アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「学問」のブログ記事

みんなの「学問」ブログ


江戸・明治の真宗の女性たちの研究

2014/08/18 10:14
 現在、修士論文の為に、江戸から明治の真宗の一般の女性たちのことについて調べています。
 なぜ真宗なのかというと、第一に私が阿弥陀仏のご本願を賜った仏弟子であるからですが、それ以上にこの真宗の阿弥陀仏の願いと女性たちの活躍が世界平和の鍵になると感じたからです。

 真宗の教えは「一向専念阿弥陀仏」であり、別名「一向宗」とも言われていました。
 阿弥陀仏に帰依することで、「廻心」の体験を生きている今、かの仏さまから賜ることができます。自分の力は何一ついりません。全てを阿弥陀さまが用意されていて、それをただ受け取ればいいだけです。
 そこに自分の力や知恵・才覚などは一切、間に合わないので、自力修行の他宗とは異なります。阿弥陀仏の前での全くの男女平等の教えなのです。世界中でこのような教えは珍しいです。

 念仏は信心を賜ったお礼で「有難うございます」の代わりに「南無阿弥陀仏」と称えるのです。助けてくださいとまじないや呪文のように唱えるものではありません。
 子どもでも女性でも学問のない人でも、そして、今息の切れ際の臨終の人でも一念で助かる教えです。どんな小難しい理論も要りません。ただ阿弥陀仏のご本願を全く疑いを入れずに信じることができたら、ほかには何も要りません。だだ、この疑いなく信じることが自惚れ強い人間の私達には難しいのですが・・・・・・

 こういうことなので、江戸時代には多くの女性の妙好人といわれる人達が存在しました。肉体的な修業は要らないのです。説法を聞いて、ご本願を信知出来たらその時が御仏との邂逅です。それ以後は御仏と一緒に臨終まで人生を歩いていけます。

 江戸時代は鎖国があり、幕府により、各藩が争うことが無いように様々な政策がとられ、平和な時代が続きました。そんな中、妙好人のほかにもたくさんの女性たちが活躍の場を与えられてきていたのです。確かに、家系図や証文などで表面には出てきませんが、実権を握っていたのは実は女性であったということが、研究を進めるにしたがって、史実や記録などで分かってきました。

 たとえば、大阪の商家は養子を取って跡取りを残す習慣がありました。だから長女はとても大切にされました。事実上の跡取りだったからです。養子は役に立たないと分かると容赦なく離縁されました。商家の取引先や使用人までの暮らしがかかっているのだから当然です。実子の男子が役に立たないと取り替えられませんが、このように養子であればそれほど心を痛めずに変わりの人を持ってくることが出来ます。現在の雇われ社長を交代させるような感覚だったのでしょう。
 しかしながら、雇われ社長は心底信頼できないので、本来の跡取りである娘たちにも帳簿や経営の全てが叩き込まれていました。夫はいつまでたってもよそ者で、信頼できるのは実子である娘なのでした。

 このように江戸から明治にかけては商家以外にも女子教育も盛んで、佳き家庭人になるように源氏や伊勢など古典や様々なことを学んでいた記録があります。現代の女性よりある意味では賢かったとも言えます。実際、おばあちゃんを育てたおばあちゃんは安政の栃木の武家生まれで、寺子屋や自宅で様々な学問を仕込まれていたようです。明治38年生まれのおばあちゃんの寝物語は高い教養がありました。旧制の小学校しか出ていないのですが、おばあちゃんから聞かされたことだったようです。

 ちょっと、話が煩雑になりましたが、このようなことを研究していく予定です。
 大学院での学びや、修士論文の進行についてもちょくちょくご報告させていただく所存です。
感謝していること
江戸や明治期のことを調べるのは結構面白いです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


人間が威張りたい訳は無知から来る恐怖のせいです

2014/08/16 20:06
 もしも三世因果を知り、そうして同時に御仏の願いを賜ったならば、自分が他人よりも優れているなどという愚かな発想は出てきません。
 御仏の前では、人間みな自由で平等です。
 人間の頭でこねくり回した博愛ではなく、時と処を超えた慈悲でなければ本当の安寧は得られません。
 このことが分からないので人間同士の間で「自由・平等・博愛」などと分かったような理論を振り回すから、お互いにいがみ合い戦争が絶えないのです。

 また、ほとんどの学問は、他人への説明としての論文で議論を戦わせます。
 そして、一方的な学者や知識人という身内だけが分かる、論理の展開というものに外れている文章を酷評し、その範囲内で評価し合います。
 本当は、短時間で結論が知りたいための、論理構成のやり取りを要求し合っているだけのことなのですが、そのことを言うと怒られます。今までの伝統に従えない奴は退場しろと言われます。

 もっと怖いことは、本来は、議会で国民の声を上げなければならないのに、役人や一部の学者の提唱する考え方がお膳立てしてあり、その方向に国が進んでいきます。私たち国民はもっともっと自分の頭で考えないと、誰かの利益の為に働かされ、一生を終えることになります。
 縁がある人は、どうぞ、御仏の願いを賜ってください。一日も速く。

 御仏の前では自由で平等です。御仏自ら全てのものを尊敬されますので、皆がその循環の中にいられます。
 恐怖がないから、他人を貶めたり、騙したり、馬鹿にし貶す必要がありません。
感謝していること
御仏の無限の智慧と慈悲の中に生かされています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


言いたいことはたくさんあるのに・・・・・・

2014/08/12 20:58
 英語の単語・イディオムがわかれば、文型がわかれば、外国人と意思の疎通ができるものと簡単に考えていました。
 いざ、メールのやり取りをすると、お前の英語は分からないと言われ、先生が見るに見かねて、英国人に出す前に私に英文を送ってくれたら、それを添削しますから、そのようにしてくださいといわれ、送りました。念のために日本語も付けて送りましたが、日本語も分からない所を指摘されて、かなり落ち込んでしまいました。
 日本語すら相手に分かるように書けない自分に修士論文が書けるのだろうかと不安になってしまいました。

 大学院で提出したレポートも感想の域を脱することができず、例示した事柄も分かりにくいと言われ、それはとても悲しく残念でした。
 起承転結の形を取っていても、論理の飛躍があったり、例が適切ではなかったり、分かりにくかったりでは論文どころかレポートにもなりませんと言われ、ショックを隠せません。

 5年間に気ままにエッセーなどを3000くらい書いていましたが、果たして初期の頃より文章が上手くなっているのかどうかもよく分からない状態です。
 文章の内容には、たくさんの共感や反応がありますが、文章自体が分かりやすいのか上達しているのかは自分では分かりません。
 誰かの力になれたのか、ただの駄文で紙面を汚しただけなのかいまだに藪の中です。

 もちろん、御仏のことを書いてきたことには、それが稚拙だったにせよ後悔は微塵もありません。分かる人には分かるし、きづきのヒントになっているかもしれません。私が書いた以上のことを知らされた人もあるでしょう。

 しかしながら、喩や表現が適切でなかったり、分かりにくかったりしたのでは何のこともありません。
 現代の言葉で、分かりやすい例で御仏の願いをお伝えしたいと書いているのに、能力がなくて御恩報謝がなかなか進まないことを悲しく感じます。
 共に御仏の素晴らしいことをお伝えしようという人が出てこないのも私の懈怠や能力不足のせいかもしれません。

 世にある難しい哲学よりも何よりも、浄土仏教によるただ御仏を信じることでのみ救われる教えを、お伝えすることを人生から問われている使命と生きているのに、それが何もできず、一体私は何をしているのか。
 無駄に生きていることを本当に申し訳なく感じます。
感謝していること
 久しぶりに友達に逢ってランチをしてたくさん話をしました。いろいろなことを教えてもらいました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


子どもたちや後身を育てることの重要さが軽視されていません?

2014/08/10 22:26
 口を開けば自分のことばかり、愛憎・損得から始まり、身体のあちこちが痛いだのなんだの。
 こんなことばかり言っている大人や先輩たちを子どもたちや若い人たちは尊敬するでしょうか。
 本当に未来を背負う立派な子どもを育てようとするならば、親は単に暗記の勉強ができるだけでなく、日々学問(文)をずっと続ける姿勢が必要です。
 また、後輩に何かものをいう場合も、その人たちがなるほどと敬意を持つようなことが語られないと長く生きている価値がありません。
 かく言う私もこのままではダメだとまた勉強を始めたばかりの新参者ですが・・・・・・。

 人生から問いかけられる志を遂げるような人間の生き方・考え方を自分自身もして、それが出来るように子どもや若い人を導く生き方をしている人に生涯でたとえ一人でも出遇えたらその人は幸運です。

 しかしながら、残念なことに、手から口のその日暮しの生き方をして、残りを快楽や余興で発散する人がほとんどです。
 日本では、せっかく大学を出ながら、子どもが生まれると仕事を止めて、しばらくして、子どもの塾や習い事の為に、誰でもできるようなパートタイマーで自分の人生の時間を切り売りする女性がたくさんいることも事実です。

 夫が非常に高給取りだとか、自分や夫の親が近くに住んでいて子どもを預かってくれる環境が整っていない限り、女性が正社員として働こうとしたら子どもを諦めるか、独りだけ産んで何とか綱渡りの子育てをする選択しか残されていません。
 周りで親の援助がなく仕事をしている人は一人しか子どもを持てない場合が多いです。これが都会の少子化の現状です。

 ただし、配偶者が正規雇用でなおかつ公務員や一部上場の社員か他人に任せられる社員がいる自営業の役員級でないと、子どもを中学にやるまで全く働かないで生活をやり繰りするのは困難でしょう。
 こういう限られた条件なら、子どもは独りなら、中学から私学に入れても、手間もお金も何とかなります。

 夫の稼ぎが生活ギリギリなら、保育園に預けて、誰でもできるパートタイマーとなり、子どもに習い事もさせられず、旅行にも行けず、化粧品も服も買えず、たまに外食をするけれど、いつも疲れて、ただ生きているだけの生活が待っているかもしれません。
 こういうゆとりのない中で大人になる子どもたちがまた同じような生活を自身の子どもたちにしているのが平成の今の現状です。
 昭和40年以降、核家族化が進み、経済も停滞して、共稼ぎでなくてはやっていけなくなり、子どもの教育も疎かになり、共通一次試験以降に大学で学んだ教師が暗記中心の勉強を教えています。
 子どもや人を育てるといったことより、実利的なことやその場を取り繕うことが優先され、根本的なことが忘れ去られています。

 ずっとこんなことが連鎖していったのでは、この国はよくならないと感じます。
 だから、保・幼・小学校の一貫教育で人間を育てるような学校のシステムの開発を急がなければならないと痛感しています。
 これを地道にしていくことが学問をする人を育て、佳い連鎖を再構築できるのではないでしょうか。
感謝していること
 子どもが何とか約束を守り、公文の数学の問題を連れ合いと共に地道に学習しております。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


学問を志すために

2014/08/10 16:23
 大学の先生には教職課程を取らなくてもなれます。教師ではありますがその前に研究者なのです。
 高校を卒業してすぐ入った大学や通信でのスクーリング、そして大学院といろいろな先生に教えてもらい、お話を聞いてきました。

 学問がしたかった私でしたが、その前に教師やカウンセラーの資格を取りました。
 それでも、どうしても研究や学問が諦められずに、また大学院に入って勉強して前期が終了しました。

 そこには本当にその専門の事柄を調べ発表することが好きな先生たちとの邂逅がありました。ある先生は6月から展示会をされて、特別に先生に大学院生だけで現物を目にしながら解説をしていただきました。
 英語の先生にはプレゼンテーションの原稿を直していただいたり、ご自身が上の先生や大学院生と一緒に無給で夏休みに研修に没頭されたお話を聞かせていただきました。

 日本文学の女の先生の講義は分かりやすかったです。いつもご自身が大学院生だった研究時代のお話をしてくださり、最後にレポートを出しに行った授業では、レポートとは感想ではなく論理的な人に何かきづきとかおもしろさとかを提供するものだと教えてくださいました。謙虚で素敵な方でしたし、いろいろな考え方の切り口があることを知らされました。

 フランス文学の先生は人間的にもとてもお優しい方で、いろいろなことに気を配っていただきよくしていただきました。そんなに焦らず、ゆっくりしなさいといつも言われています。

 自分より年上の先生方がいなくなる前に修士論文を書こうと思って、学問の世界に戻りましたが、実際、一緒に何かをしてくださる先生との邂逅は難しいことを知らされます。
 もうすでに先生方を頼りにするのではなく、自分自身が後進を育てる立場になってしまっているのかもしれません。

 夏休みも始まって一週間が過ぎましたが、渡英の準備やら買い物やら子どもとの用事いろいろなことで自分の修士論文などの勉強の時間が取れませんでしたが、また普段の学校の時のように早朝に起きて頑張ります。

感謝していること
 何の被害もなく台風が去ってくれました。
 今日は公文の優秀者の表彰式でしたが中止となりました。年少から6年生の分の最後の表彰式でしたが、残念です。記念のオブジェは教室で渡しますと7時半ごろ先生からお電話がありました。
 生後8か月から中1の今まで本当にお世話になりました。
 数学だけが最後まで済んでいないので続けたいと娘が先生にお願いに行きましたが、毎日5枚でも、試験の時は1枚でもいいから続けたら、必ず進みますし、毎週1回はお顔を見せに来て下さいと言われました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「学問」ブログ

今、この瞬間を精一杯生きていますか? 学問のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる