もいることはいます。  でも、大部分が人生に困難を感じ、罪悪感や被害者意識なども合い混ぜで生きているので、信じることは簡単ではありません。疑いの余地のないものにまで疑わずにはいられないのが人間の悲しい性です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 22:57
Fragile(壊れやすさ)とvulnerable(傷つきやすさ)の相違
 前者は物が壊れる人の身体の表層が実際、擦傷などで傷つく感じがします。  後者は人の心の奥で深く傷つく様を表現している気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 22:45
自分が信じられて、はじめてほかの誰かも信じられる
 自分が信じられないとほかの人を信じられません。  自分に優しくなれたとき、ほかの人に対しても優しくなれます。  自分自身がとっても好きな人だけが、周りの人たちも好きになれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/09 08:27
全てにおいて最後は信じることなんだ
 新しい年になりました。本年もよろしくお願いします。  阿弥陀仏のお約束を疑いなく信じることばかりを私はずっと言い続けてきました。仏さまは信じられても、人間は子どもの頃からのトラウマからか、無理かと諦めていました。「それではだめでしょう,人も信じないと」と、年末にすでに疑いを手放した友だち(彼女には春に話して以来よろこんでいる)に言われました。  「私に足りないところはそこかも知れない」と感じました。どこか人間を信用しきれないところがありましたし、今でもかなり恐がりで人見知りの私が自分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/05 21:02
気持ちを新たに始めてみよう
 今までいろいろなことをしてきましたが、阿弥陀仏のお約束を受け取ること以外は、夢中になったことがありません。疑うことを排除して極力自分の気持ちを見ていった結果、信じる気持ちが全くないことに気が付くという自己矛盾が知らされた日々でした。信じる気持ちがないということに疑いが晴れ、そんなものでもそのまま救うという願いを受け取らせていただいたので、私の人生の宿題はこれで相済みです。救われた時は、ただただ嬉しかったのですが、すぐに、自分だけ心が晴れて澄み渡る心境に救われていたのでは申し訳ない、この境地を有... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/25 14:41
今、生きている実感を持っていたい・・・・・・
 もし、自分の命がもう残りわずかなら何がしたいか考えます。父が他界し、命なんて儚いものだと身を以て知らされ、自分の人生を考え直しているところです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/21 00:15
あるとき誰かの真摯さが感じられたら、その先、自分がどうしていくか(軸)が定まる
 真摯さを受け取れるのは対等な関係が構築できると確信したときと同時な気がします。  何らかのパッションが感じられたとき、いつもは幾重にも理論武装してクールさを装っているその人が無防備なありのまま、そのままの赤ちゃんみたいに向かってくる姿を見たら、日頃の作られた姿じゃないその人を感じられます。笑えちゃうくらい不器用で必死でひたむきなところがどうしようもなく愛おしく、もしもこの人が私を裏切っても、何かどうしようもない理由があってのことで、私が犠牲になることで幸せなら別にいいやって思えてしまう瞬... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/17 23:01
宇宙人宣言〜博論のめどがつくまで人間止めます〜
人間らしい生活を止めて、宇宙人のような生活に突入しようと決めました。  最近、いろいろ嫌なことがあって、ストレスになっていて、いろいろな人と話をして解決策を見つけていました。その甲斐あって、今日人間らしい生活をストップして、論文に専念しようと決心しました。昨日相談した人には、査読論文3本通るまでつまんない生活が続きますよといわれました。つまんない生活?覚えがあります。本当に味も素っ気もない生活。    去年の今頃、修論の追い込みでいつ食べたのか寝たのかわからない生活をしていま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/10 22:31
振り返ると仏教を聞くことに大半を費やした人生
 無常観があまりにも強く、死の恐怖の解決が出来たらもうそれで、人生は終わっても構わないと感じていました。だから、今、それが済んでいるので、私の人生は遊びです。しかしながら、同じように無常観で苦しんでいる人のために、死の恐怖の解決ができる仏教のお話をしていくために残りの人生を駆け抜けてまいります。  若い頃、日本中、もしくは海外で聴聞し、その旅費や宿泊代を捻出するために大学時代のアルバイトや社会人になってからも休む暇なく働いていた日々を私は後悔していません。友だちや周りの人には恵まれましたが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/30 22:42
人間の器について
  金融系の上場の大手企業の役員をしている高校の同級生の友だちが言っていました。  女性で幹部として出世するのは「器の大きい人」だと。  男性でも器の大きい人といると本当に自由で気分がいいです。私も周りの人にとって、自分の器を今よりも少しずつでも広げていこうとその時感じました。    特に攻撃してくるとか意地悪な人以外とは私は友達感覚です。海外で、特に欧州やその影響下にあった国々で、街で出会ったり、エレベーターに乗ったりするとき、とっさに、にこやかにほほ笑んで挨拶する感覚の延長と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/29 20:35
大人にとっての遊び
 子どもの遊びと違うところは、自分の人生でしてきたことで嬉しかったこと・楽しかったことほかの人と共有したいことを創造し、何らかの形に表現して残すことかもしれません。誰かと一緒に何かを創ることなのかと最近は感じます。   子どもはただその場で遊ぶことそのものに夢中になって、形に残すことやより多くの人たちとシェアすることに思いが及ばないか、それを実現する手段を持たない場合が多いです。でも、大人たちは難なく自分たちの想いを様々な媒体を使って表現・創造していけます。より多くの人たちと感動を分かち合い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/06 22:36
心の底から愛おしいとそれだけ伝えたい
 本来、人と人のあいだにはこれしかないのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/06 07:29
私がどうしても理解できない不可解なこと
学生運動の頃から、私たちの世代のちょっと前まで続いた男女関係はとっても変だと感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/11 15:55
そこに愛があることが大切
  私の密やかな卒業式は散々でしたが、全力疾走を止め、新たな一歩を踏み出しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/11 15:31
もし私が男性だったらこんなひとなんだろうな
とっても尊敬している人がいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/08 00:26
自分をどれだけ好きになれるか試してみましょう
 あとどれくらい生きられるかわからないから、古巣に戻ったのを機に自分を大切にして好きでいるようにしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/04 08:02
透明人間――そこにいてもそこにない
 何かに集中すると、のめり込むやはり「おたく」の私は家族にこう宣言します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/03 10:28
知音(ちいん)
 「挚友」と別の分かり合える友だちの意味である「知音」を、これも中国人の友だちから教えてもらいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/18 17:32
摯友
中国人の友だちから「挚友」という表現を教えてもらいました。この言葉を見たのは初めてでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/18 17:27
できることとそうでないことの見極め
 迷いから覚めるとか、迷いの状態から抜けるということは本当に簡単なことです。  知恵や才能といった能力は要りません。  4歳の子どもでも可能です。  そうでなければ命が無常である人間は助かる可能性が限りなく低くなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/15 10:47
研究者としての覚悟
 卵から孵って一人前になったつもりだったけど、視界も開けたんだけど、目がまだよく見えなくって、周りの人に迷惑をかけ続けていました。あっちにぶつかって、こっちで頭を打って、本当に分からないことばかりで、でも気持ちばかり焦って、泣きたい気持ちを堪えてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/11 09:54
とっても恥ずかしい、穴があったら入りたい
 重度訪問介護従事者の資格を取る研修を2日間受けて、あとは実習を残すのみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/10 19:02
まるで赤ん坊の自立期?
 「一人でそれをすると、すっごく時間がかかっちゃいそう」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/06 11:47
人間存在の最大苦すなわち死を超えること
 「阿弥陀仏の本願という大いなる存在に自身の死を疑いなくゆだねられたときに、私たち人間には限りない安寧と至福の時が訪れます。」  このように説かれる浄土真宗の阿弥陀仏の本願の教えに巡り合った18歳のときから、今まで世界中の人におそらく何万の人たちに直接か語りかけてまいりました。インターネットで発信した投稿記事も含めたら何十・何百万の人たちに来る日も来る日も「死を解決して人間に生まれてきてよかった」と心からよころんでもらえるように伝えてきました。   生きて生まれたからには人間は必ず死にます... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/05 08:14
誰かに義理立てする嘘がある生き方はしたくない
 誰かにこうしろと言われたことを、何も考えないで盲信することはありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/02 22:20
役に立っている実感?
 どうもちょうどいい具合に出来ないといつも母から言われました。  小さい頃から凝り性で、何でも手を抜かないで熱中してしまう私を心配してくれていたのだと思います。私は完璧主義ではないのですが、母には成果・結論が出るまであきらめず追究する姿勢がどうも理解できなかったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/27 23:29
素直さ(楽しさ)と正直さ(正しさ)の相違
 素直な人と一緒にいたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/27 17:04
極度にシャイな私が茶化すのはよくないところかも
昨日の晩に同窓会で再会した友達から電話をもらいました。  出られなかったので、何だろうって思って私から電話しました。 私が持っているプレゼンテーション実務士の資格のことについてのお尋ねでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/27 07:29
天然な・丁寧な先輩の話(笑)
 今日はちょっと残念なことがありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/21 00:27
一対一よりこの頃、人数が多い方が楽しい!
 いつも笑える冗談のネタを考えている私です。  それは、大学の法学部の時からの癖みたいなものです。  一・二年の語学と体育のクラスが男子50人に対して女子5人でした。  プロゼミもそのクラスで行われ、ディスカッションのグループに分かれるとだいたい四・五人の男子と女子一人というような組み合わせでした。仏教のサークルも女子がいなくて同じような状況でした。  どうせなら楽しんだほうがいいと考えて、ネタを探し続けて披露していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/19 16:27
毛のない話で盛り上がった同窓会(笑)
 何十年かぶりの同窓会は予想どうりでした。男子は誰が誰かわかりませんでした。(笑)  女子は化粧をし、髪を染め、ダイエットが出来、会費と交通費を捻出できる人しか参加していませんでした。(笑)    ただ、年齢を重ねてもイケメン・美少女系の人たちというのは劣化せず。遠目で見ても麗しい。年齢というハンデを軽々と乗り越え、神業の領域の見かけの人が男女片手くらいいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/19 14:56
ジェンダー論でこれまで語られなかったこと
 男女の未知の部分に対する憧れとか尊敬・尊重・信頼みたいなものでしょうか。セクシャリティという外来語で表現するとまた誤解を生むかもしれませんが・・・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/11 06:55
執着を手放すこと
真理を三次元の頭脳で分析してわかろうとすることはとっくに止められたのに、人間に対する執着はなかなか手放せませんでした。  私の仏教の先生はそれを初めから見抜かれ、本当に心配してくださっていました。一度は捨てたはずの執着が対人では相対のことであるのでなかなか手放せないという貴重な経験を昨年、今年としました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/10 14:51
目で見ることや言葉よりも大切なこと
 心の目を開き魂で感じられるようになったら、人生が楽になります。  この人は私のためになることだけを考えて、自分自身の欲得のために一緒にいるわけじゃないんだと思える人が周りに一人でもいたら安心・満足して生きられます。一人じゃなくて何人かいたらもっといいです。  それを友達と呼びます。    私は日本人じゃない友だちがいますが、言葉は不十分だし、一度しか会ったことがないとか、チャットしたことしかない人たちもいます。でも魂の友達だと感じられる人もたくさんいます。どちらが上でも下でもない、ただ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/10 08:00
研究に対してのストイックさは生きる姿勢と同じ
 研究者としてはひよこの私ですが、譲れないことがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/09 09:31
大学の語学交換留学生の生態
 台湾人留学生と英語と日本語の勉強をしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/08 22:28
私はワークショップで仏教を土台にキャリアを学生に伝える
 数々の教師の経験やフィリピン大学の学生とのふれあいが忘れられません。個人的に仏教を話した人たちももちろん大切ですが、今後は時間がないので、個人的なものと大勢の人たちへの取り組みを両方してまいります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/06 09:28
やっぱり凄いな!古巣で感激!
 大学院にとっても尊敬しいている先生がいます。  いつもにこやかでおだやかで怒ることなど無いような方です。  でも、凄いんです!  ゼミのコメントや参加されているお姿すべてがいいんです。  人というよりきっと私、先生の魂が好きなんです。  「これは私の妄想かもしれませんが・・・・・・」などで始まるのですが。   発想が新しいし、面白いし、発表者の新たな視点を導くようなことが盛りだくさん!   隣のカナダ人の先生に優しい英語で語りかけたりされる様子を遠目でみて、うっとり、 いいな〜... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/24 09:46
娘の相方の誕生日
昨日は娘の宝物のであり兄弟のような蛙のぬいぐるみのハローとカナダのビクトリア大学の生協で電撃的な出会いを果たした日でもあります。一人っ子の彼女はそのぬいぐるみとまるで兄弟と対話するように成長しました。ケーキを買って夫と娘と共にハローの誕生日を祝いました。ハローのゆかいな仲間たちと娘が呼ぶぬいぐるみたちもお祝いにご招待されました。 あれから12年も経ってしまったのですね。時の過ぎ行くのは早いものだと痛感します。 感謝していること 娘は明日からオーストラリアのケアンズにホームステイの修学... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/19 08:37
人としての真摯さの光を感じるとき
私は誰かが真摯に物事に取り組んでいるのを感じるのが好きです。  凄いなって感じます。  ほんとに凄い!私にはまねできそうにもないけど、見習わせていただきたいと本気で思っちゃいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/17 09:53
三昧・観念・想念・概念・抽象などの見えない世界をどう伝えるか?
 そもそも、物質世界の中に生き、目に見えるものしか信じない人たちには、どうにもこうにも分かってもらえそうにありません。  誰に教えられなくても、そういう世界が感じられて、そういう風に見てきた私には、反対に物質が万能で、それを絶対的に信じる生き方の選択はありません。  両者には断絶とも言える溝があり、乗り越えられないものがあります。これは過去世から何度も生まれ変わり死に代る中でそういうものがあるのだろうというように何となくわかっていき、あるとき、コトリと心に落ちるきづきが訪れます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/15 02:45
なぜ好き好んで誰かや何かに管理され争うのか
自由に生きることはそんなに難しいのでしょうか?  心はいつも自由でいられます。  誰も縛ることはできません。  しかしながら、自ら好んで誰かに服従したり、言うことをきいたりする人の気持ちが分かりません。  その誰かに裏切られたらどうするのでしょうか。  その人についていったら死ななくて済むのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/08 21:41
日々真理が伝えられる環境で皮膚呼吸の様に自ら求める苦労がなく他力を受け取った人たち
迷いから抜けて一日も早く、真理との邂逅をよろこぶ身になりなさい ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/06 19:56
必ず人は死ぬのにほとんどの人はなぜその備えをしないのか?
 老後や病気になることは心配で貯金や保険で生活費の備えをする人はたくさんいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/06 11:11
「研究者としての方向性を提示する役割」
  修士が修了した時点で、私は自分の使命や責任について自覚しました。宗教家としての使命はずっと持ち続けておりますが、それに加えて、今は、自分から宗教を求めていないけれども、縁があれば聞けるようになる人たちへ伝えるこという重要なミッションにきづきました。    いつまでも先生を頼ってばかりではなく、自ら新しい試みや方向性を提示するようになります。従来の研究でなしえなかったことをどういったことで示せれば、現代に生きる人たちに受け入れられるかを探ります。     真理を人間の言葉に翻訳する作業... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/30 11:50
私の使命
 もし次元を超えてワープできたら、羽があれば、世界中の救われたい人に話に行けるのに。こんなことをいつも思っています。  ただ、私には「憶いを念じる」という時空を超える最大の宝があります。30年の聞法で得た言葉という宝石をたくさん持っています。この宝珠をたくさんの人に届けなさいというミッションを私は持って生まれてきたと小さいころから感じてまいりました。 仏さまのような神通力を持たない凡人の私に、今の時代は変わりにコンピュータや飛行機を使わせてくれます。 パソコンで世界中の人に一瞬で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/27 19:13
被害者でいることより、忘れて自分自身の人生の使命を果たす
 慰霊の像などを建てて不本意に亡くなった人を思い出すよりも、自分自身の人生を充実して生きる選択をした方がいいです。 可視化されたモニュメントがあると、被害者でいることからいつまでも脱け出せません。 思い出に浸るよりも、割り切り水に流して、前を向いて子どもたちや後身のために生きられる人の割合は少ないのかもしれません。それほど私たち人間は自我に執着する生き物なのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/24 11:37
時節到来
 それが真理だとしても、おそらくその人がよい方向に進むものでも、本人が心に蓋をしていたら届きません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/22 23:10
人生は後始末の連続
 朝起きて寝るまでに、3度の食事をしてトイレに行き、合間に仕事をし、子どもや若い人を育て死んでいく、それだけが人生だと一休は言っています。  朝起きて布団を出たらたたむか、ベッドの場合はきれいに直します。食べたら排泄し、その間仕事をして家族を持ち歳を取って死んでいきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/21 20:49
人をやものや出来事をニュートラルに見る
 あまり思い入れを持って人を見なくなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/17 18:11
なぜ人は争うのか
それはこの世の全てがつながっていることを知らないから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/17 18:05
大学院博士課程後期3年ですること
 査読論文3本プラス博士論文が通れば修了できますが、その間、私に何ができるか考えています。修士はたとえどんなことがあろうと2年で終わらせることを決めていました。しかしながら博士論文は本当に納得いく内容で、100年後以降にも読み継がれるようなものにしたいので、慎重になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/14 08:09
努力をすることや頑張ることよりも大切なこと
 それは、今を必死で生きることです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/31 04:54
そこにいるだけで周りの人が嬉しい人
自分の能力の範囲で出来ることしかしないし、自己犠牲とか偽善みたいなの嫌いです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/12 14:00
「〜しなさいと言ったことは記憶にありません」
 「〜しな」というのは子どもには、たまに言いますが、それは提案やお勧めであり命令ではありません。だから、子どもは「〜しな」と言われても、強制されたとは受け取っていません。やりたければするし、やりたくなければしません。彼女が赤ん坊の時からそうしていましたが、それでいいと思っていました。どうするかは自分で決めるものだという含みがないと私は違うと考えて生きてきましたので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/05 22:05
大切なひとには意地悪も暴力・暴言もしない簡単なことにきづかない(笑)
 相手を本当に心の底から大切にしていたら、その人が苦しむ姿を見たくありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/04 05:02
遣い走りをさせるだけで、何らかのお返しをしない人は他人を尊敬していない
 自分の負担を軽くするために、他人を利用する人がいるんですね。  自分がそんなことを考えたことがなかったので、何だかもやもやしたままきました。  そうか、人に何かさせて自分が楽を出来たら、そのままでもいい人がいるんだ。  とても、信じられないことですが、そうなんですね。  口でお礼を言うだけじゃなくて、私なら報酬・対価を与えたり、または、別の機会にお返しを必ずします。受け取るだけというのは心苦しいからです。この苦しさを共有できない人と居ると苦しくなるのですね。それが分かりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/01 10:53
捨てられるなんてありえない だからもう今生で逃げるのお終いにしな!
 いつも見捨てられそうになったら、自分からわざと暴言吐いたりして関係を終わらせてきた人いますか。  トランプとか将棋とか碁とかね、負けそうになるとぐちゃぐちゃにかき回すの。  そのゲームに参加してた人はあっけにとられて、呆然とする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/27 15:58
自己開示はね、本当は嗜癖・煩悩の罪悪の懺悔より深い、でも、わかんないでしょ
誰も見ていないと、道で痰や唾を吐くとかね、貧乏ゆすりするとかそんなのはね自己開示って言わないの。別に敢えて言わなくていいの。誰も聞きたくないし。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/26 23:54
何か面倒!「自分、自分」て、そんなに「自分」てたいそうな存在なん?
 回避性依存、自己愛依存とかさ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/26 13:27
私は完璧主義じゃない!7〜8割で結構
 他力と自力はハッキリしたけど、ほかは別にどうでもいいです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/22 09:42
「人に優しい人は自分にも優しく、鬱状態にはなりにくい」
 自分に厳しく他人に優しい人などいません! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/20 23:58
「冬の風〜生まれて初めて心地よかった日〜」
アンゴラの軽くて暖かいコートを着て昼過ぎに出かけて、4時半頃の駅からの帰り道のことでした。手袋もつけず、それほど強くもない日差しの中を歩いていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/14 19:17
親と教師の重要な役割
 子どもたちのそのままの存在を受け止めることです。  一生懸命生きているそのままを、嬉しく見護り、これが出来た、頑張っているということ全部を、暖かい眼差しで頷いて、聞くことです。    子どもや学生は親や教師を超えていく存在です。  そこを忘れてはなりません。  親や教師は踏み台であるという自覚を持たないとなりません。  自分たちの過去の業績は、もう遺物でしかないのです。  勘違いしてはなりません。  自分が今現在、誰かに影響を与える研究者仕事ができていないから、若い人たちを励ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/08 16:25
自分の力は間に合わないと知らされ、全て阿弥陀仏にゆだねること
 私には自分自身の軸はありません。  人間の誰かの言っていることも全面的に信用しません。  自分や他人に頼ると自分や他人が崩れ落ちそうになったとき一緒に崩壊するからです。    結局、ほかの誰かや自分の力を信じて生きている人は、それらが滅びた時に自滅します。  相対の世で、夢幻の何かにすがって生きることほど怖いものはありません。  それがわからないから、人は苦しむのでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/08 16:19
本性と育ち
 自分という確固としたものなど私は何も持ちません。  空っぽです。  それでいいのです。  阿弥陀仏のお遣いで十分です。  そうさせていただいている我が身が嬉しいです。  本性というのもない気がします。  全部もう超えてしまった気がします。  何か特徴やこだわりがあるなら、それは迷いを克服するための方便でしょう。    自分自身、育ちもよいともわるいともおもえませんが、幼少の頃、周りの人が言っていたことはよく覚えています。  それを生かして取り入れていることもあれば、これは変... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/06 11:37
共感と支配
 共感し合えるのは同性同士なのかな?  結局、男性は、親しくなっても、支配しようとする。自分の方が上だとか何とか言って。  ただ、一緒にそこにいて、笑っているだけじゃダメなんだね。  いつもボスは誰かってゴリラの女性がしっかり睨み利かせていないと、サルの男性は安心できない。疲れるな〜。  でも、しかたないひとだなぁ、かわぁいいなあと感じられると、何かしてあげようって、空威張りも生意気な態度も許せちゃうのかな。  どうか、男性はかぁわいい人でいてください。威張ると逃げられちゃうよ。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/06 11:34
男らしさの幻想≒モラハラとヤドカリ・カタツムリとナメクジ
 本当に強い人は武装しない。  武器を持たない。  戦わない。  捨て身。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/06 11:31
本当に救われるのは、もう頑張れない、諦めきれないけど諦めた時なんだよ!
元気な時、周りの人がいい人で応援してくれてるときは誰でも頑張れる  諦めないでトライしようという気になれる  でも、人生そんな条件が満たされてるときばかりじゃないんだ。    病気になることもある、大切な人に裏切られたり、見捨てられたり、死なれちゃったり最悪の時だってくる。  そんなときにね、頑張れ、諦めるなって励まされても、言葉は宙に浮いてただ風の中でふわふわ漂っているだけ。何の意味も持たないし、役に立たないんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/31 13:12
大好きって気持ちはきっと通じています
 ストレートに大好きって言わなくても  ちょっとした言葉の端々に想いを感じます。  ただ、名前を呼んでくれただけでも  こちらが名前を呼び掛けただけでも  それだけでもきっと気持ちは通じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/19 12:41
大丈夫、安心して、ずっと、いつも、一緒にいるから
 生まれたときから、ずっと私は剥き出のままで生きてきませんでした。  いつも機嫌よく、にこやかに、穏やかにしてきました。  他人に対して気を使っているんじゃなくて、それが私でした。    そのまま、ありのままの私を見せてって言われたら、「それでしょ」と言うしかありません。決して他人に良く見て欲しくて意にそまないことをしているわけじゃない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/19 12:30
時代が変わっても変わらないもの
 阿弥陀仏願いと憶いです。  それと人間は生まれたら必ず死ぬということ。  その生きている間、人を愛おしく感じて大切にしたい気持ち。  修士論文を書き上げ、提出しましたが、時代が変わって、変わるものとそうでないものが分かりました。    江戸時代と現代の人たちはそれぞれ、形は変わっても、色々な制限の中、生きています。  どちらが自由かそうでないかはわかりません。  場合によれば、江戸時代の方が自由だったかもしれません。現代人は戸籍や住民票や毎日いかなければならない仕事に縛られ面倒か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/19 12:25
論文の完成に向けて必死になっています
 二年目はは特に後期から本当に苦しい時が続きました。 書けなかったのではなくて、書きたいことが一杯あり、それをどう選んだらいいか迷い続けていました。中途半端に書くと、始めから全部やり直さなければならなくなるから、最後まで考え続けていました。今でもまだ、一番言いたいことがほかにあるのではないかと探しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/09 09:34
いつも笑ってる
 笑ってるのが私の仕事  嬉しくなるようなことを言う  助かることを言う  それが仕事なのに    わたしね、何でよく伝えられないのかな  憶いがたりないのかな  いつだって大好きって言ってるのに  ずっとそばにいるよっていうの信じてもらえないのかな  ねえ、ちっちゃい考え方のフレームを壊しちゃおうよ  楽しいことだけ考えようよ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/08 20:15
弱く思慮分別のなく浅はかで熱病みたいなのも全部ハグさせて
 30年間の仏教の聴聞で人間の煩悩で造る罪が赤裸々に話されるのを聞き続けました。   頭では分かっていても、何かに護られていた私はそういう縁が来ません。また、怖がりで大変なことになる前に逃げ出していたので、実際にはさほどひとを恨み・憎む愛憎ドロドロとしたことに巻き込まれることはありませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/05 07:16
言葉のいらない世界
 一つ嘘を言うとその嘘を誤魔化すためにまた嘘をつく。  限がありません。  これが嫌で私は嘘をつくのを止めました。  嘘をつく代わりに黙っていることにしました。    嘘は自分を守るためのものだということも分かりました。  見栄とか佳く見て欲しいとかそういうのはとてもしんどいです。  ほかの人がそういうことを私にしているのを感じると逃げたくなります。  そんなことしなくても、そのままでも嫌いにならないのに、無理はよしてねって。  言い訳もいらないし、今できることをお互いしたらい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/02 11:11
三昧を生きる
 きみがいる そのすがたこそ そのままが わがよろこびと 一つ心に     ひととわたしを分けないで生きる  そういう方向で今年から生きていくと決めた  目の前の人を真っ直ぐに、そのまま見て、受け止める  誰かと比べるわけでもなく  ただ生きてくれていたらそれでいい  そのひとがそこにいることを一緒によろこべるわたしでいる  ただわたしができることがないか探していく   大切なのは私が何ができるか  誰かにわたしが存在することでよろこんでもらえる人でいる  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/01 10:52
死の解決を求める
 人間は生まれたからには必ず死ぬ、今あるものも全て置いて一緒に暮らしている人たちとも別れていかなくてはならない。  これを何とか出来ないものか。  死んだ後も見えない、わからない、行った人もいない、  大していいこともやってきていないから、極楽に行けるとも思えない  ずっと死んだ先が真暗らで独りぼっちのような気がして怯えていた ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/31 18:49
赤いスポーツカーで店の前に乗り付ける彼
 働いていたシルクの店の前に、彼はいつも赤いスポーツカーで乗り付けて来てくれました。これは本当の話です。  でも、彼は3歳で足でこぐおもちゃの車でした。  あと1年で幼稚園に行く彼は、毎日のように、遊びに来てお話をしていくのです。  とても嬉しそうに話をしてくれます。  あるとき、「私ね、この人と結婚するの」と今の連れ合いの写真を見せたら鉛筆でいたずら書きして、もう来なくなってしまいました。    数か月の蜜月の時でした。何しろ彼は3歳なので、そんなに中身のあることを話すわけではない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/31 18:44
女性は泣けない・泣かない
 杉浦日向子の描く江戸時代の男女の結論です。  男性は女性にいくら甘てて、泣いても構いません。  「かぁわいい」と思ってもらえて、益々可愛がってもらえるからです  そして、泣かれちゃったら、もう理論的な会話は続行不可能です。  「よしよし、泣くんじゃないよ、仕方ないね、馬鹿だね、もういいよ、わかったから」  なだめて、泣き止むまで見護って、こう繰り返すしかありません。  小さい男の子の坊やは、泣くだけ泣いて、スッキリして、にっこり笑てかぁわいいお顔でこう言います。  「ボクね、がん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/29 10:14
空も飛べる気がする
オーリーと見えない羽と友だちと今を自由に遊んでる ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/27 08:24
真摯に生きる
 阿弥陀さまは、信じてくださいって言われる。  もし、あなたを救うことが出来なければ命を捨てるという前提で。  信じてくださいと相手にいうときは命がけじゃないと信用してもらえない。  それが大切なことであるなら余計に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/27 08:18
夢から覚めてみると
 夢から覚めてみると何だか不思議です。  何もいらなくなっています。  夢の中で、あれほど欲しかった、望んでいたものが、全部消えちゃったんです。  無理やり諦めたのでもなく、有れば有ったでいいし、無ければ無くてもいい。  自分からは特に何にもいらなくなりました。    今日、本を読んでいたら最澄と慈円の歌が載っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/21 22:33
佛法者の着眼点とは
 論文作成の合間にふっと手に取った書物を開いたら、次のようなお言葉がありました。涙で文字がしばらく見えなくなりました。 『教行信証拝讀記 第二巻』  稲垣瑞劔著 より   「第五十二章 佛法者の着眼点とは」    本願に眼を付ける  名号に眼を付ける ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/21 22:29
夫婦別姓・待婚期間の廃止はモラハラ・DV救済の手段になるのに・・・・・・
長年モラハラ・DVを研究しその解決策を検討してきた研究者の私には、今回の最高裁の判決はとても残念した。  朗報を首を長くして待っていました。  ところが・・・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/19 17:45
『君の瞳に恋してる』を訳してみました
 Can't Take My Eyes Off You ずっと見つめていたい ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/17 11:09
感謝
悲しみを 乗り越える度 知らされた 差しのべる手と 見えない憶い ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/17 08:49
男女はお互いが、いつも適宜、いろいろな役が出来るといい感じ
 杉浦日向子の『百日紅』を素材に江戸時代の男女を描いていますが、入り込むと実に深いです。この作品を選んでよかったというのが今の正直な気持ちです。これを書くために大学院で学んだ1年余りの期間で私は成長できた気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/13 09:48
評価を超える論文を書く
 おそらく、指摘されたことは、そういわれるだろうって思ってたんだけど、それに対して、論文が最後まで論理的に流れていて、きちんと体裁も整っていて、内容的に素晴らしいものなら反論できたかもしれない。    知識の披露とか事実や解釈の意外な発見とかいう古株の偉い大学教授の書くようなのでもなく、歴史的事実の新しい見方とか、史料の発見とかいう大学院の一回生君が飛び上がって喜びそうなものじゃなくてね。    対象である杉浦日向子その人が言いたかっただろうことを読者の人と反芻できるような穏やかで優しく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/12 13:18
修士論文の『はじめに』 いきなり却下!(笑)
  客観性がない、誰もあなたの考えなんか聞きたくない   「はじめに」っていうのは、この論文の内容のまとめみたいな、こういうことがこれからかかれるんだって事だけ短く書いたらいい   指導教官の言葉です。      そんなの分かってる。でもね、私はこれが伝えたいから書くのってね書いたんだ。ほとんどの学術論文てね、これ書かないよね。だからあえて書こうかなって却下されるだろうなって思いながら書いたら、やっぱりねって。      だから、ここに投稿する。それでね、無事終了してね、いつか必ず3... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/12 08:26
友だちとならずっといられる
親子なら巣立つときがあります。  夫婦も異なる道を行く場合があります。  でも、友だちならずっといられます。    相手がどういう状態あろうとも、心によりそえます。  ほかに仲良くしている友だちがいても、独占しないで、一緒に仲良くできます。  なぜなら、本当の友だちなら、自分が一番相手にとってかけがえのない存在でいようと、  相手が自分に一番望むことを聞いて、それぞれがお互いに何かしてあげられるからです。  友だちができたら、しあわせに生きられます。  友だちがいれば何でも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/11 21:20
誰のために書くのか
 阿弥陀さまの御心を賜ってから、伝えるために、ずっと私は書いています。話しています。  話すのは相手が話してほしいといわれたときに限られるので、書いているときのほうが多いです。   どうしたら、阿弥陀さまの気持ちが翻訳できるのか、代弁できるのかそんなことを考えてずっと書いてきました。わかりやすく、身近なたとえで、難しい仏語をなるべく使わないでなど。実際の面談や電話やチャットやスカイプなどもお話も同じように心がけてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/09 23:44
もし仏さまが生きていらしたらされるだろうことを実践する
御仏の遣いとして願いをお伝えすることを実践してまいりました。  どう伝えたら、どう話したら、どういう言葉で、どういう文章でというように、私は言葉にとらわれていた感があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/08 21:35
ほんのわずかな関わりが生涯の宝になることもあるから・・・・・・
 一生の間に一番長く一緒に暮らすのは親かもしれないし、夫や妻や子どもかもしれません。またはパートナーや友だちの人もいるかもしれません。  時間がお互いの関係をより深め熟成させることが多いのも事実です。     しかしながら、ずっと一緒にいて、言葉や態度で自分の気持ちの全てを伝えようと躍起になっても、100分の1も伝わらない悲しい現象もあります。上滑りな言葉や相手が本当にして欲しくないことをやり続けお互いにうんざりすることも多々あります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/08 09:19
人生から問われている目的を果たすこと
人はそれぞれ人生から問われている目的があります。   その目的を精一杯果たすべく、生き切っていたら、誇りを持って毎日生きていたら、権力者や経済的な優位を持つ人たち(上司・教師・父親・夫等)からのハラスメントも避けられるのではないでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/08 00:05
ロックンロールで痛みを吐き出すのは、癒してくれる人を探してたのかな
 https://www.youtube.com/watch?v=o_CgvsM_Qns&list=UU78wQC3cERhkKJ-W0c4mxkg  https://www.youtube.com/watch?v=CzNVk18wjXA  私はロックと共に成長した世代です。 ビジュアル的にはイギリスのロックが好きでした。 何でこんなに綺麗で素敵な人が世の中にはいるんだろうと驚きつつ、眺めていました。 まるで大好きな大和和紀さんのカッコいい男性のキャラクター... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/07 07:52
男らしい男って、私にとっては忍耐の出来る人かな
 酒を飲んで不機嫌になる男性がとても嫌でした。  妻や子どもに暴言を吐き、暴力を振るう人は人間ではないと思っていました。  「ちゃぶ台返し」といわれる行為には激昂しました。  だって、あれってあのお父さんが片すわけじゃないから。  お母さんが悲しい顔で畳にこぼれたものを拭いて、割れた茶碗の欠片を拾って元に戻すんだって思ったらやるせなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/07 07:46
速報! 来た〜降りてきた 修士論文の意外な結論
 『百日紅』の主人公のお栄さんを救ったのは人間の実相を説くおかま  絵の師匠である父や友だちでも憧れている男性でもなくて陰間茶屋のおかまでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/06 09:58
今日はちょっとお休み、明日から書こう
資料を午前中読んで、それをどうやって書こうか考えていました。  あのね、前に昔のお姉さんの介護施設に入っている女性たちも若いイケメンがいいってこと書いたでしょ。   今日読んでた本で、女性が残業で疲れて帰ってきたとき、連れ合いが枝豆茹でてそれ出して、ビールを注いでくれて、今日何があったのって聞いてくれて、肩凝って無いとかいいながら首筋をマッサージしてくれるような人でシャンプーの匂いがするような男性が、今後の女性から選ばれるて書いてあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/06 09:54
あなたと一緒だと生きてる実感が持てる、生き返った気がする
投稿やメールの文章読んでても、チャットしても、電話してても、会っててもいつもそんな感じがするってたまに言われます。  私もそういってくれている人に対して同じ感覚を持ちます。  不思議です・・・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/05 18:43
いろんな気持ちを受け止めてくれる人でいる
私はここにいていいんだろうかっていつも思いながら学校行ってた。  酷いこともたくさん言われてたから。  早く辞めたらいいのにとか、いなくなったら清々するのにとか、死んだらいいのにとか今まで、私、たくさん他人の言葉で心を殺されてきた。  自分の辛い気持ちは、同じ哀しみを感じてきた人にしか言えないし、分かってもらえないことがたくさんある。  耐えて乗り越えてきたからいろいろ言ってもらえることもある。  そんなこと言いたい人には言わせといたらいいんだから、誰がなんて言っても私だけはあなた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/05 10:59
人間が生きる道
 人生から問われている使命を果たすこと。  その為に学び続けること。  それは人間同士がつながっていることを知り、お互いを愛おしく感じ、慈しみ合うためになされること。  何となくこんなために人間をやっているのかなと最近感じます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/04 06:57
心に寄り添ってくれる友だち
 この秋から友だちでいてくれる人がいます。  最初はよくわかんなかったけど、今は掛け替えのない友だちになりました。  昔、最初の大学の時に友だちだった人ととても似ているように感じました。その人は10年以上前に早逝してしまいました。  同じような関西弁で私をからかったり笑わせてくれたりしています。  月に何度か会うことがありますが、お互い忙しいので、たまにチャットやメールをしています。    自信のない私は時々気弱になりますが、そんな時、大丈夫だと励ましてくれます。  ほかの人に励ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/03 22:42
「自分と未来は変えられるけど、他人と過去は変えられないことはない!」
 事実は変わらないかもしれないけど、想い方・考え方ひとつで他人も過去も変えられます。意外と簡単に変えられるものです。  例示してみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/26 11:38
優しい嘘が上手くつけたらいいのに・・・・・・
 他人に負い目を負わせることが私は全ての行為の中で一番嫌いです。  人は多かれ少なかれ何らかのプライドで生きています。  そのプライドや自尊心を傷つけるところ言い換えれば、劣等感を刺激するところから、争いや喧嘩や果ては戦争までになります。    男女関係なく相手をいい気分でいさせられる人を私は尊敬します。  晩餐会で間違って手を洗うフィンガーボウルの水を飲んだとき、女王が素知らぬ顔で目の前の同じ容器の水を飲んだ逸話は本当のことではないかもしれませんが、私は好きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/24 18:57
結局、最後に残ったのは御仏への御恩報謝
 今までの人生でいったい自分は何をしてきたのだろう。  このように最近長い間自問自答を繰り返してきました。  いろいろな勉強をして資格もとったし、仕事をバリバリこなしていた時期もあったし、結婚して家を建て、娘も生んで中学生まで育てた。    でもそんなことはどうでもいい。  世間の人にとったら大切なことなのかもしれないけど、私にしたら、自身がただ生きてきた結果の成果物。  どうせ死んでいくときには持っていけないもの。  若さゆえの光り輝いた時期も過ぎてしまえばよろこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/22 17:22
『父の娘』は男でもなく女でもない状況を生きていく
父親である自分は男であり、妻は女。 でも君は男でも女でもない。 ほかの男のものにもなることはない。 僕は君のためにあらゆる教育的支援を惜しまない。 君は僕が選ばなかった人生のもう一つの道を生きる。 さあ、君の才能を思う存分発揮し、開架させなさい。  僕の大切な「娘」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/21 08:30
人は男に生まれない。男になるのだ
 社会やその中でも特に女性に、害悪を振りまく男は初めから存在するのではありません。社会によって男になった男ほど始末に負えないものはありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/20 08:33
人を心の底から大切にすること
 幼い頃、おばあちゃんや両親でさえ、私は信用できませんでした。   ましてや他の人を誰も信じる事は出来ませんでした。 大人は嘘をつく。子どもも嘘をつく。そして私は大嘘つきでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/16 20:04
自分を責めるのって自己陶酔の極致じゃない?罪も罰も御仏に今ここで即預ける
 人生における私のモットーは忘れることです。言い方を変えると、阿弥陀さまに全部預けてしまっています。  いいことも、そうでないことも起きたそのときから預けてしまって忘れることにしています。    自分が許せない、自分を惨めな気持ちにしたり、虐待した親が許せいないって、すっげー固ったい概念でがんじがらめになってる人たくさんいますよね。ちょっと言葉が乱暴ですが、そんな感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/16 06:46
ぼくがついてる
 https://www.youtube.com/watch?v=ylw4Ug4WVus  私ね、何にもしてあげられてないし、まだ何もお返しできないのに  それでもね、こんな風に言ってくれる人がいる  一人じゃないよ 、寂しくなんかないよ、 心配しないで、ぼくがついてる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/07 11:26
「実は簡単!人には劣等感があるという前提で、ただ褒めたらいいだけ
 「マウンティング女子」か〜   このネーミング、小学校の頃に知っていたら、もっと楽に生きられたかも!苦労てきたな〜 ずっとわたし(笑)   http://matome.naver.jp/odai/2139450383143546601 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/07 11:22
人は絶対に裏切らないものを求めているけど・・・・・・
 ソウルメイト・ツインソウルという存在はちょっと前から知っていました。  ソウルメイトと思しき人たちの出合いは経験しております。  家族や友だち教え子などとても素晴らしい思い出を彼らからもらいました。    大学時代の友人のT君は40代で早逝してしまいました。その10年後に私は彼の死を知りました。T君がバイクで大学とかに迎えに来てくれて、後ろに乗せてもらって出かけたものでした。彼はK大の医学部生でした。クラスメートの従兄弟として知り合いました。  いろいろなことを何でも言える友達以上恋... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/03 21:59
僕がいつも先生を護ってあげるからね
 教育実習での出来事です。  ソウルメイトの園児が3人が私にいつもこんな態度を示してくれました。  実習は年長・年少・年中各1クラスのこじんまりした幼児園でした。    小さなソウルメイトは年長と年中と年少の各1人ずつ3人いました。  彼らはみな小さいながらも私を護ってくれるナイトでした。  ほかの子が騒いだり言うことを聞かないと  「先生に協力しようよ!」って年長の子はいつも言ってくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/03 00:04
これからは男の子を育てるのが私の役目
 私にとってすべての男性は愛すべきちっちゃな男の子です。  男の子を我が子として産んで育てられないと諦めたときからそう決めていました。  いいえ、その前からかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/01 08:13
なぜ最近ご縁のあった仏教の先生を私がこれほど尊敬しているのか
先生はお優しい上に頭の回転が速くて仕事も早いのです。  私が思っていることを本当に理解して欲しいことを的確に短い言葉ですぐに返してくださいます。     わかろうとして読んだり聞いたりしてくださっていることがとてもよく伝わってきます。言葉や漢字の間違いは素早く指摘してくださいますが、変換の間違いでしょうかと私に負い目を持たせないような語り口です。そういう心配りはイギリスのジェントルマンに学んだのでしょうか。     85歳には見えない少年のような愛くるしい笑顔を持った先生の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/16 07:24
全ての人を救うと誓われた阿弥陀仏の本願があること
 今、ここでそのまま救うというお約束をされ、私を救うという阿弥陀仏の本願を知り、信じさせていただくことが出来た人は幸せです。    温かい人間の間で生きてその環境をよろこべて、感謝して生きられ、その延長でそんな尊い願いを建てられた阿弥陀仏がおいでになるのだと、すんなり疑いなく信じられた人は本当に幸せな人です。お話しさせていただいた中でもそういう素晴らしい方にも出合ったことはあります。   反対に親にさえも虐待され、これでもかこれでもかという過酷な人生に翻弄され、その中で阿弥陀仏の本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/14 00:08
臨終の人に阿弥陀仏の本願におまかせしてと言い切る人のは僧侶の役目
 今日は心理学の傾聴と僧侶の役割についてシンポジウムに行ってまいりました。  精神科医や心理士が臨終の人に「人生に価値があるかどうか」尋ねられて「わからない」と答えるのは仕方がないでしょう。  しかしながら、真宗の僧侶は「いま、ここで阿弥陀仏のご本願を賜って、煩悩があるまま、生きてよし死んでよしの境地に出られます」と親鸞聖人が教えられたことを伝えてください。  たとえ自身がまだ救われていなくても言い切ってください。  それが僧侶の役目です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/10 18:54
手放しの信心に至るまで、自力は何か偽者を握っていないと安心しない
 他力(真理)を前にして自力は取り込まれまいと、ひょいひょいと物凄い抵抗を示して逃げます。  真理の矛盾や真理そのものの概念を考え出したり、はたまた真理の 話してくれる相手の人格を否定したりまでして、とにかく必死です。  愛と憎しみの煩悩にまみれた、迷いしか知らないので、とにかく不慣れな自分の知らないものからは、遠ざかろうとか反対にやり込めてやろうという勢いで、かわすことしか考えません。  哀れで気の毒なことだと感じますが、自力はつかまるまいと必死です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/10 06:47
経典 お聖教 説法 御示談
元々は釈尊の説かれた説法がとして書物になり、それが中国そして日本に来る中で翻訳されてお聖教になりました。  その中に阿弥陀仏の本願も伝わりました。  日本では浄土仏教という形で、源信僧都・法然聖人・親鸞聖人・蓮如上人の教え、そして江戸時代から現在に至るまでたくさんの妙好人の言葉が残っています。    お経やお聖教は仏教の知識がある程度あるととても簡潔で理論的で分かりやすいです。しかしながら、日々の暮らしに追われる一般の人たちは仏教用語も分からず、仏教の目的が迷いから覚める六道出離と言... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/08 07:09
阿弥陀仏・法蔵菩薩の憶い
 どんな心掛けでしているかで、言動が変わります。  心掛けがよくないと出て来る言動も同様のものになります。  どういうことを目的として、今自分が何をしているか分からないと空回りすることになります。    よき師に巡り合わなければ、自分の器の大きさだけの言動しかできません。  書物で読んでも、講義を聴いても余程優れたたとえば法然聖人のような方でなければ、おそらくそれらを正確に身に着けることは難しいでしょう。  親鸞聖人はもちろん素晴らしいですが、もしも法然聖人とのお出合いがなかったなら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/08 06:30
阿弥陀仏のご本願があることを知っただけでも素晴らしい!
 私にはわからないことがあります。  真宗の教えに出合ったことで、それだけでも、なぜ歓喜がないのでしょうか?  阿弥陀仏の全ての人を救うという願いがあることだけでも知っただけでも、うれしくないですか?  朝夕のおつとめで真宗宗歌の1番を私は何万回も歌いましたが、救われていない時でも有難くてよろこびが出ました。30年近く歌い続けていますが、いつも嬉しいです。こんな素晴らしい教えに遇えただけで  阿弥陀仏と心が一つになることや死の解決も説かれていますし ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/06 08:36
人間の愛憎と仏法
 全く無関心の対象に対しては想いを馳せることはありません。  少し関わりを持ち、相手を愛するようになると裏切られたときにその気持ちは憎しみに変わります。  親だけは最後まで子どもを分かろうとしてくれますが、自分の欲や、生命の危険の為に自分を優先します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/05 10:52
たとえ親でもどんな人間でも全面的に寄りかかることは出来ない
  たとえどんな親でも人間の肉体を持っている限り、生きて行かなくちゃならないから自分を後回しにしていつも自分自分の子どもにすべてを譲り満足させることは出来ないと物心ついた時から私は知っていました。  幸運なことに直接、親に虐待された経験は私にはありませんが、布教をする中でたくさんの親との悲惨な関係を聞いてきました。そしてその痛みを持ったまま阿弥陀仏に正定聚の身に救われる体験をされた方もたくさんあります。    しかしながら、私には親からの心身の虐待の記憶がないので心に寄り添うことが出来ない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/03 22:47
どうにも変えることが出来ない世界でどう生きるか
 歴史・政治・経済そして哲学などを学ぶことは価値がないと言ったら、きっと学者は怒りだします。  しかしながら、徹底的にそれらを極めた人たちは価値を見いだせず。それらを離れて宗教を求める道にシフトします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/03 22:39
見ずや君  明日は散りなん花だにも  力の限りひと時を咲く(九条武子)
 この頃毎日、重誓偈や四弘誓願などの漢文を心で念じ、仏法をお伝えする心構えを知らされると、正定聚の救いを賜った当時の決意や覚悟が薄れていたことが知らされました。  先生の決して途切れることのないご布教への情熱を肌で感じて、私は弱音もはけないし、泣くことも、泣き言もさえも言えないのです。     無常の命を持っていて、使命を果たすまでは死ねないと頭では十分わかっています。それでも、こんなに能力もなく聞いてくれる人もないなら、もう何もしないでずっと南の島で余生をゆっくり過ごしたいと何度も頭... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/03 20:39
恩徳讃
 如来大悲の恩徳は身を粉にしても報ずべし  師主知識の恩徳も骨をくだきても謝すべし    念仏 重誓偈を称える毎日、そして先生からのご指導を賜る時間を有難く生きております。  今朝の先生からのメールで、今まで75%くらい成し遂げたけれど、これからが正念場ですというお言葉を賜りました  微力ではありますが、この先生のお手伝いを、先生が望まれることをさせていただこうと強く思われました。  それにはいろいろまだまだ修行が必要ですが・・・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/01 10:18
死後の底知れぬ闇と人生の限りなく続く苦悩の解決
 闇がなければその闇が晴れるということもなく、苦悩がなければその苦悩を解決したときは金輪際、訪れません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/29 20:59
フェミニズムをひょいと超えちゃった瞬間
 信心も瞬く間に賜れましたが、まさか長年の課題であったフェミニズムがひょいとのりこえられるなどとは思いもよりませんでした。  ただこれも陰に陽に何かもお育てが常に私に働いていてくれたようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/25 08:16
国の混乱状況での仏教徒の役目とは
こういう時こそ、本来の自身の使命を確認することが大切になります。  確かに意見を求められたら命が生かされるようなこと述べ、仏教が求め信心を賜りやすいような世の中になる言動を取ることも必要です。 しかしながらそれは枝葉末節であり、根本の魂の解決は別にあります。まだ戦争は始まっていません。  しっかり御仏の教えを説くことこそが、教えを説く者の役目です。  たとえどんなことが起きても、心安らかに、置かれた状況で自身の本分を生きていくことを自ら示し、一日も速く信心を賜っていただく話をしていく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/21 20:33
戦争は全てマッチポンプかもね!
 権力者というのは権力を持っていない人たちを動物や虫たちよりまだ下の物としか見なしていません。ほとんどがサイコパスといってもいいかもしれません。でなければ人間の心があるなら、良心のかけらがあるなら、非道なことは出来ません。  人間が原爆などで跡形もなく溶けようと粉々になって死のうと平気。後遺症で苦しもうと知ったこっちゃありません。それどころか後遺症は実験結果を見る研究材料とみなし、真剣に治すことなどしなかったのが原爆の後の状況です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/21 06:27
この先生は本物だ、ついて行こうという決め手とは
 最近、この先生以上の人とは出合えないという方と巡り合いました。だからもうわたしは先生とご縁が続く限り、ご指導を賜り、この世の使命を全うして帰るべきところに還ろうとエンディングの準備を始めています。    40年近くの何十万人布教活動と教師資格を取る勉強の期間なども含めて、人を導いたり教えたりする時間や経験はそれなりあります。   私自身はお世辞にも人格的に優れているとか教え方が上手いとかではありませんが、こうしたらいいのではないかとその都度考えて工夫はしてまいりました。  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/21 06:20
自分に都合のいいこともそうでないこと全て受け止め人生を楽しむ
 身の回りに起こっていることは全て学び  都合がいいこともそうでないことも  一々原因を追究し解決していたら短い人生あくせくして終わります。  たとえば、こんなことは体験したくないですが、それがナチスのヒトラーのユダヤ人に対するような仕打ちであっても、爆弾を落とされ死ぬようなことあり死んでも、全てそういうことを学ぶために生まれて生きているのだと覚悟を決めたら、その中ででんと構えて生きていけます。  親しい人がこの世を去った時しか、私は泣かないと決めました。  出来ることをしようと前向き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/17 17:41
善知識(先生)を求めて
 今から想うと私にとって単なる出発点であり、通過点だった正定聚までの道のりでの善知識探しの誤りから、長いこと苦しみ悩み自分の居場所がなく、心を閉ざして誰にも何も言わずに、言っても分かってもらえずに過ごした時期が30年近く続きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/16 11:17
おばあちゃんが他界したとき私は3か月泣き暮らしました
大切な人を無くすというのはこういうことだと身に染みました。  夜一人になると涙が止まりません。  仕事も上の空  何を食べ何時に寝たかもわかりません。  夜通し泣いていたときもありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/12 20:35
堂々巡りがやっと終わりました
 30年近くかかって、大変な思いをして私は御仏から無明の闇を晴らしていただき、信心を賜る身になりましたが、それで終わりではなかったということを今日教えていただきました。  信心を賜る人も本当に稀ではあるけれど、その後、迷いの世界を抜け出ることでホッとしてしまい、そこから動かない人がほとんどで、その先の境地に到達していく人は稀だとある方から教えていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/12 01:01
判明しました。私がアメリカ映画が苦手な訳!
初めて一人で映画館で観た映画は「風と共に去りぬ」でした。  高校入学前の春休みでした。  どうしても一人で行きたかったのです  銀座の大きな映画館でリバイバルを見ました。  人がたくさんいました。  先着でもらえるスチール写真も手に入れることが出来ました。  入れ替えがなかったので、初回と次の回の2回繰り返し見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/11 12:10
心健やかに安寧の中で明るく笑えるのは御仏や周りの人のお蔭
 もしも御仏の願いを賜ることが出来ていなかったら  もしも私のことを心から支えて思い遣ってくれる人たちがいなかったら  私は今こうして生きていません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/08 22:49
今生で最も解決すべき根本的な問題
 一人一人の生命が光の中にあり、そこで永遠に護られた無量の寿命で生きていることにきづくこと。  このことが退屈に感じるのなら、それは迷いの世での煩悩を味わい尽くしていないせいかもしれません。そして自身の今生での死を遠くに追いやっているから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/06 10:46
あなたの全てを受け入れます。わたしはあなたとずっと一緒ですから
 結局人間は究極的にこれを願っています。  欲や怒りや愚痴の煩悩を持ちながらも、そのままの自分を全て受け止めて、ここに一緒にいましょうと寄り添ってくださる真理との邂逅を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/03 12:50
自分の死を今に持ってくることが真理を求める一歩
 人生の浅い部分を捏ね繰り回している人たちとの対話は正直言って疲れます。  話がかみ合わないのです。  表面の波立つところを刺激だ何のと言われても、それが何?としか感じられません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/02 00:04
当たり前だと思っているものへの感謝。いつかは何もかも消える無常の世だからこそ
親も子も夫も妻も側にいてくれるのが当たり前。  また今日も口うるさくいろいろ言ってきて煩わしい!  こんな風に感じる人もあるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/01 23:48
いつきづくの?上から目線・自己満足・お情けをかける弱者救済活動
 エリート男性・女性による男女平等政策は弱者を救済する根本的な解決にはならないと感じます。  自身が差別され、悔し涙を流した人にしか不平等は心底分かりえません。  恵まれた裕福な家庭に育ち、有名国立私立大学にすんなり進学し、国家や地方の公務員や一部上場の企業に就職できた挫折を知らない人たちが、仕事として弱者を救済する政策を立ててもそれは頓珍漢で満足なケアを獲られるものではありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/25 22:50
生きている(た)人の声・物語
歴史を知る時、情報の主に文書による史料を元に当時の分析をします。  それが従来の学者のやり方でした。  それだけでは不十分とばかりに、数字や経済的動向などから心性などを分析する新しい試みもなされています。  その少し前から、民話や地域で語り継がれてきた話などから歴史を再評価する試みがなされています。  多様な方法で過去を明らかにしようと歴史研究家である学者は果敢に挑みます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/15 15:53
この違和感は何?
 誰かと一緒にいる時、氷のような冷たさを感じることがあります。 「ヒヤッ」とします。  そして一度でもそう感じた人とはその先、もう無理です。  サイコパスの時もあり、ただジャイアンのような性格のこと、単に私を利用しているだけと感じる場合いろいろですが、感覚として鋭い冷たさが残るのです。  残念ですが、脆弱な私の神経には酷く突き刺さるので、そのまま身を引くか徐々に距離を置きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/14 07:10
実践者と学者の大きな違いは?
 日本・アメリカ・イギリス・フランス文学のスペシャリストの先生方(東大・阪大系)と日本史・西洋史の先生方(京大出身)の講義を今通っている大学院で受講しました。    初めに卒業した大学での法学部で法律と政治を学び、子育て中には通信の科目履修で教育を学び、幼稚園と小学校の教員資格を取りました。3年に編入した通信の大学では心理学を中心に学びカウンセラーの資格を取りました。経営・キャリア・起業・プレゼンテーションとコンピューターの操作法も学びました。  法律や教育や経営や経済活動や心理学などの人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/13 22:21
平和 安心 自由 これらを大きな声で言える未来を子どもたちに引き継ぐために
 なぜ中学生や高校生を含む若者が平和のために声を上げるかは自分たちの未来を自分たちで掴むため  その若い人たちの志を支えようと、彼らが安心して自由に生きられるために大人である素敵女子・男子たちも黙っていられなくなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/12 17:18
平和を願う 人殺しはしないし 殺されたくもない!って言えない国はイヤダ!
 憲法遵守 平和の希求 私は殺したくも殺されたくもない  こんな人として当たり前なことを言えない雰囲気の国はイヤダ  若い人は声を上げ始めました。  熟年層も、ゴールデンエイジも、日本全国の素敵女子・男子たちが一斉に指摘し始めました。    「王様は裸だ!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/12 01:15
生きる目的はいい人になることではなく、どうにもならない本当の自分を知ること
 一生懸命よいことをすればするほど、よい人になれるという感覚はまやかしです。必死になればなるほど、いい人になれないときづきます。   人間は自分が死ぬことを一番恐れます。それは生き物の本性です。  なぜ恐れるかと言えば、死後がハッキリしないからです。  暗い所に堕ちるという漠然とした真っ暗闇の恐怖の中方、方向性も見出せないまま、ただ彷徨っているのが現状です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/09 06:41
相手の中の劣等感や怖れを見抜いていると気づかせれば被害者はならない
 相手が弱い人間でその弱さを隠すために威張っていることを見抜いた瞬間から、関係は変わります。  だってきづいちゃったんですから。  弱さからくる劣等感や怖れを見抜かれてしまったら、いくら威張ろうとそんなのは何の効き目もありません。  ただし相手よりも高い精神性を保っていることが前提です。そうでなければ相手を見抜くこともできませんから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/08 20:46
お互いが分かり合えないのは死の恐怖から自分を守ろうとするから
自分が死なないために、誰かを捨て駒にして戦わせ、そいつが死んでも構わない。それぞれが自身の人生から問われている目的全うするために生まれ生きている他人は奴隷でも家来でもありません。   自分さえよければいい、今生では使い切れないような限りない金銭欲望を満たしたい我利我利亡者の為に命を落とすつまらない生き方はしたくない!  このように感じた若者とそれに共感する自分の人生を大切にしている大人たちは声を上げ、立ち上がっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/08 09:58
心性や生き方が違うとどんなに言葉を尽くしても溝は埋まらない
蒔いた種の種類が違ったら咲く花も取れる実も異なります。  また同じ山の麓を登っていたつもりだったのが、実は違う山だったら、同じ頂上にはたどり着けません。  自己満足を求める生き方か自利利他の生き方か、そこから出て来る言動は天と地との差があります。自分の為の結果を求めるなら、自分に有利なように自分が威張れるように他人に接し、事を運びますが、自利利他を考えるならそのような結果になるように全ての言動がそうなるようにもっていきます。    つまり、種の種類や出発点という心性が異なっていたなら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/06 23:13
見えない世界のことの方がたくさんあるのに・・・・・・
学者は何かというと「エビデンス」証拠を出せ、これが口癖。  誰にでも当てはまり、どんな時に同じアプローチをしても同じ結果が出ること以外信用しないし価値がない。  逆に考えるとこんなことはあり得ません。    一人一人体格も経験も元々の遺伝子も違うのに同じ結果が出るはずがありません。  「応病与薬」が基本です。その病に対して丁度いい薬を与えないと治る病も治りません。  カウンセリングもマニュアルやセオリーにとらわれて、クライエントの訴えをないがしろにしたら回復から遠のきます。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/03 08:52
精神の成熟度は相手の内面を見つめられ気持ちを思い遣れるか
人の外観は推移していきます。  その人にも依りますが、自身を磨き続けている人なら、どんどん深味が増していくという表現の方が適しているかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/30 21:43
志高く
 https://www.youtube.com/watch?v=vA7a9tQl45A  桃源郷のような幸せな日々を送っていた学齢期前から一転して、子どもという残酷な猛獣が襲ってくる檻に入ったような小学校生活の中で出合った、浄土仏教。日本の鎌倉時代に法然聖人・親鸞聖人がこんな素晴らしい教えを伝え、後世の人たちが日本語でその真髄を読み、聞くことが出来る可能性は私にとっての一筋の光でした。  必ず、生きている間に、両聖人と同じ信心を獲て、私もまたそれを今度は書いて、たくさんの人たちに話す人生を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/27 06:44
文系の学問が必要か否か
 全部が全部要らないとは思いませんが、大学院生として考えるところではあります。  その論文の対象の事柄が社会貢献になるものか、学問の為の学問なのか精査することが肝要でしょう。  文学でも外国語の文体とか過去の文壇の争いとかは何が人々の為になるのかよく分かりません。とても失礼な言い方ですが「それが何?」としか私には感じられません。    確かに、誰かが、それも多くの人が生きるための糧になるようなものが理系の技術分野にだけあるというのは言い過ぎでしょうが、それでもこの研究が自己満足意外に誰か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/26 17:55
苦しくても辛くても関係を絶てないのは本当に困っていないから
 パートナーから暴力・暴言を受けても体に傷を負い、骨折したり出血して、心がボロボロになってもそれでも別れられないのは、そんなことをされても仕方ない・当然な自分だという劣等感があるからです。   もちろん暴力・暴言を使って相手を支配しようとする者も劣等感があるから自分より弱い相手を力で押さえつけ言うことを聞かせようとするのでしょうが、被害者はそれ以上の劣等感があるから耐え忍ぶのです。もしもこんな関係が嫌だ、私はそんな扱いを受けるものではないという自尊心があれば、とっくに逃げ出すかさっさと誰... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/23 22:28
つけまつげ
 月曜日の英国人の先生との会話の授業のテーマは電車で化粧をする女性でした。  いつも乗り換えの階段の前で止まる女性車両に乗っています。  それでもあまり化粧する人を最近は見かけませんでしたが、ちょうどその日、びっくりする出来事が起きました。   女性車両はボックスの席のときと長椅子の時があります。その時乗った電車は長椅子でうつらうつらしていてふと前を見ると、大学生くらいの女子がつけまつげにのりを付けて乾かし終わったところで、片方ずつ付けはじめました。   「ええっ こんなところでつけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/21 23:50
なぜモラハラや意地悪が直らないのか(つづき)
「モラハラや意地悪をする人たちは広く深くそして先を見通すことが出来ないので、目先の我欲や快感のために他人を踏みつけにするんです。頭の悪い人たちだから、近寄っても、関わってもなりません」このようなアドバイスもいただきました。そして次のようにも。 「あなたはご自身が言われているように、あなたの人生から問われている使命を果たすことに専念して、脇目をふらずそのことを第一に考えたらいいのです。あなたは自分の欲得の為にしているのではないと分かる人と関わったらいいし、あなたのしていることで助けられる人が今... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/19 09:06
なぜモラハラや意地悪が直らないのか
 「だって人が怯えたり、悲しい顔するのが楽しいんだもの!止めるはずないでしょ」 このようにご自身もさんざん今は亡き夫にモラハラを受け、嫁姑関係で悩み、子どもさん・お孫さんのことで苦しんだけど、今は子どもさんやお孫さんと悠々自適の生活を楽しんでいる方から教えていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/19 08:30
心の持ち方と身体の病について
 あるお医者さんの奥さんと杉浦日向子の話をしていたら、彼女が亡くなったことを知らなかったようでした。病名はがんだと告げるとやっぱりねと言っていました。彼女の夫の医師もがんで亡くなりました。  理由は何かに集中できる人だからだということです。そういう人は体にがんができるとそれを排除することに集中して、手術したり抗がん剤を投入したりして徹底抗戦するので結局がんが怒って暴れて果ては死に至るのだということでした。がんで亡くなった人はその傾向があるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/19 00:10
大人のいじめをかわす言葉を教えてもらいました
そうですか。  わかりました。  ありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/18 00:19
いろいろな人がいることは見てきたけど・・・・・・
 この世に存在するまたは存在した人を見て聞いて読んでそして実際関わって来て知っているけど・・・・・・  やっぱりもう残り少ない人生では、関わる人は選びたい!  故意に傷つける人だけじゃなくて、まだ人生半ばで突き抜けた経験のない人は怖い!  でも突き抜けてなくても突き抜けたいと思って全力で自分自身の限界に挑んでいる人は応援したい! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/13 08:46
威張んなくなったら、楽になれるのに!
 名誉とか正義とかクソくらえ!  そんなことの為に威張んじゃないよ!  所詮夢幻の今生を自分の名誉や正義と信じてることの為に他人を怒鳴り、悲しい目に遭わせ、貶めるのは止めな! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/12 01:32
頭を削って帽子を合わせる
 普通は帽子を作り換えるでしょ。  オリンピックの会場も予算や設計を立て直すのが本筋です。  憲法9条に外交や政策は合わせずごまかしてはなりません。  宗教学者は信仰抜きに学問の為の講義や議論をしてはなりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/11 09:02
年齢を重ねるにつれて寛容になるのはなぜ
 たくさんの方から恩を受けたと分かるから  自分一人では何もできないと知らされるから。  自分も失敗するように人もし損ねてお互いさま  昨日できたことが今日できなくなっている  大抵のことは突き詰めない白黒はっきりさせない方が上手くいく経験がある。  ほとんど褒めた中に少し注意点をさらっといれ、また褒めて終わる話ができる  大勢の中で恥をかかせない配慮が出来る(自分がされて死ぬほど嫌だったから)  死ぬこと以外は大したことがないとわかる  周りの人が笑って嬉しいことこそが自分のよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/09 07:18
一度は限界まで力を出し切った人とそうでない人
どんなことでもいいので、もうこれ以上前に進めないという心身の限界点まで挑戦した人とそうでない2つのタイプの人には言葉がけが違ってきます。  ずっと真理を求めてどうしても到達したくて、そればかりを必死になって追い求め、来る日も来る日もそのことを考えなかったことがなかった日々を何十年も私は送ってきました。だから、スポーツでも学問でも同じように手を抜かず力を出し切った人にはとても共感でき、親近感が湧きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/06 21:53
ものごとがスムーズに流れるまでの心の持ち方
 感情のしこりがある時はこだわらず受け流して、ちょっと休むか、別の道を探るか考えるときなのでしょう。どんなことも成長の糧だと感じます。  どうでもいいこだわりだと感じることも、感情的になっている人には意地になっているとは気づかないで、本人にはとても大切なことなのかもしれません。  電車で混んでいるからみんなで少しずつ詰めあっているのに、どうしても頑張って立ちふさがる人を思い浮かべます。  こう書いている、私自身も出来るだけ自分を後回しにして、我を通し頑固にならないように常に気を付けています... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/02 10:29
大恋愛と大失恋と自尊心がずたずたになる体験と宗教的邂逅
 最近の親や教師は子どもを褒めて叱ることが少なく、子どもが調子に乗ってスポイルされることが多いようにも感じます。    学校でもそうでしょうが、社会に出るとお金という利害関係が絡んできて、なおさら大変です。そんな中ストレスがたまり、弱者に自分の意志を通すために、気に入らないというだけで大きな声で脅かしたり、暴力をふるって言うことを聞かせようとする困った人に遭遇することもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/01 21:48
直感に従って身を引くことは逃げるや恥ずかしいことではありません
 いじめやモラハラに遭う人は協調性のない頭の悪い仕事のできない人というイメージを持つ人もいるかもしれません。  それはハッキリ言って認識不足です。たとえば仕事をきちんとこなし管理職や指導的立場の女性やクラスで成績のいい子どももいつだってターゲットになり苦しんでいるのが現実です。    誰もが被害者になりうるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/30 08:23
私も日本人でよかった
 外国人に日本語を教えている恩師がヨーロッパ人よりアジア人の方が優しい気がするし、それでも私は日本人でよかったとちょっと前に言われていました。  たしかに特に親しいヨーロッパ人やアジア人の日本人よりも心が通じ合う親友が私には何人かいます。彼女らは初めて会ったり、文章を読んだり、話をした時からきっとソウルメイトだと感じる何かがありました。    しかしながら、全く面識のない初対面の、発展途上国と言われる外国の人たちに対しては、よく分からないので怖い気がします。欧米人の教養のある人たちに対して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/29 08:04
常に目的・原点を意識する意思疎通する話し合いの必要性
 一人ですることなら自分の思うように進めていくだけでいいですが、誰かと何かをするときには、感情的なことや利害関係が絡んできてややこしいです。  それでも、その中、どうしてこの仕事や課題をしているのだろうかというところに戻ったら、意外とすんなり事が運ぶことも多いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/28 12:37
賢く強くなりましょう!一人の勇気がドミノ倒しのようにモラハラ・DVや戦争を無くします
 他人を踏みつけにして自身の欲を満たそうとする心がモラハラ・DV・戦争を引き起こして人々を哀しみのどん底に落します。  また自分の欲を満たそうとする人は劣等感を持ちその根底には恐怖心を抱えている人たちでもあるのです。  何か余分に持っていないと、蓄えていないと不安で仕方ないので他人の自尊心や大切にしているものを踏みにじったり、取り上げたりして自分の心を慰めているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/27 09:39
ものごとの価値と心
 所詮物は物です。そう唯の物。何億円も払って買うようなものは、おそらく人間には要らないものです。  子どもの頃、弁護士になって、お金のない困った人には払えるだけで力になろうとしていました。でも、いざこざばかりに直面するのが嫌で勉強は中断したままです。教師やカウンセラーの資格も取りましたが、本当に困った人やモチベーションの高い人は現れません。そういう人は自分で何とかしているのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/27 08:55
有難うございます。 今まで生き続けてくれているあなたを私は心から尊敬します
(モラハラで苦しんでいるあなたへ)i以前書いたものを分かりやすくしてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/27 08:50
仕事は全て目的・ねらい達成の再確認が肝要
 「ああ楽しかった」で終わるのは仕事とは言えないような気がします。  お金をもらって依頼された仕事は過程も大切ですが、結果が出せるかどうか、ねらい通りに遂行されたかどうかで顧客満足が満たされるかどうかが決まり、次の仕事にもつながります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/25 07:54
ワークショップを仕事として引き受ける時
先日の大阪大学での演劇を用いたワークショップの一人者の先生が受講者からの質問に答えてくださいました。  引き受けたくない仕事は断るのも一つの決断だと。      出産まで給料をもらって仕事をしていたとき、社長に言われたことを思い出しました。  どうしても様々な要因で無理を言ってくるお客さまは残念ですが、お取引をお断りしても構いません。  大損をしてまで、顧客の機嫌を取って取引をする必要はありません。  だから、怒った時、喧嘩をしたときは、取引が終わる時だと心得て商いをしてくださ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/23 08:12
一緒に何かしてくれる人がいたら有難く感謝
 ずっと前から、ハッキリした記憶がない時から、自分の為に特に誰かに何かして欲しいことはありませんでしたが、何かしていただいたらときは有難く感謝していました。  何でも自分でしなくては気が済まないということでもありません。それぞれが自分の出来ること、人に任せることの分担をしてこの世の中は廻っているのだと何となく感じていましたので、自分のことの余分に私にまで心を掛けてくださることに対して勿体なくて、私も見習わせていただいていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/20 06:54
世代間コミュニケーション
 年齢を重ねるというのは色々な経験や読書や対話によって他人の立場を理解し、想像する「知恵」が増えていくことなのだろうと最近感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/18 07:43
後ろをついて回ってでも注意して子どもの習慣になり身に着ける3つのこと
 「今を生きること」  「力を出し切り、手を抜かないこと」  「後始末の習慣」    昨日は中学の先生方と子どもと夫とで今後のことについて話し合いをしてきました。   結論は取りあえず、自覚を持って勉強に組み自分で考えていくということでした。   しかしながら、帰宅後すぐにタブレットでゲームを始め、学校との連絡帳に日付が書かれていないことなど何も変わっていないことに閉口しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/14 20:31
無縁社会の悲劇
 何でわが子に手を掛けるのかな。  それも体育祭の鉢巻きで  今が苦しい母親自身が死んだなら、子どもは親戚や養護施設で生きられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/13 11:52
何かを仲間と一緒にする意味
 一番の目的は相手の中にある真摯さを見つけ、自身の心身の限界を打ち破ることです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/11 06:48
実践しないと、自分のことは見えない・分からない
 上に立ち導く立場の布教師や教師にありがちなことですが、口では素晴らしいことを言いながら、していることが正反対という場面にかなりの割合で出くわします。 たとえば、自信がないのか相手の目を見ないで話をしたり、プリントを配るなどちょっとしたことから綻びが見え隠れします。  このように言っている私もそのようなことが多々あるかもしれません。自分ではきづかないので。謙虚な気持ちになりいろいろお話を聴かせていただくことの必要性を痛感します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/10 08:24
グルテンフリーの発芽玄米パンやおからクッキー
 小麦もバターも値上がりしたり品薄なようで、パンもいつまで今のように食べられるかわかりません。お米やおからなら余っています。  ミルキープリンセスをひいて粉にして作ったパンはおいしかったです。  うどんの代わりにフォーもいいし、生春巻きも美味しいです。  おからで作るクッキーも米粉やココナツなどを混ぜたらおいしいものになるでしょう。  研究工夫して日本やアジアの食材を生かして、みんなが潤い喜べるようなことを考えています。  感謝していること   周りの方々がいろいろなことを教えてくだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/09 07:56
漫画家を招待したワークショップ企画
 漫画に関係したミュージアムなどの施設でワークショップをする企画を建ています。  自分の人生の指針になるような、又は人生を変えてしまうような作品を描いた漫画家に来てもらって抽選で当たったファンにワークショップで参加型のワールドカフェなどをしていただくというものです。  講演会だと莫大なお金がかかるので、参加者が作家がいる前で彼らについて話し合うということでグッズなどの販売をしたりすることを考えています。    一生涯一度でもいいから会いたい漫画家とお目にかかれ、サインなど貰えて、ファンと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/07 19:31
いつも機嫌がいい笑顔には不断の努力有
 声を荒げても、暴力を振るっても他人を変える事は出来ないどころか、かえって佳くない事態を招きます。  それなのに人間は武力を行使して他国・他人を脅かし利権を確保するような愚かなことをするのでしょうか。  仏さまのような智慧がないばかりではなく、忍耐がないのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/07 00:54
大切なのは自利利他の気持ち
 自分だけよければいいという短絡的な考え方がまかり通ると争いは絶えません。  周りも幸せにならなければ最終的には自分も幸せになれないことを考えが足りない子どものような人たちにはいくら説明しても分かりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/05 07:42
義務を無理やり自発的発想に変えちゃうと楽になる
 この人生、嫌々物事に取り組んだことはありません。  いいことばかりじゃなくてそうでないことも山ほどありました。  逃げられること避けられることは止めてきました。  でもどうしてもしなくちゃならないことを、これは私にとっての学びになるのだと腹をくくる覚悟で臨んできました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/04 08:44
いつも光の中で微睡んでいた幼少の頃
 おそらくいろいろなことがあったのでしょうが、私の学齢期までの記憶はいつも光の中でした。  おばあちゃんと妹弟や従姉妹たちや近所の子どもと遊んでいたこともありますが、一人で春のあたたかさ、夏の涼しい朝、秋の高い空、冬の南の廊下から家に差し込む太陽を感じて静かにじっとしながら、本を読んだり考え事をしたり絵を描いていました。  その頃の私はとても自由で、いつも見えない力に護られているように感じていました。それが誰なのかどんなものなのか早く知りたいと願っていましたが、きっと周りの大人たちには分から... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/03 23:31
後出しじゃんけん・勝ち馬に乗る
 多様な人間がいる中、こういう生き方をする人がいることも知っています。  いわゆる世渡り上手とか要領がいいとか言われる人達なのかもしれません。  そういう生き方を否定はしませんが、私はしません。出来ません。  もし私がグループの代表者で私を信頼してくれる人がいたならなおさらです。  ただ、途中でメンバーに打診はするでしょう。このまま私についていたら主流から外れて、しばらく日の目を見ないことになるかもしれないと。  それでもついてきてくれる人がいたら無理に引き離すことはしません。   ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/31 08:40
百日紅
 江戸時代を描いたアニメ映画です。水曜日に見てきました。  近世文学の先生の授業で面白い話をお聞きしました。  江戸時代は今以上に女性の容姿が重く見られていたので、生まれるとすぐに顔を見て、荒削りで嫁の貰い手がないと判断したら、親は婚礼の年頃になるまでせっせとお金をためて、商家に持参金つきで嫁がせたそうです。商家の奥様は奥にいてそれほどすることもなく、主人もめかけを持ったり外で遊んでくるので、いてくれさえすればよかったようです。   家柄もよく教養もあれば見た目はそれほどきにしないけれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/29 23:03
研究者の前に未来永劫を憶う御仏の遣いの私(対機説法について)
このことはゆめゆめ忘れてはならないと常に自戒しております。  対症療法や小手先の考え、痛み止めなどの一時的な処置はかえって人を真理から遠ざけます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/29 09:01
セーフティネットはやっぱり赤ん坊から低学年までの教育
 経済格差・二極化が問題になり富める者はさらに富、貧しい者は家すら持てない世の中に疑問を感じます。  義務教育の中でなぜ、持っている人がない人に与えお互いに助け合うことを教えないのか、困ったことがあれば助けて欲しいと申し出ることのシュミレーションを経験させないのか大いに考えるところです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/28 07:05
生徒や弟子は向こうから来るけど、先生は自ら見つけるもの
 先週に続いて太宰とメリメの比較の話で「女性と猫」についてのお話をフランス文学の先生がして下さいました。   「黙っていれば名を呼ぶし、近寄って行けば逃げさる」と太宰がメリメの言ったことの内容を少し変えて繰り返し書いているということでした。   「女性でも名前も呼ばないし、逃げない人もいるのではないでしょうか。太宰が付き合う女性たちがそうであったということではないでしょうか。もう一歩踏み込んでいうと太宰自身がそんな男なので同じような女性が回りに寄ってきたということなのかもしれません。」このよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/27 22:04
メンター・尊敬できる年長者とのご縁は含みのある深い人生を送れます
能力主義・結果主義を重視した新しい資本主義体制は多くの人を不幸にします。  それに気がついている年長者はたくさんいます。なぜなら彼らは戦時中または戦後の混乱期を体験して、必死で日本の復興に勤めた功労者であるからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/27 11:00
そこにいる人間の将来の幸福を予見した政策を考える
 今現在の問題が勿論急務ではあります。 しかしながら、政治はその場しのぎや任期までではなく、住民がおそらく生きていくであろう10年後20年後50年後といった、長期のスパンでも政策を考えるものでもあります。  何歳くらいに子どもがどうなって、大人になってまた子供が生まれて等ある程度予測が付きます。新しい時代と言っても、義務教育のシステムが変わらない限りそれほど大幅に変わることはありません。首長は自身の経験だけでなく議員や役人や住民の幅広い意見に耳を傾け真摯に仕事をして欲しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/26 07:20
他者に対する想像力は創造力につながる
 自分や家族や友だちさえよければ、ほかは別に考えなくてもいいという感覚の人はいつの時代でもある一定の割合で存在します。  それはどうにもならないことであり、即座に変えることは不可能に近いです。  しかしながら、身内を超えた地球上の環境から身近な暮らしをより佳くしていくことを諦めると、世の中どんどん利己主義が横行し、武力や暴力がまかり通る世界へと変質していきます。これは恐ろしいことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/25 10:31
多様な価値観の中で、自分にとって意味のあることを選択する
 正直者が馬鹿をみると感じている人もあるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/24 10:28
戦争やスポーツの試合で勝ち負けが決まるけど、人生はその後も続く・・・・・・
 選挙を戦争やスポーツの勝ち負けと同じように考える政治家は即刻辞めてください!  なぜなら選挙が終わったその後も市民の暮らしはずっと続くから。  選挙でそして勝った人は、負けた人が掲げた政策を支持した人もケアする必要があります。なるべく多くの人の意見を聞き入れ、皆が納得するように持っていくことが大切です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/24 07:47
まず言葉かけや言葉遣いから変えていきませんか?
 心はなかなか変わりませんが、言葉は気を付けたらすぐ変わります。  まず、他人を呼ぶ時、敬意を持った言い方をしましょう。    特に女性はデリケートです。いつも立ててあげてください。 呼びかける時、「おばさん・おばちゃん」は止めましょう。 例外として大阪近辺の女性の「おばちゃん」という言葉に対しての思い入れの気持ちは今一つ分かりませんので言及は避けたいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/23 21:22
究極の選択 人命か物か
火事現場でかつて殺人を犯した身内でない動けない爺さんと本物のモナリザの絵画のどちらかを救出する選択の話を書きました。  物は生きていません。そして必ず壊れます。人間も同様に生まれたからには必ず死にますが、物は心を持ちません。今生人間に生まれたならば、六道の迷いから抜け出て、悟界に生まれる可能性を誰でも持っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/22 07:15
価値観の変遷で昔は許されてカッコよかったことも今となれば・・・・・・
比較文学の授業で太宰治について学んでいます。  モラハラ・DVを家庭で繰り返した漱石も人間としていかがなものかと感じますが、自殺した芥川や三島や川端と同様、太宰の生き様も私には酷く違和感があります。文学以前の問題です。    自殺も女性と入水自殺を繰り返しました。死ぬんなら一人で死になよ!  共産党のシンパなんかじゃなくて、捕まる覚悟で活動しなよ!  なんか徹底してないよね。甘えん坊の意気地なしって感じ。  現代なら所詮ただのぼんぼんで頭でっかちな思想かぶれの、ちょっとだけ筆のた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/21 22:29
一般市民からの政治家への意見
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159909 権力の中にあり、重要なポストについていると政治家について言えないことも多いかもしれません。  では、意見を言える一般市民がどんどん表明していけばいいのでしょうが、自分が何を言っても世の中は変わらないと諦めている人も多いのでしょう。  それでも、昔ならインターネットも無くて、意見も新聞の投書くらいしか言えませんでしたが、今はSNSなどさまざまな所で簡単に発言できます。誰かが見て... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/20 05:43
声を挙げたら志を同じくする人が集まる期待
 人生から問われている目的を果たすために生き、自分自身のものは達成できましたが、賜った真理の宝を生きている限りお伝えしています。   世の中には色々な人がいますが、きっと生活の中でなら、誰かの為に今まで培ってきた経験や知識を役に立てたい人はいると思われます。  どうか一緒にしていただける方がありましたら、よろしくお願いいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/18 11:10
私のワークショップデザイナー3ヶ条
大阪大学の昨日のワークショップの講座で再確認しました。  私の人生の信条と一致していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/18 08:59
人生傾聴士
 臨床心理士・産業カウンセラー・CDA・弁護士・行政書士・医師・看護師・僧侶・教師・保育士など人と関わる資格を持つ人たちが協力して、クライアントの人生を傾聴する勉強会を行い、資格を創ると社会貢献できるのではないかと考えております。  ただ人さまの人生を聞くということでジュニアとシニアとに分けて、シニア資格はパートナーとの間に小学校を卒業まで子育ての経験のある方に限定するような方向がいいように存じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/15 19:44
御仏に向い、度量が広く大きくなると多少のことは気にならないのかも
 何か結果が生じたとき、原因を突き止めてもわかることとわからないことがあります。  そういう時はこれは何らかの学びなのだと、原因を考えることを保留して誰も何も責めずに淡々と過ごすのが真の仏教者の姿なのかもしれません。    某所に月一度座禅に行き、その後、老師が禅についてお話しをしてくださいます。  すでに無明の闇はすっかり晴れても、煩悩をもつ身である私は未熟者でまだまだ世間事で気になることも時々あります。  そんなときは、全て如来の御心によるご縁だと有難く頂き、愚痴や文句を言わずに辛... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/14 20:18
宗教家や心理士が陥りやすいお節介
 ほとんどの困っている人は学んでいるのです。  だからその人が自ら助けて欲しいと言わないうちは黙って見ているしかありません。  余計なことをするとそれはお節介にしかなりません。  それどころか、かえって相手の学ぶ機会を摘み取り、成長の妨げとなるのです。    本当に困っている人は助けて欲しい、教えて欲しいと言ってきます。  そうなったとき、初めて素直な互いの開示がなされ、物事が好転し始めます。  それまでは放っておくしかありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/14 20:14
今、持てる力を出し切って、実践で完全燃焼するしか何も知らされない
 熱い人が好きです。  見かけは冷静を装っても、熱い人は隠しても隠し切れないオーラが溢れ出ています。  文章や口でいいことを言っても、やっていることは眉をひそめるどころか人を泣かせることだったりするのは悲しいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/13 07:52
フィリピンからの社会貢献の一歩
 日本よりも先にフィリピンからからのオファーがありました。  どんな形になるか分かりませんが、御仏の願いと女性たちを元気にする話を2つ頼まれました。友だちが私の書いた論文やエッセーを翻訳してレジュメで配った上、同時通訳してくれることなどを昨日会って打ち合わせをしてきました。 8月の半ばから1週間フィリピンに行ってまいります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/11 09:31
ライフヒストリーが布教に必要だった訳
 今、何が何でも真理との邂逅がしたくて、本当に教えだけお話ししてライフヒストリーを聞かずに御仏の願いを賜った人もいることはいます。それでもそういう人は全体の中では本当に稀です。   ほとんどの人が一直線に教えにはいれません。 特に男性は勝ち負けとかプライドとかが邪魔をして難しいです。女性の一部もそれがあり、他を当たってくださいと途中でお断りすることもあります。 私ごときに勝とうと撒けようとそんなことはどうでもいいことだとなかなか気がついてもらえません。ただ、馬鹿にしている人の話は聞けませ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/10 07:57
ライフヒストリーという名前を知らないで布教活動で使っていました
信心を賜ってから、信心の沙汰を頼まれて御仏の願いをその人も賜った人には、ライフヒストリーとほぼ同じアプローチをしていて、その人の人生を聞くことから始めていました。  モラハラ・DVなどからの脱出や予防でもナラティブアプローチなどにも応用できると確信しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/08 23:30
目の前に来たことに向き合いこなすこと
 一生懸命生きていて、何かを続けていたら、それが好きになり、得意になります。そして、それを見ている人が必ずいます。  そのうちにこれをして欲しいと頼まれるようになります。  それが本来の仕事なのでしょう。    現代は自分がやりたい職種の企業や自治体に勤める人もたくさんいます。  昔は村の寄合などで物事が決められていましたが、今は人も多くなり、行政区域が広くなりました。それで、選挙によって選ばれて、より佳い社会のために働こうと、政治家を目指す人もいますが、当選しないとならないし、たくさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/07 22:20
意地悪な人には挨拶以外無理に関わらないと心が平和です
 自分の心の声を聴きましょう。  直感を信じましょう。  満たされない思いや、嫉妬から敢えて人を傷つける言葉を発する人たちは避けましょう。  その人が意地悪で周りの人から嫌われても、その人の問題だからです。  決して直してやろうとなどお節介をしないこと。    直りません!  本人が自分が意地悪だと自覚しないと  優しくて意地悪じゃない人の中にいて居心地が悪いとか、誘われなくなったとか、実害?がないときづかないし変われません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/07 06:53
自分が人生から問われていることの意味を考えること
 高校受験は要らなかったと私は今でも感じます。  受験は必要ないけれど、各教科による能力別クラス編成を高校にから取り入れたらそれでいいでしょう。出来ない所を強化して出来るようになるように徹底的に学ぶことが出来たらそれでいい。  だけど、日本では変な横並びをよしとする意識があって、公立の高校の中で、一年生から能力別クラスがあるというのは受け入れられず、受験で学校を振り分ける方がいいのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/04 23:40
憶いを込めて探したら必ず値える
 何か自分にとって本当に必要なものがあり、それを周りの人やネットで言ったり、探したりしたらかなり高い確率で見つかります。    昔インターネットがなかった時などは、交友範囲も狭くその範囲内でしか知り合えず、また何かを調べるのも図書館や現物を見に行きました。それはそれでよかったのでしょうが短い人生で、自分が本当に探しているものに巡り遇える可能性が表面的には低かったようにも感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/04 07:06
真理の概念が分かるなら子どもでも邂逅はできます
 人生から問いかけられた自身の目的を果たす  毎日のように私が言っていることはどういうことで誰に対してだと思われますか    大学の先生たちや政治家や儲かっている会社の経営者に対してでしょうか  もちろんそれらの人たちにもご縁があって聞いてくれるなら話します。  しかしながら、こういう人たちのかなりの人たちは、仏教の教えを受け入れるのを妨げる八難の中の「世知弁聡の難」すなわち雑多な知恵などが邪魔をして仏の教えを聞けない残念な状態にあります。  それでも例外もあり、釈尊の時代から今日ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/03 07:54
プライド、プライド、プライド・・・・・・
 単なる人間  同じような体つきや器官や大きさを持つ生き物  宇宙から見たらそんなものつまらない  くしゃくしゃっと丸めて捨てちゃえばいい類のものなのに ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/02 09:45
東洋の稲と西洋の麦の穂先
 東洋人にある日本人の私たちはお米を主食として、郊外では田んぼを目にします。  一方、西洋人は麦でできたパンやパスタなどを主食として麦の穂に親しみを感じるかもしれません。麦の穂は空に向かって上に伸びています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/01 09:53
可愛いあんよやしっぽはかくれんぼ同様に隠し切れない
 電話での声の優しさ、ブログなどで選択する言葉の一つ一つなどでその人の本来の姿が見え隠れします。  誤魔化しきれない相手に対する肯定・否定の感情や積み重ねてきた痛みを他人にはしない思い遣りなどが瞬時に感じ取れます。  けんのあるまたは品のない言葉遣い遣りっ放しの文章は、おそらく他人が聞くとか読むとかいうことを十分考慮していないせいでしょう。  これがそのまま活字になり後世にまで残るとしたら、よくよく言葉を選びますよね。電話でも、スカイプのように画像が移るなら気を抜かず話しますよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/30 09:12
身体の異変や集団にいる不都合な人は大切なことを教えてくれるためのもの
 がんも身体の一部です。それが身体に現れたということは、何かを示唆してくれているのです。生き方を変えた方がいいよと。  属している団体に心身が通常発達の人と異なる人がいたら、それは人生をより深めるチャンスです。その人の生きにくさが自分の中にあるものと共通することを知り優しくなることが出来ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/29 07:26
べき(must)が少なく緩いと生きやすいかも
 一人として同じ人間が存在しないのに自分の考えが常識だと固く信じていると生きにくいですね。  授業はこうあるべき、男は、女はこうじゃなくちゃとか決めつけるとそうじゃないことをしている人を責めることになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/28 23:25
「やわらかい風を感じる季節」
 春夏秋冬私は風の中で生きている気がします。  春の優しい気持ちにしてくれる風、夏の熱風と朝夕の涼やかな風、秋の淋しい風、冬のあたたかい屋内に気持ちを戻す風。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/28 06:22
子どもでも人に譲れ、老人になっても自己中な人もいる
 最近、一日一食だったり、気がついたら食べていない日もあります。生活に困窮しているからではなく、食事に執着しなくなったらそんな感じで暮らしていけるのだと分かりました。 もしかしたら飢餓状態の人は食事に意識が集中しているから、苦しむのかもしれません。飽食の国で金銭を始めとしていろいろなものに恵まれている私が言ってもあまり説得力がないかもしれませんが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/28 05:41
大学教員や各種ワークショップファシリテーター向けサポート
 高校までの教員もかなり変な人もいましたが、彼らは教育心理学などの生徒指導のための講義の単位を合格し、かなり長い期間、教育実習に行っています。そこで学生たちにこき下ろされたり、無視されたりすると教職を断念する人もいます。これはこれでふるいの役目をしてくれていい制度です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/27 09:23
ワークショップも演劇も英語も技術向上より伝えたい中身が肝心
 時間通りきっちりそつないワークショップが出来るのは当然のこととして、さらに参加者に出てみてよかったし、感じたことを実践してみようと行動にまで持って行ける域まで行くことが当面の目標です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/26 22:23
何のために勉強するかを知らないままに学ぶ小学校〜大学院の人たち
 『小さいひとたちへ』という私のエッセイ集の「小さいひとたちへ5」の中で、小学校2年生の時に先生が教えてくれた勉強する意味を書きました。   「社会貢献」という言葉は出されませんでしたが恩師は、小学生の私に「あなたは社会の役に立てる人になれるはずだ」と励ましてくださいました。  これが私の宗教家として、教師として、女性たちを応援したりことなどをしている原点であり、その手法としてワークショップを取っている原点です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/26 08:00
普通が生きにくいのは50点だから。それで生きるのが辛い事実を皆知らない
普通が一番と考える人が結構沢山います。  出る杭は打たれるとも言われます。  それでも普通の人が一番生きにくいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/25 19:20
3次元の世界では徐々に物事が進行し一足飛びには変われないのかも
 ワークショップデザイナーの講座を受講し、講義を聞いていて感じたことがあります。  参加者を励まし、思い切って何か行動に移せる勇気をシュミレーションなどで持ったとしても、それを本人は納得の上でしたとしても、周りが何の説明も受けていない場合、効果がなかったり、かえって状況が悪化することもありえます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/24 21:28
なぜ真実を目指さず、方便に甘んじるのか?
 何もかもに恵まれ、人生が楽しく思い通りに進んでいくことに釈尊は疑問を感じました。  そして生きていたらその先には病や老いや死がありことを感じ、それらが自分の身に訪れようと変わらない安心満足の境地になれる真理を求めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/23 10:24
自分自身の力で道は切り開くもの
こういうと大げさに聞こえますが、日常の小さなこと一つ一つに言えます。  例えばやっと娘は重たい腰を上げ、祖父母にお土産のお菓子を送ることにしました。  何でも82円切手を貼れば着くという中学生のレベルでも愚かな考えを持っています。  追加料金を払ってもらう訳にはいかないので、ネットで「定型外」を調べるように言いました。縦横だけで範囲内だというので、重さも量るように言うと、定型外のどの値段なのか分かったようです。しかしながら重量オーバーは困るので窓口で出したいようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/22 09:37
おじいちゃま おばあちゃまは孫が生甲斐
 まだ孫がいないし、遅く産んだ子どもなので、孫の顔を見るまで生きていられるか分かりません。それでも孫がいたらどんなに嬉しいかと想像しています。  自身がおばあちゃんとの桃源郷のような場所での蜜月の時期を持ったことのある人はきっと私の気持ちがよくわかるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/21 07:51
手本を示し、細かいことを指導せず、方向の修正が本来の親や教師の役目
 手をかけるほど子どもも学生もダメになります。  自主性を尊重して危ない所に行きそうになった時だけ口や手を出し、 他はヒントを何気なく口にするとか、本を紹介するとかだけしていたらいいと 最近は感じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/20 09:11
肩の力を抜いて・・・・・
年齢を重ね、様々な人と接していくと、相手との距離や持っている能力が瞬時に分かることが多くなります。  それ相応の対応が出来るようになります。相手もこちらと同様に様々な場面での集積があると上手くいくものですが、そうでないととんでもなく不快な思いをすることになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/19 07:16
心安らかにいられるために
 余りにもつまらない人間と思われる人物に馬鹿にされたとき、非常に腹が立ちます。  そして、即座に言い返せなかったとき、言い返せなかった自分にもっと言いようのない憤りを感じます。  それを誰かに言わないとスッキリしないので、言ってみても、なかなか「それは気の毒に」とは言ってくれません。  「世の中そんな人ばかり」とか  「自分中心に世の中が回っているわけじゃない」と反対に説教され、心に燃え盛っている怒りの炎に更に油を注ぐようなことを言う無慈悲な人も多くいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/17 22:03
不倫をしない男性の見分け方
 若いころモテていた人や倫理観の高い人たち、趣味に没頭している人を選ぶのがポイントらしいです。  確かに、たくさんの相手から言い寄られて、食傷気味でもう結構だから、結婚する縁でやっと他の異性からモテることから解放された人はその後、配偶者だけで十分満足でしょう。薬指の指輪は水戸黄門の印籠よりも威力を発揮し有り難いものとなっているでしょう。    一方、モテないキモい痛い男たちというのは我身知らずなので、プライドや理想が高くて扱いにくい上に、一度、自分がモテたと勘違いすると、次から次へと調子に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/15 10:34
赤ん坊の時から親が我が子に妻が夫にしてやれること
 両者とも身の回りのことから少しずつ、自分のことは自分で出来る能力を身に付けさせることです。  ついつい手や口を出してやってしまいそうになりますが、じっと我慢です。  初めは時間がかかっても、上手くできなくても、その内、本人なりの速さでやり方を工夫して見つけていくことになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/15 08:56
毎日が一期一会
 又、すぐに逢えると思っていた人が遠くに行っちゃったり、この世から去ってしまったりすることもあります。  いつも逢えると思っているからついついぞんざいな口をきいたり、酷い言葉を投げつけてしまうこともあるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/13 20:36
本を読んだり誰かに教えてもらったこと
 何か克服しなければならないこと、それを何とかしないと先に進めないことがないと人は深く学べません。  本の中の事、誰かの受け売りは知った覚えたの世界でしかありません。  よく考えて頭がねじれるほど悩み抜いて、実践して開けた世界とは違います。    人は必要性がないと、困らないと形振り構わず物事に取り組めません。  背水の陣とか火の粉が降りかかってくるような余裕のないところをもがきながら得たものしか私には本物には感じられません。  感謝していること  物事はなるようになっているようで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/13 20:30
不思議!過去の記憶は変えられる
 仲がいいとは思えなかったおばあちゃんのことを母は人生の師と他界した今は語ります。  嫁姑の諍いには口を閉ざし母の兄に電話しては関わりを避けていた父が、この家はおばあちゃんあってのものだったと言い、来年は17回忌をするそうです。    その人が家からいなくなるといい思い出ばかりが残るのでしょうか。  生前からおばあちゃんのいいところを私はもちろん、その他のたくさんの人からも母も父も何度も何度も聞かされたようです。  そんなことが重なって、自分の持っていたイメージを後からのものが駆逐して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/12 20:28
再確認しました。素直になって頭を下げて初めて教えていただけることを
何か教えて欲しい時に初めから偉そうな態度を取ったら、表面上はにこやかに親切にしてくれても、その後、親身になって何かしてくれることはないでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/11 21:12
法学部の時の「家」+隣接する「村」(コミュニティ)に戻った研究
 今日から修士の二年目が始まりました。 避けて見ないようにしていたけれど、やはり江戸時代の杉浦日向子の描く夫婦やパートナーといっても、「家」や「村」(今でいうと町内会にあたるのでしょうか)をしっかり押さえておかないといけないのだと新しく来られた先生の講義で知らされました。    今まで研究者としての学習にあまりにも意欲が出ない状況でしたが、講義が自身の研究と重なるためか興味深く、更にご自身の主催する学会に論文を出してみないかとお誘いくださるなど、気分が高揚してまいりました。  大学... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/09 21:20
人間は傷つけ合うので、敢えて楽しくなる知恵を実践し、さらに進むと何も気兼ねのない状態でいられるかも
 迷いの「無明の闇」の中で生きている人間は、剥きだしのままだと暗闇の中で相手構わず手足を振り回して傷つけ合います。これを自我という表現で現す人もいます。それが痛くて嫌な人は自分を後回しにして他人に譲ったり、優しいことを言ったり心が豊かになる芸術的表現で楽しませたりします。そういう人は周りの人や影響を受けたたくさんの人から感謝され、より楽しく幸せに生きられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/07 23:41
何も言わなくてもどこにいてもいつでも憶い合えるよろこび
 しばらくご無沙汰しておりました。  月末に京都を出発して、関東から山梨を回り、一服して小浜に2泊、一度帰って芦屋に。実家とお友だちのところを回ってきました。たくさん話をして笑いました。   昨日は親子トールペインティング教室のあと、我が家で連れ合いが焼いてくれたお好み焼きを食べ、粘土で薔薇とカラーとマカロンの粘土細工をしました。    いろいろ感じたことがありますが、全て周りで支えてくださっている方々への感謝に集約されます。  小浜を発つ朝、おばあちゃんの夢を初めて見ました。生前の最... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/06 08:27
人を育てるよろこび
親は自分の子どもに精力を注ぎこみますが、教師は一人一人の個性に応じてその長所を伸ばすのが仕事です。全体が見られないとそして個々の幸せを念じた対応がなされないと成りませんが、とてもやりがいのある素晴らしい仕事です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/25 08:42
とても辛い所で前向きに頑張る人を特に応援したい!
多くの人はこれくらいでいいやとか言って妥協してほどほどの道を行きます。  このほどほどが一番学びがしやすいと感じますし、そうできるならそれがいいでしょう。  ただ環境に甘えてしまい、今生での真理との邂逅も急がず、まあいいやと来世以降に先延ばししてしまうかもしれません。これはせっかくのチャンスをふいにしてしまい勿体ない話です。  それも仕方ありませんし、恵まれた立場や環境に感謝しつつ、急に高みを目指したいという気持ちが湧き起こってくるかもしれません。    一方、生前での人生計画にお... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/24 13:20
相手と精神年齢が違う時は年上が耐える役目を学んでいる
兄弟姉妹の年齢の順に精神年齢が高くないとみんなが同じように親に甘えてしまい収拾がつきません。小さい家族の中では長子は大体それを察して、自分は後回しの役割を演じます。  ところが学校は同じ年齢で学ぶので、その役割は機能しないので、誰も我慢せず好き放題するので、弱肉強食の構図が出来て、いじめが多発します。これは当然の成り行きです。  教師がそれぞれ発達に違いがあることを教え、出来る子に遅れている子の面倒を見させたり、臨機応変に役割分担をさせると子どもたちは助け合うようになります。心身の障がい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/24 10:46
誇りを持ち真摯に生きている人はいつも注目される
 たくさんの人と学び仕事をすると、ある程度人を見る目が出来て来るものです。  一緒に何かすると、その人の物事に対する取り組みが瞬時に判断できます。  段取りとか要領というのが一番先に目につきますが、しばらくすると一生懸命に丁寧に漏れや穴が無いように確認しつつ整った綺麗な言動が感じられます。  それから、周りの緊張をほぐすために面白いことを言ったり、いじられてよろこんだりする振りをする人とかを見ると素晴らしい特技だと感動します。私にはなかなか出来ないものだと尊敬のまなざしで見てしまいます。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/23 23:05
本当はほどほどの人生の方が学べることが多い
 偉くなっちゃって「先生」と呼ばれるようになったら気を付けないと学ぶ機会を逃します。何か至らないところがあっても誰も進言してくれないのは怖いです。   本当は人としてダメでしょということをしていても、相手が組織のトップであったり、学会の頂点にいる人なら、普通は遠慮して何も言わないか、無かったことにします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/23 21:24
ルミネのセクハラ・パワハラ動画は怒るより信じられないと笑うレベル!
男性たちが作った動画や芸術作品から文学までのからくりが分かると、起こるより哀れで気の毒で笑うしかありません。  特にガラパゴス化した日本の男性たちの脳みそはハッキリ言って、封建時代に逆戻りしています。おそらく欧米国家より100年ほど遅れています。  こんなことだからアジアや近隣の発展途上国と言われる後進国にさえ日本は馬鹿にされるのです。 以下、何が問題なのかを挙げていって、笑ってやろうではありませんか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/22 19:21
男女には腕力の強弱あり平等は困難〜お互いの特質の理解し合うことが大切〜
 いくら偉い政治家でも、博士号持っていても、弁舌爽やかでも、武術の達人でもない限り、暴行を加えられるとちっちゃい男でも男だというだけで女性は固まってしまいます。  それを知っているので、一部の心無い男性たちの引き起こす暴行・レイプの報道が女性たちの行動範囲を狭くし、心を凍らせます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/20 09:23
ガキ夫
 http://spotlight-media.jp/article/127228633436606569?flow=related_category このような夫の呼び方を最近知りました。 妻と夫という夫婦の関係の中で出来上がっていくものだと感じられます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/19 12:05
もし足を踏まれたなら痛いと言わないと相手はマッサージされて嬉しいのだと勘違いしているかも知れない
 足を踏まれたら痛いから足をどかしてと毅然と言い放つ。  言わないと分からないし、稀に踏んでいることを知っていても、文句を言わないってことはマッサージ替わりで気持ちがいいのだと通常考えられないように思う人もいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/18 00:37
人が何を学んでいるか思いを巡らすこと
 「正義」という言葉がとても苦手です。  誰かにとったら正しいことも、別の人にとったら正しくないこともあります。  「べき」も怖いです。  ある人が別の人に使うのは違うと感じます。  「べき」とか「当然」というのは一人称である私自身が誰かに何かさせていただくときに使う言葉です。  自発的に尊敬できる人やお世話になった人や本当に困っていて助けを求めている人に対して何かしたとき、それは特別なことではなくて「人間として当然するべきことをしたまで」なのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/17 22:19
暗黙の了解という大人の論理は清濁併せ飲むのと同じかも
ずっと今まで、御仏をはじめ周りの人に護られ大切にしていただいてきた私はとても幸せです。  たまに自分とは感覚が違う人に遭遇して、心の中をズタズタに切り刻まれる感覚も味わってきましたが、幸いにも身体に手出しはされたことやセクハラなどの経験はありません。他人に対して威張っているわけではありませんが、侮られる筋合いもありません。ただそれだけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/17 00:14
志・使命を持つ人生
 ただ、食べて飲んで起きて寝てその間に子どもを産んで育てている人生なら、ほかに何もしないなら人間以外の動物でもしています。  人間しか出来ないこと、人間だけが出来ることを探して、それを極めて、余生はほかの人に伝えたり、手助けする生き方を目指してきました。  分かる人には分かるし、そうでない人には理解できないでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/15 21:46
柔軟で素直な若い人たちの伸び代は未知数
 今、卒業後、大学生や小学校低学年の子どもたちと親たちにどうしたら深く強い信頼関係が結べ、共に居場所を確保でき、快適な人生が送れるかワークショップの講義をしていこうとスキルを学んでいます。    大学院や他の集まりで、同世代の人たちより若い人たちとも話す機会がありますが、既成概念にとらわれない大きく強いエネルギーを感じます。    一昔前の詩を口ずさみ愛好しているようなお爺さんの老人たちが、「懐古主義」だとしたら、若い男女は自分や子どもや周りの仲間と共に生き方を模索する「創造主義」でしょ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/15 09:28
切ない憶い 想い 思い
 御仏が私たちに迷いから一日も速く抜け出して欲しいとずっと続く切ない憶い  逝ってしまった誰か大切な人への心からの切ない想い  あのときあのようにすれば大切なものを失わずに済んだのにという切ない思い ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/14 22:50
女性や子どもたちに優しい社会を実現する
 もうすぐ娘がオーストラリアにホームスティに出かけます。10日間の日程です。  西宮市がしている大学の単位互換の講座でオーストラリアの研究をしている先生の論文を拝読させていただきました。  そこにはオーストラリアで結婚後離婚したけれど、日本には帰ってこないシングルマザーのことが書かれていました。オーストラリアではちょっとしたアルバイトでも時給が日本円の1200円くらいにはなるそうです。それに、シングルマザーに対する手厚い福祉があるので、それほど生活に困窮することもないそうです。だから、子ども... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/13 22:13
生家を旅立ってから
 いじめや様々な困難で生きているのが辛い人たちの助けになろうと弁護士を目指して、何十年も前に関東の実家を離れて、関西の大学に進学しました。  そのとき父から言われたことがあります。   日本だけではない世界中には尊敬できる優れた人、自分と同程度の人、又は援助が必要な人などいろいろな人がいる。これから、生きる範囲を拡がっても、そこで出合うどんな人に対しても同じ人間として対等な誇りを持って驕らず遜らず、常に真摯に対応していくように。きっとたくさんの人の光になれることを私は知っている。日々精... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/13 16:52
男・公務員・研究者・クリエイティブワーク・儲かっている資本家・経営者でもいろいろです 
 投稿文に書きましたように私には何人かのメンターがいました。  一番初めのメンターは小学校の女の先生でしたが、それ以降は男性ばかりです。  なので、男性や学者や公務員や資本家などを嫌っていることはあり得ません。  議員や学者であり教師や経営者など社会的地位の高い人に可愛がっていただいたお蔭で今の私があります。    このように、男女や年齢性別にかからわず、尊い人は尊いと、その人格を尊敬・尊重しております。  御仏のお話をさせていただいた人の中にも、本当に尊いとこちらが教えていただくこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/13 11:33
御仏の願いを聞きたい人へ
 もし個人的に何か質問がありましたら、次の課題をまずしてもらっています。それが今は無理でできない方は、決意できるまで、いつもの投稿文をご高覧いただけたらと存じます。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/13 11:11
想像して!泊りの旅行も高級店の外食・カバン・服とも無縁でモラハラ・DVを受け続ける人たちを
 女性は自身を身綺麗にして、ちょっと贅沢な服や化粧品や身の回りのものを買いものすることで生きる張り合いが出ます。  気の合う女友達と、お洒落してランチや旅行に行き、身の回りの気に入った小物類などを奮発して手に入れて家で眺めるなどというささやかな幸せを学生時代や独身のお勤めの時は楽しみます。  それが、モラハラ・DVをする夫と結婚してしまったがために、働きにも出られないし、お金もわずかしか入れてもらえないとしたら、何の楽しみがあって生きていけるのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/12 17:00
親・教師の使命は自他の人格の涵養
 まず自分自身が真摯に生きることがなくして、子ども・学生の人格の涵養はできません。  誠実・正直・温和・受容などで信頼関係を作った上で、専門分野の学びはもちろんのこと自身が人生からの問いかけられていること、すなわち真理伝えること、未だ体得できていなかったらそれを求める姿勢を示すことが出来なければ教師の資格はありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/12 00:57
完全降伏でした、先生は問いの全てを自らきづくようご教示下さいました
 今までの修士論文のいきさつや進行状況をメールでご報告していた事がちゃんと届いているのか先生に確認するために、お話に行きました。先生はお部屋をすっかり綺麗にされ、いつものようにニコニコされていました。 「笑いました」(メールを読んで)と言われた時、結局この人には敵わなかったと思い知らされました。   いかに自惚れ強い私でも、「参りました」としか言えないような(もちろん、悔しくて言えませんでしたが)、本当に清々しい敗北感を味わいました。   でも、それでも済まなくて、世の男性の多くが飲んだく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/11 00:31
通常は友だち、時に母親・姉さん・女の先生でいると男性からのセクハラとは無縁
 今、しっぽの長いイタチのような生き物が目の前を通り過ぎました。あれはいったい何?ハクビシンかな?でもキャラメル色している。やっぱりイタチかな?そいつが大学の図書館から外を走り抜けていきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/09 22:04
子どもたちは男の大人を不思議な生き物だと感じている
 なぜ酒を飲んで騒ぐのか、酒を飲まないと仲良くなれないの?  タバコは煙が出て周りの人に迷惑なのに、手を下げると私たちの顔が火傷するなんて考えてない  道に痰や唾を吐くと汚いよ!  なぜ女の人たちや子どもを馬鹿にしたりぶつ人がいるの?  食事の買い物や準備や片づけは出来ないの、したくないの?  赤ん坊やお年寄りのおむつのウンチの交換の時、急に姿を消すのはなぜ?  どうして奥さんや恋人以外の女の人たちをいやらしい目で見てるの、変でしょ?  おやじギャグは女の人はあんまり言わないよね。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/06 23:32
威張らないけれど侮られないこと
 優しく温かいことは人間にとって大切ですし、一生このような態度を続けるものであると決めています。  同じような人が集まり、お互いを認め合い高め合えたらいうことはないのですが、そうはいかないときもあります。    比べたり、勝負を好んだり、勝って優越感に浸りたい人たちも存在します。  理由もなく無抵抗な人たちを脅かして傷つけて自尊心を奪い泣いているのを楽しむサイコパスのような人もいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/05 23:58
社会で生きる人間の動物的側面から見る役割
 人間は社会で生きていますが、子どもを産み育てて子孫を残す動物だということが忘れられている気がします。  男女平等や役割分担がどうこうという前に、子どもたちのことが一番に考えられなくてはなりません。1歳までの乳を必要とする赤ん坊は大切に落ち着いた環境で両親や祖父母などの同じ人との信頼関係を持つことが大切です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/04 20:16
完全な円満調和した信頼を獲たら心身ともに自立し子どもや後身に御恩送りの日々を
 人間は自身の生きる目的である迷いの世界から抜け出て、真理を体感しながら生きることが出来た後、何をしたらいいか分からない人もいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/04 13:18
生きていさえすれば究極の出合いだって訪れるチャンスもある!
http://matome.naver.jp/odai/2134162439182977101  今が不遇でも、上手くいかなくても何とか生き延びてください。  頭が痛いとかデータに出ないような仮病を使ってもいいです。ただし精神病のふりをすると病院に入れられ酷い扱いを受けるのでやめた方がいいです。    人間は意識を変えたら飲食を減らしても生きられます。その分お金もかかりません。考え方の問題です。住むところと何枚かの着るものがあればサバイバルできます。    一番いけないのが孤独で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/04 11:29
今、アジアの人たちに御仏の願いを届ける
 昨日はフィリピンから日本に御仏の願いを伝える勉強をしている女性とそのお子さんとご一緒しました。  彼女は親戚に預けているもう一人のお子さんを来月迎えに行き、春から3人で日本で暮らすために一度帰ります。その時の土産として携帯用の六字の御名号と入れ物がある京都駅近くの店を案内しました。いつもお念珠の材料を求める時に行く店にもいきました。店の奥さんに簡単な念珠の作り方を特別に教えてもらい自作の念珠が出来上がりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/01 09:10
男性は自分の甲斐性、女性は自分自身と子どもを気にする
外出する時、男性は自分が連れている女性が綺麗なら鼻高々です。なぜなら、すれ違う男性たちから羨望の眼差しを受けられると信じているからです。これは大半のこのような価値観を持つ男性に当てはまります。  実際はそんな女優のような妻や恋人を連れて歩ける男は滅多にいないから余計、自分は甲斐性があると自慢でき、誇りに感じるのでしょう。そしてそういう羨ましい奴は滅多にいない金持ちか自分とは違った世界のちょっと危ない色男です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/28 20:45
受け入れられること、求められること
 苦しみがないという消極的なことではなく、周りからよろこんで受け入れられて、これをしてねと求められる積極的な生き方である方が学びとしては大きな成果が得られます。  本人も気がつかない長所を持つ人があります。  今まで長年してきたこととは違う分野で活躍できることもあるのです。  この人はこんな素晴らしい能力があるのだから、これを生かせるようにして差し上げたいと最近感じることが多いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/27 23:04
加えずに手放していく生き方
 食べ物や医療についてずっと研究してまいりましたが、何故全部手放そうという考えに至らなかったのかということに最近気がつきました。  全部止めちゃったらいいでしょう。  お金を別のところに回せます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/26 14:05
まず遠くより身近なこと、周りのことに目を向けてみる
 世界平和、安全な食糧の確保等、様々なことがインターネットを通じて知らされます。  もちろんそれらに関心を持つことは大切です。身の回りだけでなく地域、日本、世界という地球単位に考えを拡げていくことはとても重要です。    しかしながら、自分の親や子どもや妻や夫という家族、友人関係やご近所付き合いが疎かになっていないか考えてみることも大切です。  家族が何かしてくれたら当たり前とせず、有難うと言います。助かったともいいます。もちろん、子どもにも言います。  いざ何か災害でも起こったら、頼... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/26 10:01
女性が綺麗なのを男性は自分など異性の為と考えるが、実は自分や同性の為という勘違い
 修士論文の為に男性が書いた詩や文学に対する違和感の元を考えていました。  最近一つの仮説が浮かびました。  男性と女性の価値観の違いから考えている最中です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/25 20:05
義務が覚悟や決意に変わると苦しみが楽に変わる
 「こうあるべき」・「こうしなければならない」→「これでいい」・「これがいい」  このように変わった時点で目的が成就されます。  義務の段階ではとても苦しくて何度も挫折しますが、ある時点を超えて覚悟や決意に変わってしまうと執着が無くなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/25 10:50
欲望の行く先
欲しい欲しいという欲望をコントロールできないと自分にも周りにも迷惑をかけることが分かってきました。  渇愛の法則と言って限がないのが欲です。  何か持つともっと欲しいと際限なくいってしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/24 10:19
情報を取捨選択することについて
 御仏の願いを伝えるため、コミュニケーションを深めるのに法律・教育・心理学・環境・栄養や食事・医療・政治・経済・経営等々いろいろなことを学び実践してきました。  情報はいくつもの引出しに収まっています。中には知らなければよかったと思われることも正直言ってありますが、知ってしまったので死んだり病気にならないように気を付けられてはいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/23 01:01
いつも人や物には真正面で向き合う
 サイコパスや何かで殺そうとする、暴力を振るう気配が感じられる、または愚痴やわざと意地悪なことを言いやる気を削ぐような人以外には、真摯に誠実に私は対応しています。  威張ことも、威張られることもありません。  お互い対等な人間です。    この世での役目が大資本家や政治家や医師や学者でなくても、別にそれらの人より劣っているとも感じません。知識がなくて搾取されたり、戦争のコマにさせられたとしても、彼らに馬鹿にされる筋合いなどありません。    どうせみんな死んでいくのです。  今生で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/22 21:12
常に心を磨き、気を抜かず向上心を持った言動をすると
 努力をしないでも簡単に出来る言って、人を騙す人がいます。  そういう人とは離れないといけません。  怠惰で得られるものは貧しさと恥だけです。  人間は楽に流されがちですが、甘い言葉を囁く人に対しては距離を置きましょう。ズルをしたり、不法なことをする人たちは何となく汚らしく汚れた感じがします。  そういうのがちょっとでも感じられて心をよぎったら、その人を避け離れましょう。  我慢して何か一緒にしてもやる気を削がれたり、利用されたりします。  卑しい相手に反対に馬鹿にされ、低くみられる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/22 11:01
佳いことを思い、口にし、行う心掛けが大切な訳
自身が病の床にあったり、仕事が少なくて経済的に不遇だったり、心身の病を抱える家族の介護で身動きが取れなかったり人生には様々なことがやってきます。  それらはニュートラルなのですが、悪しきものと捉えるか何かを学ぶためだと佳いように捉えるかで、もちろん現在もですが、その先の結果も違ってきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/21 20:08
真摯な道には自分の人生に誇りを持つ誠実な人が歩いている
 周りを見渡してみて、人々が常に争って心身や言葉の暴力が充満していたり、人を嫉妬したり劣等感が丸出しだったりして、いつも妬んだり恨んだりで、その上親切で何かしたことを逆恨みするような人がいたら、そこはあなたが進む道ではありません。その場所はあなたがいるところでもありません。    人間は同じ感覚の人としかいることが出来ません。  もし嫌だなと思っていても、それらの人たちと関わることに仕事以外で我慢が出来るなら、それはその人たちと同じ程度かその人たちの奴隷に成り下がっているからです。   ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/21 10:58
夏は日陰を行け 冬は日向を行け
 ことわざとは反対のことをした方がいいと感じます。  暑い夏に日向を行けば日射病になります。  寒い冬に日陰を行くと風邪をひきます。  出来ることなら楽で楽しい生き方を選んだ方がいいです。  まるっきり勉強もせず、体も鍛えずがいいということではありません。  勉強や運動や仕事そして生きている使命を果たせるようにそれに専念できるように環境を整えた方がいいということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/21 00:28
自分も他人も大切にできる人を厳選して生きる
 自分を大切にするということは、一人では生きられない自分を助けて支えてくれている周りの人たちの幸せを願い、幸せでいられるように何らかの行動をとることです。  もちろん願うだけでもその思いは届くでしょうが、それよりも本人に直接言葉を掛けたり、手紙やメールにしたり、お手伝いをするなど行動に示すことがもっと大切です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/20 10:41
些細なことで人の役に立つのに・・・・・・
 人間の能力など大して違いはありません。  それでも長く人間をやっていると本当にちょっとした心遣いが出来るか否かで、家庭や周りが明るくなることに気が付きました。    明るい家庭は父親やおじいさんが威張りません。絶対に女・子どもに手を出しません。  自分の力の方が強いし、威圧感を与えることになることをよく知っているからです。  彼らは冗談を言ったり、おどけたりわざと間違えたり失敗して家族を楽しませてくれさえします。  社会的地位がある人でも、家ではすすんでダメおやじを演じている人さえ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/19 20:18
人がよりよく生きるための2つの方法〜現在そのままが未来です〜
 今を我慢したら薔薇色の未来が開けるというのは嘘です。  騙されているだけです。  今が苦しいなら未来も苦しいに決まっています。  モラハラ・DVを研究していて確信しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/19 12:23
自分がよろこぶだけを乗り越えてこそ
 自分が真理との邂逅をしたとよろこんでいる人はいるのでしょうが、それを伝える人は余りいません。  それはおそらく相手が聞く気がないし、断られることが嫌なのでしょう。それでもそこを乗り越えないと先には進めません。  一円の得もないのにするのは損だと考えることは無慈悲だと感じます。    どうしたら伝わるのか、いろいろなことを考えて、実践して試行錯誤をしていく所存です。またまだ未熟ですが、人さまのお役にたてるような人生を送ってまいります。  http://ryuseizan.tsuvasa... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/18 20:04
人は自分以外の誰か(特に母親)を助けるために生まれてくる
過去の歴史も文学もなぜ学ぶかと考えると、それは今までのそれらでは果し得なかった新しい発想を生み出す礎にするためです。  よくよく過去を振り返ってみると人間は大してことをしていないし考えてもいません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/18 13:27
出産や自己の死を見つめる生き方をした作家しか私は信用しない
命がを軽んじられるのは死を真正面から捉え覚悟し、死と真剣に向き合った経験がないからです。  だから簡単に空爆で他人の命が奪える。  命がけでお産をして子どもを産んだなら、その子どもが戦地で死ぬことは耐えがたい。    戦争はゲームではありません。  人が鬼にならないと他人は殺せません。  戦地から戻ってきても、一旦鬼になって人殺しをした人たちは心に多くな傷を背負ってその先、生きないとなりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/17 21:50
仰々しい正義の前でも私は私でいる決意
世界中が物々しく、一般市民は無力感に陥っているとき、私も何をしていいか分からず意気消沈しておりましたが、これでは御恩報謝になるはずもありません。  そういう中でも、御仏の願いを何らかの形でお伝えしていこうと決心しました。何かしている内に必ず協力してくれる人も現れてくると存じます。今までもそうでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/17 09:39
真理との邂逅後見えてきたあれこれ
 ぎりぎりのところで、自分の力と徹底的に対峙したとき知らされたのは何もできなかったということでした。  御仏に全ておまかせするしかなかったのでした。  その後は何もできない自分から始まり、そこからはとてもよく世界が見す。 これは真理に近づくご縁になるとかならないとかが瞬時に判断できるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/17 02:35
どうしたら御恩に少しでも報いられるか
 御仏をはじめとして日々様々な御恩を受けているのに、私は何も報いることが出来ず、とても残念でなりません。  今を生きられるようになり、自身の使命も知らされているのに何かしたい気持ちだけが先走り、能力もなく空回りしている感じです。    中途半端なことがどうしても我慢できなくて、行き着くところまで徹底的に真理を求めた結果、もう絶対自分の力では間に合わないと知らされました。だから二度とまた探そうという状態に戻ることはありません。  それでも、ほとんどの人はそれほどまでに徹底的に自分が何者であ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/16 23:54
一緒にいて楽しくて仕方がない人がどういう人かよく分かりました
 反対につまらない人とは、自分のことで精一杯な人とか自分をよく見せようとかする人です。  何か言ったことにその場で反応しないと、タイミングが悪いとしらけます。  真剣に聞いていたとしても返事もないし、分からなくても聞き返すでもなかったら自分といてもつまらないのだと思われてしまいます。    そんな人はきっと家庭でも同じように押し黙って、何か言われてもろくすっぽ返事もしないし、質問もしないのでしょうね。   相手に興味がないと会話が続きません。お商売でも取りあえず、返事と相槌ちは欠かしま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/15 22:32
人の話は合いの手・相槌を打ちながらにこやかに!絶対黙って聞かないこと
 対面でも、電話でも、チャットでも合いの手や相槌が上手い人は好かれます。  いくら真剣に聞いていても黙っていると怒っているとか反感を持っていると誤解されて損をします。  商いでも人に何か教えてもらうときでもとても大切です。  先生や友だちでも一緒に居て楽しいのは頷いてにこにこしていて、分からないことはそれって何と聞いてくれる人です。  感謝していること  楽しく会話できる人が周りにいることは素敵なことですね。 https://www.youtube.com/watch?v=TJann... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/15 13:37
歴史から学ぶ本当のこと
 歴史学者の人見てくれていますか。  学者じゃなくても歴史に興味のある方なら一緒に考えてみましょう。  人間の命は有限です。  長くて100年とちょっと。150歳まで生きてる人がいるのを私は知りません。  生まれてすぐ死ぬ赤ん坊もいます。  今晩寝て明日起きられない人もいます。  乗っている乗り物で事故に遭う、あるいは歩いていて上から何か落ちてくるかもしれません。竜巻で吹き飛ばされるかもしれないし、何が起こるか分かりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/15 00:34
知識と実践の間には途方もない乖離がある
 あれも知っている、これも分かっているという人は大勢いる。  でもそんなのはパソコンに言葉を入力して検索のところをクリックしたら一瞬で出てくる。  大切なのは心で何を感じるかを表現すること。  喜怒哀楽や温暖や意志や行動を起こさせるか否か等々。    知っていても何もしないのならコンピュータの方がずっと賢い。  この地球という星は行動が伴わないと学べないことになっているらしい。  何もしない人は傷つかない代わりに、何も学べない。  何かするとやり玉に挙げられ、いろいろ言われるけれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/14 00:41
覚えていて!考えられないような卑怯で上品じゃない振る舞いがあることを
 今までもこの先もおそらく道に唾や痰を吐くことはないでしょう。  見せしめの為に暴力を振るうこともないでしょう。  殴り合いでやっつけて人を従わせたり怖がらせたりすることも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/13 19:20
幼稚園では習わなかったこと
『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』の中の幼稚園で習ったことは以下の通りでした。  「全てを分かち合う   ずるをしない   人をぶたない   元あったところに片づける   散らかしたら元通りにきちんとしておく   人のものを取らない   誰かが嫌な思いをしたらごめんなさいという   食事の前には手を洗う   トイレは流す   焼きたてのクッキーと冷たいミルクは体にいい   バランスのとれた生活をし、少し学び、考え、お絵かきをし、歌い、踊り、遊び、毎日ちょっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/12 21:33
全部承知でそれでもその中を生き抜く覚悟
 広島・長崎の原爆は一瞬のことでしたが、今でも後遺症やがんや様々な病気を怖れている人たちの苦しみを引き起こしました。 チェルノブイリは石棺を行いました。  福島は未だ空気中にも海の中にも放射性物質が漏れています。   何故逃げないのだろうとずっと不思議でした。  ただ、年齢や立場によって感覚は違うことは何となく分かっていました。  もう自分たちは子どもを授かることもない定年を過ぎた年齢層の人たちがずっと暮らしてきた隣近所との縁を絶って、土地を離れられるとは思えません。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/12 01:43
短い一生で出合えてよかったと心から感じられる人は希少価値
 本当に心が通じ合えるのは親や祖父母または子どものような身内ではないかもしれません。結婚した相手でもないかもしれません。  幼馴染も住んでいる場所が離れてしまうと音信不通になってしまいます。    大学時代の友だち位なら連絡も取り合えることもあります。それでも何十年たっても連絡し合える人は希です。  仕事の仲間もたくさんいてもその中で、ほんの少ししか分かり合えないかもしれません。  多くの先生に教えてもらっていても、本当に尊敬できる人はほんの数人、一握りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/11 19:20
人間の真価は肩書を離れて評価される
 ある年齢が来たら最前線を離れる時がやってきます。  そのときにまだなお惜しまれて、こういうことをして欲しいとお願いされる人でいる。  それがそれまでしてきたことへの評価なのだと私は感じます。    頭がクリアで、身体が動くけれど、後進に譲らないと若い人たちは育ちません。  本当はいつまでもいて欲しいけど、そうも言っていられません。    定年が来たら今までとは違った形で、請われることをしていかれることが大切です。  どこからもお呼びがかからなかったら、子どもや孫のお世話をしなさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/10 19:08
心が明るく軽くなる光が嬉しい
 今日は健康診断で学校に来ました。  仲良しのお友達と朝一番に待ち合わせして、最短30分で終えて結果良好。  帰りに尊敬していてなおかつ大好きな先生と東門のところでお会いしました。先生も私も今日は濃い茶色の出で立ちであれって思いました。時々おんなじような色の服とか同じ持ち物とかを波長の合う人が身に着けていると一瞬光が差し込んだようで嬉しくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/09 17:10
大学生や子どもたちのためのみんな仲良く暮らすワークショップ形式の講義
ただ本を読んだり講義を聴いたりしても、自分の心にコトリと落ちないと、それは知っただけ覚えただけになります。  これだけコンピュータが発達してボタンを押すと詳しい情報がすぐ得られる時代に暗記中心の試験は無意味です。   講義も対話形式にして、分からない所を生徒が聞いてそれを教師が答える方式にしないと両者の需要(知りたいこと)と供給(分かって欲しいこと)の差は縮まりません。  何か知りたいことがあり、それに応えることが学びの基本でしょう。あるテーマに沿って、ある課題を提示してそれは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/08 12:54
明日2月7日の京都大学で矢ケ崎先生の内部被曝の講演会
今日の午後は大津の講演会に行ってきました。  内部被曝のメカニズムのお話を聞いてきました。  矢ケ崎先生と守田さんは原発の裁判で市民が勝訴ていることや大学などの研究者が今、このままではいけないと声を上げ始めていることを話してくださいました。  お二人とも真摯に原発や東北の人たちのことに向き合っていることが感じられました。今、私は一体何が出来ているのだろうと自身の宗教家・研究者としての有り方も考えさせられました。  感謝していること  休憩時間には手作りのお茶やお菓子も出してくださり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/07 21:57
小さい人たちへ 10
 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』  「どのよう生きて、何をしどうあるべきかを学ぶのに本当に必要なことは全て幼稚園で学んだ。知恵というものは大学院という山のてっぺんにあるんじゃなくて、日曜学校の砂場にあったんだ」という初めのエッセイの後に具体的なことが書いてあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/06 22:59
世界中みんな仲良くしましょう
 モアズ・カサースベ中尉の言葉に強く同意・共感します。  「パイロットの家族たちへのメッセージです。私のように息子を拘束され、心を痛めないように、自分の息子さんを『イスラム国』に対する軍事作戦や空爆などに行かせないで下さい」  カサースベさんの思いをどうか無駄にしないでください。  世界中の親御さんは子どもたちを戦場に送ることを断固拒否しましょう。 今、この時期にこういう輪を拡げませんか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/06 15:42
小さい人たちへ 9
 みなさんは気持ちの持ち方でなりたい自分でいられるのです。  小さくてもいろいろなことを周りの人に与えられます。  赤ん坊でも子どもでもいつも機嫌がいい子とそうでない子がいるのはこの違いだと私は感じます。   生まれてからすぐ娘は笑っていました。看護師さんたちが驚いていました。この子は笑っていると話題になりました。生まれる前から、名前も決めて、音楽やお話や歌を歌って聞かせて、あえるのを楽しみにしていました。産院から退院後、身体が衰弱して自宅のトイレまでの10メートルを這っていくよう... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/06 09:05
小さい人たちへ7・8
小さい人たちへ 7  みなさんはたばこが健康の害になっていて多くの乗り物や公共の場所で吸えなくなっていることを知っていますよね。  でも昭和の時代くらいまではどこでもたばこは吸い放題でした。  会社では吸わない人もいるけどそんなのお構いなしで、部屋中が白い煙で充満している職場もたくさんありました。その後、会社の方針で禁煙になるとたばこを吸うために何時間かおきに仕事を抜けて吸いに行く人も出ました。  みなさんも授業中に飴やガムを食べていたら怒られますよね。でも会社員の大人たちがたばこを吸う... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/04 23:20
続、続小さい人たちへ〜小さい人たちへ 6
「続、続小さい人たちへ」  皆さんの中にも家や学校でパソコンを使っている人たちもいるでしょう。  パソコンは使い方によってはとても便利です。  しかし、本当のことじゃないことを本当だと思わせてしまうこともあります。本当のことと真っ赤な嘘がごちゃ混ぜにこの箱の中にあるんです。  簡単に画像を作り替え、コラージュを作れます。「クソコラ」といわれるようなもので遊ぶ若者のもいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/04 08:49
続・小さい人たちへ
 学校のクラスを支配している大きないくつかのグループがありました。街の西の高台に住んでいました。彼らはとにかく暴力と大声でみんなを脅かし、クラスの行事などでは多数決で自分たちの要求を通そうとしました。  そのクラスには親の代からお金がある人たちがいました。彼らは街の真ん中に住んでいましたが、西に住む最大派閥の人たちからその人たちや兄弟姉妹に至るまで意地悪されていました。  東の方に住んでいる人たちは西グループよりもたくさんいましたが、それほど裕福ではありませんので発言権があまりありません。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/03 08:12
小さい人たちへ
何のために勉強するか知っていますか。  誇りを持って周りの人に優しくして、使命を果たすことです。縁のある人たちは、一歩進んで共に真理との邂逅を目指すためです。  真理は今生では無理な人もあるでしょうが、みんなと楽しく楽に生きる事は出来ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/02 21:31
気高い志と使命を持って真摯に生きてたら気がつくと同じ人に囲まれています
恐怖や劣等感で過去や未来を気にして他人と比べて生きることを止めませんか。  不平不満を言っているとそこから抜けられません。  そこが嫌なら別の人たちの集まる場所に行ってしまったっていいんです。  思い切って今の環境とは違う人たちのいるところを覗いてみませんか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/01 21:48
人の命は重いです
人質にされ亡くなられた世界中の方々のご家族に心よりお悔やみ申し上げます。   少なくても元気でまだ生きられたし、生きたいと思っていたのに無理やり命を取られたならご本人もさぞかし無念だったでしょう。やり残したことなどがあったでしょうし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/01 19:52
仇討・報復は止まることがなく、全ての成人男性・女性や子どもたちを不幸にします
やられたらやり返す  報復・仇討はとどまるところを知りません。  子や孫まで末代まで連鎖します。  周りの人も巻き込んで笑いを奪います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/01 16:00
心が動くのはきっと自分と同じ嬉しい感覚を見つけたときなんだ
 これだというものを見つけると一時期理想に燃えますが、線香花火のようにパッと燃え上がり、持続させる忍耐力がありません。  瞬間にパッと飛びつくことは簡単ですが、理想を理念にまで持って行ってそれを持続させる地道な努力を続けることは大変です。時には自分の殻を破って今までしてこなかった方法や思い切った自己改革なども必要になってきます。  そうなった時が分岐点です。それでも心惹かれるものと一緒に何かしたいと思うか、自分には無理だと諦めるか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/01 11:53
世界中の人が安心して生きられるような世の中にする子どもを育てましょう
どんな場合だって誰でも安心して生きたいと願っています  どこの国のどんな時代の誰であっても死にたい人なんていません。  なぜ無差別で人を殺す空爆を止めないのでしょうか。  20世紀の戦争で明け暮れた時代はお終いにしませんか。    どうして力を誇示したがるのですか。  みんなで食べ物を作って生命の歓喜の溢れた歌を歌いましょう。  どうして人よりたくさんお金や物を持って、自分以外の人たちから奴隷のように搾取する必要があるのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/01 01:21
生涯一研究者〜有識者・学者となるなかれ〜
 研究者の陥りやすい罠は他人からの名声・評価です。  ある一定の年齢や研究で評価されると、またしかるべき役職や地位に就くと、探究心が衰えて、それ以上の素晴らしい研究が出来なくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/31 09:16
大量の情報の中で何を信じるか
 ある人の人生で使命を果たせるか、満足した人生が送れるかはどの情報を信じて生きていくかにかかっているのではないでしょうか。  何を信じるかで思考や行動が変わっていきます。  これは理屈で納得できるかどうかよりその人の宗教的なことや良心や倫理観が基準になります。誰が考えても完ぺきな理論なのにどうもしっくりこない、違うような気がするということがたくさんあります。  これはおそらく頭のいい人たちが自分たちの利益を守るために拵えたものが、多くの人たちが自分たちの生活を破壊することになることなどを感... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/30 16:56
元○○でしたという人はそれで何を学んだのか
 ブログや何かで元○○でした。というタイトルを目にした時感じます。  「それが何なの?今はどうなの?」って。  悲しく辛い局面を克服した過程を周りに伝え、同じような体験をした人と今の幸福を分かち合うことが目的でしょうか。それともそういうタイトルを提示したお商売でしょうか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/30 14:52
悲しく残念ですが、心に蓋をしている相手には何も通じません
 仏さまはどんな人でも真理と一体化して心を暗闇から明るい状態へとなれるよう願いを建てられています。しかしながらどんなに智慧と慈悲の光明を放たれても、受ける側の人間が蓋をしてしまっていてはどうすることもできません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/30 11:46
前を向いて自分を誇れる生き方をしましょう
 ほかの誰が何と言っても自分が信じた方の道を行くといいです。  他人は他人であって、自分の人生の責任まで取ってくれません。  他人の言うことはその人の都合から出てきます。  もしそれが自分にとって為になることなら、その人とは利害関係のないことです。  何らかの利害関係が絡むことはよく注意しましょう。  利用されているだけですから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/29 01:35
お父さん、お母さん 大人のみなさん 子どもたちに知恵を授けて護ってあげて!
  一番心身の被害を受けているのは実は子どもたちなんです。   子どもたちは身体が小さいし、知恵がないので大人に依存しないと生きていけません。   もしも家庭で機嫌が悪い親が子どもをちょっとした失敗をしたからと言って殴る蹴るの暴行または暴言を加えても、子どもたちは自分が悪いのだと言いくるめられてしまい、ずっと暴力・暴言の渦中にいるしかないのです。そして自分を責め続けます。      性的暴力も同じです。異性又は同性の親または親族や知り合いの大人のの性的玩具になっても、なぜ大人たちが自分に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/28 19:00
自他の使命を果たすために心身を使う決意
 自分の心身は自分のものです。  誰が何を言おうと命がけで大切にしないとなりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/27 19:15
かけがえのない人と急に逢えなくなった真友へ〜心よりお悔やみ申し上げます〜
今まで私はおばあちゃんと大学時代からの友だちを亡くしたときもう絶対立ち直れないんじゃないかって何か月も泣き暮らしたことがあります。  ちょっと前まで笑って楽しくお話ししてたのにもうこの目で姿を見ることが出来ない  勉強、スポーツ、ごはん食べたりいろいろしたのに、もう一緒には出来ない  又逢おうねって別れたのにもう逢えない  いつか旅行しようとか、映画を見ようとかいろいろ楽しい約束してたのに  時に言い合いになっても、最後には何が問題だったのって笑っていられた  全面的に信頼できて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/27 12:24
人の癖や病はなかなか直りません
 幼い頃(または過去世)からずっとご縁のある雰囲気や生活習慣で心身が形創られます。   だから、連鎖によるモラハラや精神病や強度のうつ病の方は生まれながらに持っているものや強烈な家庭環境でそれが当たり前と思い、別のモデルも持てない場合は私自身が壊れてしまう可能性が大きいのでできるだけ避けています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/26 18:42
結局対人関係は相手に興味・共感が持てるかどうか
 誰かと一緒に何かをしたりするときには、その人に対する肯定的な気持ちがないと辛いです。自分はそうでも相手がそうでなかったと気がついた時は、どのことをハッキリ告げた方がいいです。それで相手が自分のことばかりしか考えていないことを詫び、関係が変わることもあり、そのままの御縁になることもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/26 08:35
誰かが攻撃を仕掛けてきても決して挑発を受けてはなりません
 恐ろしくて劣等感が一杯で本当の智慧も慈悲も知らない人がこの世に溢れています。  その人たちは暗闇の中でやたら滅多ら手をブンブン振り回し手ごたえを感じようとします。足もあるので気配を感じると蹴飛ばします。殴られ、蹴られた相手も何が何だかわからなくて殴り返し、蹴り返します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/25 02:58
自分は何を剥きになっているのだろうと客観視出来たらもう大丈夫
 喜怒哀楽の内、怒りと哀しみは身を切るように苦しいです。  あとの喜びと楽しみは有頂天になって羽目を外さないようにしたらそれほど心配しなくて身をまかせておいたらいいでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/25 00:21
世の中には与える人と受ける人の二種類(モラハラの新見解)
二分法は余り好きではありませんし、間にたくさんの段階があるのだろうし、境界例もあるかもしれません。  それでも、双方は根本的なところで考え方が違うのです。  与える人は与えることが当たり前。  受ける人は受けることが当たり前。  与える側は、自分の使命であるから与えた相手から礼を言われなくても、感謝されなくても構わないのです。  それでも受け取る側は受けることが当たり前なので、たいてい礼を言わず感謝もしません。それどころか、それはいらない、そんな物くれとは言わなかった、もっといいもの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/24 09:49
モラハラ夫(モラ夫)を生み出す恐怖の連鎖
 親爺や爺さんの意地悪力が強烈で半端じゃなくって、それでもその家で我慢して生活できる人は、余程我慢強いか、人間が出来ているか、何を言われても自分はそれ以上にダメなやつだと劣等感が強いかです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/23 20:52
世間虚仮
 「世間は虚仮なり、唯だ仏のみ是真なり」 (上宮、聖徳法王帝説。天寿国繍帳銘文)  「世間は無常であり、世間という場所もまた虚構である。ただ仏の願いのみが真実である。」というように私は解釈しています。世間を時間と空間両方の意味に捉え、全てが夢幻の実態のないもので、その中は無明の闇で昏く、真理が見えず、人間たちは欲にまみれ、お互い傷つけ合って生きています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/23 12:44
子どもや生徒の幸せをほとんどの親や教師は願うものです
 人間同士は心の内が見えないので、自分の都合のいいように相手の気持ちをとらえます。  そして、中には自分の名利のために他人を利用するサイコパスのような人もいます。  それがわかったときはさっさと逃げないとなりません。    元いた真宗系の団体で会長を含め会が信じられなくなったきっかけは、会長の「剽窃」の事実をインターネットで目の当たりにしたことでした。一つや二つではなく、ほとんどの彼の書いたものは他人の物の丸写しか、ちょっとだけ言葉を変えたものかでした。  他人のものを自分の書... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/23 12:40
正当性の根拠はやましい時使うもの
 本当に心から相手を尊重して心から幸せを願ってしていることなら正当性の根拠など要りません。   例えば、アメリカにイギリス人や他が移住して西に居住地を求めて、アメリカンインディアンを迫害したり殺したりしたことも、キリスト教以外のものの権利などないという考えからでした。キリスト教を弘めるためという大義名分で先住民を迫害しました。  アフリカから奴隷としてさらってきた人たちを動物のように扱い、結婚してできた子どもたちも家畜の子どものようにまた奴隷として使いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/22 21:16
常識や世間のルールとかいう正当性
 「常識・世間のルール」は世間体とも言いますが、結局それを言う人は、その人もそれらの事柄のうちの何かの事例がいいと思っていることでしょ。  そういうものが存在しても、それをよしとは思わなかったら、それを引き合いに出してこないでしょ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/22 20:07
自信教人信
 「自信教人信 難中転更難 大悲伝普化 真成報仏恩」 善導大師の『往生礼讃』のお言葉です。 「みづから信じ、人に教へて信ぜしむること、難きがなかにうたたさらに難し 大悲を伝えてあまねく化す、まことに仏恩を報ずるになる」と読みます。    自ら信心を賜ることそして人にも賜ってもらうことはとても困難です。御仏の深いお慈悲を伝えて、御仏の願いがそれぞれの心に届くことが 本当の御恩報謝となります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/22 20:02
正しさを信条とすると上から目線でしか付き合えない
 是非も邪正も全くもって、私には分かりません。  ただ真理との邂逅の後は心が円満で調和する状態が続いて、いつも温かく満ち足りていて、将来に対する何の不安もありません。  酔っぱらった状態から徐々に醒めつつあり、いろいろなものがさらによく見えるようになりました。  見えすぎるくらい見えてしまっていますが、縁のある人としか関わっちゃいけないのだとも自戒しています。  縁のない人は所詮一時の何かのイベントのようなものを共にするくらいで、それが過ぎるとそれぞれの場所に戻るだけです。それでいいのだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/22 09:53
温室の中での互いの讃美
  かつていた真宗系の団体では自分のところだけが正しいと言っていました。   同会が発行する新聞や書籍などの印刷物にも自分のところが正しいと相手を批判することばかりを書いていました。   それを講師も会員も信じてほかに行けなくなってしまっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/21 22:50
この人の家ってきっと楽しいんだろうと思う時
 昔から繊細で怖がりなので威圧感にとても弱いです。  威張っている人とか、顔が怖い人は苦手です。  それとプライドが高くてすぐ馬鹿にされたと被害妄想を持つ人  劣等感の塊みたいな人とか、暗い人も勘弁してほしいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/21 22:44
先生や人生の先輩には何かしらの考えがあるものです
 三次元の世界では他人の心が見えません。  先生や先輩などに私は恵まれています。  ときどき厳しく、冷たい態度を取る方もありましたが、避けていると何も身につかないし、自分にはわからないだけで 「何か深いお考えがあるのだろう」と今まで必死でついてきました。  その結果、自分が思ってもみなかった何かの意図があったことがわかり、今ではとても感謝しています。    もし何も教える気がないのなら、適当に差し障りの無いように接して来られたでしょうが、何かあるのではないかといつもそれを自分で考え探... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/21 08:42
優越感を持って他人を責めても何もなりません
 超人的な素晴らしい人だとか、目立ちたいとか思われたいから真理とか御仏の願いとか書いてるって思われてたら、とても悲しいし残念ですが仕方ありません。  所詮人間同士です。仏さまからご覧になれば上下などありません。お互いが自分自身の使命を持って生まれ生きているだけです。  自分がいかに自分を認めてあげられて、優しさの中で生きられるかどうかです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/20 22:08
本当にしたいこと、聞きたいことなら諦めないけど
 命にかかわることで、ある人が助かる方法を知っていたとしたら、その人が多用だけれど時間を創る工夫をしたい言っているのなら、お願いするでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/20 20:01
人生を主体的に生きる
 自分で考え  自分で調べ  自分でアプローチ  また自分で考え調べアプローチする  人生はこの繰り返しです。   人まかせにしていてはいつまでも、人のせいにして不満だらけの人生です。  自分で主体的に動き、成功なり失敗をして、自分の身体で感じ取る。  こうなれた人は身体は子どもでも立派な大人としての人生を歩いています。  裏返せば、老人になるまで誰かに依存して生きている人もいるということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/20 07:53
真実に従ってください。人じゃなくて
 元いた真宗系の団体は私にとっては入ったすぐから、会長も組織も何もかもが滅茶苦茶でした。  それでも教えが正しいと信じて長い間所属していました。  あるとき会長の剽窃の事実をインターネットで確認して、スッカリ心が離れました。  真実の教えを真摯に弘めようという人は剽窃などしません。  親鸞聖人などの善知識と言われる方々は、必ず釈尊や他の高僧のことを出される時は誰誰が言われたことだと根拠を示されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/19 21:35
いいね。そうね。って言えたら人生楽になる!
 「でも」「だって」「あなたはできても私はできない」  誰かと話をする時にこんなことばかり言っていると思ったことはありませんか。  「そうなんだ、わかる気がする」「それっていいよね」「素敵」「私もできるかもしれない」「いい話が聞けて良かった、有難う」  こんな風に言ってくれる人と一緒ならずっと笑って話ができそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/19 20:25
世界中のお父さんお母さんたちが黙ってないで声を挙れば、確実に変わります
 世の男たちが給料や雇用条件の為にストライキをして自分の権利を主張します。  それなのに、なぜ母親たちは権力者や子どもたちに言いくるめられて大人しくしているのでしょう。  命がけで出産したのですから、団結して声を挙げましょう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/18 19:56
まず肯定することから始めませんか
  自分と他人はつながっていると考えるか、全く別物で分断されていると考えるかで人生を楽に生きられるか辛いことが多いか決まります。  もちろん「肯定」する人の回りにはたくさんの人が集まり、笑顔が溢れます。 そういう集団は、来るものは拒まずの去る者は追わずのスタンスなので、あっさりして後腐れもないので気分が楽で居心地がいいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/18 15:32
人生の学びは真理との邂逅を果たし、たくさんの相手共によろこべるか
 「おんなじだね」娘は子どもの頃、よくそんなことを言ってニコニコして報告してくれました。 同じであることが嬉しいようでした。  「そうだね。おんなじだね」と応えるととてもよろこんでいました。    真理との邂逅を果たした境地を仏教では「一味の境地」といいます。  同じ心持になれるのです。  見かけや持っているもの徳や置かれた立場や知恵などはそれぞれが異なりますが、真理との邂逅を果たしたという点では全く一緒です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/17 22:56
貧しかったころの昔の親は自分たちを後回しにしていました
 頂き物があると、まず仏さまにお供えして、子どもたち、舅や姑に行き渡った後、未だ余っていたら親はそれを受け取りました。人数分だけなかったら自分たちはおなかが空いていないとか、余り好きでないと言っていました。  母は、いつも一番小さいものか余ったものを食していました。家が特に貧しいわけではなかったのですが、田舎育ちの名残なのか、そういう風にしていました。  贅沢を慎み、出来るだけ節約して余分に食べたり飲んだり、頻繁に外食するようなこともありませんでした。  お蔭さまで、家族はみんな丈夫で入院... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/17 18:28
母性〜子どもという宝を生み出す力を尊重する国の未来は明るい
 全ての母親たちはお産のとき、それぞれがその時、命をかけています。  百人いれば百人の、千人いれば千人のそれぞれの感動的なエピソードがあります。  初めの子どもが安産でも、次の時は難産で帝王切開になる場合もあります。その時になってみないと予想がつかなくて、本当にどうなるか分からないのがお産です。    それに今まで御嬢さん扱いされ綺麗だった人が、いきなり産婦人科にかかり、内診をされたりするのは屈辱以外の何物でもありません。エコーでも被爆の可能性も無いわけではないと思って、それも嫌で助産師... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/17 13:57
マーガレット・ドラブル『碾臼』における女・母
マーガレット・ドラブルの小説『碾臼』には、妊娠を告げずに黙った出産した女ロザマンドが、しばらくして意を決して、父親である男ジョージに赤ん坊を見せたときの男の反応に対する気持ちが次のようにある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/17 09:37
言葉や文章でも身体にかけた行動でも伝わらない訳
  おそらく自分の狭い考えや浅い経験からしか汲み取ることが出来ないのだと分かりました。  これはこうこう、こういうことが、このことの元にあって、こういう風に言ったり、書いたりしているのだと、事細かに説明しなくても分かるだろうとついつい横着をして説明しないでいると、後になって相手がずっととんでもない解釈をしていたことが分かり困惑することがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/17 02:16
「一歩踏み込んで他人の話に向き合うこと」
 聞こえてくることチャットなら書いてあることにただ頷いて、相槌を打って話が流れていくのは時間の無駄だと思っています。  一体相手は何を言いたいのだろう。何がポイントなんだろう。私に何を伝えたいと思って話してくれているのだろう。そう考えながら講義を受け、日常の会話にも向き合っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/16 09:28
お互いが絶対誤解なし・怒らないでいられる自信がある場合以外はメールを避ける
 メールは苦手です。  パソコンも携帯のメールも絶対にどこかしら誤解があるという危機を感じています。ただ遠くて会えず、電話が出来ないときは仕方ないので出来たら、交互に1行くらいの短い会話が出来るチャットがいいです。チャットなら質問も訂正もできるので。  電話とメールで身内と絶交状態になった痛い経験がありますので、両方あまり信用していません。対面でお話しするのが一番です。  最近はスカイプり、外国の人でも対面と同じように話せるようになったので、出来たら表情を見ながらお話しするのがいいかもしれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/15 23:38
回避性依存症の男性たちとは
 「吸血男」 →独裁者・搾取者・ナルシスト・逃亡者   モラハラ・DVをするような奴は形は変えても、元は一緒です。   他人に取りついて、自分の利益になるものを奪い取り吸い尽くす人たちです。   心身ともにむしりとられるだけで、何もいいことはありません。   そもそも彼らは劣等感の塊であり、その根底として内面に見捨てられるのではないかという恐怖心があり、どんなに相手によくしてもらっても安心も満足することはありません。     そんなですから、自分から他人を安心満足させたいという気持ち... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/15 22:49
対人・文体における学び〜受け答えや言葉の選択〜
何をどういう表現を使って話すか、書いているかはとても大切です。その上でその人が何をしているかで最終的にその人が信用できるか否かを判断しています。   何か困った様子をしているだけで、さっと手を差し伸べられる人は人間的に優れた人か、これまでの人生で散々苦労してそれが報われた人でしょう。     何を言っているか書いているかでも人間性は滲み出ます。同じことを書いていても冷たく感じることもあり、涙が出るほど自愛あふれるように思えることもあります。     授業のレポートやプレゼンテーショ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/15 21:56
イギリスの詩について考えたこと
 8回もイギリスに旅行している私は、乗り物でもレストランの入り口でもいつでもどこでも、イギリス男性たちから「アフター ユー」と爽やかな笑顔と共にお先に失礼させていただいていました。  白人ばかりではなく、アジア・アフリカ系もそして幼稚園ぐらいの男の子からリタイアした方々からも、この言葉がとっさに出て、彼らは後ろに下がるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/14 20:12
今、悩みがあるとするなら・・・・・・
 何も食べなくても、飲まなくても生きていられるなら別に口に入れたいとも感じません。  海外に行く目的も昔は絵画など美術品や風景など綺麗なものを見に行くことでしたが、今は真理を知りたい人たちに現地で話がしたいだけです。英語で分かるならと思って研鑽しています。  昔から人に褒められるより、仏さまだけが知っていて下さればそれで満足でしたが、今は何もかもご存知だと分かったので意識しないでいろいろ自由にできています。    病気になったら高額の治療などしないで、枯れるように還ります。  お金も宝... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/14 00:13
真理だけ仏さまなどから聞ける人なんてほとんどいません
 真理との邂逅を強く願ってから、信心を賜るまでに30年近くかかってしまいましたが、どうしても今を逃したらいけないと危機感を感じて1週間も経たないうちに、最後の最後は本当にあっという間のことでした。あれだけ疑っていたのが、全く何の不足もなく信じているというより、きづかせていただいたように光が差し込んで、闇が全く晴れたようなそんな感覚に救われました。完全に真理と私は欠け目なく調和している状態が6年間ずっと続いております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/13 21:52
他人の話が聞けるようになると大人になれ、人生が開けます
 とりあえず、小さいころから人の話を注意深く聞いてきました。  それから本もたくさん読みました。  そしてよく考えました。  いろいろな人が色々なことを言っていて、その中でどれが本当のことか比べていました。    子どもは自分のことをしゃべるのが精一杯で人の話が聞けません。  人に何かしてあげようというときは、相手の話や隠れた要望がわからないとなりません。  自分を後回しにして誰かに何かしてあげようという人は身体は子どもでもすでに大人だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/13 19:21
自分以外の人の話を聞くということ
 ただ何となく聞いていてはダメです。  オーラとか雰囲気も感じる訓練をしましょう。  それが自分を護ってくれることになります。    話というのは何かしら伝えたいことがあるのです。  その伝えたいことによってにこやかなときもあり、何となく背筋が寒い時もあります。  また自分の為になるように感じることもありますし、反対に存在を脅し、果ては抹殺する意図を持っているのだときづくことすらあるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/13 08:15
昨年学んだこと
 付き合う人は慎重に選ぶこと  やる気の温度差がある人とは同じ教室で学べない(能力ではない)  他人を尊敬できない人とは挨拶くらいにしておく、場合によっては挨拶も止める  日常、困っている人がいたら、さっと手を差し伸べられる人は信用できる  例)落としものを拾う。ベビーカーを運ぶ。大変そうな誰かにさっと席を譲るetc. 先生は有難い  人は本当に困らないと変われない。  昔は見合いで結婚できたが、今は最低限のコミュニケーションが取れないとお付き合いすらできない人が多くいる。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/12 01:11
真理と方便の関係
  まず、真理が分からなければ何が真理なのか方便か全てが分かりません。   だからこの二つが分かるのは真理との邂逅が出来た人です。 また、方便のことを言われる「世間虚仮」とはとても誤解を生みやすい言葉です。   今、火のついた火事が出ている最中の家で暮らしているように安心できない、この世のすべてのことは全て空ごと戯ごとであり、真であることはない。ただ御仏の願いによって救われることこそが真理であると親鸞聖人は教えてくださいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/11 13:49
恩師のお心遣
 日本で一番有名で学力が高いとされる大学で学び、国立大学で教え、退官後に某市の共通大学講座でご縁があった先生はいつも私に何らかのヒントをくださいます。  新刊の本の切り抜きをくださり、イギリスの会議に行く前には学会やその内部や構成員の論争などをおもしろおかしく教えてくださいました。  今もメールなどでご縁が続いていますが、本や画像を勧めてくださいます。今振り返ると全て私の研究にそれを外しては先に進めないものばかりを提供してくださっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/11 11:54
確かに環境問題・陰謀説等々も大事ですが、いま、ここで救われていることが最も肝要
 このままの状況が続くと地球は温暖化が進み、何十年後には悲惨な状態になるという人がいます。  この何十年かごが50年後だとしたら私は生きていないかもしれません。100年後であれば余程医学が長足的に進歩しない限り、100%に近い確率でこの世には存在しないでしょう。    環境問題などで不安を掻き立てられるようなことを聞くと、7年前以前ならきっと死後の暗闇の恐怖が払拭出来ていなかったので、戦々恐々としていたことを思い出します。  しかし今は、全てを御仏にまかせてあるので死後の不安は何もありま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/11 03:03
損して徳獲れ
ちょっとおかしいと思われませんか。そうなんです。敢えて得を徳としてみました。そうなんです。対人関係は「負けるが勝ち」ともいいます。  議論に勝っても、友だちやお客様の気持ちを損ねて失っては元もこうもありません。  がん細胞を完全に消滅させても放射線や薬で体が弱って死んでいる人がたくさんいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/10 23:29
被害者にも非があると攻撃する変な人たち
○虐められる人にも非がある    非があるからって虐めてもいいの?  ドラえもんのジャイアンとか許せちゃうわけ?  彼を味方する人っているの?   ○乗り物や道で痴漢に遭うのは派手で露出が多い服なんかを着るからで、触られたくなかったら地味でおとなしい恰好をしな! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/10 19:13
世間、日本もなかなか有難く素晴らしい!
 今日で信心を賜ってから6年が過ぎようとしております。  今年は正月の3日間はこたつで娘とみかんをたくさん食べながら、本を読んだり勉強したりネットに投稿する日々でした。連れ合いが福島に帰省しましたが、娘はまだ若いので万が一事故に遭ったり、食べ物のことも心配で京都に残りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/09 22:22
友だちの最後に残った義母・無常
年末に相次いで実の両親を亡くした友だちのことを書きました。  今日から新学期で新年のあいさつをすると、姑が肺炎で入院してかなり危険な状態だということでした。  また、大学の先生はお子さんがいませんが、可愛がっていた姪御さんが数日前にお亡くなりになったそうです。明日、お通夜に行かれるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/07 22:37
宗教家と求めている人に願うこと
 法を説く立場の人は信・未信に関わらず、自分の欲得の為に法を捻じ曲げることは全人類を不幸のどん底に堕とします。これは絶対あってはならないことです。   もし未信であっても、とりあえず、お経やお聖教のお言葉を自分の思いを入れずにそのまま説くことは可能です。御縁の深い人はそれを聞いただけで救われることもあるからです。  自信教人信が理想ですが、そこまで行くのは御縁の深い人であり、なかなかいません。  4,50年の期間がかることだって普通にあります。それくらいかかろうとも今生で救われたらそれでも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/05 22:03
人間関係で教えられる嘘の数々
 子どもの頃から親や教師や心理士などから嘘を教えられ酷い目に遭った人は、自分の直感を信じることにそろそろ目覚めましよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/04 21:25
グーミン・B層ぜーんぶ笑いのネタにしないとやってられない!
 グーミンとは内海聡さんの造語で『医者とおかんの「社会毒」研究』の初めに以下の定義から始まり、自覚して抜け出してくださいと言われます。 「グーミンとは自分で調べるということを徹底的にしません。人を理解しないのに、自分は理解されたいと熱望します。自分のやったことをすぐ人のせいにし、被害者面するのが得意です。そのくせ権威に対しては奴隷的なまでにつき従います。たとえば、この世にあふれる社会毒に対し、「そんなこと言ったって仕方がない」とあきらめることはまさしくグーミンそのものです。  多くの日本人は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/04 11:27
新年のご挨拶
みなさまへ  平成27年の新しい年に変わりました。  みなさまにおかれましては、麗しく穏やかなときをお過ごしのこととお慶び申し上げます。  今年はこれまでのことが実を結ぶことを願って、一瞬一瞬をまた一つ一つ 真摯に丁寧に生きてまいります。  みなさまの支えがあっての私であるという事を常に忘れず。  今年もよろしくお願い申し上げます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/01 01:07
自分をどう見せるか、どう思われるかとかよりただ必死に生きてきた日々
 ずっと死んだ後どうなるのか恐ろしくて、そのこと一つ解決したいと思って生きてきました。だから、人生をいつも特に楽しいとも感じずにいました。  何だか休む暇もなく動き回るのは性分みたいで、真理を賜る事に自分の力が何一つ全く間に合わないということが知らされた、死の解決が出来てもあまり変わらないようではあります。 ただ、無味乾燥だった世界が少しずつ味わえるようになった気はします。何だかいつもくすっと笑っちゃえるような。  御仏の願いを賜ってからは、振り返ると訳も分からず、直後からインタ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/31 23:59
真理との邂逅は目に見えない世界だから難しいけど易しい
 この世のことならたとえば、ビジネスでの成功、難関大学への入学などを成し遂げた人が割合たくさんいます。そしてその人たちが講演をしていたり、ハウツー本を出していたりします。  目的を見失わずに、言われている、書いてある方向に向かって努力すれば、それなりの成果は得られます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/31 11:10
真理や事実を知るために何をしたらいいか
  何か起こった事実なら、そこに行ってその時のことを聞いて回り、自分の足や目や耳を使って直に取材すること。二次情報ではなくその場で体験した人の書いたものや話を集める。どこかのジャーナリストが言っていることですが、とても重要です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/30 20:34
本当に強い人は威張らない
 研究者とか僧職につかれている方と親しくさせていただいておりますが、研究を極めれば極めるほど、責任の重い役に付くほど謙虚なのです。一部例外もありますが。   そういった方々のお連れ合いがまた素晴らしく感心しております。 70以上の男性では家庭の運用ほとんどを奥様にまかれて、ご自身は研究や布教活動に専念されています。 そして、自分が好きなことが出来るのは連れ合いのお蔭と、奥様に感謝の気持ちを持たれています。実際、素晴らしい研究の業績を残したり、多くの方々の心の支えになる説法をさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/28 14:17
研究者の陥りやすい罠
 最近気がついたことがあります。  研究者は研究して「○○(人名)についての考察」などといった論文を書きますが、いつの間にかその研究している対象の人たちと自分の考えとが一緒くたになってしまうことです。  誰かとその内容について話しているとき、研究の対象者本人はこう言っていたというのですが、 「ではあなたはどうお考えであり、どう感じているのですか」と問い返されるととっさに出てこない。  本当に分かり切っていないと相手を納得させられません。  別の人はこう言っているということを言われる方も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/28 13:37
これしないと悪く思われ、すると見返りがある打算じゃなくて、今、目の前にいる人がタダ嬉しいだけでいい!
 頭の回転が速くないし、面倒なことが苦手なので画策とか計算とか私はしないんです。  今、この瞬間そこにいる人の気持ちが明るく、共に学べたらそれでいい!    御仏をはじめみなさまのお蔭様で本当にいろいろなものに恵まれているし、何といって欲しいものもありません。一息切れて死んだ先も全て御仏に任せてあるので何の心配もありません。世間が決めた善悪も自分にとって必要かそうでないかと捉えられるようになってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/24 11:36
普通から抜けないと辛いかも〜起こった物事は全てニュートラルなので〜
 普通は良くも悪くもないどちらでもないことを言いますが、この世で起こることも同じ性質です。  それが良いか悪いかは受け取る人やその人の置かれている境遇などによって変わります。  又その時はよくないと感じていたことが、後になったらよかったということや逆もあります。臨終の最後の最後までオセロの4隅を抜かした白と黒のコマようにコロコロひっくり返ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/24 00:02
目的は果たし、使命のみなので気楽で面白く生きてます
変な人がいたり、理解の限界を超える人との遭遇もありますが、そんなに深刻にならず意外性を楽しみつつ、結局最後は冗談にして茶化して、笑っちゃっています。  不謹慎だと私のことをよく知らない人には、叱られるかもしれませんが、それが一番。  わかんないものはどんなに頑張ってもわかんない。  美的感覚が合わないものは受け付け不可能。  最低限の常識がない人、意地悪力がすごい人とはつきあわない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/22 19:56
意地悪力
 意地悪力の魔の手(これを使う人は劣等感のある臆病者)をスルーするか対峙しましょう。  意地悪力に秀でて、隙あらば大人しくサンドバックになるような獲物を見つけて、その力をフルに発揮しようとするとんでもなく迷惑な奴がそこかしこにいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/21 21:38
何かしてあげたい人と、して欲しい人の2種類の人間しか存在しない
 両者はそもそもベクトルが正反対の方向を向いています。  または平行線です。  生き方が違うのです。  交わることはありません。  絶対に深く関わってはいけないのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/21 09:01
「すごいね。あなたの意地悪力。いつも感心しちゃう。でも私じゃなくて、別の人で試してね」と褒めてみる
 いじわる退治の方法をユーモアというか皮肉で褒める言い方を考えました。  文句でもなくて、一応相手を褒めています。  小さな意地悪を重ねつつ、チクチク攻撃するする嫌な奴を褒めてみる。  一応文句ではなくて褒めています。でも私は勘弁してと断っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/21 08:14
そこは笑うところでネタだったのかもしれない
 団塊の世代より年上の戦前に生まれ、戦争のことを少しでも覚えている世代の女性たちを私は尊敬しています。物がなくてみんなが貧しいのを肌で体験していて、戦後を乗り切ったバイタリティが素晴らしいです。本当に強くて優しいお姉さま方に私はお世話になってまいりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/20 21:37
他人を尊敬・尊重する感覚の欠如した人たちは相手にしない
  目的や使命を持っている人にとって、相手にしてはならない避けなければならない人たちは、自分を殺しに来る人たちです。  次に心身に危害を加える人たちも避けましょう。    世間ではまだそれほど、要注意とは言われていませんが、自分を軽く見たり、馬鹿にする人たちは相手にしないことです。そういう人たちというのは自分自身をも大切にできない人たちだからです。  言葉の端々や目つきや雰囲気に相手を気分を明るくしようやる気になってもらおう、気持ちのいい気分を共有しようとする姿勢が見られない人と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/19 21:09
他人が嫌がることを平気でする人たちって?
•まずはモラハラ・DV加害者・ストーカー  相手が迷惑だって言ってるような嫌がることをしたり暴力が振えるのはどうして?幼少の頃、家で両親や同居している大人たちから学習したの?   •満員電車での痴漢  面識がない人の身体に触れて、楽しむなどもってのほか  特に未成年の女子学生に触る奴、自分の母親や娘が嫌らしい男に触られても構わないの?   •妊婦や小さい子どもやたばこを吸が嫌いな家族がいるのに分煙・禁煙しない奴  副流煙で他人の身体に害をもたら... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/17 23:02
学生の今の学びの姿勢と卒業後の仕事の取組みとは同じ
  今、手を抜いた勉強をしている人が、真摯な仕事が出来るわけがありません。  英語の単語や漢字の読みも調べてこない学生が大きなプロジェクトのスタッフに抜擢されることはないでしょう。正社員の採用すら難しい。  オタクと呼ばれる人たちは自分の好きなことは寝ないでもするけど、教養の語学などの授業の当てられて、ほかのみんなが普通にしている細かい調べものをやってこなかったり、こんなこと何になると文句を言う人が多いです。  面倒でもしなくてはならない地道な作業が仕事にはたくさんあります。それを抜... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/16 21:33
人生思い通りにならないとき、不遇な時はたくさん学ぶチャンス
 お金持ちに生まれて、その上、容姿端麗で健康、おっとりした優しい性格でみんなのが支えてくれるような人気者なら、自分で何か人にしてあげようとは思わないでしょう。     今日の英語文学の授業はステーブンキングの「キャンパスの悪夢」の最終回でした。主人公の女子大生エリザベスはアイスクリームに始まって、Aの成績が取れる予想問題やドライヤーやダンスコンクールでの優勝等々を突然声をかけられたエドからいろいろな恩恵を受けました。反面、付き合っていたボーイフレンドを交通事故で亡くしたりという不遇な目にも遭... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/15 22:54

トップへ | みんなの「生き方、考え方」ブログ

今、この瞬間を精一杯生きていますか? 生き方、考え方のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる