テーマ:学問

江戸・明治の真宗の女性たちの研究

 現在、修士論文の為に、江戸から明治の真宗の一般の女性たちのことについて調べています。  なぜ真宗なのかというと、第一に私が阿弥陀仏のご本願を賜った仏弟子であるからですが、それ以上にこの真宗の阿弥陀仏の願いと女性たちの活躍が世界平和の鍵になると感じたからです。  真宗の教えは「一向専念阿弥陀仏」であり、別名「一向宗」とも言われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間が威張りたい訳は無知から来る恐怖のせいです

 もしも三世因果を知り、そうして同時に御仏の願いを賜ったならば、自分が他人よりも優れているなどという愚かな発想は出てきません。  御仏の前では、人間みな自由で平等です。  人間の頭でこねくり回した博愛ではなく、時と処を超えた慈悲でなければ本当の安寧は得られません。  このことが分からないので人間同士の間で「自由・平等・博愛」などと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言いたいことはたくさんあるのに・・・・・・

 英語の単語・イディオムがわかれば、文型がわかれば、外国人と意思の疎通ができるものと簡単に考えていました。  いざ、メールのやり取りをすると、お前の英語は分からないと言われ、先生が見るに見かねて、英国人に出す前に私に英文を送ってくれたら、それを添削しますから、そのようにしてくださいといわれ、送りました。念のために日本語も付けて送りまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもたちや後身を育てることの重要さが軽視されていません?

 口を開けば自分のことばかり、愛憎・損得から始まり、身体のあちこちが痛いだのなんだの。  こんなことばかり言っている大人や先輩たちを子どもたちや若い人たちは尊敬するでしょうか。  本当に未来を背負う立派な子どもを育てようとするならば、親は単に暗記の勉強ができるだけでなく、日々学問(文)をずっと続ける姿勢が必要です。  また、後輩に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学問を志すために

 大学の先生には教職課程を取らなくてもなれます。教師ではありますがその前に研究者なのです。  高校を卒業してすぐ入った大学や通信でのスクーリング、そして大学院といろいろな先生に教えてもらい、お話を聞いてきました。  学問がしたかった私でしたが、その前に教師やカウンセラーの資格を取りました。  それでも、どうしても研究や学問が諦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more